飛べても8分

テーマ:
伊坂幸太郎

残り全部バケーション

ブラック稼業のボスを守ろう!

溝口の3人目の相棒視点の話

クスリ

ワハハと読み進めた訳ですが

読み解くスキルが不足してて
読み終えたときは

同日に読み終えた
池井戸潤作品の
株価暴落と同じで
あとは想像にお任せー

かと思いきや

巻末の解説を読んで
小説の本当のストーリーを知り
読み解け無い伏線と
答えを知ったことで
鳥肌がたちました

最後の着信音

1章の岡田のレストランでの一言

全て無駄もない伏線

華麗な回収

最高の一冊でした

小さな兵隊

テーマ:
伊坂幸太郎

残り全部バケーション
4章

岡田の幼少期
友人の映画監督の視点
インタビュアーは溝口の新しい相棒で
幼少期の岡田が疑った
アドバルーンの青年は溝口?
といろいろつながってきます

岡田の無事の確認?
逆?
で岡田捜索の一環でインタビュアーなんでしょうね

三章 検問

テーマ:
伊坂幸太郎

残り全部バケーション

当たり屋などをする
裏家業の二人の話

有能な部下を失ったあとの
溝口のストーリー
今回はさらわれた女性視点で進行

女性をさらった
別件の検問に遭遇

果たして

クスクスを通り越し
笑いがこみ上げます
昼に読んでて良かった

残り全部バケーション

テーマ:
伊坂幸太郎

一章

残り全部バケーション

滅茶苦茶ですね
離婚が決まって
家族が解散する日に
お父さんの携帯電話に
友達になりませんかメールが
見知らぬ人から送信され
家族で向かって
ドライブスタート

送信元の男性はブラック
グラスホッパーや
マリアビートルの匂い
そして
バイバイブラックバードにも似た空気

よめない面白さ

ワクワクです

株価暴落

テーマ:
池井戸潤

爆破テロの疑いをかけられた黄

心配する彼女が相談する刑事を誤った!
ところでハラハラさせられました

結局銀行内での逆転劇は
ここからだ!

的な所で終わるのですが

池井戸潤作品らしく
大組織の中での独立愚連隊的な戦いが面白い作品でした

もう少し
正義側の警察官である野猿サイドの話が
後述であってもいいし
半分濡れ衣を着せられた
黄のキャラクターを
ブラックにふるか
ホワイトに降るかすると
すっきりしたのかも

共感できる不幸な生い立ちはあれど
いまいち心情がくめない

作品としてはじゅうぶん楽しめました

株価暴落 四章まで

テーマ:

池井戸潤

久しぶりの銀行もの

銀行強盗ものは
伊坂幸太郎でおなじみですが

巨大スーパー企業への出資
そのスーパーの不振
スーパーへの脅迫と
実際に起きた爆破テロ
犯人は巨大スーパーのやり口の被害にあった
小売店舗の関係者?

巨大スーパーへの救済は
銀行の利益なのか
共倒れを防ぐための
ただの延命なのか?

ってところ

SOSの猿三

テーマ:
伊坂幸太郎作品

SOSの猿、読了、伊坂幸太郎作品で二期に当たるモヤモヤシリーズなので読み終えてやはりモヤモヤ。毎回マリアビートルのように読み終えたいのに、同時期の、あるキング、バイバイブラックバードとしっかり同じ気分になった。いい休日にはなったのだけれど。

二日持たない
止まらない作品

対になる漫画があるそうです
それも期になる

二人の主人公?
の精神力が具現化されたものが
猿?
と思いきや
そうでも無く
やはり繰り返すがもやもや

SOSの猿ま2

テーマ:
伊坂幸太郎

原因追求が仕事の五十嵐は
男性でした
最初に応対してた人が女性で
勘違いしてた

んで

五十嵐は問題追求の最中に
孫悟空を目にするようになり
その孫悟空は
他の人に見えたり
見えなかったり
幻なのか
実体なのか?

エクソシストの方も
親戚の少年の引きこもりを
どうにかしようと
身辺調査してる行程で

近所のコンビニの人間と
引きこもり少年が親しいことを知る

途中
暴力夫と被害者の詰まってと息子
を目にして

それを五十嵐サイドでも登場させて

タイトルの意味が示されてきて

西遊記を知ってると
さらに面白い

そして
エクソシストシストサイドに
五十嵐が実験される形で登場する