滑り屋本舗 ☆ 雪がある限りはSKIに行こか~♪

Oyagee'S World別館

Skiは「おバカ」、機械モンは「おタク」、文書表現能力は「ナッシング」のワタクシが
日々の出来事をユル~く綴ってます。
参考になるようなネタは皆無なので、『アホやね~♪』とか『ぷぷぷぷっ!』 と笑い
飛ばしながら読んでちょーだいませ。



- Welcome to Oyagee'S World -

何もないケド、まぁ、ゆーっくりしたってね~はーい


本ブログは 画面サイズ1100pxで最適化される設計 になってますんで、ご注意、ご注意をば~☆



【注意】 広告・勧誘・事業説明等のコメント及び、本ブログの趣旨・カテゴリとかけ離れ

いる方からの読者登録申請等の一切は「即刻削除」させて頂いております!! 【勧告】


滑り屋本舗:雪がある限りはSKIに行こか~♪

いちお SKIネタが中心のハズ ですガ、他のネタもあります☆カテゴリの確認は左サイドバーエリア 『 テーマ 』 一覧で!
同様に、「記事一覧」や「画像一覧」を見たい場合は、同じエリアの 『 最新記事一覧 』 末尾にあるリンク文字をクリック!!!

NEW !
テーマ:
かぐらからの帰りし、ちょうど国道254号沿いの東松山インター先(「かつや」とか「松屋・SUKIYA」がある辺り)で到達しました!。



2012年2月にこのR32を購入した時、約9万キロ走行済みの状態でしたので、前オーナーが乗っていた距離まで残り1万キロとなった訳です。
⇒ワタクシ年間で14000km程走行する計算なんで、来年の今頃には18万キロ達成の見込み
⇒次回車検の2019年3月の段階では187000km程度、大台の20万キロには届きませんね


ここまでの5.7年間で、エアコンの修理をしたりヒーターコアをDIY交換したり、最近ではオルタネータを交換したりもしましたが、エンジン主機は至って元気!、相変わらず官能的な良い音を奏でてくれておりますし、プラットホームのシャッキリ感は購入時と変わらないままなので「やはり独国車は丈夫だな~♪」と感じている次第です。


ただ残念なことに、新車登録から10年を超過している個体のため、ここ数年間で重量税や車検代が右肩上がりに上昇してきましたから 『 断腸の思いで 』 次の車検は通さない、つまりは、R32とお別れするつもりですが、せめてそれまでの間は、官能的かつ孤高の存在であるコイツとのカーライフを思い切り楽しみたいと思いまーす!!!。



じゃ、今日はこんなトコで
ワタクシの後に誰か乗りますか☆ディスカウント上等スよっっ!!



皆さんからのご支援が励みになります!


「お恵み」のつもりで、バナーを 『 ポチッ! 』 と連打でプリーズお願いします。


AD
いいね!した人  |  コメント(3)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
この週末、3度目の突撃を済ませました-!。






【やったコト】

4時間券を購入のうえ、コブ太郎グルグルバター+駐車場野営昼食と、相変わらずのパターン(笑。

1便のRWで上がったので、出だしは空いてましたね


ススキの穂、先週より確実に開いてます綺麗!(秋深まった感じ)





【今回のビデオ】

◇相方

コブ太郎30連イッキ降り

前回に比べ、この日の相方は終始安定しておりました(ブログのネタにならない>ちっ)
また、ゴール手前の数ターンについては縦目に捌けるようにもなってきたので、ウチの相方、いよいよ1ステップ向上したのかなと「危機感」を募らせております(汗;


彼女の良いトコロは「脚(膝)の柔らかさ」にあり、その結果、スキーが凸凹に逆らうことなく貼り付いた状態をキープできる部分
決して「攻めている感」をもたらすような滑りではありませんが、美しいとか綺麗という言葉で括れる滑り、または「教科書に載っていそうな滑り」かと思っています

大袈裟いいますか、師匠として弟子を褒めまくるとすれば「ズルドン滑りの先に習得して欲しい、ひねり回し系ズルドンの模範例がコレ」といっても過言ではないと自負しているところです~♪(密脚操作も崩れなかったし)

後は、この滑りを雪上でも再現できるかどうか、、、、、ですネェ(笑


◇ワタクシ
①コブ太郎30連1本目(回し込み系)
気持ち的には「下段は縦目で行こう!」と意気込んだものの、結局のところ、上から下まで回し込んでしまいましたー(笑


2シーズン前から組んでいるストックワークについてはモーグル捌き「ちっく」になりつつありますが、まだまだ、基礎滑りのソレになっており、特に、左腕の動きが顕著のため、さらなる精進が必要かと思われます
ただ、ワタクシ的懸案の『密脚状態をキープすること』は、東北のブロガー「にょひさん」から頂戴した『スタートの時から密脚させたまま降り始めれば良い』というアドバイスを猛烈に意識しているためなのかどうか、かなーり改善したのではないでしょーか?

②コブ太郎下段「縦目?」
1本目で「しくじった」ので、下段部分でのグルグルバターを重ねた後に撮影
ゴール手前で1ターンだけ詰まりましたが、他は「まぁまぁ」かなと(本人はかなーり必死>笑)


このライン取りですと身体の方も忙しくなるので、結果的にアグレッシブに見て取れる(ような??)結果に繋がったのかなと勝手に解釈しています
『ポーパス』というには余りにも深すぎますが、その感覚は、ワタクシの中で徐々に構築されつつあると思い込むことにしました!(爆

③コブ太郎30連2本目(下段後半縦目)
スタート前、「上段は回し込み系で、下段は縦目に!」という目標をなんとなくクリヤできたかも?-いう感触を得られた『ワタクシ的本日最高の出来』ともいえる1本☆落下エネルギーを殺すこともなく(=ブレーキ要素少なめ)、また、オーバースピードで破綻することもなかったので(とはいえ、後半は焦ってる…かも)、ワタクシ的には満足でした


欲を申せば、
ストックを付く位置が身体からやや遠いため、「横に弾かれる余分な動きが出てしまっている」ので、そこは改善ポイントかと思います

また、前回、後傾だったポジションは、新板の挙動に慣れてきたこともあってか回復傾向にありますが「ど真ん中ではない」事、それから、縦目ラインで凸を超える際に必要とされる「スキーの引き戻しbyモーグルな生活さん(※)」が出来ていないので完成度が低く、そこが今後の課題かと思います~
※スキーの引き戻し
「前方に走っているスキーを身体の真下に引き戻す」なんざワタクシ的には永遠にムリそうなんで、『重心を落としつつスキーのテールを尻にくっつけるような操作(ドルフィンターンもどき?)』で対応する予定、この動きでも、結果的にスキーは身体の真下に戻るので、同じ効果になるのかなと思っています(つうか、そう思いたい)




今日のPIS-LABは賑やかでしたネェ。

あっ!、人出の具合ではなく「著名どころ」が多かったんで、まあ、そういう意味でありマッスル~♪。

◇確認できた著名どころ
①渡部秀文さま

宮城ナンバーのあうでーが来場したときから秀文さんだと一目で判りました☆リッチフィールドのキャンプだったんでしょうね、お馴染みのブロガーさんも参加されていたようです

②星 瑞枝さま
スノーマンでバッグをデポした際、「お隣サン」に居てたんが瑞枝さんでした☆Team Mizueキャンプだったようです(声かければ良かった)
現役選手を引退したとはいえ、拝見した滑りは本気度100%ではないんでしょーが『圧倒的な力強さ』を感じました

③吉岡大輔さま
チケット売り場真ん前に ばばん! と乗り付けて荷下ろししていた車に同乗されていたようです(笑

④LEE先生
ワタクシらがグルグルバターをやっている間、今回もお時間を共有させて頂きました(顔覚えてもらったカモ)

今回、AKKYセンセは不在でしたが(多分、「ふじてん」入り)、目の保養いうか 盗み見 学習する機会はいつもの土曜より恵まれていたように思います-!。

みつまた第1高速降りて谷川連峰を臨んだ1枚






【本日の行程】
自宅→練馬IC→湯沢IC→かぐら→石打・山古志村・野沢村経由→ツルヤ小布施店(野沢菜漬け購入!)→十福の湯→上田菅平IC→嵐山小川IC→R254経由→自宅で、500kmちょっとの走行




【前回に引き続く「何故だ!?」】
いつもどーりに大和陸橋交差点から環七内回りに合流し、「今日もスムースですな」と車を走らせていたワタクシでしたが、R246と交差する上馬手前のアンダーパスからイキナリの渋滞

ナビのVICSが龍雲寺先で工事を行っている旨の情報をよこしていたので、「ああ、ソレなのね」とお気楽に構えておりましたが、、、、


ぴ、ピクリとも動きませぬ(大汗;。
約5分間隔程度で動くには動くのですが、、、車1台分がやっと(をい。


片側は流れているので「交互通行」させている訳では無さそうでしたが、内回り側に車線規制をかけているにしても、この遅さは解せません(道を良く知っているタクシーさんらは横道にどんどん逃げていきますが、ウチらは追い越し車線にいたんで動けず)


「コレは工事でわなくて事故なのでは?」


と思いを改めつつ、ソロリソロリと移動していくと、、、、左2車線を規制した先で誘導灯を振る警官とパトカー(彼らが道路工事の誘導をするハズはないので、「やはり事故ですな」と断定)

でも、現場と思われる龍雲寺交差点には事故車両なんぞノンノンな訳でして、、、「な~んだ、も、片しちゃったのか…」と前方に目を懲らせばっっ!


工事車両が止まっている道路左端の最後尾に、何か、、変な金属の塊があった次第で、、、、

はい!、
1000ccクラスのコンパクトハッチバックが突っ込んでて、フロントがグッチャリひしゃげてます~♪


現場からは特段の緊迫感は伝わって来ず、警官もリヤゲートから内部を覗き込んで居るような状況でしたが、いやいや、先週に引き続き「ドコをどーするとそーなるん??」いう事故を連続で目撃するとは、、、、こりは、何ぞかの『予兆』なんでショーか??、とにかく気持ちの良いモンではありません☆ココはひとつ!、気ィ引き締めんと!!



じゃ、今日はこんなトコで
またお会いしましょ☆しーはいるっっ!!



皆さんからのご支援が励みになります!



「お恵み」のつもりで、バナーを 『 ポチッ! 』 と連打でプリーズお願いします。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
ワタクシの夏休みを利用して、行ってきましたぁ平日かぐら~☆。

----ほし1----ほし1----ほし1----ほし1----



家をゆっくり出たので10時~14時までの4時間券を購入し、いざ参らん!!。


いやー、ヒトがいてませーーーん(笑。


コブ太郎のところにLEE先生を含めた5~6人程度が張り付いている程度で、メインバーン滑ってるヒトなんぞ誰もおりません。
⇒RW搭乗もAKKY先生とウチらだけやったし

手前に写ってるんがAKKYセンセと生徒さん、奥ぅぅにいるんがLEEセンセ御一行


ススキの穂も随分と開き始めました



それなんで、4時間グルグルバターし放題!!。

特に、皆さんが昼食を摂っている間の時間帯は 『 貸し切り☆イェイ!! 』 なんちう状況でしたな。


ただ、普段より回転が良かったためかエッジが丸まるんも早く、本日2本目の30連ビデオ撮りを終えた13:30あたりでテール側の引っかかりが消失☆もうズ~ルズルでロングターンなんぞムリムリって感じ(涙。

予定よりちょっと早い13:40の便で下山して本日は終~了~♪。(でも15本程度は滑った(かも))
⇒AKKY先生も1本後のRWで下山して参りました!

山麓周辺の紅葉はまだですね~☆川の水がキレーでした~♡


駐車場もスッキスキ☆川端に停めてるスタッフの車両数より少なかったです~






ソフトクリームを注文する際には、どこでも「大盛りで!」とお声がけするワタクシ
今回、こーんな感じで どどん! と来ました☆
世知辛い事が多い世の中、こうした「ノリ」を快諾してもらえるのって嬉しいですよね



【今回のビデオ】

◇ワタクシ
昨年よりは「縦目に滑れるようになったかな~?」いう感じになってきているように思います。

その一方で、課題となっているストックワークはイマイチで、特に、左腕が休みがち(下がってしまう)なのが頂けません。
また、
吸収動作についても、脚部のストロークだけで捌ききれずに「身体の沈み込み動作を補助的に使う」事を相も変わらず続けているので、まだまだ言いますか「ダメダメ滑り」と切り捨てざるを得ないところです。(頭の位置が固定されることなく動くのでバレます)

あと、ポジションが終始「後ろ気味」なのは、何ともイタダケナイところかと思います!



◇相方
ウチの相方って「ビデオが回ってると調子が悪くなる」ようです。

これは2本撮ったウチの「まともな方」ですが、一目見ただけで 『 苦労してますね 』 いうのが手に取るように判る滑りとなっています。

上手くいかない最大の原因は「密脚になり切れない」事、これに突きるかと思います。

また、コブのサイズが小さくなる後半15連で、前半と同じようにスキーを回し込みながら降りてこようと捌くので、落下エネルギーを有効活用できていないところも痛いです。

コブ太郎30連は上段と下段でコブの形状が異なるので(回し込める上段の方が楽)、滑りもコブの形状に併せて変化させる必要があります。それはライン取りであったりスキーの回旋量であったりしますが、何れにしても、上段と全く同じ滑り方で下段を処理しようとすると、大方は「ターンが詰まってしまって」滑り難いと思います。


----ほし1----ほし1----ほし1----ほし1----



【怖いモン見ました】

ご存じかも知れませんが、この日の朝8時頃、月夜野IC手前で死亡事故が発生しました。

何時ものように赤城高原SAで朝食を済ませてから、本日降りる予定だった月夜野ICに向かっていると後方からパトカーが急接近!。
時速50km制限が出ていたところを90kmで走行していたので、「ヤバい捕まる!」と咄嗟に急減速したワタクシらの脇をズバッと追い越していくパトカー☆後部座席には「この先事故」との表示が。。。。。

気をつけて走行しているワタクシらの目に飛び込んできたのは、、、

道路脇の法面に乗り上げて橋脚で止まった1台のミニバンと、走行車線に散乱している事故車のパーツ郡☆先に到着していたパトカー警官は路線変更を促す誘導灯を振っておりました。


「何をどーするとこうなるん??」


と現場を通過しながら顔を向けた瞬間、ただ事ならぬ事態となっている光景が目に飛び込んできました。


ミニバンは橋脚で止まっていた訳では無く、運転席の半分ほどまでメリ込むようなオフセットクラッシュをしており、その影響を受けてフロントセクションは影も形も無い程の状況、、、。
窓からは、ドライバーさんと思われる方の血だらけの腕がだら~んと垂れ下がって、、、、、。


ワタクシも相方も総毛立ちながら現場を後にしたのですが、このミニバンに乗っていた35歳のドライバーさんは出血性ショックでお亡くなりになったとのニュースを後になって知りました。ワタクシらが赤城高原を出た後、あのミニバンに追い越された記憶が無かったので事故直後ではないんでしょうけれども、あの状況から察するに、多分、即死だったのではないかと思われます。。。。(関越もワタクシらの通過後に通行止めになったようです)


未だこの先長い人生があっただろう35歳、
どこに向かっていたのか判りかねますが、思いがけない突然の事故による不幸、、、、この場を借りて心からのお悔やみとご冥福を申し上げます。



じゃ、今日はこんなトコで
車の運転は気をつけましょ☆安全が一番ですがなっっ!!
あっ、もちろんスキーもね



皆さんからのご支援が励みになります!


「お恵み」のつもりで、バナーを 『 ポチッ! 』 と連打でプリーズお願いします。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。