仲良しのやまなし農業女子が、毎年9月にぶどうを送ってくれる。

小さい頃はデラウェア品種の小粒を食べることが多かった。
巨峰は美味しいけれど、皮と種があるし、値段も少し高かった。
40年後の今、巨峰、ピオーネ、マスカットなどが店頭に並んでいる。
ひと房、1000円前後かな。


やまなし直送のはもっと安くて、でももっと美味しくて。
農家の友人がいて本当によかった。
10月の周年記念には欠かせない存在となった。

 

別の友人は岡山のぶどうを送ってくれる。
サラリーマンから転身した男性がつくっているらしい。
ちょうど決算が終わったところでお祝いタイミング。

 

こうして設立記念と決算で、ぶどうのイメージはポジティブ。
しかし、大赤字になったら、ぶどうを見るたびに決算書を思い出すのかな。

 

9月は梨。千葉の友人と鳥取の友人が送ってくれる。
見事にタイミングがずれるので、毎週新鮮な梨を食べられる。
鳥取の20世紀を食べると、懐かしさがこみ上げる。
千葉の豊水を食べると、なぜか誇らしい気持ちになる。

 

11月にはあおもりからりんごが届く。
あおもりの友人が、ここなら美味しいと言って教えてくれた。
蜜りんごのふじ。
成熟したツル割れが美味しいけど、それは購入できなくて残念。


毎年10月~12月が繁忙なので栄養補給にもなる。
今年は繁忙とは言いにくいので、ゆっくりいただきたいな。

 

1月には愛媛からみかんが届く。
無農薬で地元の女性たちがつくっている。
皮に傷が入ったりしているけれど、味が濃いから好き。
みかんが終わる頃から閑散期に入る。
長期の海外滞在が入ってもだいじょうぶ。

 

ここから6月までは決まったお取り寄せ先がない。
いちご、マンゴー、メロン、すいか、さくらんぼ、
頼んで買ってはいるものの、偶然の出会いが訪れるのが楽しみ。

 

新潟で農業をしている友人は、季節の野菜を送ってくれる。
お米に始まり、ルレクチェ、さくらんぼ、マンゴー、いちご・・・。
「旅する食べる通信」として、すぐ食べられる完熟果物がやってくる。

 

7月には冒頭のやまなし農業女子がスモモを送ってくれる。
太陽、貴陽、サマーエンジェル、ソルダム。
これらも昔は並んでいなかった。
どでも甘くて美味しくて、栄養もたっぷり。

 

美味しい果物を、美味しい旬に、美味しく育てた人からいただく。
こんな幸せなことはない。

 

さぁ、誰に何を返そうか。

サボテンが、また新しいつぼみをつけていました。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、3つのつぼみができています。

 

2012年にうちに来たこのサボテンは、
2017年にはたくさんの花を咲かせました

 

前に↑のブログで書いていたように
このサボテンはいつも暗示を与えてくれます。

 

3年前、会社を辞めるときには、小さい体に6つの花をつけました。
その後、ことあるごとに、わたしのキャリアを暗示するかのごとく、一生懸命につぼみ、花をつけました。


去年はつぼみのまま咲かないのもありました。
天気が悪くて、咲いているのに見栄えしないときもありました。


しいたけ占いは聞いたことありますが、うちのサボテン占いは知られていませんネ!

 

話を戻して、3年前の起業を大きな花でお祝いしてくれたサボテン。
1年後には根元に小さい株ができていました。


それを別の鉢に入れて育てていたのですが、一向に大きくならず、つぼみもつかないまま時が過ぎました。

 

もう無理かなと思っていたところ、今日、発見しました。
小さなサボテンに、小さな小さなつぼみが!

わかりますか?わかりにくいですよね。
ここです、ここ。

新しく始めたことなどあって、それがあまりにも小さいことだったので、象徴的なこの出来事にまた何か嬉しさを感じてしまいました。

3年前と比べると確実に収入が減っていても(爆)豊かなキャリアになっていることを感じます。
この小さなサボテンが豊かなキャリアを表現しています。

6月のある日、52回目の誕生日を迎えました。
元気に今日を迎えられたことを、家族に感謝しています。
友人の支えと、仲間の刺激と、ゆるくつながってくれているみなさんに

ありがとう~!って伝えたくて。

 

今朝の生配信もありがとうございました!
お忙しい時間に、かんにんえ!

 

誕生日プレゼントに、Netflixを解禁しました。
今日から愛の不時着に入ります。

 

2019年には
今までやったことのない経験を100個やろう
と決めて、3ヶ月オーバーしましたが達成しました。

しばらく新しいことしないと決めたのですが
コロナ事情で環境変化も大きいので
新しいことを始めています。

その一つが毎週土曜日の生配信です。
来週はちょっと違うツールも使ってみます。
いつも見てくださる方々、ありがとうございます。
しょうがないからお祝いに見てやるか、という方は
ぜひ来週お願いします。シェアについて話します。
YouTubeのourshareチャンネルはこちらです。

 

個人向けのオンラインセミナーも始めました。
最初は10名規模を想定していましたが、6名がベストです。
女性で、特に45歳以上を想定して企画しています。
詳細はwebでご紹介しています。

画像1

 

企業向けにも充実させています。
これまで口を酸っぱくして

「ダイバーシティでアタリマエが変わる経験を」

と言ってきましたが、もっと強烈に出していこうと思ってます。

まだ検討中のことがあと3つ。あれ?4つかな?あ、5つかも。。。
というわけで、まだまだ変化の途中です。

 

でも、その前に、愛の不時着を見ます。
しばらく返信が遅くなりますので、ご容赦ください。

土曜の朝9時から30分間、YouTubeで生配信をしている。
今朝は6回目だった。


2年前は1時間の対面形式で8回実施した。
1年間のブランクを経て、いまどきのオンラインで再開。


タイトルは、こじみシェア。
わたしの名前にシェアをつけてるだけ。


その通り、こじみのことをシェアしている。

経験がメイン。

 

 

目的は何か。


この質問をする人は、常に目的意識を持っていて素晴らしい仕事人だ。
実のところ、シェアすることが目的であって、さらなる目的はない。


けど、そういう人は答えに満足できず、

そんなことはないでしょう、

何かきっかけとかあるでしょう、

と食い下がる。


申し訳ない。。。

きっかけもない。

シェアしようと決めたのがきっかけだから、それ以上に説明しようがない。

 

行動の目的をいつまでも聞かれると、

2つの気持ちが入り混じる。


関心を持ってもらえてることへの感謝と
同時にわかり合えないかもしれない不安。


後者が続くとうんざりするだろうが、今のところ大丈夫。

 

企業で働いていたとき、目的意識は強い方だったと思う。
なんだったか忘れたけど、そういう診断結果をもらったような。


でも、辞めてから思うのは、目的が明確でない事が世の中に多い。
常に目的を尋ねるのは、上から目線ととらえられることもあろう。


時々立ち止まることは必要だけれど
目的もなく、感覚、感情、思いつき、流れのままにやってく。
小さいことなら尚更。そういうのも必要。

 

facebookやtwitterが始まったとき
なんで公衆に向かって?とか
なんで人間関係を晒す?とか
目的がわからないこともあったけど
いまではそんなこと聞かないはず。


流行で終わるものもあれば、文化になるものもある。


こじみシェアも、そういう感じ。

 


でも、面倒な時は、自分の頭を整理するため、と答えている。
実際、やってて頭が整理されるのは確かなので。

目的を尋ねる質問は、しばしば、

その行動によって何を手に入れようとしているのか、を探る行為とも言える。
それをして、どうなるの?
貴重な時間を使って、何になるの?
誰が得するの?

 

 

 

その質問は、成長時期のもので、成熟期には似合わない。

それは、予習・予備・予感。

 

聞き逃すくせに、予習しない。
怖がりのくせに、予備を持たない。
悪い予感はだいたい当たる。
それがわたし。

 

大学のオンライン授業のことなんだけど
東大でダウンしたとか
zoomが繋がらないとか
そういう話ばっかり聞いていたので
さすがのわたしも
予習して、予備を用意した。


いい予感は忘れ、
悪い予感には徹底的に対策した。

 

結果的に、大きな問題は起きていないのだけど
日本語を母語としない学生にとって
オンライン授業はつらいわな。


ごめん、そこは予習も予防もしてなかったわ。

いまからでも滑舌よくなるかな。
まぁ関西弁でしゃべると
発音も抑揚も違うから
伝わりにくいわさ。
それも、ごめん、もう直らへんわ。

 

これからも悪い予感が当たらないように
毎週予備を用意して、予習するわ。

 

予習はジャルジャルのYouTubeで。

 

これは宗教の本。キリスト教。

わたし自身は信仰をもっていないけれど
親しくしていただいてる牧師の先生からいただいた。


とても面白い本。

 

神様を信じているひとでも
日々起きることで迷っていることを
おもしろおかしく書いている。

 

その一つが、今日のご飯に何を食べたらいいですか?


と神様に聞く人がいるっていう事例。


これは何にでも言えることかもしれない。

上司、親、パートナー、親友、

 


誰に聞いても結論は自分が出すもの。

仕事も人生も自分らしく

って、多くの女性が望む生き方だろう。
どうすればできるのか。
ロールモデルはどこにいるのか。

 

上司への忖度、場の空気を読み、ハラスメントにならないよう細心の注意。

パートナーの協力を得る折衝、育児と仕事の両立、通勤や在宅勤務の調整。

年下上司や年上部下への配慮、同僚からの嫉妬、抜擢の気まずさ。

みんな、どうしてるのよ?!
わたし、どうしたらいいの?!

というお悩みが軽減される本。
https://www.nikkeibp.co.jp/atclpubmkt/book/20/277850/

著者は女性が活躍できる社会をつくる麓幸子さん。
日経BP社の役員から一変、
秋田県大館市で政治活動をされてる
まさしくイマドキ女性管理職の働き方!

イマドキ女性管理職は
その場所だけでなく、他の場所でも輝く!

3月に出版されてから反響があるものの
読書会や意見交換できる場がないままだったので
なんでもしゃべれる場をつくったよ!!。

2020年5月17日(日)15時~17時
オンラインzoomにて
無料
申込はこちらまで。

むかし、「チャングムの誓い」に関するブログを書いていた頃、
ある大先輩が紹介されていた書籍。
チャングムとこの本は関連していないのだが
わたしの頭には普遍性に関する話というと

チャングムとこの本を思い出す。

 

読売新聞の人生案内は、読者のお悩みに有識者たちが回答する。
100年以上前から継続しているコラム。
なんとか知恵袋みたいなもの。


写真はいま発売されているバージョンだが、

わたしが最初に読んだものが誰かに貸して戻ってきていないので

数年前に現代版を購入した。

 

以下、要約して抜粋。

Q 夫の両親との同居が辛いが我慢するべきか?(平成3年29歳主婦)
A あなたの我慢より相手はもっと耐えていると考えよ。炊事だけを別にして平和な家庭を。

↑これが平成の回答。この後に質問者が取った行動が知りたい。。。

 

Q 元不倫相手と結婚したいが子どもたちに反対され許されないものか?(平成14年70代男性)
A わたしが子どもなら反対。何となく嫌である。

↑これも平成の回答。このあたりは令和も意見が分かれるのだろうか。

 

Q 母の手術のため処女を差し出しお金を工面したら父から売春婦扱いされてどうしたらよいか?(昭和7年23歳女性)
A あなたは子としてよく努めた。

↑今回の読み直しで一番印象に残っている回答。

これまでわたしは「ありえない」と思いながら読んでいたのだろうか。今回は非常に納得した。

 

Q 妻が処女でなかったことが判明したので離縁すべきか?(大正8年男性)
A 妻はよくないが、子を母なし子にする方が罪悪である。

↑この本の掲載の中では代表的な相談。

とにかく子の親をどうするかの視点が大正から昭和では重要視されていたことがわかる。

 

 

というように、いまも似たようなことは存在するだろうものが多い。
しかし、回答は全く違うだろう。


いまアタリマエだと思っている「善」の回答や解決策は
将来から見た時に滑稽なものであったり

驚くほど非常識なものになっている可能性が極めて高いということ。

 

この本ほど繰り返して読んでいる本はない。
何度読んでも新たな発見がある。

20世紀の終わり。
社会が、特に経済環境が大きな変化を迎えていたとき。
世界中で読まれていた1冊。


日本では主に経営者が好んで社員への訓話として使っていたらしい。

 

わたしはというと、事業再編や人員削減という名前の変化を

受け入れるようにと、上司からこの本を手渡された。

 

実は、もらう前に本屋で立ち読みを終えていたわたしは
これを受け取ったとき本当に嫌な気持ちだった。

 

当時、わたしは20代。
これをくれたのは50代半ばの管理職。
「読んで変化を受け入れるのはわたしたちじゃないでしょ」
そう感じていた。

 

若いときって浅はかなことをしてたもんだなぁ。

 

いま、そのくらいの年齢になってわかるのは
若いわたしによかれと思って、言ってくれてたこと。

2月、この本を再読したら、意外な発見があった。
自分と重ねる登場人物は、大きく変化していた。
自分の弱さ、甘さ、求めるもの、捨てられるもの、
そういったものが変わっていた。

 

21世紀の大きな転換期を迎えたいま、
チーズが突然なくなったように思えるが
本当はそうではなかったのだろう。

 

原題は Who moved my cheese? 
わたしのチーズを取ったの誰?

つい誰かのせいにしたくなる今日この頃。
誰のせいでもない。

わたしはドラえもんを見たことがない。

 

そりゃぁ、誰だって、と言われるかもしれないけど
そういう意味ではない。
マンガ本を読んだこともなければ、アニメも見たことがない。

そんなわたしでも、ドラえもんについて知っていることもある。


「ぼく、どらえもん」
大山のぶ代が言ってる声は聞いた。まぁまぁ真似もできる。
助けてもらう男子の名前は、のびた。
ジャイアンはボスキャラで歌が下手。

読んだり見たりしてなくても、それくらいなら知っている。


ちなみにスターウオーズも見たことがないが
ハリソンフォードが宇宙で戦う話だと理解している。

 

そんなわたしが、30年近く前、とても驚いたことがある。
年上の同僚男性が「さざえさん」を知らない、と言ったからだ。
驚いて、言葉が出なかった。
何度か確認したが、彼はドラえもんも知らなかったし、
ハイジも知らなかった。

 

つづきはnoteで。