左桜(ささくら) の 小粋な トス

左桜(ささくら) の 小粋な トス

~ 二十面相が残した 玉虫色の置き手紙 ~

沢山の修羅場をくぐり抜け、

もれ出づる自然、借景に囲まれた環境下、


ずっと、ずっと、念願の、



孫達との、新居の共有。


母は、どれだけ待ち侘びただろう。


この日を生き甲斐に、慣れない状況で、懸命に住まいを整理して、孫を迎える準備をしてきた。

子供達も、どんな環境なのか、ワクワクが止まらないままの来訪。


子供達は、隙あらば、ひたすら団地の空きスペースで鬼ごっこ。


おばあちゃんの料理を食べたり、おばあちゃんの肩を叩いたり…


そして、今年、新しく骨を埋めることになった祖母のお墓…


その墓参りに一同 参じ、命の会話。


タスキは、繋がれる。