この間、動くようになった、スーパーカブ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナンバーとって、保険に入って、動くようにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、早く暗くなるこの頃に対応して、ヘッドライトの修理。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘッドライトを交換。

 

 

 

 

 

そのほかバッテリーも交換して、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通勤仕様。

 

 

 

 

 

おっと、ミラーもこの後、取り付けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

では。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

似た年代のカブ2台。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動く50のカブ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調子の悪い90のカブ。

 

 

 

 

 

 

 

 

50は、胃袋が付いている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

90は、食道か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンジン入れ替えて、90の調子が悪い原因を探ります。

 

 

 

 

 

恐らく、90のジェネレーターがよくない。と思っているのです。

 

 

 

 

 

ですから、調子のよい50の車体に90のエンジンを載せ替えるのですが、その時に90と50のジェネレーターを入れ替えるのです。

 

 

 

 

だったら、ジェネレーターだけを入れ替えたらと、思うのですが、

 

 

 

 

エンジンから車体へつなぐ、配線の形状が異なるため、ジェネレーターのみの交換ができないのです。

 

 

 

 

 

で、思いついたら、エンジンを下ろします。

 

 

 

 

 

 

 

90のエンジン。

 

 

 

 

この作業は、もう何十回とやってるので、問題なし。

 

 

 

 

 

 

 

 

木材を置いておくと、作業もやりやすいです。

 

 

 

 

 

エンジンから車体へつながる、配線部分の違い。

 

 

 

 

90のカブは、コネクター。

 

 

 

 

 

 

50は個別に分かれているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

50のエンジンを下ろします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、気が付いた。

 

 

 

 

 

 

 

フライホイールの互換を考えていなったのです。

 

 

 

 

いや、おそらく一緒だろうということで、作業を進めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

これは90のエンジン。

 

 

 

 

 

 

ジェネレーターを少しづつ、エンジンから外します。

 

 

 

 

 

 

 

 

カムチェーンが見えます。

 

 

 

 

調子のよい50のジェネレーターと、90のそれを入れ替えて、50の車体に載せます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮掲載できたら、キックアーム付けて、プラグに火が飛ぶか確認です。

 

 

 

 

 

 

キックを下ろすと、パチパチいうので、火花飛んでます。

 

 

 

 

 

一安心です。

 

 

 

 

次は、キャブレター。

 

 

 

 

 

 

90と50のキャブレターは大きさが違うので、スロットルバルブやジェットニードルを入れ替えます。

 

 

 

 

 

この時、スロットルワイヤーの長さが違うので、あそびが大きくできたり、足りなかったりするので・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

燃料が来てるのを確認して、この時点でエンジンは、かかる!!

 

 

 

 

 

アクセルにも、ちゃんとついてくる!!  これが一番大事。

 

 

 

 

 

これを確認したかった。

 

 

 

 

で、胃袋と食道を入れ替え。

 

 

 

 

 

 

 

スプロケも入れ替え。

 

 

 

 

 

 

 

右側が、90。

 

 

 

 

 

ドリブンスプロケットは、あまり変わらなかったので、そのままです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって入れ替えは、面倒なのです。

 

 

 

 

で、近所の営農倉庫の敷地で試乗。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

90の車体についていた時みたいに、出足にドーンとこないが、ちゃんと走った。

 

 

 

 

 

これで、90のジェネレーターが、ダメだったってことになるんですが・・・

 

 

 

 

 

新品を買うつもりもないので、この状態を生かして乗ることに。

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりに、バイクいじったなあ。

 

 

 

 

 

 

では。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウッドラフキー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだかんだで、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンジン始動に成功。

 

 

 

だが、低速のツキはドンと来るが、アクセル開けると、火花間引き状態。

 

 

 

 

 

中低速ついてこず。パンって音が。

 

 

 

 

 

 

面倒ですが、念のため、キャブ分解して、確認。

 

 

 

 

 

異常なしで、悩むカブ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセル開けると、エンジンふけない。

 

 

 

 

90は使えなくなるかもしれないと思って、昔乗ってたコイツを復活させた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

50のカブ。

 

 

 

ガソリン入れて、コックのガソリン漏れを改善したら、好調。

 

 

 

 

 

 

 

このマフラーが、いい味出してます。

 

 

 

 

 

このカブも、6vの古いカブ。

 

 

 

 

 

90と近い年式。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入れ替えることも可能である。

 

 

 

 

90カブの問題を明らかにするにも、エンジンの載せ替えは一考である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悩む、秋である。

 

 

 

 

 

 

 

では。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動かなくなったスーパーカブ90。

 

 

 

 

パーツが来たので、早速、作業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イグニッションコイルが怪しいとにらんだので、オークションで入手。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取り付け位置は、ボルトを外して対応。

 

 

 

 

 

 

 

コイルから延びる線は、異常に柔らかい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試しにテスターで抵抗を計ってみる。

 

 

 

 

 

早速。交換作業。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古いやつを取り外して。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワイパーのワイヤーを利用して、フレームの穴を通します。

 

 

 

 

 

 

 

 

イグニッションコイル交換完了です。

 

 

 

 

低速良好です。

 

 

 

 

だがしかし、アクセル開けると、回転が付いてこない。

 

 

 

 

 

高回転が回らない・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、コイル以外がよくないのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポイントを削って、再始動を試みるが、火花も飛ばなくなって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コイツをつぶしてしまったことに気が付くには、時間がかかり過ぎ、

 

 

 

 

火花は飛ぶようになったが、エンジンはうんともすんともいわなくなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

火花が弱いのか?

 

 

 

 

 

ならば、原因は何だろう。

 

 

 

 

 

 

イグニッションコイルは、新品。

 

 

 

 

 

 

 

ジェネレータのコンデンサーが悪いのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、よくわからないのですな。

 

 

 

 

 

 

 

コイル交換で、高回転まわらないのが、気になるんだけどなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良くなったはずの愛車。

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、中速からのアクセルにはしっかりついてくるように感じられますが、それもあやふや。

 

 

 

 

 

 

相変わらず、信号で止まるし。

 

 

 

 

 

高速が伸びない。

 

 

 

 

 

アクセルを開けるとよくないのか?

 

 

 

 

 

もうね、なんじゃこりゃ?って感じで。

 

 

 

 

 

で、帰宅途中、家の周辺の坂道で、スピードが出ない。

 

 

 

 

 

で、パンッって爆発音・・・・・

 

 

 

 

 

 

その音、聞いて悟りました。

 

 

 

 

 

この不調の原因。

 

 

 

 

 

 

 

 

ばらします。

 

 

 

 

レッグシールド外して、プラグ確認。

 

 

 

 

 

 

 

 

少し、すすけている?

 

 

 

 

イグニッションコイルを怪しんで、外します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タンク外してと思ったのですが、ココをばらすほうが、簡単。

 

 

 

 

バッテリケースを外して、奥を覗くと、

 

 

 

 

 

 

 

 

ちらっと。

 

 

 

 

早速、テスターで確認。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつかのために、取っておいた部品をあさって、めぼしいものを確認しますが、どれもダメっぽい。

 

 

 

 

 

その中で、ダメ元でらしいものを、取り付けることにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

取り付けのボルトが違うので、容赦なく削ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

配線確認しながら、火花が飛ぶこと確認。

 

 

 

 

 

 

 

エンジン始動しますが、かかり悪いし、高回転が回らない。

 

 

 

 

 

 

コイルを、新たに買うしかないみたい。

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しいバイク、125シリーズという選択も。

 

 

 

 

 

 

 

バイク屋に行ってしまった。

 

 

 

 

 

話聞いてしまった。

 

 

 

 

 

現車はなく、入庫は未定とのこと。

 

 

 

 

 

 

どうなるか、どうしようか。

 

 

 

 

 

ゆっくり考えます。

 

 

 

 

 

では。