こんにちは!

 

セラピスト大学平尾です!

 

 

セラピストさんに限らず、

 

仕事をされていらっしゃる方なら

 

みなさん当てはまりますが・・・

 

 

自分のカラダの管理も仕事。

 

 

 

今日はちょっと、耳が痛い話です。

 

 

 

 

 

 

集中できない

 

カラダの疲れがぬけきらない

 

しんどい

 

ざわざわする

 

気持ちが落ち着かない・・・・

 

イライラする

 

だるくて、重い!

 

 

そんな時って、どうしますか?

 

 

 

 

このカラダの管理を2つの側面から見てみましょう!

 

 

・回復

 

・予防

 

 

 

【回復】

 

悪くなってしまった状態から、いかに回復させるのか

 

 

例えば、施術で、腰が痛くなった、腰が重い・・・。

そんな状況から脱するには、何が必要なのでしょうか?

 

 

→自分で治療する

 

→治療してもらう

 

 

 

→自分で治療する→時間・労力が必要

 

→治療してもらう→お金・時間・労力が必要

 

 

結局、自分のカラダを整えるための時間とお金と労力が必要になります。

 

 

例えば、施術で疲労する使い方をされていた場合、疲れる状況が毎日続いてしまいます。

 

結果、休息が人の倍必要になってしまったりします。

 

 

せっかく技術を学び、好きな仕事をはじめたとしても、あまり働くことができない状況におちいってしまいます。

 

 

回復させるための術を身につけて置くことが必須。

 

 

からだが元気に回復するための技、リセットする技術、知っていますか?

 

 

ここも身につけておく必要がありますよね!

 

 

次は、予防の観点から。

 

【予防】

 

体が疲れにくい施術

 

腰痛など発しない施術を身につけていれば、予防できます。

 

 

・生み出さなければ、いいのです!

 

 

ちゃんと、自分の身体を整えることで、施術の効果が相手にも届きます。

 

 

自分のからだが整えられる施術ができれば、正直、手技なんて、なんでもいいんです!

 

 

手技、技術の差では、ない!!!

 

ということ。

 

 

 

つまり、

 

カラダの使い方・あり方が整っていれば、

 

相手を変える施術ができます。

 

 

一言で言えば、

 

身体感覚

 

 

 

身体感覚に意識をおき、磨き続けていけば、自分も疲れないし、相手にも大きな変化をもたらすことができる施術ができます!

 

 

 

 

自分の身体も、癒せないのに、人のカラダを癒せる?

 

 

 

自分の身体も治せない人が

人の身体を治せるのだろうか?

 

 

メルマガで、このテーマについて

 

もっと深掘りしていきますね!

 

もっと耳が痛くなるかも

 

画像をクリック