ファイナンシャルプランナー&ライターのブログ

ファイナンシャルプランナー&ライターのブログ

◆iDeCoやつみたてNISAを使った初心者向け資産運用、保険、家計相談
◆ひとりビジネスをしている方のために「売れる文章」のアドバイス!

 

マネーライターでファイナンシャルプランナーの小沢美奈子です。

 

みなさんは、記事やコラムを書く際、
どんなタイトルにすべきか、
悩んだことがありますよね?


小沢もいつも悩んでいます。


小沢は色々なメディアの方とお話することも多いのですが、
どの担当者も、
タイトルについては、
相当頭を悩ませているようです。



ところでみなさんは、
YahooニュースやLINEニュースを読むことって
ありますよね?


まずはタイトルを見て、
その記事を読むかどうか決めますよね。


つまり、記事で一番大事なのはタイトルなのです。

 

つまり多くの人に読まれるには、タイトルを工夫する必要があります。


では、どんなタイトルが効果的なのでしょうか?


ここからは、小沢の主観と独自分析を交えてお伝えします。

まず読まれる記事のタイトルには、
「強いワード」が含まれています。

最近のWEB記事では「強いワード」がネガティブになるほど、
ランキング上位に入る傾向があります。

・○○のワナ
・○○は過去最低
・○○に苦言を
・NGな○○
など。

したがって、読まれるためには
ネガティブな強いワードを意識すると良いと思います。



でも、みなさんは、自分の記事のタイトルが、
ネガティブなものばかりに偏るのは避けたいですよね?


そうならないために、
ポジティブな「強いワード」を入れてみるのも一案です。

・たった○日で○○になれる!(数字を入れるのは効果的)
・夢の○○術!
※タイトルの最後に「!」を入れるとgood


ほかにも、最後が疑問形のタイトル
効果的です。

・○○とは?
・なぜ○○になる?
・○○の理由は?



ここでYahooニュースで、検証してみたいと思います。

Yahooニュースは、言わずもがなの日本最大級のポータルサイトです。

実はトップページに掲載されている記事のタイトルの多くは、
Yahoo側が作っているようです。

Yahooニュースの狭い画面におさまるよう、
本来の記事のタイトルではなく、
短縮バージョンをわざわざ作って掲載しているのです。

ある日のYahooニュースを見てみましょう。

「○○美保 夫は私より美意識高い」
というタイトルの記事が
出ていました。

このタイトルをクリックしてみると、
本来のタイトルである
「○○美保が語る『アスリートの妻』と『一児の母』。
▲▲選手は『父親として100点』」が表示されました。


明らかに前者の方が目を引くタイトルです。


ここで言う「強いワード」とは、「美意識」です。

「美意識」と聞くと、少しネガティブな印象を受けますが、
読む人の興味が湧くワードですよね?


このようにYahooニュースでは、
読まれるためのタイトルを
試行錯誤しながら決めているのです。

私たちが学べることも
たくさんあると思いませんか。


まとめ
・タイトルは記事の生命線である
・強いワードを入れることが大事
・ネガティブなワードは読まれる傾向にある
・短く簡潔にするのも大切

 

 

 

専門家ライターに興味のある方必見

 

あなたの専門分野を生かして記事を書いてみませんか?

ライターゼロ1DAYセミナーを開催します!

 

【日程】

2022年
5月16(月) 10:30 ~ 12:00
5月18(水) 13:30 ~ 15:00
5月18(水) 19:00 ~ 20:30
5月24(火) 19:00 ~ 20:30
5月31(火) 10:30 ~ 12:00
【場所】ZOOM(オンライン開催)
お申込みはこちらからどうぞ。

 

 

 

なお、今回のZOOMセミナーとは別に、無料の9日間メール講座もご用意しています。

「書く仕事」「副業」にご興味のある方は、こちらもどうぞ。

 

 

 

 

皆さんとお会いできるのを楽しみにしております(^^♪