米雇用統計は悪かったのか? | 場勘ハンターおたまるのブログ【商品先物版】

米雇用統計は悪かったのか?

メールサービスメンバー募集します

ここをクリックして入ってください

ブログの無制限で公開継続の条件は  

2000ポイントです。

週末特にお願いします!!

下のボタン、押してください。お願いします

下のボタン押してあげて🐱

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へにほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へにほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

昨日21時30分発表の6月米雇用統計は以下の通りでした。

 

6月非農業部門雇用者数20.6万人増(事前予想19.0万人増)

6月失業率4.1%(事前予想4.0%)

6月平均時給0.3%、3.9%(事前予想前月比0.3%/前年比3.9%)

 

米雇用統計発表直後は事前予想を上回った雇用者数に呼応し、ドル建て金市場は下げたんですね・・・。

すぐに上昇に転じましたが・・・。

 

では、金市場が大幅高する内容であったかですが・・・

 

まず、前月分の雇用者数の増加数が

 

27.2万人→21.8万人に5.4万人下方修正。

 

この分が、今回の雇用者数の事前予想比1.6万人多かった分を打ち消して且つ悪いとの判断になったかもです。

 

あと、失業率。

失業率に関しては労働参加率が前回の62.5%→62.6%に増加。

米国は職探ししていない人は労働参加率に含まれずなので、0.1P労働参加率が増加すれば失業率も0.1P下げて普通。

 

米金利が

米2年債利回り:4.6014(-0.1045)
米10年債利回り:4.2764(-0.0823)
米30年債利回り:4.4740(-0.0538)

 

米金利は低下しており、今回の米雇用統計では9月の利下げは行われる見方で変わらず、むしろ、9月の利下げが不可避との見方が市場では強まったようです。

 

個人的には可もなく不可もなくの雇用統計。

悪い雇用統計が警戒されていましたので、金市場の大幅高は驚きでしたが、金市場の今の状況なのでしょう。

 

日ばかりしかほぼしていませんが、当分日ばかりでいいと思いました。

 

 

 

週明け、更新したいので、週末たくさん押してください。お願いします

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へにほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へにほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ