テーマ:
<金 1:00:40~1:30
放送期間 2018年1月19日~4月6日 >
<与田祐希(乃木坂46)>


テレビドラマ 編集 モブサイコ100
ジャンル 連続ドラマ
放送時間 毎週金曜1:00 - 1:30(木曜深夜)(30分)
放送期間 2018年1月19日(18日深夜) -
放送国 日本
制作局 テレビ東京
製作総指揮 大和健太郎
監督 坂本浩一
原作 ONE『モブサイコ100』
脚本 吉田玲子
国井桂
プロデューサー 小林史憲
中野剛
出演者 濱田龍臣
波岡一喜
与田祐希(乃木坂46)
外部リンク 公式サイト
特記事項:
第5話・第6話は「追跡LIVE! Sports ウォッチャー」放送時間拡大のため10分繰り下げ (1:10 - 1:40)。
テンプレートを表示
Netflixとテレビ東京がタッグを組み、テレビ東京にて新設されたドラマ枠「木ドラ25」(毎週金曜1:00 - 1:30)の第4弾として、2018年1月19日未明(18日深夜)から放送開始。
主演の濱田龍臣と監督の坂本浩一は前クールまで放送されていた特撮テレビ番組『ウルトラマンジード』に引き続いてタッグを組んでおり、その他の出演者も特撮作品や坂本作品の経験者が多い[14][15]。高嶺ツボミ役を務める乃木坂46の与田祐希は、本作品がテレビドラマ初出演となる[14][15]。エクボの声はテレビアニメ版と同じく大塚明夫が務める[15]。
キャスト 編集 影山茂夫(モブ):濱田龍臣
霊幻新隆:波岡一喜
高嶺ツボミ:与田祐希(乃木坂46)
影山律:望月歩
花沢輝気:荒井敦史
暗田トメ:山谷花純
おやじ:モロ師岡
密裏賢治:久保田悠来
白鳥大地:塩野瑛久
白鳥海斗:福山康平
黒崎麗:坂ノ上茜
郷田武蔵:長濱慎
山村秀樹:黒石高大
志村遼平:鈴木貴之
神室真司:國島直希
枝野剛:根岸拓哉
鬼瓦天牙:白戸達也
山崎:キャッチャー中澤
桜威:出合正幸
誇山:岩永洋昭
槌屋:間宮夕貴
霧藤:鈴之助
マスター:木下ほうか
エクボ(教祖):島津健太郎
エクボ(声):大塚明夫
久住小春
スタッフ(ドラマ) 編集 脚本:吉田玲子、国井桂
監督:坂本浩一
音楽:坂部剛
プロデューサー:小林史憲、中野剛
チーフプロデューサー:大和健太郎
共同プロデューサー:成田岳
Netflixコンテンツプロデューサー:滝山直史、二瓶朔也
制作:テレビ東京、東映ビデオ
製作著作:ドラマ「モブサイコ100」製作委員会
主題歌(ドラマ) 編集 Thinking Dogs 「愛は奇跡じゃない」



あらすじ 編集 主人公のモブこと影山茂夫は、師匠の霊幻新隆の元で除霊のアルバイトを勤める超能力者の中学二年生。しかし特別な力は生きていく上で不要だと考えており、注目されることなく素朴に生きていた。勉強もスポーツもできず、人付き合いにも不器用な彼だったが、そんな自分を変えるために脳感電波部からの勧誘を断って肉体改造部へ入部するところから物語は始まる。
(笑)編 [ - 1巻 第8話]
どうすれば好きな子に振り向いてもらえるか悩むモブは、ある日怪しい宗教団体「(笑)」(カッコワライ)の勧誘に引っかかってしまう。案内された集会所では教祖・エクボが待ち構えており、さらにクラスメイトで新聞部の米里も居合わせ、モブを巻き込む波乱を巻き起こす。
番長編 [ 1巻 第9話 - 3巻 第19話]
モブが通う塩中学校の番長・鬼瓦は、黒酢中学校の裏番長・テルと対決し敗北する。負けたまま引き下がれない鬼瓦は肉体改造部とテルが戦うよう裏工作を仕掛ける。やがて鬼瓦の思惑通り黒酢中の校庭にテル・鬼瓦・肉体改造部(とモブ)が一堂に会すが、テルは超能力者であり、肉体改造部はなす術無く一網打尽にされてしまう。そして二人の超能力少年、モブとテルは、それぞれの信念を持って衝突する。
律編 [ 3巻 第20話 - 4巻 第33話]
モブの弟・律は、成績優秀、スポーツ万能の優等生だが、兄とは違い超能力を一切体現出来ていなかった。生徒会長・神室や覚醒ラボの人々と交流するうち、心の奥底に溜め込んでいた兄の強大な力への恐怖と劣等感が膨らみ、余裕を失っていく。そして強いストレスに耐えきれず超能力に目覚めた律は、悪巧みをするエクボに利用されながら、自分に変化を起こしていく。
「爪 第7支部」編 [ 4巻 第34話 - 6巻 第50話]
モブの身の回りに、怪しい大人の超能力者の影がチラつき始める。彼らは超能力者による世界征服を目論むテロ組織「爪」の構成員だった。彼らに拉致された律を取り戻すため、モブはエクボ、テルとともに「爪」のアジトのひとつである第七支部に殴り込む。
アルバイト編 [ 6巻 第51話 - 7巻 第58話]
モブがアルバイトをしている霊とか相談所に、様々な依頼が舞い込んできた。都市伝説や悪霊退治など、霊幻と共に様々な仕事をこなすうちに、相談所の評判が少しずつ広まっていく。その中で、モブは自分なりにいろいろと考え、心を成長させていく。
最上編 [ 7巻 第59話 - 9巻 第67話]
実力の確かな霊能力者として、資産家・浅桐の自宅へ招待された霊幻とモブ。そこでは何かに取り憑かれた娘・みのりが拘束、監禁されていた。彼女を救えた者には特別な報酬が与えられると聞き燃え上がる霊幻だが、取り憑いているモノは普通の悪霊ではなく、誰の手にも負えなかった。それは、かつて全盛期のエクボを圧倒した世紀の霊能力者・最上の成れの果ての大悪霊であった。
霊幻編 [ 9巻 第68話 - 9巻 第73話]
肉体改造部での努力や、脳感電波部との交流によって少しずつ成長し、自分に自信をつけたモブは、霊幻からそれらを否定するような冷酷な叱責を浴びたとき、初めて霊幻に反発し、距離を置く。一人になった霊幻は吹っ切れ、今まで以上に相談所の仕事にのめり込む。営業の甲斐あって知名度が高まった霊幻のもとに、テレビ出演のオファーが舞い込んでくるが、そこには霊幻を逆恨みする日輪霊能連合会会長の浄堂麒麟による罠が張られていた。
「爪」編 [ 9巻 第74話 - 12巻 第90話]
ついに世界征服に向けて作戦を開始した「爪」のボス・鈴木統一郎。その野望を阻止すべく、モブと霊幻、エクボ、テル、律、統一郎の一人息子・ショウ、第七支部元幹部たち、日本政府のエスパーたちが一斉に立ち上がる。彼らの前には数百人単位の超能力者と、鈴木の護衛を勤める「爪」屈指の五人の実力者5超が立ちはだかった。
神樹編 [ 13巻 第91話 -14巻 第97話 ]
統一郎とモブとの壮絶な戦いの決着として、調味市に現れた巨大なブロッコリー。モブの虚像を追って教祖不在のまま拡大してきたサイコヘルメット教は、ブロッコリーを神樹として崇め、不自然に信者を増やしてゆくが、背後には神になろうとするエクボの企みがあった。
脳感電波部編 [ 15巻 第98話 ]
二学期が終わり、卒業が近づいてきた脳感電波部の部長暗田トメは、今まで何の活動もしてこなかった事に焦りを覚え、部員達に思い出作りの提案をするものの、部員達に自分の真剣さが全く伝わらないため失望し、部の解散を命じる。トメの為にも思い出作りをすることにした部員達は、モブにテレパシーで宇宙人と交信するため協力を頼みこんだ。そこへ、かつて廃部のきっかけを作った元脳電部メンバーの竹中が現れる。
モブ編 [ 15巻 第99話 - ]
冬休みが明け、幼馴染で想い人である高嶺ツボミが来月にも引っ越してしまうことを聞いたモブは、友人たちに相談して告白を決意する。しかしツボミとの待ち合わせ場所へ向かう最中、猫と子供を庇って車にはねられてしまう。



『モブサイコ100』(モブサイコヒャク)は、ONEによる日本の漫画。2012年4月18日から裏サンデーで、2014年12月より小学館のコミックアプリ、MangaONE(マンガワン)で連載。2017年12月に完結した。
モブサイコ100
ジャンル 青春、コメディ、アクション
漫画
作者 ONE
出版社 小学館
その他の出版社
青文出版社

掲載サイト 裏サンデー、MangaONE
レーベル 裏少年サンデーコミックス
発表期間 2012年4月18日 - 2017年12月22日
巻数 既刊15巻(2017年12月現在)
話数 全101話
アニメ
原作 ONE
監督 立川譲
シリーズ構成 瀬古浩司
脚本 瀬古浩司
キャラクターデザイン 亀田祥倫
音楽 川井憲次
アニメーション制作 ボンズ
製作 モブサイコ100製作委員会
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 第1期:2016年7月12日 - 9月27日
話数 第1期:全12話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画・アニメ
ポータル 漫画・アニメ
2016年7月13日時点でコミックスの累計発行部数は120万部を突破している[1]。
2016年7月から9月までテレビアニメが放送された。
2017年1月23日、第62回「小学館漫画賞」(少年向け部門)受賞[2]。
2018年1月19日未明(18日深夜)よりテレビ東京にて木ドラ25枠でテレビドラマが放送開始(テレビ放送に先行して1月12日よりNetflixにて配信開始)。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。