古いハーディのリールが修理に入っていました

 

(普段でも普通に古いんですが更に古いものっぽいです)

 

ボディ全体がブラス製でしかもバーミンガムスタイル叫び

 

初めて見たような気がする

 

 

今回はチェックの修理での入庫でした

 

とりあえず回した感じでは全体的にクリアランスが甘くなってるような感じかな

 

遊びがそれなりに感じられました

 

問題のチェックは・・・・・減ってるように感じます

 

とりあえず分解してみないとね

 

 

最近写真の回転がちゃんとできないんだけど・・・・・・なんで?ドクロ

 

見にくくてすいませんm(_ _ )m

 

やはりチェックは減っていました

 

 

と同時にチェックの固定ネジもネジ山が損傷しています

 

 

リールフットにも歪みが見られます

 

ある程度概算の見積をして相談させていただき今回はチェックの修理だけでOKという事になりました

 

が、後日改めてリールを見ながら作業内容を整理していたら

 

新しい問題点を発見あせる

 

 

スプリングを固定している溶接部にクラックがありました叫び

 

このまま使ってたらスプリングが脱落する可能性があります

 

再度ご連絡させていただきココも修理する事になりました

 

使ってる最中に外れでもしたら中が大きなダメージを食らう可能性がありますからね

 

後になってしまいましたが見つけられて良かったです

 

 

チェックはステンレスを削り出して製作してありますチョキ

 

固定ネジは1サイズ太くして真鍮で製作しネジ山も新しく切り直しています

 

スプリングの溶接は溶接個所の位置が絶妙というか

 

溶接されている場所はスプリングのフィーリングを左右するので慎重に位置決めしてあります

 

恐らくは元の状態を維持していると思います

 

各部にグリスを打ちながら組み付けて

 

 

完成しました

 

チェックのフィーリングは大丈夫そうグッド!

 

そして驚いたのは組みあがって回すと分解前にあった結構な遊びが殆ど気にならない状態になった事

 

ん~組の結果なのか?グリスの粘度の違いなのか?

 

どちらにしてもフィーリングが良くなりましたね

 

後はオーナーさんの判断次第です

 

 

パイプフレームな構造は凄くオーソドックスな感じがしますね

 

回して出てくるチェックの音はやはりハーディのそれに近いと思われ

 

昔から豪快な音を出してたんだな~と思いますドキドキ

 

既にオーナーさんの手元に戻りフィーリングの確認をしてもらいOKを頂きました

 

良かった~一安心です音譜

 

この度は作業依頼いただきありがとうございましたm(_ _ )m

 

また何かありましたらよろしくお願いします

 

楽しい釣りが今後も続きますように音譜

 

それではパー

 

 

連休の釣り

テーマ:

今回の連休も楽しく釣りしてきました

 

が、天気予報では長く続く雨降り・・・・・ドクロ

 

なるべく影響が少ない最初が勝負かもしれません

 

できれば雨が少ない場所に行きたかった所ですが

 

連休は11と12の二日のみ

 

この日程で墓参りもしなきゃいけないという事は・・・・・

 

場所は一択となり選択の余地なしあせる

 

ま、しょうがないね

 

10日の夜には家を出て現地に出発

 

11日早朝から釣りスタートグッド!

 

まずは鉄板ポイントに入る、水は少し多めかな

 

とりあえず釣りは可能だと判断してキャスト開始音譜

 

無反応が続く・・・・・・マズイあせるあせるあせる

 

少し下流に下りて本流との合流に移動するべきか???

 

けど、本流は増水してて入れない可能性もある

 

今回初めてそこから上流に歩いてみる事にした

 

というのも、いつもは少し上流にある橋までクルマで移動するんだよね (めんどくさいから)

 

落差工を越えて少し上に行ってみればいい感じの流れがあった

 

私は上がってすぐの場所で振りはじめ

 

奥さんは更に上に行って始めた様子

 

早々に当たりアリドキドキ

 

キャッチしたのは小さなヤマベでした

 

この後が続かなかったら困るかな?と思い写真を撮ろうとしてたら奥さんが呼ぶ・・・・・

 

視線を奥さんの方に向けると・・・・絶賛ファイト中叫び

 

ロッドが大きく曲がってますあせるあせるあせる

 

また持って行きやがった・・・・・・とは言いませんが

 

ラインの先では明らかに大きいであろう魚体が水面で暴れてます叫び

 

何とかランディング成功チョキ

 

58センチのヤマベのお父さんでした・・・・・

 

グダグダ言われるのは嫌いなので写真は掲載しませんがイケメンでした

 

しばらく沈黙

 

なんだかな~

 

しばらくしてようやく釣れたのは

 

 

小さなニジマス

 

しかも釣ったのはまたも奥さん・・・・・汗汗汗

 

その間も雨は降ったり止んだり強くなったり

 

しばらく沈黙した後

 

ようやく私のルアーにもひったくるような明確な当たりが来たビックリマーク

 

ガツン!ドヒャン!ギュイ~~ン!ジィ~~~~~~~~ッ!!!ドキドキドキドキドキドキ

 

ドラグが鳴りテンション急上昇!キスマーク

 

ジャンプ一発でニジマスさん確定!

 

バ・レ・ル・なよ~~と、声には出さずに頭の中で叫ぶ

 

キャッチ!

 

 

またもや48センチのニジマスさんでした

 

体高があるのでやたら大きく見える魚体キスマークキスマークキスマーク

 

ん~50が壁だな・・・・・

 

なかなか寄って来てくれないタフな奴でした

 

大満足グッド!

 

いいないいな~なんて言ってる奥さんの竿が大きく曲がりあせる

 

今度は48センチのヤマベのお母さんでした叫び

 

ソコでは数尾の小さなニジマスを追加して移動する事に

 

更に上流に歩き始め

 

ヤマベやらニジマスを追加していったんクルマに戻り

 

本流との合流を見に行ってみた

 

結果は×

 

しばらく振ってみたけど何も起こらずに移動

 

先ほど釣り上がった場所までクルマで行ってソコから釣り上がる

 

 

いろんなマスが釣れマス音譜

 

釣り上がってはクルマに戻り移動して釣り上がりを繰り返し

 

途中で他の釣り人が入ってる場所はパスしながらなんだかんだ30キロくらい釣り上がり

 

夕方近くなったのでココでおしまい

 

墓参りに向かいました

 

墓参り後に少し走って見つけた道の駅でダウン

 

疲れ果てて8時過ぎに就寝ドクロ

 

次の日はかなり山奥までクルマで行き釣りスタート

 

ポツポツとアメマスが釣れるけどサイズが伸びない

 

かなり上流まで行ってみたけど変わり無

 

違う川に移動

 

ココもニジマスとアメマスがポツポツでサイズが伸びない

 

次の川も同じような感じで2時過ぎごろにダウンする

 

もう歩けないドクロ

 

というか帰りの事を考えたらこれ以上疲れるのは怖いのでココで終了

 

とりあえず疲れ果ててたので奥さんに運転をお願いして寝る

 

目が覚めたら自宅の近くまできてしまってました・・・・・ゴメンねあせる

 

疲れたけどそれなりに楽しい釣りができましたかね

 

月曜日は水撒きの予定だったので昼頃に出社して仕事してたら電話が鳴り

 

雨で水撒きは中止となり帰宅

 

火曜日は少し早起きして雨が少ないであろう南に向かい

 

 

30~45のニジマスを数尾釣って更に移動

 

アチコチ釣り歩きましたがどこも増水してて小さなニジマス数尾にて終了

 

さすがに雨が続いていたので連休中の釣りはココで終了

 

残りの二日は買い物に付き合ったりしながらまったりと過ごしていました

 

という事で本日から通常営業を再開しております

 

なんだかんだ楽しい連休を過ごす事ができました

 

ちなみに今日の水撒きも中止・・・・・なんなんだホント

 

それではパー

 

 

今回はバーミンガムスタイルのフライリールの左右反転です

 

普通のバーミンガムであれば分解して内部で調整しなきゃいけないので時々依頼があります

 

物によっては組み立ての時に気を使わないと異音が出たりするものもあるので少し気を使いますね

 

今回送られてきたのはサラシオーネでした (機種を聞いてませんでした)

 

バーミンガムの中でも少し特殊なタイプですよね

 

初めて分解した時は・・・・・・バラバラにしましたもん叫び

 

という事で今回は送ってくれたお客さん用に分解の手順を時系列に説明しておこうと思っています

 

興味ない人は見るだけ無駄ですのであしからず

 

 

ペン先にあるのが開閉に使うノブです

 

このノブをリール中央方向に動かすとロックピンが引き抜けます

 

 

フレームに小さな穴があってピンが刺さってるのがわかります

 

このピンを引き抜くイメージです

 

で、引っ張った状態を維持したまま黒いプレート部分を丸ごと回転させます

 

今回は半時計方向へ回します (確かどちらでも大丈夫だったはず)

 

中央のリューズを持って回しても可能です

 

 

全体が回ったのがわかると思います

 

ココまで回ったら中央のリューズを少し引っ張ってやると

 

 

ふたが丸ごと抜けてきます

 

最初から少し引き気味で回せば決まった場所でポコンと抜けるはずです

 

 

後はそのまま引き抜けば外れます

 

こうして見るとこのリールの構造が良くわかりますね

 

特に脱落する危険がある部品もありませんから安心して抜いて大丈夫です

 

 

少し見にくいですね

 

現在は左巻きな状態で下側のチェックを起こしてあります

 

チェックを回して先端を中央に向けてやれば機能するようになっています

 

右巻きにする場合は逆のチェックを起こして元のチェックを寝かせてやればOKです

 

ココで気を付けるポイントは

 

チェックが寝る場所は決まってるという事

 

チェックは三角形ですので起きる場所は一つだけですが

 

寝る場所は二か所あります

 

このリールのチェックは二か所のうち一か所は寝てもチェックギアに接触してしまうので

 

接触しない方をを選ぶ必要がありました (リールによります)

 

試しに回してみて具合を確認してください

 

何度かやってみると引っかかってるような感じがします (接触してます)

 

コレで巻き方向を設定して組み付けます

 

 

写真が回りません・・・・・・

 

スプールを取り外してみました

 

スプールはそのまま引き抜けば外れます

 

組み立てる場合はハンドルシャフトにハマる溝があるので気を付けましょう

 

 

シャフトに付いている短い棒がスプールの溝に入るようになっています

 

スプールを差し込んでゆっくりと回転させるとポコンと入るのでわかると思います

 

 

スプールのエッジとフレームのエッジがピッタリと同じ高さになっていたらちゃんと入ってる証拠です

 

 

組み立てる場合は

 

丸く切られている場所にプレート裏側にある円形の部分を合わせて

 

 

入れます

 

この時の注意点があります

 

チェックとチェックギアのかみ合わせが悪いと無理やり押しても入りませんので気を付けてください

 

 

この状態で軽くプレートを押しながらハンドルをゆっくりと回してやるとポコンと入ります

 

固定ピンを引っ込めながら行う事を忘れずに!

 

ピンが引っ掛かって入りませんからねあせる

 

 

ポコンと入ったら時計回りに回して

 

ピンがパチンと入れば元通りです

 

内部の洗浄や給油の時にもフタを開ける必要がありますので覚えておいて損はありませんよ

 

もちろん機械が苦手な人もいますので

 

当社まで送ってもらえれば作業します

 

という事で今回はサラシオーネのプレートの開け方でした

 

楽しい釣りが続きますように音譜

 

それではパー