■6年振りにペアキーケースを修理させていただきました(オーダーメイド品) | OXIO-CRAFT(オキクラ)の「革雑貨」制作日記

OXIO-CRAFT(オキクラ)の「革雑貨」制作日記

革工房OXIO-CRAFT(オキシオ-クラフト)の日記です。
レザークラフトによるオーダーメイド作品のご紹介や、ヌメ革作品の制作工程などについて書いています!


テーマ:
大阪での地震。

今回の地震で被害に遭われた方々に、心よりお見舞いを申し上げます。

何より余震が心配ですし、また関東も何度か揺れていますので、
今一度、防災品や避難場所のチェックなどを、スタッフと行いました。


------------------------------------------

さて、そんな中なので、日々の制作の中で嬉しかった出来事を
今日は綴りたいと思います。

6年振りにご連絡をくださったお客様から、修理のご依頼をいただきました。
6年前、ブログを書かせていただいた記事がこちら↓

絆を強める黒とピンクのペアキーケース(オーダー品)
 
 


【作品No.20120912】
3つのハートのデザインがとても印象的だったので、すぐに思い出しました。

今回、キー金具の破損修理と、縫製し直しのご依頼を承りました。
6年もの間、ご夫婦で作品を使い続けてくださっていたこと、
また、オキシオクラフトを思い出してくださったこと、とても感動してしまいました。



20120912
柔らかく、手に馴染む風合いで工房に戻ってきたペアキーケース。
ピンク色の革は経年変化が進んで、少し色が濃くなり、
黒革は黒光りしています。


20120912
生成りヌメ革の合わせハートは、見事な「アメ色」に変化しました。
同じ色合いへの変化が、同じ年数を歩んできたことを感じさせます。

20120912
キー金具を付け替えて、全体の汚れを落とし、オイル補給を行いました。

20120912

そして、お客様からの、もう1つのご依頼。
中央部分の3つのハートの上に、新たなハートを2つ増やしました。

3つハートのデザインは、当時、お子さんも含めた3人家族の「絆」を表現したもの。
この6年の間に、ご家族が増え、にぎやかになった証です。



20120912

タンニンでなめした革は、とても丈夫です。そして使えば使うほど、
その風合いは変化し、違う表情を見せてくれます。

糸や金具は、長年使用いただくと、どうしても劣化いたします。
当方で制作させていただいたものは、責任を持ってメンテナンスさせて頂きますので、
ぜひご連絡をいただければ幸いです。


-----------------------------------------

オーダーメイド制作をお考えの方へ

●アイテムの種類については→ こちら

●革・糸・布の種類については→ こちら

●モチーフ・シルエットについては→ こちら

●刻印については→ こちら

※それぞれオキシオクラフトのホームページ内へアクセスできます。


-------------------------------------------------
本日のおまけ写真カメラ
 

IMG_20180527_162220_288.jpg

こちらも嬉しい写真。
猫のペアキーケースをご依頼くださったお客様が、お相手様にプレゼントした際に、
一緒に撮影して、送ってくださいました。

掲載のご許可をいただいて、先に、インスタグラムでご紹介させていただきました。

なんて自分たちは、幸せな仕事をさせて頂いているのだろうと、
ジーンときた瞬間でした。


------------------------------------------

OXIO-CRAFTホームページ  (フルオーダー制作受付)


SNS更新 ■Twitter  ■Facebookページ  ■Instagram


WEB販売 ■Creema  (人気作品受注) ■minne  (カスタムセミオーダー受注)

 
       BASE  (革製上質文具など)

------------------------------------------

オキクラさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス