仙台市泉区で音楽教室を運営するスクールディレクターのブログ

仙台市泉区で音楽教室を運営するスクールディレクターのブログ

仙台市泉区の、大人も子供も楽しくギター・ベース・ドラム・サックスレッスンが行える音楽教室『ミュージックサロン・P+Luck(プラック)』のブログです!!
レッスン・教室の様子や音楽話などを中心として、さまざまな話題をお伝えします♫

NEW !
テーマ:




今日3人目のアコースティックギターレッスンは社会人の女性の方でした。


































































第8回RPライブでも大活躍したハードル4つ下のギターボーカル:Aさんです!





11月17日に開催する裏RP(セッションアンサンブル)にむけてレッスンを進めています。

課題曲はフジファブリック「若者のすべて」、the pillows「I know you」、Mr.Children「君がいた夏」になります。
















































課題である3曲ともにイントロからアウトロまできちんとストロークを弾ききれていますね!



セッションにおいて彩りを加えるコーラスやハモりをメインにレッスンしていきました。

前回は「君がいた夏」のサビパートが大まかには取れたので、今日は「若者のすべて」を取っていきました。





原曲ではサビ箇所に男性がファルセットにて入れています。

女性はファルセットをする必要がないので地声にてコーラスパートを歌ってもらいます。




























































まだ不安定な箇所もありますが、少しずつきれいなコーラスになってきましたね!


dimコード箇所のメロディーにてつまづきやすいので、コーラスパートのみを弾き語りで重奏。



完璧になったところで主メロとコーラスパートに分けて練習していきました。
レッスン終盤には主メロに引きづられることなく確立されてきましたね!

































自主練では録音したコーラスパートを身につけ、原曲とともにストロークとハモりをさらに磨いていきましょう!



アコースティックギター講師:米谷 暦






NEW !
テーマ:





今日2人目のアコースティックギターレッスンは小学生の女の子でした。



















































前回で基礎コードが終了したので、今日から曲レッスンになります。


SHISHAMOの「明日も」になります。

まずは原曲を聴き、バンドスコアをもとにイントロから検証していきました。


ロックナンバーになります。













































イントロは各コードともにパワーコードのバッキングになるので、こちらのフォームをレクチャー。



基本は3本の弦しか鳴らさず、目的の弦以外はミュートになるので、人差し指のパワーバランスが重要になりますね。

こちらのフォームを実演し、詳しくレクチャー。


だいぶコツをつかめましたね!














































フォームは固定なので、ここから各フレットへ移動します。


人差し指を起点に何フレットへ到達しているか確認していきましょう!

他弦ミュートにもだいぶ慣れてきましたね。




フォーム移行もレッスン終盤にはスムーズになったので、自主練ではイントロのパワーコードをメインにスローテンポでつなげていきましょう!

























アコースティックギター講師:米谷 暦






NEW !
テーマ:





今日のアコースティックギターレッスンは主婦の方でした。



























































前回で米津玄師の「乾涸びたバスひとつ」が終了したので新しい曲レッスンに入りました。



SEKAI NO OWARIの「花鳥風月」です。


まずは原曲を聴き、コード譜をもとにイントロから検証していきました。



ミドルテンポナンバーになります。



































































イントロは
Em7→Cadd9→D sus4→G→G(onF♯)→Em7→Cadd9→Dsus4→G→C→G→C→Cm




Aメロは
Gadd9→Bm7→Em→G add9→Cadd9→D→Bm7→Em7→Am7→D→G add9→Gadd9→Bm7→Em→G add9→Cadd9→D→Bm7→Em7→Am7→D→G add9→Cmになります。






コード確認後はストロークパターンです。


イントロはピアノがメインなので弾き降ろし、Aメロは原曲がエレキギターにて刻みを入れていますがアコースティックギターらしいアレンジを求めていたようで、ストロークを入れていきました。



AメロのCadd9→D→Bm7→Em7→Am7→D→G add9の流れは2拍ずつのチェンジになるので、ここを詳細にレクチャー。































2拍ずつはなかなかに忙しくなるので、あわてずにコードチェンジを完成させていきましょう!


ローコードからセーハコードへの移行はアップストロークに全開放弦を入れてからセーハコードへ移ることで出音がかなり良くなります。

全開放弦により左手のフォームがキャンセルされるのでセーハフォームがかなり作りやすくなりますね!

































自主練ではイントロ→Aメロまでをつなげ、各フォームとリズムリンクを図りましょう!





アコースティックギター講師:米谷 暦








Ameba人気のブログ

Amebaトピックス