武蔵コーポレーション社長 大谷義武オフィシャルブログ

武蔵コーポレーション社長 大谷義武オフィシャルブログ

収益用不動産を通じて人生の安定を。武蔵コーポレーション社長 大谷義武オフィシャルブログ

本日4月1日に当社には18名の新入社員が入社しました。

若い彼らが楽しみながらやりがいをもって仕事に邁進し

自己実現を図ってもらえることを期待しています。

「企業は人なり」だと思っていますので、人材こそが

会社にとって最も大切な資産になります。

彼らの成長が楽しみです。

 

 今月3月をもちまして当社の管理戸数が2万戸に到達しました。

賃貸管理事業を開始したのが平成21年ですので12年間での数字

なります。

 特にこの一年間は管理戸数の伸びが大きく、毎月50件~70件の管理

契約をさせていただいております。この数は当社が物件を販売した数は

含まれない純粋に管理受託をさせていただく件数になります。当面は

月に100件の管理受託が目標です。

 当社にご相談にいらっしゃるオーナー様は基本的に賃貸経営にお悩みの

オーナーさんになります。

 

 空室が埋まらない

 滞納者がいる

 建物に不具合がある

 管理会社の対応が悪い

 自主管理の対応ができない  等々

 

 これらの賃貸経営にまつわる諸々の悩みを解決して差し上げるのが

当社の役割になります。ある意味賃貸経営の総合病院のような役割を

担っております。これがなぜできるのかといえば、当社の培ってきた

売買のノウハウ、建築のノウハウを賃貸管理のノウハウにかけ合わせて

問題解決ができるからです。

 来年中の管理戸数3万戸達成に向けてスタートを切ります。

 

10月1日に令和3年入社の内定式を行いました。

18名の内定者にお越しいただきました。

 

今年はコロナウィルスの影響でオンラインでの内定式を

開催したり、そもそも開催しなかったりと企業側は様々な

対応に分かれたようですが、当社は対面での内定式を

行うことにしました。

 

やはり内定のお祝いを直接伝えたかったというのが一番の

理由になります。

 

当社は現在新規の事業の立ち上げを含め事業規模が拡大して

いますので彼らの入社は非常に大きな意味をもちます。

必ず活躍してくれると期待しています。

今から来年の四月が楽しみです。