まあよく見るパターンの5回終了時点でノーヒット、それでも初回ノーヒットで1、3塁のチャンスはあったんですけどこれを誠也、バティスタで得点にできなかったのが岩田を助けたでしょうか。

 

まあ岩田は今シーズン勝ちなしとは思えないようなピッチングでカープ打線を抑え込んで行く、方やジョンソンも味方の好守備にも助けられ負けじとゼロを並べていく、最大のピンチは6回表でしたかねツーアウトからでしたが2番植田のセンター前ヒット、すかさず盗塁で2塁へいき、3番福留がセンター返し、菊池追いつくもバウンドが変わったか止めるのが精一杯で1、3塁と2死ながら4番大山に回ってきた。

 

ここは石原のリードも冴えたような感じがしました2球ストレートでカウントを1−1にした後緩いカーブで空振り、最後も外のチェンジアップで大山に自分のスイングをさせずライトフライ、なんとかピンチ脱出すると、6回裏ツーアウトから、まだ岩田からノーヒット状態だったんですけどフルカウントから外を狙ったカットボールがちょっと内に入ったところを丸がうまくすくい上げた打球が左中間スタンドへ飛び込む先制ホームラン!

 

なんとも先制ホームランが今日のカープの初ヒット、まあ得てしてこんなもの好投を続けていた岩田を一振りでしとめた丸のこの1点をジョンソンが7回までゼロに抑えると、8回からはヘルウェグが先頭の鳥谷は田中のエラーで出塁させてしまうが(まあ難しい当たりではあった)続く糸原に送りバントさせずフルカウントから見逃し三振、スタートを切っていた鳥谷を會澤が刺し三振ゲッツー完成で一気にツーアウト、阪神のチグハグ攻撃にも助けられた。

 

そして代打伊藤を三振で結果三者凡退、ちょっと今日は制球に苦しんでいたかもだがこれぐらい荒れていた方がバッターも打ちにくいかもしれない、ただでさえボールが動くし長身の変則ピッチャーですからね、ここに来て存在感は示してきたクライマックスでの起用はほぼ確実でしょうか。

 

最後は中崎が今日もちょっと制球に苦しんだかな、先頭の福留にフォアボールを出すが大山をライトフライに抑えると、陽川、高山と連続三振でしっかりと試合を締めた(この間の東京ドームでこれ見たかった)まさにカープが虎の子の1点を守り切りジョンソンは11勝目で今シーズン最後の登板を締めました。

 

ヒーローインタビューはジョンソンのみ、丸は出てきませんでしたね、ここんとこの調子の悪さでいくら勝負を決めたホームランといってもヒーローインタビューに出る気にはならなかったか、まあそれでもホームランダービー単独トップに躍り出ましたのでホームラン王の可能性はあり、まあ丸も本来なら狙うタイトルではないのかもですがカープの左打者歴代タイ記録、あの伝説の(大袈裟だな)ランスの記録に並びました。

 

まあこうなるとキングはともかく40本は打ってほしいかな、まあ丸も狙っちゃうとおかしくなるので意識はしない方がいいとは思いますが意識するよなぁホームランキングはバッターの夢でしょう。

 

明日も同じカードですのでチャンスがあれば打ってほしいとこですね、ちょっと打線が全体的に湿りがちだったのが気にはなりますね、岩田が良かっただけなのかカープ打線に元気がないだけなのか、まあ明日は打線が九里を助けてやってほしいとこ、九里もクライマックスへ向けての今シーズン最終登板でしょう、これで不甲斐ないピッチングしてしまっては優勝決定試合でやった好投が水の泡、好投してクライマックスでの登板を勝ち取れ。

 

さてカープにも戦力外の波が押し寄せてきまして、まず今日土生、辻、佐藤、育成のタバーレスが戦力外となりました。土生は丸世代の中でも高校時代は祐輔とともに甲子園で活躍、早稲田大学でもキャプテンをつとめるなど本来はドラフト4位では入団しないと決めていたのをカープが入団を熱心に勧めて入団してくれたんですよね。

 

はっきり言ってカープじゃなければ他球団の1軍でプレーしていたんじゃないかというぐらいの選手だと思いますよ(お世辞抜きで)強肩、足もある、バッティングもいい、ただカープの外野は層が厚すぎた、なかなかチャンスがこない中で10試合1軍で試合出場。ヒットは初ヒットの1本のみでプロ野球からは身を引くみたいですね。まだやれそうな気もするけどスパッと第二の人生に行くことも大事かもしれない頑張ってほしい。

 

佐藤は日ハムからトレードで来た貴重な左腕だったし今年も1軍で好投があったんですが、続かなかったのが痛かったですかね、左は貴重なんですが若い左が台頭してきてるので切られるとしたらトレードできた佐藤ということになってしまいましたか、左だしどこかが欲しがる可能性もある、トライアウトに出る価値はあると思うので頑張ってほしい。

 

辻は育成から支配下登録を勝ち取ったパワーアーム、念願の1軍登板はならなかったがまだ若い、カープの戦力外なら注目もされるかもしれないし、どこか欲しがる可能性もある。諦めきれないならトライアウト、独立リーグで再びNPBへ戻ってこれるだけの逸材ではあると思う。

 

タバーレスはまだ育成なんですがこれで退団ということなんでしょうか、だとしたら理由はよくわからない、日本での生活が合わないのか、のびしろがないのか、練習態度が悪いのか、外国人選手はなかなか難しいところがあります、フランスアだってもう諦めようとしたところで水本監督に励まされたと聞く、異国の地で頑張るのってホント大変だと思うんですよ、母国へ帰るのか日本でプレーを続けるか、強い気持ちがあるならまだ日本で頑張れ。

 

これで引退を公表してる新井、天谷と合わせて6人の退団が決定、しかしタバーレスは育成なので支配下登録は5人空きができた、これはまだ第一弾にすぎない、まだ丸、松山の動向によっては残す、切るが変わってくるかもしれない、寂しいがこれがプロの世界、入ってくる分、去る選手も出てくる。

 

だからこそ1軍でプレーする選手は気が抜けない、今日の小窪の必死なプレーを見てみればわかる、小窪クラスでも全く安心できない、常に危機感を持っているのがわかる。

 

志半ばでカープを去る選手の分まで1軍でプレーする選手はしっかりプレーしなければならないことを忘れないでほしい。

 

それでは。


ダウン押していただけるとブログ書くはげみになります。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村


広島東洋カープ ブログランキングへ

押していただいた方ありがとうございます!