うーーーーん、結局は2回表の3点以降追加点を取れなかったことが全てのような気がします、アドゥワはよく投げたと思いますが追加点が入らないから、じわりじわりとプレッシャーもかかってくるんですよピッチャーは、昨日もそうでした6点取ってから追加点が取れなかった、9回表に曽根の2点タイムリーが出たから良かったもののフランスアは2点本塁打を被弾しているわけだし、同じようなことをしてるわけです。

 

昨日は8点取ったからひっくり返されなかったが今日は逆ですよね8点取られてひっくり返された、上茶谷を潰すチャンスはあったのに5回を投げ切らせてる時点でダメでしょう、2回表も3点取ったあとまだ2死1、3塁で4番誠也ならさらに最低もう1点は欲しかったし、4回表の1死満塁のチャンスもそう、せっかく下位打線から作ったチャンスをバティスタ、誠也で1点も取れないのだから徐々に流れは横浜へ行ってしまう。

 

確かにアドゥワは5回まではほぼ危なげなしに見えたが5回裏はランナーを2人出した、とにかく球数は少なかったがアドゥワは今日ストレートが抜群に良くて、結構飛ばしていたのではないか、雨もあったしカープ打線も5回表、6回表連続三者凡退と流れを悪くしての6回裏の横浜の攻撃だった。

 

しかも先頭バッターが今日も2番の筒香からというのも、ここまでアドゥワがどれだけ良くても3回り目の横浜ビッグ4は侮れないということでしょう、それをまざまざと見せつけられた、筒香の左中間フェンス直撃ツーベース、ソトの初球をレフト場外へのツーランホームランで4球で1点差、さらにロペス三振を挟んで佐野にも初球をレフトフェンス直撃のシングルヒット、そして6番宮崎も初球をレフトスタンドへ逆転ツーランを放り込まれるという、実に6回裏に投げた9球であっという間にひっくり返されたのです。

 

この間にベンチから間を取りに誰か行きましたっけ、よく覚えていませんが誰もアドゥワのところへ1回も行っていなかったような気がするんですが、だとしたら完全にベンチのボーンヘッドですよ、横浜は完全に早打ちに来てたのに磯村のリードも問題ありでしょう明らかに初球から振ってきてるのに全部ストライク投げさせてるんですから、流れも悪かったとこでこの早打ちがハマっての逆転劇です。

 

アドゥワに責任がないとは言いませんがベンチワークもどうだったのか、口あんぐりとただ2本のホームラン見てただけですか?アドゥワを孤独にしてはいけないし佐野に打たれた時点で少し考えないとダメでしょう、打たれてるの全部長打なんですから。

 

まあ7回表に誠也が意地の同点ソロでアドゥワの負けを消してやったのは胸熱でしたが、誠也よ本当に打って欲しかったのは2回か4回の打席なんだよ、昨日こそ初回満塁の場面でタイムリー打ったけど、もっと得点圏で誠也が打ってくれないと苦しい戦いになってしまう、押し付けてしまうようで申し訳ないが4番とはそういうことなんです、ここからの逆襲は誠也にかかっています、これぐらいのプレッシャーに負けるような男でないと信じているから、明日はやってくれると信じているから、やりかえしてくれ。

 

バティスタにも同じようなこと言えるかな9回表の4点差で弾丸場外ソロホーマー(とんでもない当たりだったが)打つよりも4回表1死満塁でなんとかしてほしかった、まあこのホームランはホームランで明日につながってくれればいいけど。

 

試合は結局誠也が7回表に同点ソロかましたものの、7回裏から投入したレグナルトが誤算でした、これは最初からレグナルトの予定だったのかそれとも同点になって急遽レグナルトにしたのか、結構そこ問題だと思います。

 

誠也はツーアウトから同点ソロを打っていて、次の松山は2球でアウトになっていますので準備を全くしてなかったということはないと思います、横浜の打順が9番からだったので左バッターの1番の神里、2番の筒香まで考えてこの7回裏は絶対ゼロに抑えるつもりだったのだと思います。

 

これがちょっと裏目にでるんですよねぇ、今年はこういうこと多いんだけど計算通りにいかないと言うか何と言うか、まあ9番の代打細川は三球三振と幸先よく1アウト取りますが、1番神里にはボールが暴れだすんですよフルカウントからフォアボールですがストライクゾーンにいったの1球しかなかったですから、この左を抑えて欲しいから7回裏いかせたのに筒香にもボール先行、さらにランナーがいるから落ち着きませんわね盗塁も決められ結局連続フォアボールで回したくなかったソトですよ。

 

そして当然ホームランなんか打たれたら試合が決まっちまいますので慎重になってまたフォアボールとどうにもレグナルトが最近おかしくなると歯止めが効かなくなってきたんですよね、ただ今日はというかビッグ4の中ではロペスは調子悪いと思います、ストレート2球空振りで追い込みましたし2球目なんかクソボールのストレート振ってくれてるんだからもうストライクゾーンに投げる必要もないのに3球目なんでカーブをストライクゾーンに投げちゃうかなぁ。

 

ロペスが今これしか打てないと言うような球投げてちゃダメでしょう、正直ストレートで押しとけば良かったのにと思いましたよ、カーブなら完全に外すぐらいのとこに要求しないと、勝ち越しのレフト前タイムリーで4−5、さらに5番佐野。

 

昨日佐野と宮崎入れ替えた方が怖い打線なのにとか私言いましたが、ラミレス的には佐野の得点圏打率の高さを買っての5番起用なんですね、ここも左対左でも佐野をそのままいかせて見事に2点タイムリーですから、ラミレスは気持ち良かったでしょう、ラミレス采配は良くも悪くも数字がすべて、もうデータに基づいて打順もいじるし継投もする、これがいいか悪いかは別として、考えがブレないところは凄いと思う、全てがうまくいくことなんてそこまで多くないと思うんですが信じることでブレない采配を振るう、それがカープの時にはようハマるんだわな。

 

まあ結局6、7回に4点ずつ取られてジエンドでした、どうだったんですかねぇ7回レグナルト、自分はてっきり今村で来ると思ったんですがそこまで信頼されてなかったかな、8回レグ、9回フランスアは崩さないと思ったんですがねぇ、それだったら7回裏を頭から思い切って遠藤にまかせてみるとかねぇ、まあそれでも失点はしてたかもですがどうにも噛み合わないのが今年のカープですから仕方ないのかな。

 

まあ何度も言うように追加点を取れなかったのが全て、横浜相手には貪欲に何点でも取って取りすぎということはありませんので、取れる時に集中力あげて打ちまくっていかないとダメですね。

 

明日はジョンソン、横浜は濱口とサウスポー対決ですのでなんとかカード勝ち越ししたいとこ、打線は活気付いてきてはいます、誠也とバティにホームランも出たし、たまには打線爆発で安心して試合を見させてくれい。

 

お願いします。

 

それでは。



ダウン押していただけるとブログ書くはげみになります。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村


広島東洋カープ ブログランキングへ

押していただいた方ありがとうございます!