京都・寺町通 テーラーハタノの仕事

京都・寺町通 テーラーハタノの仕事

1906年(明治39年)創業のビスポークテーラーです。


 

今回は今までに複数回の仮縫いをさせて頂いてきましたお客様ですが着せ付けによる
仮縫いをさせて頂き細部に渡り調整させて頂きました。
このような毎回仮縫いをさせて頂く必要性はお客様の時間経過によるご体型の変化と
生地の性質による違いにより出てまいります。

特に生地には伸縮性や厚み、柔軟性等の違いにより随分と差が出てくる事がよくあります。
今回も上着丈が少し長いので詰める事になりました、
また3ピースなのでベスト着用により上着に影響がでましたので
各部を再調整させて頂いております。
なかなか一筋縄では行かないのが服の調整の難しさですが
テーラー仕事の要の一つでございます。

 

今回はモヘア混紡の夏スーツが完成しました。
お客様は税理士の方で日々スーツをご着用なりますので
服の印象が控えめで端正なスーツをお作りさせて頂きました。
お仕立ては胸回りが鳩胸なので自然に胸に沿うように調整致しました。
肩周りには上着の重みが分散しますので
リラックスしてお召し頂けるのではないでしょうか、
長年ご愛用頂けますと幸いです。

 

先月目付の確りしたツイル地の
ジャケットが完成しました。

よくコートやスポーツジャケットに使われる
ツイル地(綾織)は斜めに糸を交差して織りあげるので
目が詰まりやすく表面は摩擦に強い利点がありますので
お気軽に羽織って頂ける一着として
重宝して頂けるでしょう。
お仕立てもウエストのやや上目をシェイプし
目線を上に持って来るように操作しそれに合わせて
丈もやや短目に致しました。
全体には肩から裾にかけて流れるような
無理のないラインにさせて頂いております。

また注文服には必要な着ていてストレスの少ない
ユトリ具合も重要になってきます、
特に肩回りは骨格に合わせて動き易く
負担感の少ない仕上がりにさせて頂きました。
ディテールも今回のお客様はお好みで
3つボタン段帰りと胸のバルかポケット、
腰はスポーツジャケットらしいパッチポケットにさせて頂いております。
 

 

 

先日東京店(テーラーラト)にて盛夏用のスーツが完成しました。
使用しましたスーツ地はドーメル(英)のヴィンテージで
夏物ながらヴィンテージ特有のふんわりとした柔らかさと
張りのある腰が特徴的です。

勿論ハンドメイドによる仕立て映えも相性良く
端正な装いとして長くお召し頂けるでしょう。
またシルエットはお客様のお好みでややタイト目で
腰ポケットは両玉縁のみにさせて頂いております。
ビジネス等にご愛用頂けますと幸いです。
 

 

ポーターハーティング(英)のスーツ地を使用したウインドウペンの3Pスーツが完成しました。
落ち着いたグリーンのベース色にエンジ色のチェック柄が
相性良く溶け込んでおります、
このグリーンは英国の伝統的な雰囲気で装いをお楽しみ頂けるでしょう。
お客様のお好みでユトリ具合とシルエットは中庸的にさせて頂きました。

 

前回から仮縫いの3Pダブルスーツが完成しました。
スマートなシルエットながら胸やウエストにメリハリを付け男性のスーツらしい装いに

仕上げさせて頂きました。

画像2枚目のベストはダブルのピークラペルに8コボタン、
パンツはインナー2タックとご本人様のお好みでクラシカルな仕様になりました。
両者共ダブルで上着を脱いだ時の調和もよく取れているのではないでしょうか、
シャンパンゴールドのネクタイも冴えた発色ですが落ち着いた雰囲気で馴染んでいる印象です。
スーツ地はモヘア混紡の2PLYと腰が強く堅牢性は高いのですが

大切に着て頂ければ何よりでございます。

 

先日東京店(テーラーラト)にてダブルスーツの仮縫いをさせて頂きました。
使用しました生地はウイリアム・ハルステッド(英)のモヘア混紡2Plyで張りと腰が有りながら
合い物(春秋)に適した装いになります。

着せ付け時にはご本人様の骨格に合わせると同時に上着丈とパンツ丈のバランスや襟の位置、
ボタン位置等細かく調整していきます。
ベスト丈も微妙ですがやや短いので少し出すことによりバランス良くなるでしょう、
また上着と同様にベストもダブルなのがご本人様のお好みでした。
全体には少しタイト目なのでスッキリと締まった印象に映りますね。
出来上がりももう直ぐなので完成しましたらまた掲載させて頂こうと思います。

 

先日東京店(テーラーラト)にて春夏向きの3Pスーツが完成しました。
お客様は普段に着易くシンプルでスッキリとしたシルエットをご希望でした。
使用しましたスーツ地は伝統的なミル、ウイリアム・ハルステッド(英)
で色柄は無地のミディアムグレーで夏を除いた3シーズン向きになります。

少々胸板が厚く鳩胸のご体型のでしたので型紙を標準から変更して
着せ付けによる仮縫いで調整をさせて頂きました。
この場合通常の服では鳩胸体型の方からは
襟のVゾーンが外に開くとお悩みのご相談をよくお受け致します。
やはり体の自然なラインに沿った服はお会いになる方にとっても
落ち着いた雰囲気に映り印象も違う事でしょう。
他にも服のフィッティングについては様々なご体型のお悩みのご相談を
お受けしますがお悩みの方はお気軽にご相談頂ければ幸いでございます。

また今回は3Pにより端正なスーツとしてお作りさせて頂けました。
今後も愛着を持ってお召し頂ければ何よりでございます。
 

 

この度東京店(テーラーラト)にてトラディショナルなスーツが完成しました。
使用しましたスーツ地は目付けの確りしたウイリアム・ハルステッド(英)のネイビー系で

ウエストをやや絞り込んだメリハリのあるシルエットが特徴的です。

ラペルの外側のラインも直線的でシャープな印象があり端正な

ビジネススーツとしてお作りさせて頂きました。
サンプルではありますがえんじ色のネクタイとも相性よく落ち着いた印象です。
お客様はスマートなご体型の方ですがマイナスポイントをカバーして

シルエットのバランスを整え肩周りを着易く調整させて頂きました、
日々のご活動にお役立て頂ければ幸いでございます。

 

久しぶりに堅牢なウイリアム・ハルステッド3Plyモヘア(3ツ杢)の生地を入荷する事が出来ました。
この生地は非常に張りと腰が強く(仮縫い時でも右画像の袖部にもみられるように)
多少動きの多い使い方にも中々へこたれない良さが有ります。

ヴィンテージと呼ばれる30年程前にドーメル(英)でトニックと呼ばれた生地がありました、
風合いもとても似ていて耐久性が良く人気が有りましたが特に春秋に重宝されました。
当店では長い間2Plyで継続しておりましたが往年の名品が戻ってきた感じでとても感動的です、
色柄は無地を中心に紺系グレー系を数種類取り揃えております。