デザイナー某の徒然トリミング
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-10-17 21:03:39

長崎旅とちょっと佐賀旅〜乗り物&観光編〜

テーマ:モリの日々
前回の、ブログで書きました
9月頭の金曜から日曜までの社員旅行、
長崎県とちょっと佐賀県。

この旅では飛行機、電車、バス、
タクシー、路面電車、船を駆使して
移動しました。

ということで、今回はその乗り物編。


1日目
飛行機で伊丹空港から長崎空港へ。
ニュースでも報道されてましたが、
関西空港は台風で機能停止。
たまたま今回は伊丹空港だったので
当日は雨模様ながら稼働。
ほぼ定刻通りに出発しました。


{E1099D4E-BDEE-4222-A6CD-F2E5EE4DEF4E}


順調に離陸し、短めの空の旅。
長崎空港に到着の少し前の時間帯、
飛行機がメチャ揺れて怖かった。
ジェットコースターみたいに
ちょいちょい無重力な感じや
Gがかかる感じを味わいました。
今まで飛行機に乗っていて初めてです。
この時の「機体は揺れますが安全には問題ありません」といったアナウンスは
心の安定を保つのにかなり助かりました。



空港に着いたら貸切バスで移動。
雨はかなり降っている。

初日はハウステンボスを回り、
キックオフミーティングや宴会があり
普段は一緒にならない人たちと
飲んで話してできて楽しむ。


2日目
朝から自由行動なので、
早速ハウステンボス駅から電車で佐世保へ向かいます。


目的地は佐世保駅からバスに乗って行く
九十九島のクルージング!
目的地までバスの運転手さんが
バスガイドのように造船所辺りで説明してくれたりして
けっこう楽しい時間でした。
重量感のあるハンマーヘッドクレーン?
なんかも、説明がなければその違いも凄さも分からなかっただろう。



九十九島クルージングは
こちらの船です。



曇り空だし、干潮時間帯でしたが、
これはこれでよかった。





クルージングの後はまた佐世保へ戻り、
ランチを済ませて
そこから、バスで佐賀県の嬉野温泉へ。

高速バスでも直行バスでもなく
ただただひたすら停留所に止まったり通過したりして進む路線バスです。
調べてみると嬉野温泉までの停留所の数は53個。
ある程度覚悟が必要。
トイレもないし。
バスは地元の方々を乗せては降ろしを繰り返しながら
時には車内を人で満たし、時には空っぽにしながら
嬉野温泉へ到着。

天気のせいなのか、
時間帯のせいなのか、
温泉街らしい活気はそれ程なかったですが
それでも温泉街。
お湯巡りはできたので、3箇所の湯めぐりをしました。

そして、湯上りには美味しい
温泉湯豆腐を堪能。
これに関しては前回のブログの
食べ物編をご参照ください。

このまま、嬉野温泉で
ゆっくりしたいところですが、
宿泊予定の宿は長崎市内。
足早に高速バス乗り場へ向かいます。
乗り場まではけっこうな距離。
そして、時間があまりない。

かなり暗い道をひたすら歩く。
そして、なんとかギリギリ時間に間に合いました。
かなり焦った。




高速バスは快適で、先程まで焦って小走りした疲れを、しばしのうたた寝で回復。
高速を降りて長崎市内では、
何故か信号で止まるたびに
窓の外の通行人がこちらにスマホを向けて写真を撮っている。
なんだろ?と思っていたら
終点で降車した時に、バスの運転手さんに
「このバス、数台しかなくてアムロさんが描いてあるんですよ」と声をかけられて気づく。




この時、引退を目前に控えていた安室奈美恵さんの写真がラッピングされたバスだったのです。
いやはや、乗り込む時は焦り過ぎで気づいてなかった。
安室奈美恵さん、嬉野温泉から長崎市内まで無事に送り届けてくれてありがとうございました。


3日目
朝風呂をしてから出発。
宿の送迎バスで長崎駅前へ。

そこからは路面電車の一日券を買って移動です。
まずはモーニングを食べるための駅まで。



朝からヘビィな食事をしてから
亀山社中へ行くために、また路面電車に乗ります。
最寄駅からは坂を登って登って、
長崎であることを実感。



車が通る坂はそんなになく、
人が通れる坂が多いみたい。
そして、ネコがたくさん。




乗り物とはちょっと違いますが
面舵きってみてます。


またまた路面電車に乗り、
今度は最近世界遺産に登録された
大浦天主堂界隈へ。

オランダ坂手前には
長崎チャンポン発祥のお店を通過。
食べ過ぎでもう寄るお腹がない。

またまた坂を登ったら大浦天主堂です。
さほど興味がわかないので外観だけ。
その後、グラバー邸も入口まで行きましたが興味が湧かないのでスルー。




坂を下り始めたところで
何やらデカイものを発見。

海に浮かぶマンションのような船でした。


もう、そろそろヘトヘトになっていたので、
ここからは大人しくまた路面電車に乗り、長崎駅からバスで長崎空港へ。

帰りのフライトは揺れましたが
行きほどではなかったのでよかった。
そして、空から見る夜景はけっこう綺麗でした。

こうして、2泊3日の社員旅行は終了。
満喫の旅でした〜。



モリ
2018-10-05 21:55:58

長崎旅とちょっと佐賀旅 〜食べ物編〜

テーマ:モリの日々
9月最初の金曜から日曜まで、
基本毎年恒例の社員旅行でした。

行き先は、長崎県!

いつも仕事で間接的に目に触れている
ハウステンボスを軸にして、
自由行動多めの旅です。

「食べ物」編として
その旅を振り返ってみます。


この旅では名物から名物じゃないものまで
たくさん食べました。
おかげでこの3日間だけで2.5kg体重増。

よく食べたなぁ。
思い出せるものを振り返る。


1日目
飛行機で伊丹空港から長崎空港へ向かうのですが、
大阪の空港では自分の中ではルーティーンな朝ごはん
たこ焼きを食べてスタートです。

そこから、飛行機、バスと乗り継いで
今回の宿に到着。

到着してすぐに宿のランチバイキングで
一通りのメニューを食す。
長崎らしいものではなかったけど
美味しいもので、たくさん食べてしまった。


夕食は全社員集まっての宴会です。
普段は電話越しやメール越し、
テレビ会議越しでしか話していない人達とも
酒を酌み交わします。
食べ物は刺身などから始まり、
大盛りな料理。

ここまでは写真を撮るのを忘れてました。

宴会が一旦お開きになると、後は自由時間です。

ということで、夜のハウステンボスへ行き、
ここでもまた飲めや話せやです。

なんだか気持ちがアガる
長ーいコップのビールを飲んで
話も盛り上がります。

{11B55D37-5E26-4F3F-80E2-684788A6DCE7}

飲んだ後は、イルミネーションを突き抜け
やっぱりラーメンです!

{E9910938-AC05-41B0-A73B-E305BF82D3B6}

{E78BA882-042A-48F9-A141-D5378FEA6A76}

{FCCE4907-7E88-4A60-A038-CFDDE7BA31E5}


まさか、ハウステンボス内でシメのラーメンを食べられるなんて、
酔った身体に染み入ります。

ハウステンボス閉園した後は、
数名で飲んでいる部屋へ行って
缶ビールとアテで深夜まで話します。

けっこう仕事の重要なことも
ここから聞くこともあって油断できない。

こうして1日目は幕を閉じる。


2日目
朝は宿の朝食バイキングで始まる。

昨日のお酒と食べ物が少し残っていますが、
そこそこガッツリ食べます。


朝食後は、身支度を整えてから
宿を後にして電車移動へ。

電車の時刻まで時間がけっこうあったので
カフェで時間を潰します。
さっき食べたのところなので
カフェオレのみです。


そして、一緒に行動する同僚数名と共に
九十九島へ向かいます。
ハウステンボス駅から電車、
佐世保駅からバスに乗りついで港へ。
そこから船で九十九島クルージング。

お腹はそんなに減ってないので
ボクは食べてないのですが、
同僚は船内でアイスを食べて、
その後ちくわをまるかぶりしてました。



クルージングの後は、
今回の旅の目的でもあった、
本場の佐世保バーガーへ。
狙っていたお店は行列でしたが
お腹を空かせて待つことにしました。
通常の佐世保バーガーに
ハングリーというベストソースをトッピング中なわけです。


待つことそこそこの時間。
で、待ちに待った佐世保バーガー!




美味かった!
また食べたいと食べながら思うぐらい
美味しくいただいた。
もう、美味しくって包んでいる紙までちょっと食べてしまった。



なかなかの満足感を抱いて
次の目的地、嬉野温泉へ向かう。
佐世保からローカルバスで
50数個の停留所を経て嬉野温泉到着。
この温泉は佐賀県です。

温泉を数軒巡りまして、
なんだか肌がすべすべになったように思う。





お湯はちょっとヌルヌルする感じ。
公衆浴場のゆるキャラ「ゆっつらくん」にもお会いしました。



お風呂の後は、ちょっと一杯。
これも旅の目的の一つで
食べたいと思っていた、
温泉湯豆腐のあるお店へ。




とにかく、この温泉湯豆腐がムチャ美味かった!
ポン酢?も美味しくて堪能できました。

ゆっくりしたいところですが、
宿泊予定の宿は長崎市内。
足早に高速バス乗り場へ向かい、
そこからしばしのバス旅。
辺りはすっかり日も落ち真っ暗。


長崎駅前のバスターミナルのようなところに着き、
そこからタクシーで山の上にある
宿まで行きチェックイン。
そこからまた、飲みに出かけます。

長崎に来たからには、長崎らしいものを・・・と思ったけど、
何が名物なのか知らない。
とりあえず、この時には既にお腹も空いているので、目に付いた美味しそうなお店へ。
創業昭和九年のおでん屋さん。
これが当たりでした!いい雰囲気。
まずはビール大ジョッキ。デカっ!
変わり種もいろいろあって、
地元の方とも話をしたり、
年輩の店主さんにおでんの具をアレコレ聞いたり、大満足です!







いい気分でおでん屋を出て、
せっかくなのでもう一軒。
ここまで、居酒屋さんを何軒か見ている中で
気になったキーワードがありました。
「クジラあります」の謳い文句。
クジラが名物なのかもしれない。

ということで、クジラを求めてもう一軒。
昔、クジラを食べて獣臭がしたことや
固くてボソボソした感じのイメージだったので不安もありましたが、
美味しかった!
刺身とカツレツを食べたのですが
どちらも美味!
クジラ刺身は赤身とベーコンとさえずり
どれも脂多めですが濃厚で美味かった。
思い切って食べてみてよかった!




この後は、おつまみとちょっとアルコールを買って宿に戻り部屋飲み。
お化けが出ると噂の宿だったので
サッと寝付けるように沢山飲んで寝ます。


3日目
長崎市内で、ここに行きたい!と強く思うところはなかったけど、
ここで食べたいという店があったので
朝から路面電車に乗ってそこへ向かう!

朝からというのは、目的がモーニングだからだ。
モーニングといえば純喫茶。
外観からいい雰囲気の店「ツル茶ん」



目的の食べ物はミルクセーキのアイス。
でも、せっかくなので、名物のトルコライスもいただく。
昨夜の満腹感が完全には解消していない中、
なかなかのボリューム。でも美味い!



お腹いっぱいのところに
デザートのミルクセーキアイスは
かなりキツかった。
同僚はミルクセーキアイスの大だったので
かなりしんどそうでした。


モーニングの後は、そのまま長崎市内を散策。
亀山社中までぶらりぶらり。
あと龍馬のブーツなんかも。





そして、ランチには
今回の食の旅の最大に近い目的地である
美味しそうなカレー屋マドゥバニへ。
行列ができていたので、並んでいる間に
モーニングのお腹も少しだけ凹ませる。



店頭には雑誌のコピーが。
「全国のカレー好きにも、発見されていない秘境」
大阪のカレー好きは発見したよ〜!



カレー美味かった!腹の底へくる辛さ!


ランチのあとは、
また路面電車に揺られて観光。
とりあえず、オランダ坂とか大浦天主堂。
中には入らずに周辺ウロウロ。
改めて坂多いと実感。



帰りの時間も近づいてきて、最後に一食。
せっかくだし、やはり長崎ぽいヤツ。
長崎チャンポンです。
コレがまた美味かった!



思い残すことなく、長崎を去れました。

美味しいもの食べて移動もまぁまぁして、
充実の旅となりました。


ちなみに、体重も充実の2.5kg増し。
今なおあまり落ちていない。



モリ
2018-09-05 09:50:57

台風の痕跡

テーマ:モリの発見
9月4日にかなり強い台風が
近畿圏を通過しました。

近所の大きめな川が逆風に煽られて
表層だけ見る感じでは流れに逆らって波が立ち
逆流しているように見えていた。

ウチは8階にあるのですが、
地上からいろんなものが
強風に巻き上げられて
ベランダにパラパラと落ちて来る。

そして、ウソみたいなものが・・・。


プラスチックの破片。
見事なまでに網戸に突き刺さってました。
直接窓ガラスに当たってたらどうだったのだろう・・・。


今回の台風はニュースで見ていても
たくさんのものを破壊してましたが
改めて恐怖を感じました。



モリ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス