本場の伝統栽培である下仁田ねぎの夏の植え替えが、年々しんどくなってきている。
熱中症危険レベルでの作業もあるが、個人的には毎年、身体のどこかしらに痛みが増えたり、痛みが激しくなったりして、身体の不安が拭えない。
今年は、肩、指関節、手首、肘に加え、右のくるぶしが痛みだし、それをかばって仕事をしていたら左膝も痛くなった。

すこし前、朝から身体が重くて眠気もとれず、仕事前に10分ほどリビングで横になった。
そのまま寝てしまわないよう、テレビをつけたら、両腕のない人が口にラケットをくわえ、卓球していた。
足で玉を上げてサーブしていた。パラリンピックなど見たことなかったけど、衝撃を受けた。

あれに比べりゃ、おれの身体の痛いだのつらいだのなんて、甘ちゃんだったな、と、俄然ヤル気が出た。
傷みと疲れででペースダウンしてた作業も、遅れを取り戻すため、1,5倍速くらいでやった。
が、それも2日程度、回復したのは所詮、精神面だけで、肉体的には無理した分、さらに痛みがひどくなった。

たとえば、10年後の自分が見える井戸があったとして、自分はその井戸をのぞき込む気になれない。
たぶん、足を引きずってたりとか身体のどこかしらにダメージを受けた自分が容易に想像できるので、なるべく未来は知りたくない。

それでもまあ、このコロナ禍でまだ東京でアパレル続けていたら、まだ東京で暮らしてたら、想像できないくらいもっとたいへんだったろう。
そう思えば、今の現状はマシだ。

 

 

 

 

 

 

 

.

 

植え替え(下仁田ねぎ・夏の植え替え/2回目の植え替え)が本格的なシーズンになったら、作業に追われ、暑さや身体の痛み、疲労などが日ごとにひどくなり、ブログどころではなくなってしまった。


つぎの雨が降ったときに更新しようと思っていたけれど、雨が降って作業がストップしたら、いままで身体の奥に堰き止めていた疲労が一気に出てきて、3日くらい死体のように、と言ったら大げさなので、半病人のようになってしまって、更新がズルズル伸びてしまった。


秋雨前線が停滞して、家で半病人のようになっていたここ数日、自分のネット環境で見ることのできる映画やYOUTUBEなどをダラダラ見たり、駄目人間のごとく過ごしてしまった。


せっかくの雨の日を有意義に使いたいと思うが、一日一日をドブに捨てるように過ごしてしまう。
おれはなにをやってんだと自己嫌悪に陥るが、その分、雨で時間を無駄にしゃった分をチャラにするため、晴れて仕事再開のときに猛烈にがんばる。


考えてみれば、そんな感じのくり返しくり返しで今までやってきた。

とはいえ、年々、夏の植え替えがきつくなっている。
指の第二関節、手首、ヒジ、肩、腰、ヒザに加えて、右のくるぶしがイヤな感じに痛み出してきている。

さて、きょうは久しぶりの晴れ間。うまくすれば午後あたりからネギ植え再開だ。


※前線が停滞して一週間くらい経って、その間気力をふりしぼるようにしてやっとちょこっと更新できました。

 

 

 

 

 

 

 

 




 

 

梅雨が明けて、熱中症警戒アラートが発表される頃になると、本場・下仁田ねぎ・夏の植え替えシーズン真っ盛りとなりますが、うだる暑さで身体の動きが鈍り、腰を折り膝を曲げての手作業だから身体のあちこちで悲鳴があがります。

とにかくハードで毎日毎日しんどくて、ブログを更新する気力体力がすっかりなくなってました。

さて、この時期は、植え替えについての質問を受けることもあるので、画像で手順を。(穴あけ式)


①夏の植え替えは、春に仮植えした(下仁田)ねぎの株幅、作幅が夏用(定植用)に広がるので、雑草を取り除きながら、植えるネギと捨てるネギを選別。
②トラクターで耕耘。(ロータリー1起こし分に2作。春は4作入ります)
③ネギロケットで穴を開けます。
④植えていきます。
(降雨がなく、土が乾いて穴がふさがってしまう場合は、管理機で作をV字に切り、ネギを並べ根元に土をかけ、ネギを立てて完了)

こういった単純な作業の繰り返しですが、暑さと体の痛みで思うように進まず、疲労だけが日々増えて行きます。

 

 

 

 

 

 

 

.