★ 節分の福豆菓子を試作

テーマ:

節分の福豆が、そろそろ売られてきています。

「炒った大豆でしょ?」 とおっしゃる方もいらっしゃいますが

たかが大豆、されど大豆! 

きなこの元ですのでね、香ばしい香りが後を引く美味しさとなります♪

そのままでも美味しいのですが、

節分に訪問されたお客様のお茶うけに、

ちょっとアレンジした福豆がいかがでしょうか?。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚

節分の福豆菓子~合格クラッカー

写真奥の赤い器のものは、「まめいた」 というお菓子

手前の緑のお皿のものは、「アメ豆」にしたものです。

どちらも同じ材料、いえ、「まめいた」 に焼きを入れて 「アメ豆」 を作りました。

「ん~! 疲れた時にちょっと一口ええなぁ

               コーヒーにも合うと思うわ♪」byダーリン

(和菓子やったらあんまり入れへんバター使ってるからね(^^)

 緑茶はもちろんのこと、ホットミルクとか紅茶、コーヒーにも合うと思うわ≧(´▽`)≦)

 

使いましたのは、『でん六』さんから出ている

・福豆、小袋5つ

一袋が、だいたい大さじ1ほど入っています。

 

でん六さんは、皆さんご存知の「ま~め~は、でん六っ!♪」 で有名なでん六さん

よその福豆も美味しいのですが、さすがでん六さん! 

豆の軽い口当たりが違います。

5袋全部封を開けて、待機!

ホーローバットにクッキングシートを敷いて、スタンバイしておきます。

 

では、まず 水アメ から作ります。

(お正月の田作りなんかを作られた時の残りがある方はそれでも良いですが

                      少量使うために買うのもなんだったので、作ります。)

小鍋に

・三温糖、大さじ2 (グラニュー糖でもなんでも大丈夫です)

(全体量が大さじ2ですが 先に2/3を小鍋に入れて、後入れの1/3とに分けて使います)

・水、大さじ1

中火にかけて

まわりからフツフツと煮立ってきたら

追加の1/3を足して

追加の三温糖が溶けて馴染んで

全体が均等に煮立って

大きい泡が少なくなってきたら

水アメ 完成です。

約、大さじ1強の 水アメ ができます。

 

ここからは、熱伝導が良くって焦げ付きにくいお鍋 クックレインボーごはん鍋小

に、活躍してもらいます。。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚

(ごはん鍋という名前ですので、もちろんご飯も美味しく吹きこぼれずに炊けるのですが

    少量の煮物や、こうして少しだけ煮たい時に大活躍!

  弱火調理でも熱効率が良くって、焦げ付きにくいっていうのが良いんですよ~ (o^-')b)

   

その、クックレインボーに 

(クックレインボーを持ってらっしゃらない場合はホーローのお鍋でもいいですが

                     火加減を焦げ付かないように弱めにしてください)

・バター、25g弱

・三温糖、大さじ3弱

・水あめ(さっき作ったの~)、全部(約大さじ1強)

中火の弱火で沸騰させ

全体がふつふつと煮立ってきたら

・待機していた福豆、全部

入れまして、かき混ぜます。

全体が馴染んだら

用意していたクッキングシートをしいたバットの上に

豆が重ならないように伸ばし

そのまま粗熱がとれるまで常温で冷まし

あとは、冷蔵庫で冷やします。

 

三温糖のシャリシャリ感を残したかったので、加熱を少なめにしてしまいましたから

三温糖が結晶しただけで、強い塊にはなっていなかったので

切ったら・・・・

砕けたわ (≧∇≦:)

もう少し、お砂糖のシャリシャリ感が消えるまで加熱が必要でした。

ほんの1分ほどの違いなんですけどね、σ(^_^;) 

もしくは、一口サイズにした状態で固めるのが良かったと思います。

(だから試作って大事よね~)

 

でも、これはこれで、

バターの良い香りのお砂糖にくるまれた、香ばしい福豆! 『まめいた』です。

ミルクティーなんかに最高に合います。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚

「ん?ヽ(*'0'*)ツ 和菓子っぽいんかと思ったら

バターやな! なんかええなぁ~バターの香りの福豆!」byダーリン

(疲れた時にええやろ?σ(^_^;) 今度は、最初から一口サイズで作るわ)

 

美味しいのですが、砕けると食べにくいので

砕けたのを集めて

クッキングシートを敷いた天板に乗っけて

200度の予熱なしのオーブンで15分焼くと

(機種によって微妙に加熱が異なるので、フチの豆が軽くコゲたら取り出します。)

こんなぁ~

粗熱が取れたら、板のように固まるので

キッチンペーパーの上に置きかえて

冷蔵庫で10分ほど冷やし

包丁の刃を当てて 包丁の峰を軽く手で叩くようにすると

パンっと軽く割れるので、好みの大きさに切り分けて

アメ豆 です~♪

「おぉ~♪ さっきのやつが

 南国に行って日焼けして帰ってきた感じやな(≧∇≦)」byダーリン

(そう、オーブンという南国に行って帰ってきはったわσ(^_^;))

2品完成です。

「白い方はバターの香りがええなぁ~

 豆じたいが甘く感じる♪

 南国帰りの方も、香ばしくって豆の香りが引き立つわ

  どっちも好き~! いっぱいある?≧(´▽`)≦」byダーリン

(どちらもお好みだったようです(^^) どちらも、保存は

               密閉ビンなどに入れて冷蔵庫で美味しく頂けます。)

 

今回は節分にいらっしゃるお客様のために作った節分豆菓子の 試作 でしたが

節分で残った豆の消費にも持って来いだと思いまあす。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚

 

豆を頂いて、

マメに働き、マメに暮らせますように♪

今日もいい日でありますように.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚

 

 

 

 

 

おうちごはんのランキングに参加しています 
皆様の応援で頑張れてます
ここポチットうれしいです
 いつもありがとうございます

また

5バナー ※ クックレインボーご購入希望の方にお知らせです!(o^-')b

『ダーリンのつまのブログを見た!』 と、お伝え頂くと ご購入特典が受けられます!

(特別特典については、お問い合わせしてみてくださいね~♪)

下記ファックス、電話、メールでのお問い合わせ、ご購入申し込みでと、

させていただきますので、よろしくお願いいたします。

FAX 045-914-743
フリーダイヤル 
0120-099-253

メール m.igarashi@cookrainbow.jp  五十嵐(いがらし) まで)

AD