筑後船小屋

 

 

これを聞いて、皆様、旅情がわきませんか。

 

私も、長い間、こういう駅が九州新幹線にあると知って、あぁ、おそらく柳川の近くの、旅情をそそる風景が広がっているのだろうなぁ、と思っていました。

 

 

いざ着いて、新幹線の車窓から望む景色は・・・・

 

 

何もないやん。

 

 

一体、どこの人が乗るのん、この駅。

 

 

と思って新幹線が動き出したら、住宅街があった。

 

この辺の人たちが、車で駅まで行って、新幹線に乗る、ということなんやろね。

 

 

おそらくこの辺に、有力な代議士さんがいたのでしょう。

 

 

こういう事は、よくある事なので、別にいいんですけど、

 

 

あまりにも、旅情を誘い過ぎですわ。

AD
そんなわけで、私はキスマイラッピングの新幹線に乗り込んだ。

中は、特にキスマイ仕様ではなく、いつものつばめ。

だが、やっぱりこのつばめがすごい。

実は私はつばめに乗るのは初めてだった。


新幹線が、鹿児島まで直通運転になった時、その新幹線のネーミングがどうなるか、話題になった。

私はその時、過去、様々な名列車に付けられた「つばめ」がいい、と思っていた。

そしたら、本当につばめになった。

ものすごく嬉しかった。

しかも、その新幹線の側面には、社長直々の「つばめ」の文字が描かれていた。

これには感動した。

つばめが走ると、沿線の人達が手を振る。

これ、水戸岡列車ではよくある事なんだけれど、やっぱりこの光景は嬉しい。


早く九州新幹線に乗りたいと思っていたが、なかなかチャンスがなく、気がついたら、みずほって名前の新幹線が、鹿児島に一番早く行ける新幹線になっていた。

みずほって、いつ、そんな事になってたん?

なんだかJR西日本の、東海の匂いがする。


しかも、今回時刻表を調べて初めて知ったが、つばめは、博多〜熊本間を各駅停車で止まる列車になっていた。


完璧なローカル新幹線の、つばめ。

憧れのつばめが、そんな扱いになってるとは。



でも、今回、初めて乗ったつばめは凄かった。

わざわざでも乗る価値は充分であり、数ある新幹線の中でも、最高の美しさ、乗り心地の良さだった。


まずドアを入ると、両横に、水戸岡先生のため息の出るような美しい絵画。

{0FDFCAB1-D560-4AA0-B344-4E8FC56D3703}

全ての絵画が違うので、是非実際に乗って見てもらいたい。

そして連結部を通ると、あのすだれのかかった化粧スペース。

外国の人達に見てもらいたいのはこっちだ。
みずほじゃない。


その後座席スペースに入る。

あの、有名な金色の壁が見える。

私は当初、金ピカの壁なんて、太閤秀吉の金ピカ茶室を連想して、この壁には期待していなかった。

ところが意外にも、この壁は、落ち着いていて、わびさびを備えていた。
{CBAA86F9-F859-47BE-9D3D-E770214FF1A4}

これは、新幹線じゃない。

茶室だ、、、、


車両を巡って見たが、各車両ごとに、座席の柄が違う。

これも、是非実際に乗って見てほしい。

ちなみに、つばめは自由席でも座席は一列4席の並びになっている。


実際座席に座ってみた。

そして驚いた。
{3309DA5B-7D51-4A3E-BB8D-1CE41F23AC70}

これ見て、どこが凄いかわかるだろうか。

まず、頭乗せの部分。

ここに頭を乗せると、ふんわり頭が沈むのである。

列車の頭乗せで、こんなに優しく頭を包んでもらえるなんて。


そしてもう1ヶ所凄いと思ったのは

膝のあたる部分だ。

写真でわかるだろうか。

膝のあたる部分が、わずかに斜め下に傾斜している。

この傾斜があるだけで、膝がすごく気持ちいい。

今まで新幹線に乗ると、さっさと足を組んでいたが、つばめで足を組んだらもったいない。

いつまでも、この柔らかさに膝を乗せていたくなるのだ。


熊本〜博多間を、つばめは50分で走る。

でも、正直もっと長い時間、この車内のこの座席に包まれていたかった。
AD
予定より早い新幹線つばめで熊本から博多に戻ろうとした私。

ぼぅっとつばめが入線するのを待っていた。

が、やって来たつばめを見て驚いた。

一つしかないはずの、キスマイラッピング新幹線ではないですか。
{F71C8B6D-C196-4FA1-8AAC-703B13390D0F}

{80F06F46-AAB1-4E66-B02C-2E75677BBEC9}

いつも見切れる舞祭組に、おわびの印にもう一枚。
{725A7AE5-E5FC-418A-A654-691755C41CC6}

ついでじゃ。
{77C90D9A-F3EB-4838-A245-B71506543815}

今、改めて思った。

キスマイの真ん中の子は、とびきりイケメンやなぁ。

舞祭組と比べてしまうから、よけいそう感じた。

ともあれ、入線から発車まで10分あったので、心ゆくまでラッピングを楽しんだ。

ちなみに車内は、普通につばめです。

しかし、つばめはやっぱり素晴らしいので、次回また書きましょう。


車内にいると、ホームの人達がやたらこっちの写真を取っているのが見える。

キスマイラッピング新幹線、見れたあなたはラッキー。
AD