剱岳を望む稜線でトレーニング山行

 

 

【2019.07.13(土)】

 

海の日の三連休

さて何処の山へ?と考えるも、

まだ梅雨明けしていないので

どこの山も天気はイマイチ。

 

天気が良ければ

北アのバリエーションへ行きたかったのだが

仕方がないと諦める。

 

バリエーション山行は梅雨明け後のお楽しみとし

この週末も北アでトレーニング。

 

連休中最も天気が良い土曜日に

日帰りトレーニングしてみる。

 

トレーニングの目的は

夏のバリエーション山行を楽しく歩けるように

体を慣らすこと。

 

なので、登る山には

・標高2800m以上の高さ

・10時間以上のロングルート

・標高差1500m以上の登り

という条件を合わせ持つところを選ぶ。

 

さらに欲を言えば

樹林帯歩きは極力少なく

稜線歩きを長く楽しめる山。

 

そんな欲張り案に適う山はないかと

チビさんとあれこれ考え、探し出したのが

鹿島槍ヶ岳のピストン山行。

 

扇沢をスタートし、

柏原新道を登って稜線に上がり

爺ヶ岳を超えて鹿島槍へ。

 

日帰り用の軽装備であれば

稜線までは2時間ちょっとで上がれるし

そこから鹿島槍山頂までは

3時間もの稜線歩きが楽しめる。


ということで

金曜の夜に東京のチビさんの家を出発し

途中で仮眠を入れつつ長野の大町へ。

 

登山口の駐車場に車を止め

サッと準備し

7時50分に扇沢登山口をスタート。

 

最初の樹林帯をチャチャっとやっつけ

2時間ちょっとで種池山荘に到着。

 

一休みしてから

お楽しみの稜線歩きへ。

 

 

 

 

といってもガスが多くて展望はイマイチ。

分かっちゃいたけど、ちょいと凹む。

 

種池山荘から鹿島槍までは往復6時間くらい。

 

それだけ歩いていれば

少しは展望が望めるかも。

 

そんな期待を込めつつ

爺ヶ岳の登りに取り付いた。

 

 

 

 

でもって30分で爺ヶ岳山頂到達。

 

2月の積雪期にも登っているので

5ヶ月ぶり。

 

晴れていれば素晴らしい展望なのだが、

ガスでなんも見えんので

トレーニングに徹しサクサク進む。

 

冷池山荘を過ぎ、

いよいよ鹿島槍へ最後のひと登り。

 

かなり疲れが出てへとへとなところに

突然花畑が現れ、気分が和らぐ。

 

 

 

花畑の主な花はハクサンイチゲ。

その他の花の名は、知らんし。

 

 

 

花に癒してもらいつつ

最後のひと登り。

 

本来、我々の癒し係はボブ君なんだけど

ボブ君、チビさんのザックの中で

いびきかいて寝てるし。

 

 

 

汗ダクダクかきつつ登り進み

5時間10分で鹿島槍ヶ岳山頂到達。

ボブ君、お目覚め

 

 

 

 

あたりはガスガス...

と思ったら

あれよあれよと雲が切れ

剱立山が現れた。

 

 

 

なんともラッキー!

 

夏に狙っている北方稜線も見渡せ

気持ちが盛り上がった。

中央は三ノ窓雪渓、その右は小窓雪渓。 どちらも氷河

 

 

 

 

ガスで見え隠れする剱岳を眺めながら

鹿島槍の山頂でのんびり。

 

 

 

30分程山頂で休憩したあと

下山開始。

 

 

 

 

復路の爺ヶ岳越えは厳しかった。

 

 

 

 

バリエーショ山行のためのトレーニングと思って

頑張って爺ヶ岳を越えた。

 

 

 

16時前に種池山荘に戻った。

 

ここまで来れば、

あとは歩きやすい柏原新道を下るのみ。

 

と思っていたが、疲労のせいか

柏原新道の下りは意外にもきつかった。

 

こんな所登ってきたか?とか

こんなに長かったっけ?

などと愚痴タレながらヨタヨタと下る。

 

やっとの思いで17時50分に登山口に戻り

鹿島槍ヶ岳トレーニング山行を終えた。

 

山行時間は休憩込みで10時間。(CT14:45)

最大標高差は1550m。(累積2300m)

 

数値的にはまずまずの山行となったが

疲れっぷりがイマイチ。

 

もう少し楽にこなせると思っていたのだが

結構バテた。

 

もうちょっとトレーニングが必要かも。

 

それが分かっただけでも

トレーニングとしては十分な成果。

 

おまけ的ではあるが

山頂では剱岳北方稜線も見渡せたし

まずまずの鹿島槍ヶ岳、トレーニング山行だった。

 

それにしても

梅雨はいったいいつ明けるのやら・・・

 

 

 
お次は
いずこの山へ...
 

 

 

夏山に備え、西穂山荘からジャンをピストン

 
 
【2019.07.06(土)-07(日)】
 
このところ週末はグズついた天気が続いている。
 
梅雨なので仕方がないが
梅雨が明けたら直ぐに狙った山行が出来るようよう
体力的準備はしっかり整えておきたい。
 
ということで
この週末は北アでトレーニング。
 
トレーニングに選んだ山は
西穂からジャンダルムの岩稜ルート。
 
夏の北アはいつもここから始まる。
 
土曜の午前中は用事があったので
それを済ませてから茨城を出発。
 
途中でチビさんを拾って新穂高へと向かった。
 
新穂高RWの16時の最終便になんとか間に合い
(今回の核心はここだった)
山頂駅からひと歩きで西穂山荘へ到着。
 
翌日のジャンダルムまでのピストン山行に備え
この日はここでテント泊する。
 
梅雨時なので
テント泊する人はあまりいないだろう
と思っていたが
意外にもテン場にはたくさんのテント。
 
 
 
 
わずかなスペースを見つけ
周囲の方々にご協力いただき
なんとかテントを設営することができた。
 
夕飯を食べたら翌日に備え早めの就寝。
 
 
翌朝は3時過ぎに起床。
 
テントを片付け、
不要な装備を小屋にデポして
4時にジャンダルム目指してスタート。
 笠ヶ岳、この日唯一の展望
 
 
 
天気予報はあまり良く無かったが
夏のバリエーション山行のためのトレーニングと割り切って
ガンガン進む。
 
 
 
 
1時間45分で西穂高山頂に到達。
いいペース。
 
久しぶりの岩の感触もいい。
 
ガスで周囲は真っ白だけど
雨風さえ無ければ問題ない。
 
と思って先へと進む。
 
でもって
間ノ岳山頂辺りで強い風が吹き始め
天狗岳を越えたあたりで小雨がパラつく。
稜線の信州側は風が強い
 
 
ないわ〜
と嘆きつつも
これもトレーニングと思って
濡れた岩場を慎重に歩いた。
 
 
 
 
環境条件は良くは無かったが
久しぶりの岩場歩きは楽しかった。
 
でも、それも始めのうちだけ。
 
スタートから4時間経過したあたりから
疲れが出始めた。
 
 
 
 
2800mの高所に体が慣れていない感じ。
アルプス山行をひと月開けただけでこれだ。
 
相変わらず高さに対しては弱い。
だからトレーニングしてるんだけど・・・
 
 
 
 
往路最大の難所
天狗のコルからジャンダルムまでの
標高差400mの登りが始まった。
 
ここはホントいつ来てもキツイ。
 
今回もヘトヘトになりながら
やっとこさ登り切り
5時間15分でジャンダルムに到着。
ガスの中からモワっと現れたジャンダルム
 
 
 
 
天使と写真撮ったり、
行動食取ったりしつつ一休み。
ボブと天使
 
 
 
さらなる天候悪化を懸念し
長居せずに来た道を戻った。
 
最終便RWには十分間に合いそうなので
ゆっくり目に歩いた。
 
というか
疲れのせいでゆっくりにしか歩けなかった。
 
 
 
 
やはり
シーズン一本目のアルプス岩稜帯は厳しい。
 
でもこれをやっておけば
その後の山行が楽になる。
 
梅雨に辛いトレーニングをこなし
夏は楽しくアルプスを歩こうって魂胆。
 
 
 
 
今年の夏もバリエーション山行が楽しみ。
 
楽しい夏の予定を考えながら
ガスで真っ白な稜線を歩いた。
 
 
 
 
濡れた岩場に慎重になったこともあり
最後は疲れてグダグダな山行に。
 
それでも14時20分には西穂山荘に戻り
10時間20分の北ア、トレーニング山行を終えた。
稜線途中の花畑。花に興味はなくても、こんなの見ると気持ちが和らぐ。
 
 
 
小屋の前でひっくり返って休んでいたら
突然声を掛けられた。
 
小屋の中から女性ガイドのKさん登場!
2年前の北鎌尾根以来の再会。
Kさん、この日はファミリー山行。中央は山好きな娘さん
 
 
 
積もる話しに花が咲き
楽しい時を過ごすことができた。
 
小屋に泊まるKさんと別れ
RW駅までひと歩きし
岩稜トレーニング山行を無事終えた。
 
 
久しぶりに味わう全身の疲労感に
体力的準備ができた満足感を覚えた。
 
さあ、早く梅雨よ明けろ!
 
と言っても
梅雨が明けるのはまだまだ先。
 
梅雨が明けるまで
この体力を維持しなければ。
 
それには引き続きトレーニングが必要!
って、
もしかしたら
トレーニングする時期が早すぎたかも・・・
 
 

 

 
お次は
いずこの山へ...
 
 

 

 
 
 

【2019.06.29(土)-30(日)】

 

香港からシャーリー&チーさん夫妻が日本に遊びに来た。

 

 

この二人は大の日本好きで

毎年二、三度は日本に来て

山登りやダイビングを楽しんでいる。

 

山登り好きという点からSNSでチビさんと繋がりがあり

いつか一緒に山に登ろうと話していたことが

今回実現。

 

この週末はシャーリーの希望で白馬に登る予定だったが

あいにくの天候で中止となった。

 

白馬登山の代替案として上がったのが

北八ヶ岳で苔むす森の散策。

 

因みにこの案を考えたのはシャーリー。

シャーリーのリサーチ力、行動力は素晴らしい。

 

天気が悪ければ悪いなりに楽しめる案を

さっと見つけ出すあたり

さすが様々な国を旅しているだけのことはある。

 

白駒池の駐車場でシャーリー夫妻と待ち合わせ。

はじめましての挨拶しながら

早速ハイキング開始。

シャーリーは北京、広東、英語、ドイツ語に日本語等を話せるマルチリンガル。凄っ!

 

 

お互いの国の話や山の話などしながら

北八の森をのんびり歩いた。

 

 

 

白駒池を周回してから高見石小屋へ。

 

幸い雨には降られなかったが

高見石周辺はガスで真っ白。

 

 

 

小屋でお茶しながら一休みし

体が冷えてきたところで下山開始。

 シャーリーのモモちゃんとボブ

 

 

 

駐車場に戻ってお昼を食べに

車で「みつ蔵」へ移動。

 

八ヶ岳で美味しいランチといえば

ここを紹介せずにはいられない。

 

毎度の鴨せいろに舌鼓。

 

鴨の陶板焼きにチーさんも満足げ。

卓さん、いつも美味しい蕎麦をありがとう!

 

 

 

ランチ後、

幸いまだ雨は降っていなかったので

簡単に登れる百名山の車山にお二人を案内してみた。

 

シャーリー夫妻は百名山がお気に入りで

バッチも集めている。

 

これまでに登った百名山は15座とのこと。

 

少し雨が降りはじめたので

車山山頂までの最短コースを選択。

 

30分ほど歩いて山頂に到達・・・したけど

シャーリーにはどうもここが百名山とは思えないらしく

「ここは本当に百名山?」

「 車山って百名山なの?」と不安げ。

 シャーリー夫妻は百名山16座目、因みにボブは17座目!

 

 

シャーリーのイメージする百名山は

北アのような高く険しい山々。

 

こんなに簡単に登れる百名山がある事に

驚きを隠せない様子。

 

 

 

百名山にも色々な山がある事と

車山は霧ヶ峰の最高峰である事を説明してあげた。

 

納得したシャーリーは

下山して売店へ直行し百名山バッチを購入。

 

悪天でも百名山を一座取れたと

喜んでくれた。

 

その後は今宵の宿、

チビさんが取ってくれたコテージへ移動。

 

 

 

温泉に入って、和食のディナーをいただき、

夜はホタル鑑賞。

 

日本語を話せないチーさんとは

英単語とゼスチャー交えてコミュニケーション。

 

色々とイベントをこなすごとに

最初は緊張気味だったチーさんが

だんだんリラックスして打ち解けてくれたのが嬉しかった。

 

 

翌日は朝から雨。

なので、温泉でのんびり朝風呂をいただく。

 

チーさんは日本の温泉が大好き。

風呂から上がってくるのはいつも一番最後。

 

香港には温泉がないので

たっぷり温泉を楽しみたいらしい。

 

朝風呂後に朝食をいただき

宿をチェックアウト。

 

お二人は

この日の夜は都内で予定があるとのこと。

 

ならば東京に戻ってショッピングしようって事に。

 

向かった先は

柏に新しくできた大型アウトドアショップ。

(千葉だし・・・)

 

 

 

登山グッズやらランニングシューズなどをお買い上げ。

 

夕方までショッピングを楽しみ

とうとうお別れの時間に。

 

因みにお二人は

翌日からは沖縄へ行ってダイビング。

 

なんとも羨ましい!

 

今回はアルプスの山に登れなかったので

次はアルプスに行こうと約束し

二人と別れた。

 

 

登山、ダイビング、サイクリングにランニング。

多くの趣味を持ち

世界各国を旅して楽しんでいるお二人からは

とても良い刺激をいただいた。

 

また会える日が楽しみ!

 

 

 

こんな異文化コミュニケーションの機会を作ってくれて、

更に旅のあれこれを手配してくれたチビさんにも感謝。

 

いい週末だった。

 

 

 

 
お次は
いずこの山へ...
 
 

 

 

 

 

 

6月にハーフと10kmの二つのマラソン大会に出た。

 

結果は

どちらも前回(1月と2月)よりタイムが落ちてしまった。

 

マラソンにデビューしてまだ8ヶ月。

ビギナーランナーなので

大会に出れば出た分だけタイムはどんどん良くなるものだと思っていた。

 

勿論それなりに練習もこなしてきた。

それなのに

タイムが落ちるなんて...

(マラソン、そんなに甘かねーし)

 

 

 

この時期は気温と湿気が高いので

タイムは出ないよ、と

同僚のランナーに励まされるも

自分としては暑さ等の環境が影響しているようには思えない。

 

ではなぜタイムが上がらないのか?

 

55歳という歳のせい?

だとしたら

練習によるパワーアップより老化スピードの方が早いってこと?

 

んなことあるかい、と思えど

確かに老化は目に見えて進んでいる。

 

とりわけ視力の低下や頭髪の抜け落ちなどの症状は顕著だ。

 

頭髪は後頭部から順調にハゲが進んでおり

数年後にはフランシスコザビエルのようになることは間違いない。

 

ヒゲと鼻毛は良く伸びるくせに

頭髪だけ抜け落ちるなんて...

 

 

マラソンのタイムや頭髪など

落ちる話ばかりしていると

山でも滑落しかねない。

 

そうならないためにも

老化に負けじと今週もトレーニング。

 

この週末も山の天気は期待できる予報ではなかったので

遠出せずに地元の筑波山で

バーティカルランニング。

 

筑波山の麓のつくし湖から山頂まで

標高差830mを一気に駆け上がる。

 

日曜10時にチビさんと

標高50m地点のつくし湖をスタート。

 

 

薬王院まではロードを駆け上がり

そこから先は登山道に入る。

 

 

 

順調に走り続けていたが

標高350m地点で足が止まった。

 

以前は450mあたりまでは走って上がれたのに。

やっぱり体力落ちてるね。

 

 

その後は山頂まで歩いて登り

山頂で折り返してから再び走り始めた。

 

 

 

トレランの醍醐味でもある

下りのスピードを楽しみながら

一気につくし湖まで駆け下りた。

 薬王院コースはトレーニングするにはいいコース

 

 

 

走り終えると気持ち良い疲労感。

いいトレーニングになった。

 

これから夏山シーズン。

 

今年も前穂北尾根、北鎌尾根、

剱の源次郎尾根や北方稜線をやりたいし

ハーフマラソンではサブ100も達成したい。

 

老化に負けてる場合ではない。

 

頑張れジジイ!

 

 

 
お次は
いずこの山へ...
 

 

 

 

【2019.06.15(土)-16(日)】

 

この週末も山は天気が良くない。

 

梅雨時なので仕方がないと諦め

先週に続き今週も下界で

クライミング&ラントレして過ごす。

 

土曜は入間のベースキャンプへ。

 

前週挑んで登れなかった

「インコおじさん (11a)」にリトライ。

 

だけど、またもや撃沈。

敗因はパワー(握力)不足。

 

にわかクライマーなので仕方がない。

 

途中からボルダリングに切り替え

腕がパンパンになるまで壁にしがみついて

楽しんだ。

 

クライミング、やっぱ面白いわ。

 

 

 

そして翌日日曜は

Smileマラソン大会 10kmクラスに出場。

 

週末の山の天気が悪い予報だったので

木曜の時点で山を諦め

このミニ大会に直前エントリーしておいたのだ。

 

小さな大会だけど

個人で練習するよりレースの方が楽しいし

自分より早い人と走るのはいい刺激にもなる。

 

 

日曜の朝、都営新宿線に乗って

大会会場の東大島・荒川河川敷へ。

 

いい天気!

 

 

 

この日は最高気温が30度になるとのこと。

 

暑さには強い!と自分では思っているので

問題ない...はず。

 

 

 

入念にストレッチし

アップして一旦心拍を上げる。

アップラン中。近所のおっさんが散歩してる訳ではない

 

 

 

でもって、気温がぐんぐん上がる中

10時50分に10kmクラスがスタート。

 

軽快に飛び出した。

 

 

10kmのレースはこれが二度目。

前回(1月)は46:09秒(キロ4:37)だったので

今回はそれを上回ることが目標。

 

できればキロ4:35以内で走りたい。

 

2週前の安曇野ハーフ以降は

スピード練習なども取り入れたので

その効果に期待。

 

追い風に乗っていい感じで走る。

 

1キロ通過。

タイムは4:25秒。

 

でた!大会マジック!

 

練習では見たことのない好タイム。

気を良くして颯爽と走り続けた。

 

そして

2km通過  4:35....まあまあ

3km通過  4:44....あん?

4km通過  4:50....嘘っ!

5km通過  4:55....ないわ~

 

一生懸命走っているのに

どんどんタイムが落ちていく。

 

最初の1キロは

大会マジックなんかじゃなく

ただの突っ込みすぎってこと?

 

後半少し挽回するも

目標タイムには遠く及ばず

結局前回より悪い47:12(キロ4:43)でゴール。

 

安曇野ハーフに続き

今回も残念な結果に終わった。

 今回もあかんかったね...

 

 

 

しばらくしてチビさんもゴール。

 

 

チビさんも前回よりタイムを落としたが

ちゃっかり2位入賞で賞状と景品をゲット。

 

 

 

参加者が少ないので

我々レベルでも入賞を狙えるところが

ミニ大会のいいところ。

 

 

 

マラソン大会に出始めて8ヶ月。

 

初心者なので、

始めの1年はタイムはどんどん上がるもんだと思っていたのに

意外と厳しい結果にちょいと凹んだ。

 

けど、いい刺激にはなった。

 

やっぱりレースって楽しい。

 

天気が悪くて山に行けない時は

また参加してみよう。

 大島・小松川公園周辺はラントレするにはいい環境。

 

 

最近悪天続きで山に登れていないけど

クライミングやランなど

下界でも十分楽しい時間を過ごせているので

全く問題ない。

 

 

梅雨も悪くない。

 

 

 

 
お次は
いずこの山へ...