大阪の入管行政書士の備忘録的ブログ

大阪の入管行政書士の備忘録的ブログ

大阪で働く入管手続きが得意な行政書士のSEO的にウェブサイトに書けない内容のコンテンツをユルユルだらだらと書き記す雑記ブログです。画像を作るのが好きなので無駄に拘っています。SEOもキーワードも関係なく気楽に運営することが目標です。すべては自己満足のために!

行政書士事務所には固定電話が必須

今日も今日とて行政書士の自宅事務所脱却記事第7弾です。
そろそろ別のネタを書きたくなってきました。

今日は事務所の固定電話について。
他の行政書士会は存じ上げませんが、大阪会では事務所に固定電話の設置が必須です。

思うことは色々あれども・・・
必要条件と言われている以上は、準備する必要があります。

固定電話と言っても、NTT西日本以外にも色々なサービスがあります。
インターネット通信を利用した光電話やIP電話、その他も色々。

前回はNTTの光電話を利用しておりましたが・・・
事務所を引っ越しすると、同じ番号を持っていくことが出来ないことが判明しました。

急遽、新しい固定電話番号が必要に。

おうちのでんわ又は03plus

ネットで固定電話のサービスをチェックして候補を二つまでに絞りました。
・ソフトバンク系の「おうちのでんわ」
・株式会社グラントンの「03plus」

03plusのURL


http://03plus.jp/


おうちのでんわ

https://www.softbank.jp/ybb/ouchinodenwa/


どちらのリンクもアフィリエイトリンクではありません。
アフィリエイトをすると、必然的に提灯記事を書くことになり、正直な感想が書けないと思うからです。


私が気になる点を一覧表にしてみました。
正直・・・
どちらも一長一短がありますね。

03plusとおうちのでんわ比較

03plusとおうちのでんわの比較表を作ってみました。
私の状況から見た物なので、人によっては使えない資料かもです。

これを見ると・・・
・基本料金は同等
・通話料は03plusは高額
 (10分かけ放題ありきのサービス)
・おうちのでんわはFAX送信が面倒
・ソフトバンクは4年縛りと解約時に注意が必要

全体的にみると
03plusは、お手軽だけどランニングコストが高い目。
「おうちででんわ」は縛りの有無や手軽さで難あり。

ソフトバンクでスマホを持っている人などは、「おうちででんわ」が有利です。

電話回線は一長一短あり

色々な条件を比較して、「03plus」を採用することにしました。
理由は以下の通りです。

・電話番号が10分で入手可能。
・スマホから固定電話の番号で発信できる。
・自宅と事務所の住所が違っても契約が可能だった。
・10分間のかけ放題サービスがある。
・年払いにすると、比較的にリーズナブル。
・ソフトバンクを使っていない。
・縛りが比較的に緩い。

一番の理由は電話番号が手に入るスピードです。
行政書士事務所の変更登録に時間が掛かるので、少しでも早く手続きを開始したいニーズがありました。

ソフトバンクの縛り

あとは解約関係の制約の厳しさですね。

ソフトバンクに限らず、キャリア系の解約は面倒です。
「おうちででんわ」を調べていると、契約上は2年縛りだけど・・・
機材の分割払いが3年になっています。
事実上は4年縛りです。

またソフトバンクの解約は、解約前の数か月あたりで契約を安いプランに変更しないと最後の請求額がエグイことになることも判明しました。
解約月は全ての割引オプションが外された状態になるとか。


正直・・・
今の事務所も4年後まで居る保証がありません。
(上手く行って広い場所に移転、ダメで自宅に都落ちの可能性)

そう考えると、長期間の縛りはご遠慮願いたいなと思います。


また「おうちのでんわ」は自宅専用のサービスになります。
今回の様に自宅と事務所を分ける場合は、原則的に契約が不可能です。
(個人事業で個人として契約する体裁を取ると不可能ではないけども)

この場合、本人確認書類で免許証が使えません。
保険証と公共料金の領収書のセットになります。

領収書は電気の開始から1か月は必要です。
また保険証も住所が掲載されている場合は使えないです。

「おうちのでんわ」を断念した一番の理由はここでした。

ソフトバンクの「おうちででんわ」自体は悪いサービスではありません。
非常に優れたサービスだと思います。

スマホやWi-Fi、光回線を使用している場合は、非常に割安なサービスです。

条件が合わなかったから、採用は見送りになりました。

今日はここまで。
オフィス家具の組み立て

誰得なのか不明な自宅事務所脱出記事も6回目になりました。
今回はオフィス什器の到着と組み立てです。

新事務所の什器は新品で揃えました。
しかし予算の関係上、オフィス家具は自分で組み立てるタイプになりました。
(組み立て済みの物のほうが高い、あと玄関までの通路が狭いので通らない)

家具屋では、有料で組み立てを代行してくれるサービスもありましたが・・・

これも断って自分で全部組み立てることに。
(組み立てサービスを付けると予算オーバーに)

新事務所のオフィス家具を新品で揃える話は景気が良いです。
実態は予算をギリギリまで抑えるために、自分で出来ることは自分でする必要があります。

予定を遣り繰りして、机や椅子を受け取りました。
受領当時は段ボールが事務所の半分を占拠していました。

そして休日の朝から一気に、机や椅子を組み立てていきました。

組み立てた物は以下の通りです。

・事務机(片肘タイプ)×1
・ミーティングデスク ×1
・プリンターワゴン  ×1
・事務用の椅子    ×1
・ミーティング用の椅子×4
・ホワイトボード   ×1

全部一人で組み立てました。
この手の作業が得意なので、一人で片づけました。
(腕立て伏せと肉体労働の仕事をしていた経験が活かされました)

本来は二人以上で行うのが望ましいです。

それはともかく・・・
組み立て作業で一番簡単だったのが、ミーティングデスクでした。
(天板を裏返して、脚をネジで止めるだけです)

一番重たかったのが、事務机ですね。
引き出しと天板がかなり重たかったです。

大変だったのが、椅子の背もたれ部分です。
上手く座面と背もたれを合わせることが出来ませんでした。
しかも5脚分もあったので、手こずりました。

もう一つ大変だったのが、ホワイトボードです。
板と足を組み合わせるだけなのですが、意外と難しかったです。

大変だったと言うだけでは芸がありません。
何か一つでも役に立つコンテンツが必要です。

オフィス家具組み立てのアドバイス

そこで家具を組み立てる時のアドバイスを幾つか。

・作業用の背抜きタイプの手袋を使う。
・床の養生は段ボールなどを用いる。
・ハサミとカッターナイフは必須。
・ドライバーも何種類か。
・ゴミは直ぐに処分。
・作業スペースに不必要なものを置かない。
・説明書は必ず読む。


まずは作業時ですが、軍手ではなく作業用の手袋をお勧めします。
前がゴムになっていて、後ろが布になっているタイプです。
ドラッグストアでも、ホームセンターでも売っています。

ポイントは薄手です。
ゴム部分が分厚いとドライバーやレンチを持って作業しにくいです。

組み立て作業するときは、床に段ボールなどを敷き詰めます。
床の傷つき防止ですね。
私は什器が入っていた段ボールを解体して床に敷きました。

作業する時のコツですが。
梱包材やビニール袋などは、外したら直ぐにゴミ袋などに直行です。

不要な段ボールや発泡スチロールも一か所にまとめます。
こうしないとゴミだらけになり、作業効率が著しく低下します。

最後に説明書を熟読してから、組み立てを開始します。
材料が揃っているか?
手順はどうなっているか?

何も読まずにぶっつけ本番で作業すると失敗する確率が上昇します。

オフィス家具を組み立てる時の注意点でした。

画像加工ソフトの不具合

いつもの様に画像を作ろうと思ったら画像加工ソフトに不具合が出てしまいました。
なので以前に作った画像をリサイクルしました。



今日はここまで。
MP3プレイヤー新旧比較

今日は私が所有するガジェットの比較記事です。
まるでプロブロガーのような記事ですね。
アフィリエイトはしておりませんが・・・

アフィリエイトを行わない理由は以下の通りです。

・アマゾン・アソシエイトの申し込みが面倒。
・アメブロにリンクが貼れるのか不明。
・アフィリエイトリンクがもたらすSEOへの影響。

正直アクセスが二桁(10から50)の当ブログにSEOも何も無いのが悲しいです。

先日に新しいMP3プレイヤーを購入しました。
10年前に購入したTranscendで画面が無いので選曲が面倒だったからです。

シリーズものの音声データを聞く時、バラバラで再生されてしまい、訳が分からない状態になりました。

そこでアマゾンでレビュー数が異常に多かったMP3プレイヤーを購入しました。
(レビュー数の多さの理由は商品到着時に判明しました。)

Victureクリップ付き

二代目のMP3プレイヤーは
「 Bluetooth4.1 mp3プレーヤー ミニ クリップ式 HIFI超高音質 デジタルオーディオプレーヤー 」

という非常に長い名称が付いたものです。

Transcend MP3プレーヤー MP300 8GB ブラック TS8GMP300K

ちなみに初代の名称は
「Transcend MP3プレーヤー MP300 8GB ブラック TS8GMP300K 」です。

アマゾンで当該のプレイヤーを検索すると8000円となっていました。
(知らない間に価格が高騰していました。)

初代Transcendと二代目Victureの新旧比較をワードで一覧表にしてみました。
アメブロでテーブルタグを書くのが面倒だったのでワードにしました。


MP3プレイヤー新旧比較表

音質は10年前に購入したTranscendのほうに軍配が上がり、他の部分はVictureの勝ちでした。

結果としては、
・音楽を聴くときは「Transcend・TS8GMP300K」
・「Victure」は続きものの音声データを使用。

使い分けする事にしました。

用途に応じて使い分け

理由は音質ですね。
どちらも安物のMP3プレイヤーなので、音質はお察しです。
それでも少しでもクオリティをよく聞きたいです。

10年ぶりにMP3プレイヤーを見て・・・
技術の進歩に驚きました。
殆ど通信機能がないスマホ状態ですね。

昔の機種には無かった様々な機能が付与されているのも特徴でした。
個人的には90%以上は不要な機能ですが・・・

小さい躯体を無理やり多機能にしている為か、本来の音楽が疎かになっているように思えました。
(Sonyのウオークマンとかは別なのでしょうけども)

個人的には多機能でなく、シンプルだけど音質を高めた商品が欲しいと思いました。

いくら多機能でも使わない物が沢山あっても意味がありません。
(むしろ邪魔な機能だと思います。)

これは行政書士にも言えるのかなと思いました。

今日はここまで。
大家さんの入居審査に合格

書いていて誰得なのか分からない事務所移転記事第5弾です。
保証会社と大家さんの審査は無事に通りました。
(個人的にはヤキモキしていたけど、不動産屋の方は大丈夫だろうと言っていた。)

次は重要事項説明と賃貸借契約書の押印です。
これは不動産屋で説明を聞いて、ハンコを押すだけです。

契約から引き渡しまでの間に時間がありました。
(部屋のクリーニングとリフォームがあったので)

引き渡しまでに、事務所のレイアウトと什器の選定を行いました。
正直言って、仕事の合間にこれを行うのは面倒です。

私が借りた物件は、5坪を切る非常に狭い部屋です。

狭い空間をトイレと洗面台で1坪程度つぶれてしまいます。
(事実上、事務所スペースは6畳程度しかない)

狭い中に大阪府行政書士会が要求する什器を入れる必要があります。

・事務机
・応接スペース
・コピー機
・鍵の掛かる書庫
・本棚

レイアウトは空間デザイナーに依頼した。

今回は2回目になるので、前回の失敗を教訓として行ったのが、以下の二点になります。

・レイアウトをプロに外注。

・オフィス家具は全部新品で揃える。

前回は自分でレイアウトを考えて、オフィス家具を配置しました。
自宅の物置を改造して配置しました。
その為か

・動線がメチャクチャで効率が悪い。

・収納も考慮が足りなくて書類が大量に散らばる。

・作業スペースが狭くて応接机に書類を広げる

この様に非常に使いにくい代物になってしまいました。

今回は知り合いの空間デザイナーの方に、事務所レイアウトと什器の選定をお願いしました。

やはりプロが考えた配置だけあって、非常に使いやすいです。
デザイン代は安くは無かったですけども、お願いして良かったと思います。

オフィス家具は新品のほうが安い時がある。

次はオフィス家具です。
今回は什器一式をオフィス家具の専門店で揃えました。

旧事務所で使っていた不要なものは全部処分しました。
(環境に優しくないですね・・・)

前回は中古家具をネットで1個ずつ注文していきました。
理由は中古のほうが安いと思っていたからです。

ネットで購入した中古のオフィス家具は失敗でした。

・思ったより安くない。(新品と変わらない)

・送料がエグイ。(送料込みだと新品よりも高額なケースあり)

・統一感がない。(単品で購入するから)

・実物が思ったよりボロイ。(基本的に傷あり)

・到着時間がバラバラで、時間が取られる。(何日も拘束される)

・ボロい什器だらけで気持ちが萎える。

一般的には中古のほうが安くなる傾向があります。
しかしオフィス家具は、値段が新品と大きく変わりません。

サイズが大きいので、送料や引き取りに人件費が掛かるためですかね。
送料も宅急便のように1000円程度とはいきません。
1個につき5000円とか平気で掛かります。

オフィス家具屋の店頭で揃えると上記のデメリットから解放されます。
そして下記のメリットを享受できます。

・予算を言っておけば予算内で抑えられる。

・オフィスの統一感を保てる。

・個人事業主でも屋号があれば送料は無料。

・到着日時もある程度は指定ができる。

・実物をチェックすることが可能。

・店員さんからアドバイスを貰える。

・新品で綺麗な什器が揃った事務所は気持ちがよい。

これから事務所を構える方には、悪いことは言いません。
事務所のレイアウトに自信が無ければ、得意な人にお願いする。
(素人考えでは、収納系が悲惨です。)

オフィスの什器は、店舗で実際にチェックしながら購入することをお勧めします。

安物のオフィス家具でも統一感があれば、そこそこ見栄えが良くなります。
(サイトのデザインでも同じですね。)


今日はここまで。
入居審査は時間がかかる。

行政書士の自宅事務所脱出記事の第4弾です。
前回は内覧した物件の一つに申し込みをした所まででした。

今回の結論

・家賃保証会社の審査は3日、大家の審査に1週間。

・審査中の間、気になって仕事が手に付かないことも。

・民法改正の影響で、家賃保証会社は連帯保証人を取らなくなった。

・大家側で連帯保証人を付けることを要求された。

・不動産屋さんは、(不利な)条件を後出しで出す。

・お金も不動産も借りる側は立場が弱い。

今回は申し込みと家賃保証会社&大家の審査です。
賃貸物件を借りる際には、家賃保証会社を間に入れるのが定番になっています。
(賃借人の信用に関係なく一律で)

家賃保証会社とは、収入などの信用力がない人の保証力を補う代わりに、対価を受け取るビジネスです。

私が申し込んだ物件にも保証会社を付けることが条件になっています。
今回、申し込んだ保証会社は全保連で独立系では最大手になります。

全保連のURL

https://www.zenhoren.jp/


家賃保証会社は、連帯保証人を付けることを求めてきます。
(連帯保証人が居ない場合の保証会社ではと思うのですが。)

今時、連帯保証人とは・・・
と思いつつも事務所を借りるために、家族に連帯保証人をお願いすることに。
(借金と違い賃貸の場合は親族の保証人がベストらしいです。)

その後に不動産屋から、民法改正の影響で連帯保証人は不要になってたと連絡が。

しかし保証会社は要らないけど、大家側で付けることを要求していると。
(この後もこの不動産屋は、後出しで条件を増やしてくることが多かったです。)

お金も不動産も借りる側は立場が弱いです。

連帯保証人を拒否すれば、借りられないのは借金と同じです。
不動産の場合は借りてしまえば、借り手が有利になると聞きますが。

分からないことはネットで調べる

そんなこんなで家賃保証会社の審査がスタートしました。
その間、ネットで全保連のことや家賃保証会社の審査について調べていました。

・審査は早ければ3時間から1日で決まる。

・不合格の場合は速攻で連絡がある。
(NG条項が明確なため)

・時間が掛かるときは合格より。

・全保連は取引件数も多いけど、トラブルも少なくない。

・全保連の審査は厳しめ。

・一番厳しいのは信販会社系の保証会社。

・保証会社は150社を超える。

不動産屋のサイトにはこの様なことが書かれていました。


不安で仕事に手が付かない

ネットで調べた情報だと、心配は不要だと思いつつも、万が一のことを考えると・・・

仕事に集中できない時がありました。

審査が始まると聞いてから3日後に、不動産屋から連絡。
保証会社の審査は合格した、次は大家の審査が始まると。

ここで不動産屋の後出しが。
(この後出しが3回、4回と続きます。)

1年ごとに保証会社の更新料がかかると。
(最初は家賃の8割を払えば、更新料は不要と言っていた。)

気を取り直して、今度は大家の審査です。
(個人的には同時並行で進めたほうが効率が良いと思った。)


強気な大家

前回の記事でも紹介しましたが、大家さんは強気な方です。
保証会社で通っても、大家側で弾かれるのではと心配していました。

私が取り扱う業務が業務だったので、もしかしたら・・・
(大家さんとの会話で、それとなくメイン業務について話していたので。)

今度は大家さんが審査する場合のポイントをネットで調べていきました。
色々ありましたが、まとめると以下の通りです。

・保証会社の合格≠大家の入居審査の合格。

・入居基準は大家によって違うので、明確な基準が存在しない。

・大家との連絡が付かないなどで審査が遅れることは良くある。

結果的には大家さんの入居審査は1週間かかりました。
審査関係で10日程度の時間が流れていきました。

審査している間のヤキモキ感が、頭の片隅から消えることが無かったです。
入管の審査待ちの顧客もこんな思いをしていたのだと痛感させられました。

顧客には定期的な進捗報告をしていましたが、
この頻度を上げたほうが、顧客満足度の向上に繋がるかな

今日はここまで。
賃貸事務所の内覧に行ってきました。

行政書士の自宅事務所から賃貸事務所への脱却記事第3弾です。

この記事の結論を先に書きます。

・人気物件の大家は超強気。
・家賃の安さとクオリティは正比例。
・非公開物件はハズレが多い。

前回は賃貸不動産のポータルサイトで内覧の予約をしました。

予約する際に、備考欄にこちらが希望する物件とスペック、連絡可能な日時を入力しています。

その数日後に不動産屋からメールが届きました。

希望する物件の内覧が可能なこと、内覧したい日を教えてほしいと。
メールを返信し、内覧日まで待ちました。

内覧日当日に不動産屋にて、他にも3件ほど条件に合いそうな物件が内覧可能と伝えられました。

二つ返事でその物件の内覧もお願いすることに。
(ネットに載っていない非公開物件かとワクワクしました。)

非公開物件は訳あり物件?

しかしながら・・・
この期待は見事に裏切られることになりました。

不動産屋曰く

ネットに掲載されない非公開物件の多くは、箸にも棒にも掛からない物件だとか。

アットホーム等のポータルサイトに物件を載せるのも広告費がかかる。
だから最初から売れなさそう(借り手がつかない)物件は、広告に載せないとのこと。

実際に内覧してみて、意味が良くわかりました。

話を戻します。
当日に内覧に行った事務所候補は5件でした。

・1件目は本命。
・2件目から4件目は非公開物件。
・最後の物件は第2希望。

この様な順番で不動産屋さんと物件を見て回りました。

最初の1件目
・徒歩2分圏内に2つの駅あり。

・管理も行き届き綺麗な外観と共用スペース。

・室内もリフォームしたばかりで綺麗。

・トイレはウオッシュレット。

・無料の駐輪場付き。

・家賃も激安(5件中で一番安かった)。

ここ物件の内覧は、大家さんと大家専属の不動産業者の臨席の元で行われました。
(後にも先にも大家さんが待ち構えていたのは、この貸事務所だけ)


強気な大家さん


大家さん曰く、
「ここは希望者が多いから直ぐに埋まる。だけども断ることも多い。」

「家賃だけでなく、変な人に貸したくない。」

と最初の物件は強気なオーナーさんの審査が待っていました。

確かに物件の条件は悪くないので頷けました。

2件目から5件目まで

・1件目よりも駅に近い(目の前が駅)。

・広さは同じくらい。

・部屋は高層階。

・エレベーターなし。

・階段が急こう配。

・共用スペースは汚い。

・駐輪場なし。

・全体的に古くてボロい。

何でしょうかね・・・
最初に見た物件が良かったから、後に行けば行くほどに微妙になっていきました。

2件目から4件目までは全部、ネットに公開されていない非公開物件です。
家賃の予算が低かったから、微妙な物件だったのかなと思います。

結果的に最初の1件目以外は全部外れでした。

ここまで賃貸事務所候補の内覧をして分かったことを書きます。

掘り出しものは滅多に出ない。

・予算が少ないと微妙な物件しか出てこない。
・古くてボロい。・・・想像以上。

・管理も微妙。・・・管理会社はどこに行ったの?

・基本的に高層階。

・階段は急こう配。・・・夜や雨の日が怖い。

・エレベーター・・・何スカそれ?

・オートロック・・・寝言は寝てから言うものだ。

・部屋は狭い。

掘り出し物は最初を除き一切出てきませんでした。

誰ですか・・・
不動産屋には、ネットには載らない非公開物件があると言ったのは?
非公開物件は、魅力的な掘り出し物が多いと仰った方は?

内覧の結果、ダメ元で最初の1件目に申し込みを行いました。

ここから不動産屋、家賃保証会社、大家の3人の審査が待ち受けていました。

1件目がダメなら・・・

私の予算で借りれる場所が無くなり、自宅事務所からの脱却は不可能になります。

個人的には内覧は楽しかったです。

テレビの桂小枝所長の小枝不動産が人気があるのが理解できました。

最後に画像が妙に多くなってしまいました。
可愛らしい系の女性なのに、文字は太いゴシック体と男らしいフォントです。

自分で言うのも何ですが、タイポグラフィック的に微妙です。

今日はここまで。


行政書士事務所は駅前

前々回に引き続き自宅事務所から、賃貸の独立事務所への移転記事です。
今回は事務所の場所探しです。

行政書士などの士業の場合は、立地に拘らなくても大丈夫・・・
一見そのように思えますが、事務所の場所は非常に大事です。

特に入管業務の場合は、立地だけで勝負できるエリアもあります。
有名な例では入管局の隣に事務所を構えている行政書士ですね。
この事務所は広告も何もしなくても、相談者がひっきりなしにやってきます。
(この行政書士に先見の明があったのでしょう。)

また大使館と最寄り駅のルート上に事務所を構える人も居られます。
大使館に用事がある外国人を取り込める有利な場所です。

生野区や東大阪なども帰化を狙う上では有利な立地ですね。
(実際に生野区で事務所を構えている人は、特に何もしなくても帰化の案件が多いと聞きました。)

なぜ多いかは大阪人なら直ぐに分かると思います。

または八尾市というのも悪くない選択ですね。
梅田や難波などの巨大な駅がある場所も悪くありません。

家賃が安く条件が良い物件の大家は超強気

しかし・・・
大半の行政書士は、最高の立地に事務所を構えるだけの資金力は無いと思います。
(実際に私にもありません、また家賃が払えても審査で弾かれる可能性が高いです。)

家賃が払えるのと、実際に貸して貰えるかは別問題です。
(人気がある場所は大家も不動産屋も非常に強気です。)

結果的に借りられる場所は、自ずと限られてきます。
自分のスペックと相談しながら、できる限り理想に近い物件を探すことになります。
(実際はかなり妥協することになりますが)

賃貸事務所の物件の探し方は以下の通りです。

私はアットホームと言うポータルサイトで物件を探していました。

サイトはこちらです。


https://www.athome.co.jp/



理由は検索結果で上位に出てくること。

もう一つは掲載されている物件の数が多いことです。
安い物件から高額な物件まで色々とあります。

事務所物件で妥協できない点は妥協しない


アットホームで入れた条件は以下の通りです。

・事務所を借りたいエリアと沿線。
・貸事務所。
・家賃の目安。

最低限の情報だけを入れて検索してみました。
絶対に外せない条件が二つだけありました。

・駅前であること。
・支部の管内から出ないこと。

駅前なのは来客型の事務所には必須です。
駅から遠いと、お客様に来てもらい難いです。

所属支部の管内であるというのは、支部の理事をしていること。
あとは人脈が支部管内に集中していることです。

結果的に条件に適合した場所は2~3か所でした。
その場所の内覧をアットホームを通じて、不動産屋に連絡しました。


余談ですが、あまり社交的ではない人は、支部を中心に人脈を構築することをお勧めします。

新人を食い物にするのは、ヒヨコ食いセミナーの講師だけではありません。

他支部の先輩行政書士でも新人を食い物にする人はいます。
(同じ支部内なら噂が立つので、情報が流れにくい他支部の新人に声をかける。)

セミナーや研修会で一度や二度会ったくらいの人を全面的に信用してはいけません。

業界のことを右も左も分からないうちは支部関係の人脈が一番安全です。


関連記事・行政書士会の支部での人脈は業務の保険になります。


客のフリして行政書士に電話したのがバレた

業務をする際には、実務の勉強は当然です。

同時に疑問点を解消や応援をお願いできるネットワークの構築が非常に大切です。

自分なりの人脈がないと、面識のない行政書士に客のフリをして質問することになります。

正直申し上げると、かなりカッコ悪いです。

また事業を行うものとしても、リスク管理が出来ていないことの証左です。
見ず知らずの人がキチンとした回答をくれるとは限りません。

質問した行政書士に同業者と見抜かれて、情報の中に嘘を混ぜられるリスクを考慮する必要があります。

偉そうに書いてしまって済みません。
今日はここまで。
配偶者ビザと年収

配偶者ビザで不許可になりやすい類型に年齢差が大きいがあります。
年齢差が大きいと偽装結婚を疑われる為です。

日本人同士なら20歳差の年の差婚はかなりレアケースです。
なぜか国際結婚になると、それなりの件数があるのが不思議ですね。


日本の場合は年齢差が大きいと配偶者ビザが取れない可能性で留まりますが、国によっては法律で年齢差が大きい国際結婚を禁止している国も存在します。

理由は偽装結婚、自国人の保護、悪しき慣習を改める為と国によって様々です。
言えるのは、どこの国も年齢差が大きすぎる結婚に対して、よい感情を持っていないことですね。

例えばカンボジア王国では、カンボジアの女性と外国人男性が結婚する場合には、男性は50歳以下で年収30,000米ドルが必要です。

日本円に換算すると、1月27日現在で1ドル109.08円です。

109.08×30,000=3,272,400。

およそ年収で330万円ないと結婚出来ません。
2016年のカンボジア人の平均月収が128米ドルで年収が1536米ドルです。
平均的なカンボジア人の19倍程度の収入を求める様ですね。

普通にフルタイムで働く方なら、達成するのに難しい条件ではありません。
(フリーターやアルバイトだったら厳しい数字ですけども)

それに日本で配偶者ビザを取得するなら、年収300万円程度はあったほうが良いです。

年収が低すぎると、不許可リスクが高く、更新しても3年以上をもらうのは厳しい面があります。

日本での国際結婚や配偶者ビザの詳しい解説はこちらをどうぞ。


配偶者ビザと年収の関係


3年が貰えないと永住権も帰化も難しくなっています。
帰化の要件には3年の在留資格は明記されていませんが、現実的には1年だと不許可になっています。

帰化の要件が永住権よりになって来ています。

またネパールでは20歳以上の年齢差がある婚姻を禁止しています。
こっちはネパール人同士の結婚にも適用される条件みたいです。

あちらの国は偽装結婚うんぬんよりも、文化や風習が問題になっています。
15歳で結婚できなければ・・・
みたいな話を聞きました。

お隣の国、韓国にも国際結婚で年収要件があるようです。
韓国人が日本で生活する場合には適用されない要件ですが、韓国人配偶者には年収で1480万ウォンが必要とあります。

日本は明確な年収や年齢要件を出していませんが、国によっては明確な線引きがある場所もあります。



取り留めなく記事を書くと良く分からない文章になってしまいます。
今日の記事がよい例です。

やはり事前にノートやメモ帳でまとめないと駄目ですね。

今日はここまで。
行政書士は自宅兼事務所から独立事務所へ移転する

今日は行政書士が自宅兼事務所から独立したオフィスに移転する話です。
事務所を自宅か賃貸か悩んでいる方の参考になれば良いなと思います。

今は自宅の一室を事務所にしています。
近々に賃貸で事務所を借りて、独立事務所に移転することにしました。
(近々と言っても1か月後くらいですが)

理由は幾つかあります。

・移動時間がボトルネック。
・交通費や飲食代で家賃が払える。
・事務所にお客様を呼べない。
・自宅だと怠けてしまう。
・ウェブサイトに自宅住所を公開し続けたくない。

自宅事務所は意外と金がかかる

賃貸の独立事務所に移転する最大の目的は移動時間のカットです。
行政書士は事務所にこもる時間が意外と少ないです。
下手したら1日中、外回りなんて日も珍しくありません。

役所への申請、見込み客への出張相談、クライアントとの打ち合わせなどが中心ですね。
夕方から夜半にかけて事務作業となります。
ハッキリ言ってブラックな労働環境です。

ブラック企業な行政書士事務所

移動時間は利益を生み出しません。
何とか移動時間を減らしたいと思っていました。


交通費や飲食費で家賃が賄える。
各所に移動するのも、タダではありません。

私は車に乗れないので、基本的に遠方への移動は電車・バス、近場なら自転車を使います。

1往復で500円から800円くらいの交通費が掛かります。
しかも乗り換えの待ち時間などのロスも意外と大きいです。

自宅事務所が金が掛からないから良いのは、本当の開業初期だけです。
ある程度、忙しくなるとデメリットが目立つようになります。

オフィスで面談できないのは辛い

事務所にお客様を呼べない。
事務所にお客を呼べないのは、想像以上に大きなハンデキャップです。

個人のお客様の場合、事務所に訪問を希望する人が少なくないです。
理由は自宅に他人を入れたくない、大掃除が必要など面倒なことが多いため。

自宅事務所の行政書士側も、ビジネスモデル的に事務所に来られることを想定していません。

電話中や打ち合わせ中に子供の声やゲームの音が入ると気まずいです。
(家族から客を家に入れるのを反対されるのもあります。)

事務所に来訪されたいと言うお客様への対応が大変です。
どうしてもという場合は、個室の喫茶店などになりますが・・・

正直・・・微妙です。
話の内容が内容だけに。

こんな時に面談場所がある事務所が欲しいなと思っていました。
世知辛い話ですが、面談で使用する喫茶店での飲食費(コーヒーなど)も馬鹿になりません。
上記の交通費と合わせると、安い賃貸事務所なら借りてもお釣りがくるレベルになります。

また来客してもらう事になった場合でも・・・
事務所の立地が駅から遠いと厳しいです。

特に私の事務所は駅と駅の中間地点にある区域なので。
(一番駅から遠いパターン)

次に自宅だと怠けて仕事をしない時がある。
私のメンタルの問題ですね。

自宅事務所だと、仕事とプライべートの区切りが付きません。
仕事の合間に家事をすることになります。
(家族から家に居るなら家事することを求められます。)

結局、ダラダラと仕事をしてしまいがちになります。

仕事とプライベートは切り離せたほうが効率が良いです。
(子育てや介護などがある場合は、その限りではありません。)

あとはウェブサイトに自宅の住所を公開し続けたくない。
行政書士会に登録した場所でしか、事務所を開けません。

個人会員の場合は、複数の事務所を持てないのがネックになります。
面談室を別に持てないのが辛いですね。

そうなると自宅の住所をウェブサイトに掲載することになります。
私のようにネット集客が中心だと、大勢の方に見られることになります。

自宅兼事務所のデメリット

危機管理の観点からも、リスクが大きいです。
私だけなら良いのですが、子供などの家族にとっても影響があります。
(何らかのトラブルで、自宅に客が怒鳴り込んでくる可能性もあります)

この様な事があり、以前から自宅兼事務所から脱却を考えていました。
やっと目途が付きましたので、ブログ記事にしました。
誰かの参考になれば幸いです。
朝食にバナナ

今日は冬のバナナについて。
私は朝食にトーストとバナナを1本を食べます。

画像のバナナはスウィーティオです。
事務所の近所で買えるバナナで2番目に高い高級バナナです。

一番高いのは1本で100円するものです。
個包装で1本売りになっています。

一度も買ったことが無いのですが、きっと美味しいのでしょう。

普段買うのは一袋98円の安いバナナです。
スウィーティオが買えたのは、果物屋で6本入り150円の特価だったからです。

スウィーティオは比較的に外れが少ないです。
今回買ったものは、皮が分厚く身が細かったです。

農産物なので、当たり外れは付き物ですね。

バナナを食べるのは食物繊維とカリウムの補充です。
また値段が安いので毎日食べても財布に優しい面もあります。

毎日食べていると、銘柄ごとに味が違ったり、食べるタイミングによって味や食感が変わることが分かります。

例えば、
・買ってすぐのバナナは固くて、甘味よりも酸味が強い。

・シュガースポットが出たものは、甘味が強くなり柔らかくなる。

・さらに熟してしまうと、柔らかくなり過ぎて食べるのがつらい。

・高い銘柄(甘熟王やスウィーティオなど)でも当たり外れが大きい。

・バナナが大きくても、身が大きいとは限らない。
 (皮が異常に分厚くて、身が細いことがある。)

・下手の部分が黒ずんでいるバナナは美味しくない。

等々の特徴があります。

冬のバナナは熟さない

特に大きいなと思ったのは、季節によって熟すスピードが全然違うことです。
夏だったら青いバナナを買った場合、3日でシュガースポットが出て食べごろになります。

5日目は柔らかすぎて、美味しくありません。
夏の場合は、早い目に食べないとダメになることがあります。

逆に冬は熟すスピードが非常に遅いです。
5日ぐらい経ってもシュガースポットも出ませんし、固く酸味が強い状態が維持されます。

固いほうが食物繊維は豊富らしいです。

個人的には熟した物とそうでない物を順番に食べるのが好きですが、冬だとそうは行きません。

熟する前に食べきってしまいます。

かと言って大量に買って置いておくと、熟する前に傷みます。
シュガースポットが出る前に身が黒ずんでしまいました。

冬に甘い目のバナナを食べるのは難しいですね。

ちなみにシュガースポットとは、バナナの表面(皮)に茶色や黒い斑点が出た状態のことです。

見た目が少々悪くなりますが、腐っている訳ではありません。

一度は食べてみたい国産バナナ

余談ですが、皮ごと食べられるバナナがあると聞きました。
アマゾンで調べてみると、国産のバナナで無農薬の品とありました。
沖縄や一部の地域で栽培されたものらしいです。

話のタネに買ってみようかと思いましたが・・・
値段を見ると1本800円越えとありましたので断念しました。
(完全に贈答用ですね。)

取り留めのない話になってしまいました。
今日はここまで。