緒方監督のお父さんが死去されたということで今日の試合は高ヘッドコーチが監督代行、ありきたりな言葉かもですが監督のためにも勝たなきゃいけない試合となりましたね。

 

先発はエース大瀬良、こういう時にはもってこいのピッチャー今日は圧巻の投球でした6回ツーアウトまでパーフェクトピッチング、2回から3回にかけて6者連続三振なんかもありましてもう完全な完投ペース、加藤のヒットで完全もノーノーもなくなりましたが関係はなかったですね。

 

打線は2回裏、會澤がヒットで出塁すると田中が送って、小窪がレフトフライでツーアウトになるがピッチャーの大瀬良が粘って粘ってセンター前ヒットでつなぐ1、3塁。

 

ここで得点圏打率125とチャンスに滅法弱い野間でしたが、ここでもアウトコースのストレートをなんとか当ててのサードゴロ、しかしサードの高橋がまさかの後ろにそらすタイムリーエラーで1点先制、大瀬良の粘りが活きた格好となって今日も先に先制したのはカープ。

 

さらに5回裏1死から誠也がレフト前ヒットで出るが誘い出されて盗塁死、2死となってしまったが西川がセンター前ヒットで出ると、6番會澤が152キロのアウトローストレートをライトスタンドへ叩き込むツーランホームラン!これで完全に主導権を握ったことで大瀬良もスイスイ。

 

7回表に2死からビシエドヒットから続く絶好調の高橋周平に右中間ど真ん中へのタイムリーツーベース(送球の間に3塁へ)で1点返される、しかし大瀬良はさすがに落ち着いていますねこの回1点でしのぐと8回、9回もマウンドへ立ち三者凡退でゲームセット、9回3安打1失点フォアボールはゼロ、文句無しの投球で4勝目、チームは9連勝と首位をキープ。

 

中日戦は全て完投で3勝と中日キラーぶりを見せつけたか、打つ方でも2回裏のつなぎのヒットが先制点を呼んだように今日の大瀬良は大活躍でした、そして試合を決めた1発を放ったのは女房役會澤とバッテリーで試合を決めた。

 

しかし一番ホッとしたのは高ヘッドコーチではなかったか、これで監督にいい報告ができますからね連勝が止まらなくてよかったです。

 

それにしても止まらん連勝、この強さどうなっとるのか、ひとつ言えることは先発陣がしっかり試合を作ってること、これが一番大きいと思います去年の投手陣のチーム防御率の悪さからは考えられない今のチーム防御率はついに2点台に突入、この投手力の充実さがあればたとえ連勝が止まっても再び連勝モードに入る可能性は高い。

 

5月は14勝3敗1分とすでに月間勝ち越しを決めているのは言うまでもなく、交流戦までもあと9試合どこまで貯金を増やせるか、セリーグ相手にどれだけ貯金を作っても交流戦で貯金を食われるのはよくあること。

 

まあとりあえず明日は試合がありませんのでゆっくりとしてもらって、明後日からの敵地でのジャイアンツ戦で独走態勢に入るかまだジャイアンツと競り合っていくか。

 

とにかく10連勝まではしたいぞ、明後日床田かな10連勝したらまた高らかに宣言しますか。

 

明後日も勝ちます。

 

それでは。


ダウン押していただけるとブログ書くはげみになります。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村


広島東洋カープ ブログランキングへ

押していただいた方ありがとうございます!