フットサル・レッスンサークル FLAG《Futsal Lesson for All Generation》

フットサル・レッスンサークル FLAG《Futsal Lesson for All Generation》

FLAGは、フットサル初心者のための
非営利・自主運営レッスンサークルです。


テーマ:

 

FLAGの開催が平日1回、週末1回あれば理想なのですが、

 

なかなか思うように体育館を確保できません。

 

FLAGの開催がない週末、最近はネットなどで参加を募っているCUP戦に

 

FLAGで参加して、「内弁慶、打破!」を図っています。

 

 

 

先日、5月12日(土)は千代田区SCで開催されたMIX CUPに参加しました。

 

集まったチームは5チーム。

 

前回3月末に行なわれた同じCUP戦では

 

4戦全敗という惨めな結果に終わってしまいました。

 

ですので、先日のCUP戦では

 

「先ずは1勝! 優勝したらご褒美に叙々苑!!(誰のおごりだプンプン)」を

 

合言葉に試合に臨みました。

 

 

参加メンバーは女子5名+男子6名、それにKeisukeコーチに、タイムキーパー私。

 

メンバーの編成上、FLAGはスタートのフィールドプレーヤーは

 

女子2+男子2でゲームに臨みました。

 

1試合目は、いつもの如く、緊張がほぐれないまま相手に先制点を。

 

それでも、相手の猛攻をゴレイロSekiyaがことごとく弾き返し、

 

Sekiyaの頑張りに全員が発奮。最後まで諦めずに相手ゴールに迫り、

 

残り数秒のところでKeitaが角度のないところからのシュートを決めて同点!

 

これで前回勝ち点0だったところを、先ずは勝ち点1をゲットしました。

 

2試合目、波に乗れる!と思いきや、

 

相手オフェンスとの間合いの取り方が悪く、3点を献上。

 

それでも皆、「切り替えようぜ!」と、次の3試合目に。

 

3試合目の相手はサッカー経験者が揃う、

 

どう見ても優勝候補と目されるチームです。

 

そして、予想通り相手が猛攻を仕掛けてくるなか、

 

FLAGも相手のゴールに迫り、

 

ゴチャゴチャとした相手ゴール前の攻防で、

 

Mimariが相手ゴレイロのセイブしたボールを押し込んでゴール!

 

このCUP戦のローカルルールでは女子のゴールは3点!!!

 

もうベンチは歓喜の渦。

 

相手チームはまさかの3失点に火がつき、なりふり構わぬ超攻撃モード。

 

FLAGもMimariの貴重なゴールを無駄にするか!と、

 

本当に男女とも床を這いつくばってのディフェンスに徹し、

 

とうとう勝ち点3をものにしました。

 

これで、目標だった「先ずは1勝!」を実現することができました。

 

この思いもよらない1勝でチームの雰囲気はMax上げ潮モード。

 

「優勝して叙々苑ダァ!」も夢ではないような勢いに。

 

そして最終4戦目。

 

最近練習で取り組んでいる後ろ3人からの攻撃にも余裕が生まれ、

 

ワンツーを仕掛けて再三チャンスを作り、

 

自分がノーマークと見るや味方からボールを呼び込んでシュート!

 

ゴレイロが弾いたところにさらに味方が蹴り込んでのゴールというように、

 

好循環が生まれてのゲーム運びで、この日2勝目を決めることができました。

 

最終順位は5チーム中3位という結果でしたが、

 

優勝したチームは3勝1敗で、その1敗は対FLAGとのゲーム。

 

FLAG、してやったり! です。

 

この日のゲームを振り返ってみますと、

 

それぞれのゲームで、それぞれの立役者がいました。

 

今期のFLAGの大目標である「チームを勝たせるプレーヤーになる」を、

 

メンバーそれぞれの力量の中で精一杯発揮したと思います。

 

ゲーム前、指揮官・Keisukeは

 

「1勝もできなかったら、私の指導力が疑われてしまう・・・」と

 

心配していましたが、2勝1敗1分けで終わって、

 

本当に安堵の表情を浮かべていました。

 

そして、帰りの神田の街での祝勝会で誰ともなく

 

「また、大会に出ようよう!」との声が上がるなど、

 

真剣モードのゲームの楽しさを十分堪能できた様子でした。

 

今回ゲームに参加したのは11人でしたが、

 

試合前日まで仕事をどうにか調整して参加しようと試みたものの、

 

それが叶わなかったメンバー。

 

風邪をひいてしまい熱が下がったら参加を、と思っても断念したメンバー。

 

参加したくてもできなかった色々のメンバーが

 

この大会参加を気にかけてくださっていました。

 

あたらめて、感謝します。

 

 

 

このFLAGは、個人参加でのレッスンサークルで、

 

イコール・チームというものではありません。

 

他のチームに属している人、どこにも属さない人、色々です。

 

ですが、こうして外のゲームに参加して見ると、

 

団結力は申し分ない、そう感じました。

 

そして、勝っても負けても心からフットサルを楽しんでいる。

 

FLAG10年目にして、いいサークルが出来上がったなぁというのが、

 

私の素直な気持ちです。

 

by massy

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

FLAG第10期がスタートし、新メンバーが新しい風を運んでくれています。

 

ここ数年そうなのですが、女性の方の参加希望が男性を上回っているように思います。

 

その女性の方々がフットサルを習いたいという動機に、一つの傾向があります。

 

例えば、こんなふう。

 

職場でフットサルをやる機会があり、女性もOKということで、初心者ながら参加。

 

そこで、ある程度蹴れる男性のサポートやアシストのもと、

 

初めてのフットサルでゴールを決めることができ、フットサルの楽しさに目覚め、

 

以降も職場のフットサル大会などに参加。

 

でも、そのうちに「女子はゴール前にいて、きたパスをゴールに蹴り込んでくれれば、それでOKだからね」

 

という扱いに、女性を特別扱いしてくれることの申し訳なさを感じる一方、

 

自分も、チームの一員として、ちゃんと機能したいという思いに駆られ、

 

フットサルの技術や戦術を極めたいという思いから、FLAGの門を叩く。

 

 

 

そうした女性がFLAGの練習に参加し、ゲームを男女Mixでやると、

 

あまりにも女性を特別扱いしないことに驚かれるかもしれません。

 

もちろん、コーチも男性メンバーも、体力的、肉体的な差を慮っての心配りはします。

 

でも、ディフェンスをしなくてもいいから、

 

相手ゴール前にいて、来たボールをシュートすればいいから、女性は1ゴール2得点

 

なんていう特別視はしません。そんな扱いは女性差別だからです。

 

そうした扱いをしていたら、一向に上達などしません。

 

 

 

ある個サルに参加したときのことです。

 

そこでは、特に女子にディフェンスすることは求めていませんでしたし、

 

女性がシュートした時、男性のゴレイロはそれを手で止めてはいけませんという

 

ローカルルールが定められていました。

 

また、男性が明らかにシュートチャンスであるにも関わらず、

 

最後のシュートは女性が絡めるよう、女性の上がりを待って、

 

その女性が気持ちよくシュートできるアシストを演出していました。

 

その行為があたかも紳士的であるというように。

 

私は、そこに言いようのない違和感を感じてしまいました。

 

 

 

もし自分が女性だったとしたら、

 

男性に対して体力的、肉体的な部分で及ばないまでも、

 

そこまでお膳立てされてゴールを決めたところで嬉しいだろうか。

 

それより、10のチャンスのうち1回でも、自分も一生懸命に走り、

 

男性たちと瞬間的なアイディアを共有でき、

 

最後に自分のところにパスが回って来てゴールを決めることができたとしたら、

 

きっとチームに貢献できた満足感が得られるはず。

 

 

 

今、FLAGに参加している女性たちは、その満足感を身をもって体感しているはずです。

 

そして、女性同士のゲームでは、男性に頼らず、

 

自分たちの肉体とアイデアだけでフットサルを行うことの

 

楽しさと満足感、充実感を味わっているはずです。

 

 

 

FLAGのフットサルはジェンダー・フリー。

 

それをこれからも追求していきたいと思います。

 

by massy

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

FLAG第10期がスタートしました!

 

FLAGが産声をあげたのは2009年の4月。

 

今はもうない、「大崎スタジアム」の体育館をベースに、

 

「大崎レッスンアワー」、

 

略して「OLH」の名称で、ほぼ週1回のペースで始まりました。

 

当時のブログを見ると、懐かしい名前が出てきます。

 

そして、今も一緒にフットサルを楽しむ仲間たちの名前も刻まれています。

 

https://ameblo.jp/oosaki-lh/day-20090429.html

 

紆余曲折はありましたが、

 

参加するメンバーの「フットサル愛」と、

 

コーチ陣の熱心な指導は、発足当時とまったく変わることはありません。

 

しばらく足が遠のいてしまっても、フラッと参加していつものように

 

和気あいあいと練習やゲームを楽しめるのがこの集まりの魅力のひとつです。

 

「また蹴ってみたいな……」と思ったら、お気軽にご参加ください!

 

そして、新メンバーも募集中です。

 

参加ご希望の方は、メールでお申し込みください。

 

flag.massy@gmail.com

 

 

 

FLAGでは毎年、年初にその年の年間テーマがコーチ陣より発表されます。

 

今年のテーマは、昨年同様「チームを勝利に導く選手になる」です。

 

 

 

シュートでもアシストパスでも、ディフェンスでも、

 

チームを鼓舞する声(コーチング)でもいいです。

 

ゲームで何らかの働きによってチームの勝利に貢献できる選手を目指そうというのが、

 

このテーマの趣旨です。

 

また、今年特に取り組んで欲しい点は、「試合を意識した練習」ということ。

 

パス練習でも、前にディフェンスがいるということを意識しながら、

 

そのDfをどうかわしてパスを受けたらいいか、パスを出したらいいか。

 

ゲームでのシチュエーションを頭に描きながら練習に取り組むということ。

 

その意識づけを持って練習に取り組んで欲しいというのが、コーチからのコメントでした。

 

また、練習プログラムの流れも、下に示しました。

 

 

特に4月から6月までの第1クールは、新しいメンバーも加わることから、

 

「とめる・蹴る」の基礎技術の習得にウェートが置かれます。

 

これまでのメンバーは、「とめる・蹴る」の精度に磨きをかける。

 

その技術ができてこそのフットサルです。

 

4月はこの後も土日祝で4回、平日で2回の開催です。

 

昨日の平日レッスンには17人のメンバーとコーチ陣4名、

 

今週末の開幕戦を控えた「不動前」からは、

 

Katsu選手とAndo監督も練習に参加してくださり、

 

にぎやかな練習となりました。

 

今月は、「体験レッスン」をご希望の方々の参加が見込まれます。

 

10年目を迎え、皆さんと一緒に充実したFutsal Lifeを迎えたいですね音譜

 

by massy

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

4月から翌3月までの1年間に

最も大きくノビシロが開いたメンバーを表彰するノビシロアワード。

 

今年度最後のイベントが3月21日に行われました。

この日、最初は1年間のおさらいとなるゲームをたっぷり。

女子2チーム、男子3チームに分かれてのゲーム会です。

 

 

昼から降り出した雪の日の祝日。大勢のメンバーが集いました。

 

女子たちの和気藹々とした雰囲気。「いいよねー!」「そだねー!」

 

ここでのプレーが、コーチ陣への最後のアピール。

1年間それぞれが取り組んできた技術やアイディアを発揮します。

 

女子チーム同士の試合も、個々の技術が明らかにレベルアップし、

白熱したプレーが随所に。

今期の最後に取り組んできたワンツーのチームプレーにチャレンジする姿に、

今期の成長の跡がしっかりと現れていました。

 

このゲーム会直前までの迷いも吹きれた? MImariの豪快なシュート!

 

 

就活中の大学生に、キャリアウーマンの厳しいデフェンス!

 

ドリブル突破で相手陣内に入ってのMakiのシュート!

 

男子チームは、ゲームのスピード感が昔とは雲泥の差です。

攻守の切り替えの速さ、一つのプレーの判断の早さ、

そうしたフットサルならではのポイントを押さえてのプレーは、

見ていても驚嘆するばかりです。

 

今期から参加のDK.Hideくんも、大人の圧に屈しないプレーぶり

来季はノビシロ狙おう!

 

ShunsukeとHizashinのマッチアップ。

この直後Hizashinがぶっ飛ばされていました

 

 

Oonishiの右足から放たれつ強烈なシュート。

それを打たせなくするディフェンスも男子メンバーの課題です。


このカフェ「SLOW」は、すっかりノビシロの定番スペースに。

使い勝手のいいお店です。

 

不動前のレジェンド、Yousuke。来期もまだまだ現役。

みんなで応援しますよ!

 

お腹を空かしたメンバーが用意された料理をあっという間に平らげ、

アルコールで体がほぐれたとことろで、いよいよノビシロアワードの発表音譜

 

まず、2組(初心者クラス)から選ばれたのは、Luna & MImariクラッカー

大学時代からの友だちで、新しいスポーツをしようということで

フットサルを始め、基礎技術をしっかりとつけたいというところから

今年度からFLAGに参加。

 

Lunaちゃんは、地道に「とめる・蹴る」の基礎技術の習得に務め、

パスやトラップの技術が見違えるほどに上達しました。

Mimariちゃんは、本人は運動神経はよくないと謙遜しますが、

ゴールに向かうまでのプレーの判断の質の高さは天性のものがあります。

この二人のノビシロ受賞は、FLAGのメンバー誰もが認めるものです。

 

パスのフォームがすっかり見違えるようになったLuna

 

今はフットサルが楽しくて仕方ない?

Mimariちゃんのフットサルを極めようとする姿には脱帽です

 

 

そして、1組(中級クラス)から選ばれたのは、Makiビックリマーク

女子チームのまとめ役としてチームプレーの理解度、

そして、それを実践することの技術力だけではなく、

今期の後半からは、ドリブルで相手に仕掛けて

ゴールのチャンスを生み出すなど、

貪欲に、地道にフットサル技術の習得に励む姿は、

女子・男子問わず、FLAG随一と言ってもいいでしょう。

まさにノビシロの賞賛に値するフットサルプレーヤーです。

 

FLAG創設メンバー、Maki。実はノビシロは今回2度目。

本人は「今回こそ価値ある受賞です」と嬉しさひとしおの様子でした

 

今期は奇しくもノビシロ受賞者は全員女性達です。

4月から始まる第10期への参加者からのご連絡が相次いでいますが、

そのうち女性陣が半分以上占めています。

 

今回受賞した3名の女性たちは、

きっと良きお手本となってくれると思います。

 

まずは受賞、おめでとうございます!

そして、FLAGの旗の下、Enjoy futsal!

 

 

Report by massy

 

 


テーマ:

4月スタート 第10期 新メンバー募集中!!

●対象:フットサル初心者・未経験者●
●定員:お申し込みが20名に達し次第締め切りとさせていただきます●
●申込: Enjoy Futsalのスクールサイトからお申し込みください●
●日程:【体験レッスン】※無料
      ・3月24日(土)15:30~3h
      ・3月27日(火)19:00~3h
  【4月FLAG開催日】
    ・4月01日(日)19:00~
    ・4月04日(水)19:00~
    ・4月08日(日)15:30~
    ・4月11日(水)19:00~
    ・4月15日(日)12:15~
    ・4月21日(土)15:30~
    ・4月24日(火)19:00~
    ・4月30日(祝)15:30~

 

先日末の18日のレッスンで、第9期のレッスンプログラムが終了しました。

 

昨年4月から、この3月までの開催回数はなんと82回!

 

実に4日〜5日おきペースでフットサルの練習&ゲームに勤しんできたことになります。

 

コーチ陣も、よく辛抱強く指導してくださいました。

 

何はともあれ、「お疲れ様でした!」

 

 

 

 

第9期のテーマは「チームを勝たせる選手になる」でした。

 

そのテーマに沿って振り返ってみて、

 

メンバー皆さんの達成度合いはいかがでしたでしょうか?

 

コートサイドから見てみると、今年1月からこの3月までの第4クールにかけて、

 

ゲームでの動きの質は見違えるように向上してきたように感じました。

 

結果、その良い動きから、いいゴールシーンもありました。

 

個人では「チームを勝たせる選手」になれたかどうか、

 

自分自身判定つかないでしょうが、

 

明らかに「勝つチーム」としてのパフォーマンスは、

 

1年前の比ではないように思います。

 

 

 

明日は、この1年間の取り組みで、最も大きくノビシロを広げた人を讃える

 

「ノビシロアワード」の開催です。

 

コーチたちが選ぶこのノビシロアワード。

 

それは、一生懸命、楽しみながらフットサルの習得に励んできた、

 

努力の結晶に他なりません。

 

さて、今年のノビシロは誰の手に。

 

 

 

PS. 3月24日、27日の来期に向けての「体験レッスン」に、初参加の方からの応募をいただいています。4月から第10期に入りますが、4月のプログラムも初参加の方は「体験レッスン」としてご参加いただけます。

お気軽にご参加ください。

 

by massy