まあお互いに決めてのないままダラダラと延長は続くのかと思っていました、そりゃ負けるより勝つほうがいいに決まってる、しかし打線は阪神よりもイマイチ元気ないような感じですね。

 

昨日と同じように4回までメッセの前にパーフェクトに抑えられる、しかし5回裏に先頭の誠也のレフト前ヒットで初ヒット、そして今日上がってきて即スタメンのウエスタン三冠王のメヒアが高めのつり球を引っ叩いた打球が弾丸ライナーのツーランホームラン、これでまず同点にするとさらに安部のヒットから、會澤の左中間ツーベースで安部が一気にホームインで逆転に成功、この5回裏の4連打であっという間の逆転劇。

 

しかしその後は全くヒットがでない状態、9回までで5回裏だけですからヒットが出たの、極端すぎますねどうにも。まあこの1点を守りきればいいんですが今日は一岡登録抹消、中崎はベンチに入れていないということで、いるピッチャーでどう勝ちに持っていくか、というよりはもう完全に投手陣はテスト登板です勝ち負けは二の次だった感じですね。

 

九里は初回に2点を取られ、5回2失点で降板球数がちょっと嵩すぎたかな、立ち上がりの課題がありましたね、まあ優勝試合はかなり良かったので比較するのもアレですがまあ一応試合は作りました。

 

2番手に出てきたのは岡田でした、私は岡田の中継ぎ適性を早く見てみたかったのでこれは興味深く見させてもらいましたが阪神打線が元気ないので岡田もわずか7球で3者凡退と全球ストレートでしたね、実は岡田中継ぎのほうが力を発揮できるんではないかというのはずっと考えてはいたんです。

 

先発だといろいろ考えることが多すぎるので1イニング限定で任せたほうが岡田の良さがでるのではないかと、まあ首脳陣も岡田を短期決戦で先発で使うようなことはしないでしょう、むしろ中継ぎに岡田を組み込んだほうがよっぽど頼りになるし先発も6イニングとか考える必要はない、何なら4イニングでもいいんじゃないですか、5回からヘルウェグ、6回岡田、7回一岡、8回フランスア、9回中崎、短期決戦はピッチャーの勝負だと思います。

 

そして7回表からは永川を投入、これも最終テスト的な意味合いあったかもですがいきなりストレートのフォアボール、もうこれで印象が悪いですね、ただ今日の主審判定が一定でないので苦労はあったと思います、主審の判定に文句ばっかり言ってますが今年はなんか特にひどいような。

 

送りバントで梅野がセカンドへ行ったとこでヘルウェグにスイッチ、永川もフォアボールでもうクライマックスでの登板なくなったかもしれません、別に交代させるとこでもないんですが、ランナーを背負った状態でヘルウェグを試したかったんだと思います結果的には鳥谷を三振に切って取るがフルカウントにしてる、続く糸原はボテボテのショートゴロで内野安打、今日2番に抜擢された島田にフルカウントからフォアボールで満塁、さらに福留にもフルカウントからフォアボールで押し出し、これで同点。

 

あまりファームで言われていたコントロールの悪さがそこまで目立っていなかったんですが今日は連続フォアボールで押し出しと少し不安点を露呈してしまった面はあるが、このピッチャー打ちづらいのは確かだと思います、まあ九里の勝ちを消してしまった失点となりましたが、見限る必要はないと思いますまだ短期決戦での起用は面白いカードだと思います。

 

そのあとの大山をサードゴロに打ちとったように右バッターにはかなり有効なピッチャーでしょう、とにかく同点で止めたので勝負の行方はまだわからなくなった。

 

まあこうなると今日登録のジャクソンもうかうかしていられないわけですよ、8回表きっちり三者凡退に抑えてこちらは猛アピールですね、外国人枠争いもありますのでどうなるのか、クライマックスは投手3、打者1で振り分けることになるでしょうから調子の見極めが重要です、ジョンソンは先発ですので1つ枠は埋まってる。

 

残り2つをフランスアは確定でしょう、実質ジャクソンとヘルウェグの2択ですがここにきてヘルウェグの評価も上がってきているのでどうするか、ジャクソンは他球団に研究されつくしてることを考えれば対戦経験の少ないヘルウェグでまずいってみてダメなら即ジャクソンと入れ替えという手段をとるかも。

 

9回表は今村、2つのフォアボールで1死1、2塁のピンチを作るが島田、福留と打ち取ってことなきを得る、10回表は中田廉が久々に登場、ストレートは走っていたように見えたんですが、どうにもピンチを作りますわな今年の廉は。

 

2死1、3塁のピンチでしたが代打高山をレフトファールフライでことなきを得る、というより高山が元気ないですね1年目のあの勢いはどこへ行ってしまったのか、こんなバッターじゃないはずなんですけど、ヤクルトへ行っていたらどうなっていたかな。

 

そして10回裏久しぶりに先頭の安部が左中間ツーベースで出塁、これでようやくサヨナラかと思いきや続く會澤に送りバントの構え、普通に打たせりゃいいやんと思いつつ、これもテスト的に試しているのか、しかしシーズン中會澤はほとんど送りバントをしてないような気もするが、と思っていたらいきなりバスターで空振り、2球目はバントの構えで見送ってボール。

 

3球目はバントを空振りで追い込まれて、4球目再びバスターで空振り三振と、阪神桑原相手にやるような作戦ではなかったような気もしますね最後はバスターでなく普通に打たせるべきだったと思いますが結局何もできずランナーは釘付け。

 

まあこうなると曽根に代打松山といきますが当然申告敬遠ですよね、松山の無駄遣いするならそのまま曽根を打たせて欲しかったですね最低でも進塁打は打ったんではないでしょうか、この代打松山はホント意味がなかったと思います。(出すなら先に小窪でしょう)

 

これで左の代打は上本だけですが上本は代走守備固めですので実質左の代打はいないので廉のとこで代打小窪、せめてランナーが3塁にいればってとこだったんですが小窪は打ち上げて浅いライトフライ、トップに戻って田中ですが空振り三振と元気なくサヨナラできず。

 

ノーアウト2塁で2塁ランナーを進塁さえできないというとこが問題ですね、會澤にバントさせるならバントでいいんですがバスターとかさせちゃうからおかしくなっちゃった。

 

これで11回まで来てしまった、カープはもうアドゥワと藤井しか残っていないのでアドゥワしかいない、2日に20歳になったばかり、20歳の初登板植田をピーゴロでワンアウトだが、糸原フォアボール、島田がボテボテのショートゴロ内野安打で1、2塁、ここで福留だったが注文通りのセカンドゴロゲッツーでピンチ脱出、阪神もあと1本がでない苦しい展開。

 

そして11回裏阪神は岩崎、野間を打ち取るが丸にフォアボールで1死1塁、ここで誠也となったとこでピッチャーを岡本に交代、フルカウントになったところで丸に代走上本、当然ランエンドヒットをするための交代、ここでようやくいい采配をしてくれた。

 

当然フルカウントで代走なわけですから走ってくる、しかしボール球は投げれない、三振ゲッツーを取りたいとこだが誠也はストレートにめっぽう強いので選択したのはスライダー、これを誠也がレフト線へオンザライン!スタートを切っていた上本はあっという間にサヨナラのホームインで長丁場でしたが最後に4番が決めてくれて最高の結果になりました。

 

別に丸でも良かったかもですが、丸も相当疲労があるので1塁からの長駆ホームインは負担になったとこ、よく代走を出してくれたと思います、こういうときの上本ですから出さなきゃ損でしょ。

 

今は勝ちよりも内容なんで、いろいろとあるんですけどやっぱ打線のつながりがイマイチってとこですかね、あと2試合ですが明日も試合はあります、丸は休ませたいとこなんでしょうけどホームランのタイトルがかかっていますからねぇ、明らかに状態は悪いです。

 

明日はジャイアンツとの最終戦、ジャイアンツは由伸を解任なんですね、ビックリしました球団にいいように扱われてますね、まあ球団も由伸には相当なポストを約束してるんでしょうけど、次に誰をやらすのやらまた原を引っ張り出すのか?中畑?冗談でしょ。

 

まあ誰がやっても球団の体質を変えないとどうしようもない、ジャイアンツの落ちたイメージを上げるための由伸を引退させてまで監督にしたのは完全に失敗だったと言わざるを得ないでしょう、まあまたFA選手をバカスカ取って、せっかく育ってきてる若手の芽を潰すことにならなければいいですけどね。

 

まあそれはいいとして明日は菅野です、とりあえず菅野に勝ちがつかなければ試合は勝っても、負けてもいいでしょう、まあ勝つのが確実なんですけどね、祐輔では菅野に投げ勝つかなぁとにかくジャイアンツはもう2連勝しないといけない立場ですから、カープより勝ちに対する執念はすごいと思います、カープも一岡、フランスアがいませんし継投になった時どうなるかですね。

 

まあ意外とどうにかなるかもです、こっちはノープレッシャーですので相性の良さでジャイアンツを最後に叩いておくのもいいでしょう。

 

苦手マツダスタジアムの菅野がどういったピッチングをするのか、まあ快適ドームでほとんど勝っているので野外球場では一枚落ちでしょう、明日は打線爆発でよろしく。

 

それでは。


ダウン押していただけるとブログ書くはげみになります。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村


広島東洋カープ ブログランキングへ

押していただいた方ありがとうございます!