死にたい時は

テーマ:
死にたい時は死にたい気持ちを形にたとえてイメージする。三角でも丸でもグチャグチャな形でもいい。そして、その形の輪郭をゆっくりと目でなぞる。ゆっくりと一周。不思議と気分が落ち着いて心のなかに風が吹いてくる。
ボケとは外部の環境と感情と思考に対する気づきが弱まりコンタクトが不十分になっている状態を言う。ゲシュタルトセラピーは気づきと感覚を拡げ意識を切り替える速度を飛躍的に高める。認知症の予防になりリハビリにも効果を発揮する。私の生徒さんの中にも日中ただ家でボーッとする状態を劇的に改善した方がいました。「あのままだったらどうなったかと思うと恐ろしいです」と言っておられました。