オプティマルヘルス 最上級の健康を目指しながら豊かな人生を!

オプティマルヘルス 最上級の健康を目指しながら豊かな人生を!

オプティマルヘルスとは、心も身体も生き生きとし、70歳なら70歳で作りうる最善の健康、20歳なら20歳の、つまりその時の年齢での人間として最善の(Optimal)健康状態を『生涯続ける』ことです。

健康とは何か?…『健康とは身体的にも精神的にも社会的にも完全に良好な状態をいい、単に病気がないとか病弱でないということではない。』
※WHO(World Health Organization/世界保健機関)憲章から


「長寿国日本」は米国よりも平均寿命は長いのですが、寝たきり老人の数は米国の約5倍(人口比では10倍)もおり、生活習慣病の患者数も圧倒的に多い現実をご存知でしょうか?「健康先進国米国」では、不健康で長く生き続けるという考えから進歩し、「人間として最善の健康状態で豊かな生活を楽しむところに価値がある」というコンセプト(オプティマル・エイジング)が国民全体に認識され、サプリメント先進国として、家族ぐるみで良いサプリメントを選び、利用する事は習慣化されています。今は昔と違い、「健康の質の向上や病気の予防」は必要な知識があれば難しいものではないのです。

オプティマルヘルスとは、心も身体も生き生きとし、70歳なら70歳で作りうる最善の健康、20歳なら20歳の、つまりその時の年齢での人間として最善の(Optimal)健康状態を「生涯続ける」ことです。


テーマ:

糖尿家系の方はキノコ類を積極的に食べるように心がけてみるとよいかも知れません。バッファロー大学で行われたある研究調査によると、マッシュルームを食べることで血糖値(グルコース)に明らかな低下が認められたということです。しかもこの効果は女性により顕著に表れたそうですから、体を守るヒントにするとよいでしょう。

 

 

ライフプラスのフォーエバーヤングサプリメント


テーマ:

いつものルーチンに新しい要素を加えると、けがの予防にもつながります。同じ動作を過剰に繰り返すと同じ場所にばかり負担がかかり、反復運動損傷というけがが発生します。いつもと違う運動をすることで、過度に使われた筋肉や関節、靭帯を休め、回復させる機会をつくってやりましょう。毎日ランニングをしているなら、日替わりでサイクリングやストレッチを取り入れてみると、痛みの予防や緩和が実感できるはずです。

 

運動方法に変化をつけると、新しい筋肉をつけることができます。毎日ランニングをしていれば足の筋肉は発達しますが、上半身にはなかなか筋肉がつきませんから、腕や胸、背中の筋肉を鍛えるトレーニングを取り入れるとよいでしょう。新たに筋肉がつくられると、同じ量の運動をしてもより多くのカロリーを燃焼することができるようになります。つまり、いつもの運動でも、よりヘルシーな効果が期待できるのです。

 

さらに、意外かも知れませんが、運動のルーチンを工夫することは、脳の運動にもなります。新しい活動に取り組むことは何でも脳にとって良い運動となります。日常的に新しい課題を脳に与えたり、新たな交流の機会を広げたりすると、認知機能の維持に役立ちます。

 

このようにルーチンに変化をつけることには多彩なメリットがありますが、実際に何かを変えようとすると思うようにいかないこともあるでしょう。長年同じ習慣を維持してきた方は、徐々に新しいことを取り入れるようにしてみて下さい。ランニング用のシューズを水泳用のキャップと取り換えたからといって、新しいルーチンがすぐに機能するとは限りません。

 

現在の運動を全く別のものに切り替えるのではなく、従来の習慣を保ちつつ補助的に新しい要素を加えたほうがよいでしょう。例えば、週に4日ランニングをしているなら、ランニングを週3日で続けて、週に1日だけ別の運動をやってみるのです。コツはやはり、自分が楽しいと思えるものを見つけることです。 今はこれといったものが思いつかなくても構いません。気に入ったものに出会えるまで、色々と試してみましょう。

 

そして、できれば、いつもの運動と全く異なるタイプのものを見つけて下さい。現在習慣にしているのが筋力トレーニングだけ、という方は週に1度でよいので有酸素運動をしましょう。運動方法の幅が広がるほど、全体的な成果が向上します。

 

ある程度幅を広げることに成功したら、数週間単位でルーチンを調整しましょう。これが続けられたら理想的です。定期的にルーチンを工夫することで、体力を向上させ、けがを減らし、退屈せずに楽しめるようになります。

 

変化のあるルーチンでもっと楽しく体を動かしましょう。それはよりよい成果と反復性のけがの予防にもなります。次に運動するときから早速、自分なりに工夫してみて下さい。

 

 

ライフプラスのフォーエバーヤングサプリメント


テーマ:

自分に合った方法で運動する習慣を身につけるのはとても意義のあることです。単純なジョギングでもほぼ毎日行えばたくさんのメリットがあります。ところがトレーニングの専門家はいつものルーチンを少しずつ変えていくことを推奨しています。それはなぜでしょうか。苦労してやっと定着させた習慣を、どうして変える必要があるのでしょうか。その答えは、変化をつけるのは良いことだからです。

 

今ルーチンにしている運動が体に良いことに疑いはありません。好みの運動が有酸素運動であろうと、筋力トレーニングや柔軟体操であろうと、体を動かすのは良いことです。 それでも、ずっと同じルーチンを続けることには落とし穴があります。そこに落ちないようにするためには、新しい何かを取り入れるのが有効なのです。

 

運動方法に変化をつけると、飽きずに楽しめます。たいていの場合、いつもと同じルーチンを繰り返している限り、会う人も同じ、使う筋肉も同じ、行く場所も同じで、さして何が変わるということはありません。単純な話、同じコースでジョギングをしていたら、いずれ景色にも退屈してしまう、と思いませんか。近頃、運動を休む日が増えたと感じているなら、何か新しいことを試してみるべき時に来ているのかも知れません。

 

運動しても退屈に感じるような状況を避けるには、新しいことにチャレンジしてみるのがおすすめです。散歩のコースを変えてみる、ヨガ教室へ徒歩で行ってみる、といったように、いつもと少し違うことを取り入れるだけでも、新鮮さを取り戻すことができます。新しいアクティビティに挑戦すれば、新しい出会いも待っています。ジョギングのクラブに入ったり、スピンエクササイズのクラスに参加したり、重量挙げのベンチで誰かと待ち合わせをしたり、といったように、社交面で新しい展開を楽しむのもよいでしょう。

 

目標の体重までもうちょっとなのに、なかなか届かないという場合も、ルーチンに新しい何かを組み入れることで突破できるかも知れません。同じ運動を続けていると、体が同じ動作の繰り返しに慣れて、効率よく機能する方法が身についてしまいます。つまり、同じ量の運動をこなしても、燃焼できるカロリーは少なくなるのです。

 

ですから、あえてルーチンに変化を加えることで、体を甘やかさずに働かせることができるわけです。 馴染みのない動作でいつもと違う所に負荷がかかると、体にとってよい刺激になります。

 

 

デイリーバイオベーシックス 1日に必要な栄養素を補給できるサプリメント


テーマ:

デスクワークから離れるべき理由がまたひとつ発表されました。最近の研究報告で、机の前で座りっぱなしの生活をしていると不安障害を生じる確率が高くなることが指摘されています。9件の関連研究の結果を分析したところ、座っている時間の長さと不安感の間に相関性が認められたということです。現代社会でオフィス勤務している人は1日の大半を机に向かって過ごしているので、要注意かも知れません。立った姿勢で仕事のできるデスクが人気を集めているのも、それが健康につながるからと考えられます。

 

 

ライフプラスのフォーエバーヤングサプリメント


テーマ:

現代医学の端緒が現れるより何世紀も前から、ハーブは病気や怪我の治療に使われてきました。 試行錯誤を繰り返し、実際の効果を確かめる、ということを積み重ねて、より効果的な薬草の組み合わせが見出されました。近代になって開発された薬品が主流を占めるにつれて、薬草を使う伝統療法は放棄されるようになりましたが、今日、その価値に再び注目する人々が増えています。かつて私たちの祖先が頼りにしていたハーブの力が、自然派の全体療法に役立つと見直されているのです。

 

薬効のあるハーブには多彩な効能が秘められています。それぞれが多種多様な有効成分を含んでいて、大きな相乗効果をもたらす可能性があります。有効成分は単独で働くこともあれば、他の成分と組み合わさることで効力を発揮することもあります。

 

薬用ハーブの組み合わせとして最も古くからよく知られているのは、高麗人参とレンゲでしょう。この2つを調合した薬は、免疫系の機能の維持や筋肉、循環系の保護を目的に使われてきました。

 

昔の人々が知っていたことを裏付ける根拠は現代科学で続々と見つかっています。高麗人参とレンゲが強力な組み合わせであることも、科学的に証明されました。なかでもその相乗効果で免疫力が大幅に高まった実験はよく知られており、体を守る白血球の一種であるNK細胞が増えたことが認められました。

 

クルクミンとボスウェリア(乳香樹)の組み合わせも現代科学で実証された古来の知恵です。ひざ関節の管理におけるハーブ調合剤の臨床評価を行った研究では、この組み合わせで摂取すると関節の健康状態と柔軟性が維持され、痛みを緩和できるとされています。

 

高麗人参とイチョウ葉を組み合わせて子供に摂取させた別の研究では、行動面に明確な効果があっただけでなく、社会性にまつわる問題が低減されました。ハーブはエッセンシャルオイルと抗酸化物質、植物ステロール、ビタミン・ミネラル類を豊富に含有しています。

 

数種類のハーブを上手に組み合わせることで、それぞれの潜在能力を引き出し、有毒物質や病原菌と闘う体をサポートすることができます。

 

組み合わせ次第で様々な効果を得られる可能性はまだまだあります。現代医学で使う薬剤は特定の問題に対処することに特化していますが、多彩な成分を含むハーブは体内のあらゆる系統に同時に働きかけることができます。相性のよいハーブなら、さらに相乗効果が期待できるでしょう。

 

 

デイリーバイオベーシックス 1日に必要な栄養素を補給できるサプリメント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス