*******************************************

長野県出張シリーズ第二弾。

長野に出張の折、立ち寄ったお店がこちら。

 

萬里 本店 (ばんり) - 伊那市/郷土料理

長野県伊那市大字伊那坂下入舟町3308

0265-72-3347

https://tabelog.com/nagano/A2006/A200601/20000002/

 

ローメンと言われるものを食べに立ち寄った次第。

 

以前、長野の企業に転職した友人と横浜で食事をした際、

この『ローメン』という単語を初めて聞いた。

麺好きの私としては、興味がわき、今回の出張ついでにお目当てのお店を訪問した。

 

車で訪問です。中央高速道路の伊奈インターを降り、料金所先のT時を左手、

伊那市街へと向かいます。

まーーーすぐ走り御園(みその)交差点を右に曲がり、

坂下入船交差点を左に曲がります(ここは見落としちゃうかも。

右手郵便局を通り過ぎたら要注意)。

線路を渡り、入船交差点のところにあります。天竜川を渡る手前です。

駐車場はないようですので、天竜川ほとりにあるパーキングに車を停めて、いざ!

 

店にたどり着く前に、大きな石碑を発見。

そこにはこうありました。

冷蔵庫のない時代、

日持ちを長くするために考え出された蒸し麺と、

当時あまり食べられていなかった羊肉を用いたローメンは、

大陸を思わせる独特な味が人気を博し、どんどん広がり、

現在では伊那市を代表する味覚へと成長した。

ここが、そのローメン発祥の地である。

(私の要約ですので、原文ままではありません。)

こちらのお店の方が発案した料理が広がりを見せ、

市内いたるところで調理され、給食にも出るほどとなっているらしいです。

 

そうなんです。

ローメン食べるならこちらのお店と思い、ピンポイントでやって来ました。

 

看板には、

 

中国料理とローメンの館

 

とあります。

 

引き戸を開けてお店の中へ。

ちょっと高めの椅子に座るカウンター席2列と小上がりの座敷。

 

 

注文は勿論、ローメン 700円。

 

スープに太めのストレート麺(これが蒸し麺なんでしょうね)。

麺は茶色く、スープはより深みのある茶色。

その上に、羊肉にキャベツ、キクラゲ。肉は臭みがなく茹でてある。野菜は炒められている感じ。

 
 
 

 

スープを頂いて見ます。ちょっと甘めな感じです。

ついで、麺と共にすすります。んっ?

汁付き焼きそば?というような不思議な感覚に。

でも全体的に、薄味に感じられます。

テーブルに説明文が置いており、

どうやら調味料を使って自分好みに味付けするらしい。

 

調味料は、

ソース、酢、ごま油、七味唐辛子、おろしニンニク。

んーっ。最初にソースと酢をひと回しと書いてあるが、

酢が苦手な私。ニンニクたっぷりと七味にしておきました。

確かに、味に変化をつけながらいただけるのは面白い。

薄味だから楽しめるのも事実。

でも、今度は地元民と共に来て味付けの指南を願いたい。

 

————————————————

 

↑↑↑グルメランキング参加中。

ぽちっとしてくれると嬉しいです!

 

========================================

※ちょっとした空いてる時間で小銭稼ぎ。

(大金にはなりませんけどね)

ポイントタウンのご紹介。

私もやってます。今度その後をレポートしますね。

詳しくはこちらのページで!!→ここ

萬里 本店郷土料理(その他) / 伊那市駅伊那北駅
夜総合点★★★★ 4.0

*******************************************

長野県出張シリーズ第一弾。

久しぶりの長野県遠征です。山梨辺りに来ることはたまにありますが、

セールスと一緒にデモ遠征は初めてかと。

(プライベートで善行寺に行ったことがありますが、日帰りはきつかった・・・)

 

さて、セールスと共に車で移動しながらのお客様回りとなりますので、

食事等にはある意味自由度があります。

セールスとの会話で、

互いにラーメン好きであることが確認できましたので、

ここはラーメン三昧と行こうかと示し合わせた。

でも、私にとっては長野は土地不案内。

ドライバーしてくれているセールスが案内は任せろと豪語してくれた。

 

初日のラーメンはこちらに決定。

 

ハルピンラーメン

0266-53-1557

長野県諏訪市大字四賀飯島2336-2

https://tabelog.com/nagano/A2004/A200404/20000125/

 

セールが教えてくれるには、一風変わったラーメンだという。

それでいて、かなりの老舗で、創業は昭和49年だというから驚きだ。

そして今では、支店も出していて、

ここ長野では列の途絶えることのない知る人ぞ知る有名なラーメン屋さんだという。

住んでいる都合上、横浜ラーメンばかりが多い私にとっては興味深々。

仕事を切り上げ、早速そちらに向かいます。

 

場所は、中央自動車道諏訪インターを降りて「諏訪IC」の交差点を諏訪大社に向かう様、左折。次の信号は「飯島」。

こちらを右折すれば、左手にある。

インターから5分とかからず着く。

(私のような出張者にはめちゃ便利がいい)

赤い屋根が目印。「ラーメン ハルピン」と書いてある。

 

 

到着前に、スマホでハルピンは何ぞやと調べていた。

なんとなく響きがいいですよね。

中国に実在する都市にハルビンがあります。

この名前からとったのでしょう。

お店の入り口左手に中国語とおぼしき店名の書かれた看板があります。

単純な響きがいいだけでつけたものではなさそうですね。

おやっさんが満州出身の方なのかしら。

 

さて、注文は勿論、

 

ハルピンラーメン 650円 です。

 

店内に目立つよう真っ赤なボードが掲げられており、色々説明してくれています。

こちらのスープのこだわりは大変なものです!

青森県十和田産のニンニクを特製醤油に漬け込み、

唐辛子、昆布、タマネギらとともに4年も熟成させた「寝かせダレ」のラーメンだ。

そして、タレは重く丼の底に溜まりやすい為、

食べるときは、丼の底から麺とスープを持ち上げ、

からませるようにして食べるよう書いてある。

初心者の私にはありがたい注意書き。
 

白い丼で出てきたラーメンには、

小口ねぎ、チャーシュー、もやし、メンマ、海苔が乗っている。

スープは、茶色っぽい。レンゲですくうとトウガラシであろうか、赤い粒が見てとれる。

 

ニンニクを熟成させたとあっては、とてつもなく臭そうだが、

実はほとんどニンニク臭はしない。(それは、私がニンニク好きだから?)

 

一口、すすってみる。味噌ラーメン的な要素も感じ取れる。

醤油も勿論いい味を醸し出している。

熟成ダレが味噌的な味を感じさせるのであろうか。辛味も十分ある。

これは美味しい。

このままスープを飲み切ってしまうのではないかという錯覚に陥った。(笑)

チャーシューも1枚ではあるが大きくていい!

もやしもシャキシャキしている。

そして麺。中細麺だ。

このスープを引き立てるにはもしかしたらモチモチの太麺でもいいかもしれないが、

私はこの細いほうが好きだ。

勢いよくすすって熱々のスープを楽しむ。

これは美味しい!

 

地元民に愛される理由がわかるわ。

ピリ辛のオリジナルラーメン。

是非次の機会にも立ち寄りたいです。

 

 

 

————————————————

 

↑↑↑グルメランキング参加中。

ぽちっとしてくれると嬉しいです!

 

========================================

※ちょっとした空いてる時間で小銭稼ぎ。

(大金にはなりませんけどね)

ポイントタウンのご紹介。

私もやってます。今度その後をレポートしますね。

詳しくはこちらのページで!!→ここ

ハルピンラーメンラーメン / 茅野駅上諏訪駅
夜総合点★★★★ 4.3

*******************************************

 実は、私は新宿によく出没します。

その際に利用している居酒屋は『米助』。

このお店はコスパが半端なくいい。そしておいしい。

そのお店の看板娘「さけちゃん」から、耳寄りな情報をキャッチ。

(※『さけちゃん』はニックネーム。お名前はさきちゃん。)

姉妹店が、そんなに遠くないところにオープンするというではないか。

名前は


悠助 新宿本店 

東京都新宿区新宿3-28-16 コルネビル 6F

050-5595-6348 




オープンが2018/06/01(金)でしたが、仕事で抜けられず、断念。

でも、丁度土曜日新宿に行く機会がありましたので、仲間と3人で寄ってみました。


新宿駅から近いです。歩いて2分とかからないかも。

お店の前で、イケメンの店員さんが案内していましたので、道に迷うことなくお店に到着。

開店して間もないので、店員さんのオペレーションも心配でしたが、店先での案内を見る限り、そんな心配はみじんも感じさせない、しっかりした案内でした。


いらっしゃいませー。という明るい声。あれっ?米助の「さけちゃん」??

聞くと今日はこちらの店に入ってるらしい。

これは世間話もできて楽しめる予感。


メニューを見てみると、松山港直送の鮮魚をふるまってくれるよう。



ビールはプレミアムモルツとカシスオレンジで乾杯~


料理はアラカルトで注文します。


だし巻きタマゴ 680

{A9EE43AB-4634-4DBD-A40E-95B9C43B5B73}


豚のトロトロ香味ソース 750

写真は食べログで。


手羽餃子 250

写真は食べログで。



本日の天ぷら盛り合わせ 1,050

{2B8D9CE2-00FB-4186-B142-56A575306B34}

椎茸、シシトウ、かぼちゃ、まいたけ、ちくわチーズがあげられてます。

聞いたところによると、天ぷらに使われている油は太白(たいはく)ごま油。

太白ごま油は、ごまを煎らずに(焙煎してない)生のまま絞った油で、国内でも製造しているところは数件しかないらしいごま油らしいです。

ご存知の通り、ごま油は独特のにおいがしますので、天ぷら油としてはキャノーラ油などが一般的。でもこちらの太白ごま油は無色無臭。それで脂溶性の抗酸化物質のセサミンまで含まれているのだからありがたや~!

お店のこだわりが伝わってきます。

料理名に『本日の・・・』とついているのは、毎日入荷した野菜をシェフが品定めをしてその日の天ぷらの具材が決まるとの事。すごいわー。

パリっと揚がった衣の中に、新鮮で厚肉な椎茸の弾力がこれまたいいです。


ここは一番、日本酒だろう!と写楽をいただきます。

日本酒 写楽(寫樂) 1,000

{99E839A7-2212-4B69-864C-497B1706EE58}

決して甘口ではないのですが、塩けのある料理によく合います。

まさに天ぷらにはバッチリ合います。日本酒好きの方であればこの組み合わせでどうぞ。

店員のさけちゃんお薦めの組み合わせです(笑)



そして、お店のこだわりの一層のすごさを実感できるのが・・・



日替わり鮮魚刺し小 1,200

{4FC9D25B-E6EA-4A39-83DA-506E697FC7C0}
これはおいしい!

詳細は食べログで。



ここも、日本酒をもう一種類いただきます。

萩の鶴 900

{BF53C36E-A23C-4699-95E8-2CBB35254E33}
宮城県のお酒です。辛口度合いは写楽より強いかな。

スッと入ってくる切れのある辛口。(若干の甘みも感じます)

さっぱりとしているので、お刺身本来のうま味と喧嘩せず、おいしくいただけます。




冒頭書きましたが、姉妹店の米助も大繁盛で週末は予約必須ですが、

こちらのお店も、こりゃ人気出るわと確信した次第。


だって、開店2日目だというのに、結構お客さんが入ってる。

そして料理を食べればその質の高さと安さに驚くはず。

そうなると、私のようにリピーターへと成長することでしょう。

新宿に、また一軒ありがたいお店が登場したことにウエルカム!!


食べログではもっと詳しく書いています。そちらも是非見てくださいね。

 

 

 

 

 
 

 

————————————————

 

↑↑↑グルメランキング参加中。

ぽちっとしてくれると嬉しいです!

 

========================================

※ちょっとした空いてる時間で小銭稼ぎ。

(大金にはなりませんけどね)

ポイントタウンのご紹介。

私もやってます。今度その後をレポートしますね。

詳しくはこちらのページで!!→ここ