調査で真実を…

テーマ:

浮気……毎日、不安な気持ちで過ごしている皆さまへ

 

ふとした日常にパートナーから感じてしまった違和感……食事も喉を通らず、眠れない苦痛を味わいながら、気付かぬふりで事態が好転することは現実にはありません。

疑うという感情は、人をボロボロにします。

相手に感じる違和感が何なのか、気のせいなのか、事実を確かめてみませんか?

実際に浮気をしている場合もありますが、中にはどれだけ浮気調査をしても異性の存在などなく、一人で自由行動を取っている場合もあります。

会社で残業をしていたり、一人で居酒屋へ行って時間を潰していたり、趣味の店へ立ち寄っていたり、個室ビデオへ行っていたりと様々です。

調査をして浮気の事実がないと分かれば、その日から気持ちの持ちようが180度変わることでしょう。

また、あなたが不安になるようなお相手のおかしな様子が何だったのか、意外な事実が明らかになる場合もあります。

「真実」はひとつです。

あなたが感じるモヤモヤが何なのか、私共の浮気調査で真実を解き明かします。



06-6243-7780

0120-078-305

浮気調査・相談内容

テーマ:

■相談内容
一番大切な人が・・・夫・妻・恋人の行動がなにかおかしいと思うことはありませんか?

夜も眠れず、食事もままならない状態ではありませんか?

修復不可能と思われる夫婦関係や相手が望む離婚へ固い決意、相手に増す不信感などそのような状態で結婚生活をつづけていくことは 、精神的にも肉体的にもマイナスでしょう。

事実を明確にして少しでも心の負担を軽くしませんか?
☆妻と子供の家庭教師が不倫
☆夫が過激なプレイを強要する
☆妻の虐待
☆この子、誰の子??全然似ていない??
☆妻の不倫相手に、無理やり離婚届けにハンを押された
☆夫が部下と不倫
☆夫が風俗通い
■浮気調査が必要なケース
浮気相手と別れさせたい為の証拠が欲しい。
離婚する時のパートナーと相手から慰謝料を取りたい。
子供の親権を確実に取りたい。
証拠がないために、何もできずに悩んでいる。
浮気しているかどうか真実を知りたい。
離婚に向けての証拠が欲しい。
離婚して新たな人生を送りたい。 いざという時のために浮気の証拠を残しておきたい。
証拠を突きつけて浮気を止めさせたい。
慰謝料請求を確実なものにしたい。
離婚裁判での浮気証拠が必要である。
このまま恋愛していてもいいのかはっきりさせるため。
浮気ぐらいと思っていたら本気になるのを回避するため。
不貞行為の証拠が必要。

浮気には魔がさすのと確信犯がありますが、いずれも早いうちに対処するほうがいいのではないでしょうか。
裁判所で認められる証拠とは不貞行為(性交渉を持つこと)とします。

ですから、特定の異性に好意を持ちキスをした・肉体関係は持たずに手紙の交換を続けている程度では、不貞行為とは認められません。

しかし、これらの行為でさえ配偶者には非常に傷つき苦しめられます。

不貞ではないけれども、貞節でない行為や無断外泊など不貞が疑われても仕方がない行為を繰り返している場合には
「婚姻を継続し難い重大な理由」
に該当し、離婚が認められています。

また、配偶者が同性愛者であった場合でも、判例では離婚を認めています。


06-6243-7780

0120-078-305