京都・寺町通 テーラーハタノの仕事

京都・寺町通 テーラーハタノの仕事

1906年(明治39年)創業のビスポークテーラーです。


 

ご依頼者様のお好みスタイルのフランネルスーツが完成しました。
生地はミドルグレーのチェック柄で
3ピースのワイドなシングルピーク衿やスラックス巾と裾のダブル、
少し内側にねじれた袖、
ややタイトなウエストで数十年前頃の雰囲気がお望みでした。

また同時に視覚も大切ですが各部に
負担感の少ないゆとり具合も大切にしております。
冬の装いとしてはよく合う雰囲気のフランネルスーツ、
長年ご愛用頂けますと幸いでございます。

 

先日ご新規様の3ピーススーツの着せ付けによる仮縫いをさせて頂きました。
初めてのお客様は上手くいくかどうか等、
出来上がりにご不安あると思いますが当店も年々型紙や調整手法の改良により

補正が少なくなって来ております。

人の体型は全く同じ方はいらっしゃいませんので
ご新規でのご注文がある度に一から制作という事になってきますが
当店は毎回型紙に試行錯誤しながら改良を加えてきましたので
ある程度の補正量や修正を抑えることができてきました。

この様なことはマニュアルや基本的な制作図には載っていないので
自分の経験やノウハウから考える事が重要になってきます、
そうする事で納期を早めたりより理想に近いシルエットや
バランス感を実現したり出来ました。
毎回僅かですが進化している実感をさせて頂いております。

 

2回に渡る仮縫いを経てブラックフォーマルのフロックコートのが完成しました。
基本的には伝統的フォーマルのフロックコートですが

幅広のフックベンツや袖のターンナップカフス、
第3ボタンでの身頃の切り替え等ご本人様のお好みも反映させて頂きました。

近年フォーマルをお作りさせて頂く事は少なくなりましたが
各部パーツも細かく分かれており通常のスーツやコートと比べても
複雑な構造になっております。
普段とは全く違う構造から設計する必要がありテーラーとしては
ひさしぶりに手ごたえのある制作をさせて頂いた感じです。
末永くご愛用頂けますと幸いでございます。

 

近年モヘアを混紡したスーツ地は減ってきておりますが
モヘアファンの方にとってはなくてはならない服地の一つです。
ウールに比べ湿気の多い夏には皺が付き難く清涼性が高いので
スーツご着用の方にとっては有効な素材の一つです。

今回お客様の骨格は長身でスマートなご体型でしたが
肩甲骨が少し張り出しておられたので自然に収まるように
色々と処理をさせて頂きました。
動きに対してもストレスなくお召頂けるでしょう。
長年ご愛用頂けますと幸いでございます。

 

 

 

今回のスーツは東京店(テーラーラト)でご注文を頂き

京都店(テーラーハタノ)で仮縫いと納品をさせて頂きました。

ご新規でスポーツ体型や強い反身体なので
多岐に渡り調整をさせて頂きました、
シルエットはややタイト目ですが自然な装いと
負担感の少ない着心地を両立しております。
また近年今回のような別々の店舗にて対応させて頂く事も増えてまいりました、
ご都合に合わせて関東から関西へまたは
関西から関東へご移転などにもご利用いただけますと幸いです。

 

先日ブラックフォーマル、フロックコートの再仮縫いをさせて頂きました。
紳士服のフォーマルは平服のスーツやコートと違い

パーツが細かく分かれているので調整ヶ所が多くなります、
その為今回は2回目の仮縫いになりました。

フロックコートは昔の西洋の昼間の正装服になります、
背中側の優美な曲線のラインは古き良き時代を感じさせますね。
これから各部の微調整で仕上げに掛からせて頂きます、
今から出来上がりが楽しみです。
 

 

イタリア生地を使用した春夏向きスーツが完成しまた。
これで2着目のお客様ですが初回のスーツから
微調整を繰り返しながら完成度を高めました、
出来上がりの服は最高峰の仕立て職人により薄手の生地も立体的で
軽い着心地を実現しております。
 

 

 

もう春ですが今回は冬用スーツ地にモヘアを混紡した
ユニークなスーツが完成しました。
モヘアはヤギの一種の毛で放熱性と清涼感があるので
春夏によく使われてきましたがこの生地は冬向けに作られました。

近年の冬は比較的暖かい日も多くなって来ましたので
寒い日と兼用できるようにと考えられたと思います、
保温性はあるのですが湿気を逃がし易い素材になっており、
風合いもモヘア独特の硬さはあまり無くて柔軟性に富んでおります。
また電車の中等多少暖かい所でも快適にお過ごし頂けるでしょう、
季節も秋から春先まで長くご着用できると思います。

お仕立てはお客様のお好みでややゆったり目にさせて頂きました、
胸の厚みのある鳩胸体の方なので
構造のパターンと補正にも工夫をしております。
末永くご愛用頂けますと幸いです。
 

 

先日ウインドウペンとの複合柄のジャケットが完成しました。
お客様のご体型は普段筋力トレーニングをされている鳩胸体型で
前回よりも発達されたようなので仮縫いで補正を加えました。

胸に厚みがある体型は胸回り以外にも場合によっては

肩や首周りにも影響が出やすいので色々と調整が必要になって来ます。
仕上がりは収まりもよくて気軽に羽織って頂けるとのご感想を頂きまして何よりでした。

チェック柄ながらスッキリとした印象もこれからの暖かい季節には相応しくお奨めですね。

 

ご新規の方のストライプ柄スーツが完成しました。
濃紺地にシャープなストライプ柄で引き締まった印象を受けます。
シルエットやゆとり具合はお任せ頂けましたので
ご体型のマイナスポイントを補うように
バランスの取れたシルエットを目指しました、
着心地も長時間の快適さと動作の
ストレスにならないように調整しております。

これら(型紙、着せ付けの仮縫い、補正等)の重要な作業は
全て人の手によって仕上げられておりますが
難しいのは各個人に合わせるということでしょうか。
同時にテーラーの最も特徴的な仕事でもあります。
製作中もお楽しみ頂けましたようですが今後もご愛用頂けますと幸いです。