文章プロデューサー&ファイナンシャルプランナーのブログ

文章プロデューサー&ファイナンシャルプランナーのブログ

「文章が苦手」
「ブログが書けない」
「いいタイトルが思いつかない」など、
ひとりビジネスをしている方のために「売れる文章」のアドバイス!

ひとりビジネスの方々に

売れる文章作成のアドバイスをする

文章プロデューサー小沢美奈子です。

 

 

ところで、

みなさんは、アメブロのご自身のページで

「飾り枠」を使っていますか?

 

 

実は私も最近使い出したんですよ。

 

 

今まで「飾り枠」にあまり興味がなかったのですが、

使って見たら面白いですね。

 

 

ちなみに飾り枠を使いたいのなら、

「アメブロ 飾り枠」とググってみると、

コピペだけで使える飾り枠がたくさん出てきます。

 

 

どれもステキ過ぎて、選ぶのを迷ってしまいますね。

 

 

小沢は自分が飾り枠を使うにあたり、

試しに皆さんがどのような飾り枠の使い方をしているのか、

リサーチしてみたのです。

 

 

本当に色々な方がいて、

参考になりました!

 

 

 

 

でも、中には気になるブログもありました。

 

それは、

「飾り枠」を使い過ぎていませんか?

と思えるブログです。

 

 

そういったブログは、

飾り枠の多用だけではなく、

いたるところで文字色や文字サイズを変えていたり、

マーカーを多用していたり・・・

 

 

一見可愛くて目を引くのですが、

文章を読んでも何が大事なのかがよく分からない

という印象を受けます。

 

せっかく良いことが書かれていても、

これでは伝わらなくなってしまいます。

 

おそらく、

飾り枠を多用しているうちに、

感覚が麻痺してしまうのかもしれませんね。

 

 

こんなイメージです。

 

=======================

みなさんこんにちは!

小沢ですラブラブラブラブ

 

今回は講座のお知らせをしたいと思います音譜恋の矢音譜恋の矢

 

―ここで飾り枠の中に講座内容の記載が入ります―

 

今回に限り、○○日までにお申し込みの方に

キラキラ特典キラキラを用意しますラブラブラブ

 

―ここで飾り枠の中に特典の内容の記載が入ります―

 

=======================

 

上の例は、ちょっと極端かもしれませんが、

こんな感じで書かれていると、

何が重要なのかわからなくなってしまうと

思いませんか?

 

 

 

伝わるブログにするには、

どうしたらよいのでしょうか?

 

 

 

飾り枠や文字の装飾を、

最小限に抑えるのです。

 

 

たとえば、

 

重要なところには、

下線を引くことや、太字にする。

 

強調したい文字や数字のみ色を変える。

 

 

 

小沢は現役ライターであり、

雑誌やWEBなどで初心者向けの記事を

よく書いています。

 

 

そこでも心がけているのが「シンプルさ」です。

 

 

本文では、

強調したい文に

ラインマーカーかアンダーラインを引くのみです。

 

 

自分のブログなんだから、

オリジナリティや華やかさを出していいのでは?

とは思いますが、

書きたいことが伝わらないのでは

もったいないですよね。

 

 

そう、シンプルでよいのです。

 

 


まとめ

・飾り枠は、1記事の中で、多くても2~3個以内に留めよい。

・飾り枠を使う場合の、自分なりのルールを作ろう。

 例:プロフィールの紹介、講座の案内時のみ使うなど

・文字色や大きさを変えるところは、最小限に抑えよう。

・公開前に、いま一度冷静になって「プレビュー画面」で確認しよう。

 

 

 

最後に、飾り枠を使って(笑)、小沢のメルマガを紹介します!!

飾り枠の制作者の皆さんに感謝ラブラブ

女性起業家、フリーランス、個人事業主など

ひとりビジネスのみなさん

のためのメルマガを週一配信!

 

「書くことが苦手」
「ブログが上手く書けない」
「まとまりのない文章になってしまう」
「いいキャッチコピーが思いつかない」
「書くのに時間がかかる」
「ネタが思いつかない」
「自分の想いを文章にすんなり落とし込めない」などなど

 

現役ライターが文章力アップの秘策を大公開!!