猛暑が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、テーラーハタノには秋冬用の非常に良質なジャケット地1点、スーツ地2点が入荷しております。

 

ジャケット地はスコットランドの名門ミル KYNOCH カイノック社のホームスパンです。

スーツ地はMARIO VALENTINO マリオ・バレンティノ社の英国製のグレーのSUPERFINE WORSTED WOOLのヘリボーン柄、もう一点は英国生地の本場HUDDERSFIELDで織られたグレーのSUPER 80's WORSTED WOOLになります。

 

色と質感を店頭にてぜひご覧下さいませ。

 

 

 

 

 

お盆も通常どおり営業しております。

 

Tailor Hatano
〒604-8081
 京都市中京区寺町通三条上る天性寺前町538  

TEL / FAX  075-231-4243

地図 ≫ google map

 

 

 


盛夏に爽やかで、粋な着こなしを楽しめる白のリネンスーツが出来上がりましたのでご紹介させて頂きます。

生地はspence bryson社のアイリッシュリネンで、目が細かく、厚みのあるリネンは店主おすすめの生地でございます。

スーツとしての着こなしの他、ジャケットまたはパンツ単体としても着回しができ、夏にぴったりのお仕立てです。

 

 

 

2枚目は仮縫い中の写真になります。

高い技術と経験で行う仮縫いは抜群のフィッティングを生み、着心地の良さにご満足頂けることと存じます。

 

リネンスーツのお仕立てについて

 

 

 

 

Tailor Hatano
〒604-8081
 京都市中京区寺町通三条上る天性寺前町538  

TEL / FAX  075-231-4243

地図 ≫ google map

 

 

 

 

 

リネンジャケット

テーマ:

 

 

今日は暑い季節に爽やかに着て頂ける3つボタンのリネンのジャケットをご紹介させて頂きます。

 

HOLLAND&SHERRY傘下のINNES CHAMBERSのアイリッシュリネンの黒色の生地を用いております。

 

黒色は暑苦しく感じるのではとの懸念もあるかと思いますが、中に着るYシャツやパンツを明るい色を選んで頂きますと、爽やかに着こなして頂けるかと存じます。

 

当店のリネンジャケットは芯地・裏地共に全て専用の麻を使っており、堅牢に縫製しておりますので、ご家庭で水洗い出来ます。また洗濯を繰り返すことによってアイリッシュリネン独特の柔らかくて落ち着いた風合いが出てくるのも楽しみのひとつです。

 

 

 

 

Tailor Hatano
〒604-8081
 京都市中京区寺町通三条上る天性寺前町538  

TEL / FAX  075-231-4243

地図 ≫ google map

 

 

 

 

 

 

 

 

天気に恵まれたゴールデンウイークも終わり、日常が戻ってまいりましたが皆様いかがお過ごしででしょうか?

 

さて、今日ご紹介させて頂くのは、時期的には遅いのですが冬物の3ピーススーツでございます。

英国、ハダースフィールド市にあるミル、BOWER ROEBUCKの生地、super 100's のミディアムグレーのヘリンボーンになります。

 

ビンテージ生地ではございませんが、それに近いやや厚手でしっかりした、それでいてソフトな生地ですので着心地のよい、暖かなスーツでございます。

 

素地に負けないようしっかりした毛芯を使用し、張りをもたせると共に美しいラインを出すように仕立てております。

 

中のウエストコートはダブルブレステッド6つボタンの3つ掛け、裾は横一直線のストレートヘムとしております。

 

落ち付いた佇まいがシニアの方にもおすすめでございます。

 

 

 

Tailor Hatano
〒604-8081
 京都市中京区寺町通三条上る天性寺前町538  

TEL / FAX  075-231-4243


地図 ≫ google map

 

 

 

 

 

 

 

梅の便りが届く季節となりましたが、今年は寒さが厳しいため京都での開花もなかなか進まないようです。今日は、前回に続いて冬物のジャケットのご紹介をさせて頂きたいと存じます。

 

生地はイタリア・ボローニャの最大マーチャントDRAPERS扱いの英国製のものを用いております。カシミヤ100%のため軽く、保温性に優れた生地になります。デリケートな生地ですので、縫製には時間をかけさせて頂きました。
写真では伝わりにくですが、爽やかな中に落ち着きのあるブルーグレーの生地をミラノスタイルに仕立てました。

 

 

 

 

深緑のジャケット

テーマ:

 

今日はミラノスタイルで仕立てた冬物のジャケットのご紹介をさせて頂きます。


英国西ヨークシャー州の有名老舗マーチャント、Bateman Ogden社扱いのglenhuntの生地になります。特徴としましては丈夫で保温性に優れたツイードで、オーバーやジャケットに最適です。独特の深い緑色の魅力に引きつけられて仕入れました。首から肩にかけてのフィッテングに気を付けることで、着心地の良さ、シルエットの美しさを大切にした仕立てとなっております。
 

 

 

ピーコート

テーマ:

 

 

 

 

暦の上ではもう春ですが、まだまだ寒い日が続いております。

そんな折に、ご紹介したいのがミディアムグレーのハリスツイードで仕立てたピーコートになります。

 

ピーコートを仕立てる場合にもっとも気を付けているのが、肩とVゾーンになります。

直線的なラペルの形状にゴージ線に刻みの深さをどれくらいにするのか、バランスを見ながら決めていきます。

ハリスツイードは着るほどに体に馴染んで味わいが出てくる魅力的な生地であり、ピーコート自体もまた定番のデザインですので幅広い年齢層の方に長くご愛用して頂けると存じます。

 

 

 

 

 

2018 新年のご挨拶

テーマ:

 

 

明けましておめてどうございます。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

昨年末に改装し、新しくなった店舗で皆様のお越しをお待ちいたしております。

 

 

Tailor Hatano
〒604-8081
 京都市中京区寺町通三条上る天性寺前町538  

TEL / FAX  075-231-4243


地図 ≫ google map