天気がよくても、バイクには乗れない日が続きます。

 

 

 

 

 

阿蘇に行きたい。

 

 

 

 

 

 

では。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数年前から、気になっているバイクが、何台かあって。

 

 

 

 

 

何が何でも、欲しいっていうわけでも、無くて。

 

 

 

 

 

車で、1時間ほどでいける距離だったので。

 

 

 

 

 

終了間際に、1回入札。

 

 

 

 

誰かが、越えていくだろうと思っていましたら、

 

 

 

 

 

落札してしまった。

 

 

 

 

 

 

びっくり。

 

 

 

 

 

 

で、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来た!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一応、エンジンかかるけど。

 

 

 

 

 

まあ、合間をみて、いじります。

 

 

 

 

 

 

では。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜が、満開に近いのです。

 

 

 

 

でもお天気は、明日から雨模様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

走るなら、今日でしょ。

 

 

 

 

 

でもね、花曇り。

 

 

 

 

 

途中、洞門の「青いひらひら」が咲き始めていたので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寄ってみた。

 

 

 

 

 

お寺の掲示板は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

百年桜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山の桜の多いこと。

 

 

 

 

 

日田のしだれ桜は、終わっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠くに見えるトンネルのソメイヨシノは満開。

 

 

 

 

 

スカイファームロードから、松原ダム。

 

 

 

 

 

 

と、くれば、杖立温泉。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり、ここの風景は、いいわ。

 

 

 

 

 

この時期、おなじみのこいのぼり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時折、風でふわっと、浮き上がる。

 

 

 

 

 

 

 

途中、桜を見物して、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マゼノ道から、ミルクロードで57号。

 

 

 

 

 

南阿蘇で、桜見物しようと道に迷って、めんどくさくなって、断念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケニーロードによって、草千里に登って帰ろうとしましたが、道に迷って、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

根子岳がよく見えるところへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いい桜も眺めつつ、根子岳へ接近。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここのキャンプ場も、なかなかよさそうで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車や人が多かった、ここの桜は、四分咲きで、これから楽しめそう。

 

 

 

 

 

ここから、根子岳をぐるっと回って、やまなみハイウェイ。

 

 

 

 

三愛スルーで、スカイファームロードで帰宅。

 

 

 

 

 

途中、深耶馬の光円寺のしだれ桜を見学。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわりに近い花模様でありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

耶馬渓の桜も見事です。

 

 

 

 

 

最後は、職場の桜をみて、ツーリングは終了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりの、300km越え。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

走った割に疲れなかった。

 

 

 

 

 

 

いい感じのツーリングでありました。

 

 

 

 

 

 

では。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お天気がよくて、明日は雨の天気予報。

 

 

 

 

 

ならば、今日走るべきだ。

 

 

 

 

と、考えるのは当然で。

 

 

 

 

 

 

 

出撃です。

 

 

 

 

寒暖の差が大きく、温かくなるのを待って、9時前。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

掲示板は、約8度。

 

 

 

 

だんだんと、気温も上がって。

 

 

 

 

日田経由で、快走。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

亀石峠で、休憩。

 

 

 

 

 

車やバイクが多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒くなった阿蘇路を走ります。

 

 

 

 

 

いつもの大観峰へは寄らず、カルデラに降りていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

草千里。

 

 

 

 

 

 

 

時々見ている、ライブカメラの風景だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

米塚も、ゴマプリンになっている。

 

 

 

 

 

 

野焼きから、一雨二雨来た模様で、色が薄くなってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気持ちよく走って、お昼ご飯。

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、帰りに撮った写真。

 

 

 

 

ヒバリグリルで、昼食。

 

 

 

 

 

 

 

 

社長さんのガレージ拝見。

 

 

 

 

 

 

 

 

いい感じで、光が入っていい感じなのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンターは、ピカピカです。

 

 

 

 

「無駄に金かかってますから。」なんて言うけれど、とてもカッコイイです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シートやハンドルガードがカッコイイ。

 

 

 

 

 

ミラーが小ぶりで、真似しようかと思いましたが、小さくて「見えない」んだとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この、スタビ?みたいなものが機能性重視でいい感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイドスタンドも、いい感じだ。

 

 

 

 

 

純正は、新型になって多少はいいらしいのですが、少し安っぽいんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒバリ工房を後にして、やまなみ・サバンナロードで帰宅。

 

 

 

 

 

 

 

 

三愛付近で、野焼きしてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、次は、桜ツーリングでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

では。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午前中は、地域の行事参加、午後早々に消防の出動あり、その終了後、出撃です。

 

 

 

久しぶりの、ハンターカブ。

 

 

 

 

 

 

 

快調に走ります。

 

 

 

 

 

 

 

遠くは、姫島が見えます。

 

 

 

 

 

 

目的地は、綱敷天満宮。

 

 

 

 

 

 

 

お客さんは、多め。

 

 

 

だって、この時期は、梅まつり開催期間。

 

 

 

 

 

 

 

 

お天気もいいし、

 

 

 

 

SNSなんかで、人気もあんるんでしょうね。

 

 

 

 

びっくりするくらい、外国の方が多い。

 

 

 

 

きれいな柄のアオザイで、ポーズを決めるモデルさんみたいな若い子もいたり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お参りして、しばし散策。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

ワークマンのイージスで、もこもこに着ぶくれした私は、少し場違いな感じで(笑

 

 

 

 

 

梅ケ谷餅をお土産に買って、海を見に堤防の上へ。

 

 

 

 

 

 

 

本州もよく見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠くは、由布岳。

 

 

 

 

 

 

気温は低めですが、とても気持ちよく。

 

 

 

 

 

帰りは、とおまわりして帰りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慣らしも終わって、ほぼ全開走行が許された、ハンターカブ。

 

 

 

 

坂道では、排気量が少ない分、少し物足りませんが、平地では申し分ない加速で、快適です。

 

 

 

 

 

 

 

 

では。