秋は台風のシーズンですね。昔とは違い、台風も大型になることが多く、大雨暴風警報がでることも多々・・・


そうなると、心配なのは、雨漏り・・・新築ならまだしも、築10年、20年経過すると、家にも色んな補修が必要になってきます。


今回は、雨漏りの原因と急な雨漏りに襲われないように事前にできる対策をご紹介します。


雨漏りが発生する大きな原因はやはり「建物の老朽化」ですビックリマークどんな建物でも年数が経過すれば、防水処理や外壁・屋根の寿命がきて、雨に対する耐性は失われていきます。


事前にできる対策として挙げられるのは、家の中をチェックすることです。


家の外部を見渡して、屋根瓦や雨樋にヒビや欠けがないか、

また、外壁について、塗り壁の場合は窓や換気扇周り以外で目立った変色がないか、ヒビや浮きがないか、サイディングの場合はコーキングにヒビがないか、接続部分に隙間がないかチェックしてください。


家の内部では、天井にシミができていないか雨の日のあとにチェックしてみてください。窓やサッシが寒い時以外に水滴がないか隙間がないかなどのチェックも必要です。



また、万が一雨漏りしてしまった場合には、もちろん専門業者様にきちんと雨漏りの原因を検証してもらった上で補修工事を依頼することをおすすめします。

雨漏りの原因は様々な要素が考えられる上に、原因が一つではないケースも多々ありますので十分にご注意くださいませ。