on your mark





  • 13May
    • 振子沢のサンカヨウに会いに行く

      5月12日(土)朝5時半に家を出て、健康の森を7時に登山開始。すっかりブナの新緑キラキラ森が輝いています大好きなホウチャクソウはまだつぼみさえも見えていないものが多く、ここは季節の進みがよそとは違う感じ。サンカヨウはどうなんだろう??早まったか??とちょっと不安。ミヤマカタバミが多く咲いているところを見ても。。。やっぱりちょっといつもと違うなぁ。。。キケマンコシアブラも葉が開いたものや、まだやっと新芽が出たものや、季節の進みがまばら。クロモジの花(だと思う)お目当てのサンカヨウは心配に及ばず、鳥越峠周辺からずーーーっと、結局振子沢まで見事に行けども行けども咲いていたハウチワカエデの花もうちょっと新芽が好みだけれど、まぁこの辺でも許すとしましょう(コシアブラ)駒鳥小屋に到着するやいなや、ザザザっと何かが動いて驚いて足をとめると。。。日向ぼっこを決め込んでいたヘビが私の登場に驚いて逃げ帰って行きました駒鳥小屋在住のアオダイショウがいるのはずっと前から聞いていましたが、初めて遭ってしまいました石積みの建物をつたって戻っていくまで見届けてしまった屋根とのすきまに収まって顔を出しているのがこちら↓ひえーーーー地獄谷に下り立つ槍尾根メロンパン休憩ののち、振子沢に入る一面にサンカヨウ振子沢から分かれて登りに入るとそこからはダイセンキスミレロード奥に槍尾根。真ん中は振子沢の残雪が源頭付近まで。サントリー奥大山の水のCMで宇多田ヒカルが登った烏ヶ山↓コヨウラクツツジと奥に烏ヶ山コヨウラクツツジ高度を上げてもまだ姿を見せてくれるサンカヨウ今年のサンカヨウ山行は200点で私を迎えてくれました主稜線に出てコメバツガザクラ振子沢源頭部より見下ろす↓この手前の残雪がとければ、ここにもサンカヨウが咲きますよ三鈷峰方面剣ヶ峰方面槍ヶ峰と奥に烏ヶ山コメバツガザクラ昔は大好きだった三の沢ですが、今はガレガレのこの場所が好きではありません。できることなら歩きたくない。。。イワハタザオクルマバソウ可愛いから上手に写したいのだけれど、いつもうまく写せない被写体のひとつ。。。ユキザサ下山。さっきまで居た剣ヶ峰↓でも、もう行くことはないかな。今回、ホントに怖かった。三の沢から健康の森Pまでロードを歩く途中で咲いていたユキザサカメラタイムがかなり多かったこともあり、8時間半以上かかった今回の山行。今までも危険だった箇所が、さらに崩落しており、今回は肝を冷やしました。大好きだったこの周回コース、今回が最後かなと思います。

      12
      4
      テーマ:
  • 30Apr
    • 笠杖山~白馬山(しろうまやま)往復縦走

      三連休の中日 快晴2月半ばから2カ月間、入院していた母の病院へ50分車を走らせ、仕事終わりにほぼ毎日通う生活をしていました。優先順位だけじゃなくて、気持ち的にも山に行くような状態ではなく、昨日はしばらくぶりのガッツリ登山でした。ボランティアスタッフとして関わっているトレラン大会、新庄・蒜山スーパートレイル。このために開拓された笠杖山登山道、ずっと気になりながら、今回やっと足を運びました。この登山道はメインルートの「毛無山 白馬山 朝鍋鷲が山」の縦走路につながるところまで開拓されています。ということで、白馬山まで縦走して折り返してスタート地点に戻ることにしました。今回の登山で一番の難所は、笠杖山登山口にたどり着くこと迷いながら入っていった林道は未舗装の細い道が続きます。普通車の二駆で行くには不安が。。。。かなり奥まで進みましたが、最奥まではちょっと怖かったので少し手前で駐車して歩きだしました。大きくなってしまったコシアブラやタラノメをうらめしくながめながら林道を進みます。登山口に到着これだけで今回は花丸ホッと一安心です。8:03 登山口汗をしたたらせながら急な登りを進み。。。8:449:59 えらく派手にテープが。。。メインルートにつながる分岐でしたここまで2時間弱。さて、メインルートの縦走路を毛無山方面へと進みます。ここまで誰にも会わず。。。(当然か)かわいいなんだろ??ツクバネソウ右手には大山ブナ林のすんばらしい縦走路チゴユリ 10:43イワカガミあなたたち、ちっちゃすぎ コシアブラ11:11 白馬山(しろうまやま)山頂。ここまで出会った登山者はわずか3人。 静かな一人歩きでした山頂にはわんさか人がいて。。。シートまで敷いて、まるで婦人会の遠足って感じでした。山頂に咲くカタクリを写して。。。スタートから約三時間。ここまでで口にしたのはメダリスト500mlと飴ちゃん。さて、ベンチに座って、岡山市からの後期高齢者とおっしゃる単独の男性と山談義をしながら、バナナ二本とオレンジジュースを補給。山頂に20分くらいいたかな?満員御礼の山頂をあとにしてきた道を戻ります。また、静かな山です。一応トレランのトレーニングも兼ねているので、こういう走れる場所は走ったりしますがほとんどはフツ―に登山です。足元はトレランシューズ14:32 ふりだしに戻る。 所要時間は6時間半。とても静かな一人歩き。つくづく、こういう山時間が好きだな~と痛感した いい一日でした。

      9
      テーマ:
  • 15Mar
    • 鳥取マラソン2018

      2009年から走り続けている鳥取マラソン。2013年にお休みしただけで、今年で9回目の参加になります。10回目のランナーはゴールドゼッケンをもらえるので、来年はそれが楽しみです今年は、年明けにインフルエンザA型にかかり、その後は雪でしばらく外ランできず。。。雪が溶けたかと思ったら、母が入院。時間がとれず走り込みが足りない状態でしたが、できるだけやれることをやって当日を迎えました。設定タイムはキロ7分。のんびり走った分、30キロまでは抜かれまくりましたが、30キロ以降は逆に抜きに抜きまくってなんだかすっごく走れている気分単純に他のランナーが30キロの壁にぶち当たって落ちてきただけなんですけどねそれでも。。。気持ちよかったですまったく歩きたくもならなかったし、最後までまずまずしっかり走ることができてとても楽しいフルマラソンでした。ただ、こうして5キロのラップタイムを見てみると↓20キロから30キロの10キロがダレすぎ 後の祭りですが、ここをもう少し頑張れていたら。。。ですね。(10キロから15キロのラップタイムはトイレタイム込み)5時間きれるかも。。。と頑張りましたが、残念ながら1分56秒(ネットタイム)過ぎてしまいました。でもでも、とっても楽しく笑顔でゴーールほんと、楽しかったですちなみに、仕事が忙しくて私以上にほんっとに走れていない弟子一号は 4時間37分しかも、トイレに4回も行ったらしいのでそれがなければ4時間半きれてたね。もったいないーーいつも欲のないマイペースな弟子一号であります。地元の大会は本当に楽しいです。スタート前はもちろんのこと、大会が終わって数日たっても知り合いランナーに出会うとお互いの今回の鳥取マラソン談義に花が咲きます本当に楽しいこの楽しさはフルマラソンならではのような気がします。マラソンは準備のスポーツ。みんながそれぞれ、自分なりに準備をしてスタートラインに立ち、同じゴールを目指します。長い距離は、途中で何が起きるかわからないので、簡単にその結果を想像できません。何が起こるかわからないドキドキと一緒に走る。それがまた楽しい今回、思うような準備はできなかったけれど、でも、たどり着いたゴールはとても満足できるものでした。あーやっぱりフルマラソンは楽しいなーとつくづく感じている私です。昨年の秋、めまいで起き上がることもできなくてとても辛い思いをして、もう2度とフルマラソンは走れないかと思ったけれどまたこうして走れてうれしいです

      15
      テーマ:
  • 10Feb
    • 冬季大山 20180209

      2月9日(金) 晴天低温&降雪のあとの晴天、最高のコンディションが期待できるこの日。休暇取得で大山へ登山スタートは8時25分頃。無風だった登山道も、お約束通りに7合目あたりから上は強風です。稜線の雪が強風に飛ばされています。数年ぶりにばったり出会った山友と一緒に山頂に到着。定年退職後、登山ガイドをして一年の半分は山におられるそうです縦走して剣ヶ峰に立つ登山者が一名↓下山途中にすれ違った人たち↓最後尾の人のボードは自転車みたいになってます。いつものように途中から登山道を外れてサラサラのパウダースノーの雪原へ。。。アイゼンからスノーシューに履き替えます。振り返って私のトレース↓ 広い雪原にひとり。静かです別山沢を滑りおりて、登りかえしのボーダー二人。がんばるね!!ラインがあちこちついています。私のライン(?)も右の方に。。。大神山神社で手を合わせて。下山後、見上げる北壁。一日中快晴でした。久しぶりにバッタリ出会ったTさん、ご一緒できて楽しかったです。ありがとうございましたコーヒーもごちそうさまでした

      12
      2
      テーマ:
  • 04Feb
    • 三平山(みひらやま 1010m)スノーシュー登山

      極々たまーーーに私の登山に付き合ってくれる息子っち。久々にスノーシューで歩きたいという要望に応えて、ふたりで蒜山の三平山に登ってきました。登山口にはワンボックスが一台。先行者ありです。雪が降ったり止んだりを繰り返す天候です。登り始めの急な登りをサクサクと登っていく息子っち↓私も心拍トレーニングで頑張ります。しばらく続く急な登りがおわると、山頂まではゆるやかな登り。樹林帯を抜け風もやや強くなりました。高度が上がると雪質が良くなってスノーシューウォークにはもってこいです。先行者さんにシャッターをお願いして山頂写真↓山頂は風が吹きっさらしなので雪も吹き飛ぶんでしょうね。積雪は深くありません。風に負けずに持ってきたチャイティーでティータイム↓すると、青空が広がってきました。上蒜山や鳩ヶ原も見えてさて、下山。1時間50分ほどのサクッと登山でしたが楽しかったです。このあと、叉来さんでお蕎麦をいただいて、ワイナリーで大好きな山葡萄ワインを大人買いしてからの温泉蒜山を満喫しました

      13
      2
      テーマ:
  • 18Jan
    • インフルエンザ

      年末年始の長いお休みは、お天気に恵まれて90キロくらい走ることができました。この分だと1月は200キロ走れると、気をよくしていたら…スコーンとインフルエンザにやられてしまいました今まで家族のインフルエンザもうつった事ないのに💧39度近い熱に二晩苦しみ、つくづく健康のありがたみを痛感しましたもう、こりごりです‼️昨日は9日ぶりに走ってみました。仕事終わりにトレッドミルでゆっくり。いつもはトレッドミルだと時速10キロで1時間走るのですが、昨日は時速8キロでも身体が重い(T . T)予想どおり、せっかく頑張った年末年始のトレーニングも水の泡状態です。それでも最後は10キロまであげて1時間走って終了💦せっかくいい感じで積み上げても、ケガや病気をしてしまうと一気にふりだしに戻ってしまいます。予定していた20キロ走もできないまま、一からやり直しです💧💧年齢が上がると、ますます、働きながらトレーニングも頑張ることの難しさが身にしみます…でも!でも!がんばるーー❣️

      9
      テーマ:
  • 04Jan
    • おせちの黒豆

      毎年買う黒豆が今年は販売がなかったため、近所のスーパーで迷いに迷って買った丹波黒豆LLサイズ。200gで980円。お高い黒豆で、すっごく迷いましたが、これが大正解上手に炊けましたLLサイズは見栄えもいいし、食べごたえもバッチリ。ねっとりと柔らかくとってもおいしいしかも、私の大好きな蒜山 山葡萄ワインにムチャクチャ合う黒豆をおつまみに大好きな山葡萄ワインを飲む至福の夜ですあまりに合うあので、また買ってきて炊こうと思ってます。いつもは年に一度、おせち料理でしか黒豆炊かないんですけどね。まだ売ってるかなぁ??

      8
      3
      テーマ:
  • 29Dec
    • ココ(ミニチュアダックス)

      来年は戌年ですね。それなのに。。。我が家のココは昨日、その命を閉じました。15歳半の我が家での命でした。命の最後を見届けること。人であればその場所は家以外であることが多いと思いますがココの命のすべては家族が見守る家の中にありました。もうろうとしているココにみんなが「ココちゃん、行ってくるよ」と声をかけ帰宅すると真っ先に「ココちゃん、ただいま」と。。。その有り様がとてもいいなと思いました。人もそんな風に亡くなっていけたらいいなと。。。今日からみんなが年末年始のお休みに入りました。もう少しがんばってくれたら、家族みんなでココの最後を見守ることができたのに。。。それだけがとても残念です。でも、今日はみんなでココを最後の場所につれて行き、骨になったココを連れて帰ってきました。みんなで行けてよかったです。元気だった頃のココです。箱が大好きで、狭い場所が大好きでした。私が仕事から帰るとこんな様子のココ。上手にマットをかぶっているでしょ。ははーーん。なんか悪さをしたな。とあたりを見るとかじってちらかした野菜が散乱していました。悪いことをした自覚があるんですよね。笑っちゃいます。今年の9月。息子と。。。まだ外を走れていたね。時折、コテっと転ぶ姿に「年とったなぁ。。。」と淋しさも感じながらながめていました。さようなら。ココちゃん。今までありがとう。

      8
      4
      テーマ:
  • 24Dec
    • 今年の山納め(大山)

      12月23日(土)今年の山納め登山をしてきました。5時半過ぎに家を出て、博労座に7時過ぎに到着。7時半登山スタート。大山はすっぽりとガスに包まれていて、雪の状態は残雪の感じ。次回はサラサラのパウダースノーを蹴散らして歩きたいな6合目避難小屋2時間10分で山頂に到着。ひとりだけ雪山トレランな感じの若者に追い抜かれた他は、30人くらいは抜いたかな。その中には、ムチャクチャゆっくりな団体さん(10人くら)がいて、そんなにゆっくり大人数で登ってたら身体が冷えちゃうだろうな。。。と他人事ながら心配しました。というか、私にはあんなに大人数の登山はムリです(^^;)頂上台地も真っ白、風もまぁまぁ強め。誰もいない山頂を後にして、小屋も、アイゼンを外すのが面倒なのでスルー。下山はたくさんの人とすれ違いました。知り合いにも数人会って、その都度立ち話(*^^*)夏道常連の女の子と途中から一緒におしゃべりしながら下山11時15分頃には下山完了。豪円湯院で温泉入って、お昼ご飯食べて、途中あれこれ用事をこなして帰宅。

      7
      2
      テーマ:
  • 11Dec
    • さようマラソン(10キロ)

      久しぶりに大会参加してきました。この秋は体調不良のため定番の大会をパス。バドと山は早々に復活しましたが、ほとんど走らずに過ごした秋でした。それでもまぁまぁ走れたかな。平均ペース 5分47秒/㎞ は今の私には十分です合格点朝7時半をまわった頃に家を出て、1時間15分後くらいに臨時駐車場に到着。シャトルバスで会場につれて行ってもらいます。山陰はどんよりでしたが、佐用はいいお天気ですまずは出店のカフェでコーヒーを 途中のコンビニで買いそびれて正解でしたそして、ぜんざいちょうどコーヒー豆をきらしていたので、先ほどのカフェで豆をおみやげに購入9年前にはじめて走ったハーフマラソンは、ここ、佐用でした。その時とさほど変わらぬのんびりムードの会場でも、会場MCを担当しているのはプロの男性美声を響かせていて、ちょっとあか抜けた感じでした楽しく10キロを走って、名物のホルモン焼うどんをいただいて シャトルバスでさっさと駐車場へと。。。佐用マラソンの帰りに寄るのは、あわくら温泉と決めています。廃業していた元湯温泉旅館が、ゲストハウスとしておしゃれに生まれ変わっていました以前のふるーーーい元湯温泉の頃を知っている人はたまげますよっカフェ営業もしており、窓辺の席でコーヒーをいただきました。家から1時間ちょいのプチ遠征。ランと温泉とコーヒーと。。。十分楽しんで帰宅秋に体調を崩した時は、もうフルマラソンは走らない(走れない)と思いましたがこの調子で、なんとか3月のフルマラソンにつなげていきたいと思っております。

      9
      テーマ:
  • 01Dec
    • 紅葉京都旅

      昨年に続いて、紅葉の京都に出かけてきました。まずはお気に入りの場所、圓光寺。昨年は敷き紅葉で真っ赤でしたが、今年は落ち葉がちらほら。。。その後、歩いたり走ったりしながら大徳寺へ。お目当ての高桐院が、なんと!!河原の葺き替えのため拝観できないと判明せっかく頑張って歩いたのにーーー翌日は朝イチで南禅寺 天授院へ。インスタ映えでおなじみのこちら↓南禅寺をあとにして、哲学の道を歩いて北上します。まだ早い時間なので歩く人もまばらです。この日の二つ目のお目当ては 吉田山の山頂にあるカフェです途中、山の中腹には大正時代の家並みがひっそりと。。。標高105mの吉田山なのに、なぜか。。。??こんな看板が?? ↓ちょっと不思議お目当てのカフェ 「茂庵」到着です。開店の1時間ちかく前に到着した私は、受付が3番目だったので席に案内されたのが早かったのでまだ席が埋まっていないうちに一枚パチリ↓このあと、すぐに満席になり、入りきらなかった人たちがたくさん外におられました。特等席のカウンター席で栗のロールケーキとコーヒーをいただきましたカウンター席からの風景茂庵の開店まで1時間ほど時間があったので、近くを散策してみるととっても紅葉の美しい神社がすぐそばにありました。偶然、訪れることのできたこの神社。人の姿もちらほら。。。穴場中の穴場でしたカフェで素敵な時間を過ごしてから、ふもとの京都大学の方に下りてみようと思いましたが吉田山で出会ったご婦人に教えていただいた 真如寺 に行ってみることにして、登ってきた道と同じ道で下りました。真如寺↓ これがまた素晴らしい紅葉でした教えていただいてラッキーでした紅葉三昧の二日間。いっぱい歩いて、おいしいものをいただいて、とても楽しかったですもう早、来年の京都紅葉はどのお寺に行こうかなと思いを巡らせております

      12
      2
      テーマ:
  • 07Nov
    • きのこ②③④

      キノコ採り ②③④ をまとめてアップです。週末ごとに台風がやってきた10月でした。白黒写真じゃないですよ↓雨の中でしたがお散歩。クリタケブナシメジヌメリスギタケ帰りに寄ったこさじいちでランチ今年はムキタケの出が悪いです。小さいのがちょこちょこ。。。なめこの味噌汁、おろしあえ、すき焼き、ポン酢でお鍋、ナメコうどん。毎日、手を変え品を変えておいしくいただきました

      12
      テーマ:
  • 12Oct
    • 2017 きのこ ①

      三連休の最終日。今秋一回目のきのこ山行に行ってきました。体調もすっかり良くなり、この日のためにジョギングも我慢して(疲れすぎるとダメなので)備えていたのですが。。。三連休中日にケガをしてしまいましたちょっと重たいものが足の小指を直撃して打撲いたーーーい内出血で濃い紫に。。。夕方には熱もなくなり、腫れもひどくはなってない→ 骨折ではないでしょう(病院には行ってません。自己判断!)ということで、予定通り翌日早朝大山へと車を走らせました。小指が圧迫されると痛いので、靴下も薄いものにして、登山靴もゆるめに履いて歩き始めました。痛み止めのロキソニンも飲みました。薬嫌いなのでこういう痛み止めはいっさい飲まない私ですが、この日ばかりは飲みます体調も回復して、バドもできるようになったし、山もジョグもと思っていたところに、足指負傷です。。。踏んだり蹴ったり三連休最終日、ロキソニン飲んででも大好きな場所を歩きたかったのです。きのこは、ナラタケとナメコの端境期なので、この日はカメラが第一目的でレンズ2本持って入りました登山靴に守られて(圧迫されなければ痛くない)、ロキソニンが効いたのか、万全ではないにしろ、結局9時間も山の中で遊んじゃいました(笑)楽しかったーークチベニタケユキザサの実あたり一面に強い香りを漂わせていたブナハリタケウドの実大量に傷んだナラタケばかりをあちらこちらで見ましたが、こちらはギリギリセーフのナラタケ絵になるキノコ、アカチシオタケナラタケ秘境で飲み放題 大山の水この木はアカチシオタケのあとに、なめこが出る木ですヤマブドウ まだ酸味が強かった。もう少ししたら甘くなりますツリバナの実マムシグの実スッポンタケ 光に透かしてちょっとはきれいな感じに撮れたかな大好きな場所でのんびりゆっくり、ここの住人たちと遊びました楽しかったーー登山靴のおかげで山は歩けたけれど、日常生活は靴をはくと痛くて歩けませんなので、ジョグもバドもできず。。。。

      14
      2
      テーマ:
  • 05Oct
    • コースの動画

      日曜日のトレラン大会のランナーさんで、GoPro持って走っていた人がいました。その方が動画をアップしておられるのでリンクはります↓http://racinvan-tebi.hateblo.jp/entry/2017/10/04/181853とっても素敵なコースで、とっても素敵な大会だということがわかると思います私がエイドでうれしそうにしている姿も写ってます(笑)この動画を見ていると、つくづく、走力のある人がうらやましくなります走れたら楽しいだろうなぁ~

      9
      テーマ:
  • 04Oct
    • 新庄蒜山スーパートレイル2017(ボランティアスタッフ)

      10月1日(日) 第二回新庄蒜山スーパートレイルが開催されました。昨年同様、私はボランティアスタッフとして参加です。三平山登山口付近からの朝日蒜山三座と雲海大山がくっきりと担当の朝鍋鷲ヶ山で復路トップ選手とゲストランナー小川壮太選手↓ここですでに53キロ以上を走ってきたというのに、まったくダメージが見えませんただただ楽しそうな二人ですすごいなーーーこちらは弟子一号が担当した三平山山頂の様子。あいにくの曇り空でしたが、大山ははっきりくっきりと見えています。ランナーの皆さんは大山をバックに記念撮影予想に反して寒い一日になり、稜線でのスタッフをしていた私たちには震える一日となりましたが、ランナーの皆さんには暑いよりも楽だったと思います。ロング74.5キロの完走率が80%とか。。。すごい先月の体調絶不調ですっかり気落ちしていた私ですが、ランナーのみなさんにたくさん元気をいただきました。エイドを一緒に担当した山口からの女性(60代)の、まだ走歴数年なのにウルトラマラソンの常連とのお話にビックリ仰天!!昨年は村岡100キロもゴールしたとのこと。。。もうビックリするやら尊敬するやら。。。そんなことが可能だなんて!!!私もまたフルマラソンを走れるようにがんばりたいなと、パワーを注入された感じです走る人を見るのが好きで、頑張っている人が好きで。そして、この大会を心をこめて丁寧に手作りで作っている方々の素晴らしい人間力に触れるのが好きで、ほんの微力だけれど私もお手伝いをさせていただいています。私に走力があれば、走りたい素晴らしいコースですが。。。。74キロ、ムリです来年もスタッフとしてがんばります

      6
      テーマ:
  • 26Sep
    • トレイルラン大会のマーキング

      日曜日、一週間後に行われるトレイルラン大会の準備を手伝ってきました。9時 待ち合わせの白樺の丘でぼんやりと待つ↓大山もくっきりと↓蒜山もくっきりと病み上がりでどれくらい身体がもつかちょっと不安ですが。。。身体を試す意味もありのトレイルウォークです春、私も一緒に開拓したこのトレイル↓ もとは笹薮だらけだったなんて思えないでしょうもう~ほれぼれするすんばらしいトレイルです今度の日曜日はここをたくさんのランナーが走りますきっと喜んでくれると思います午前の作業のあと、他のコースで作業のみなさんと合流してジンギスカンジンギスカンをお腹いっぱい食べてからの、別腹プリン午後からは「大山みち」入口からマーキング、ウォーキングいいリハビリウォークになりましたちゃんと歩けてほっとしました少しずつ、以前の私にもどして行きたいと思いますあ。。。東京マラソンはまた落選しました4年連続で落選もう東京マラソンは走れる気がしません、、、

      11
      テーマ:
  • 22Sep
    • 村岡ダブルフルDNS(泣)

      2009年から連続参加の村岡ダブルフルウルトラマラソン。今年で9回目のはずでした。。。今年のエントリーは激戦でしたでも。。。ちゃんと招待状もちゃんとあります↓ですが。。。ドクターストップです薬がいっぱーいいっ残念ですが、だーーーいすきな村岡を今回はDNSです。体調絶不調のピークは10日ほど前のことなので、今はもうかなり元気になっているので受付だけは行ってこようかなぁ~と思ったりしています。走れないけど、せめてTシャツだけでもほしいなとマラソンのエントリーは今のところ他にはないですが、バドの試合はあるのでそれまでには元気になりたいなと思っています病気と無縁と思っていましたが。。。。寄る年波でしょうか今までのようにはいかないんだなとしみじみ色んなことを受け入れざるを得ない感じです。でもでも、結果待ちの東京マラソン、当選したら走るんだ~(走れるんかな~)

      10
      6
      テーマ:
  • 10Sep
    • 黒部の山賊

      今年の夏山遠征の舞台、黒部その黎明期についてのノンフィクション「黒部の山賊」昨年お亡くなりになった伊藤正一さんが書かれたこの本がおもしろい歩いたばかりの場所や、おおむね過去に歩いているところが舞台になっているので読んでいてもとてもおもしろい。この本に描かれたころは、山の中、どこでも幕営できて、自由に縦横無尽に歩き山で過ごしています。その風景を思い浮かべながら読むのがなんとも至福です

      11
      2
      テーマ:
    • 最終日(薬師沢小屋~太郎平小屋~折立)

      8月21日 最終日 5時 朝食朝の黒部川薬師沢小屋はミステリーハウスでした(^^;)特に2階は、ろうかを歩いているとあらぬ方向へと勝手に進んじゃう感じでおっとっと。。。5:49 今回、周回を反時計回りにしましたが、時計回りにしていたら、この木道は雨で濡れて超危険でした!!すっかりいいお天気で木道歩きもサクサク快適 木道で滑って転倒はとっても怖いです6:37レイジンソウ7:007:458:00 太郎平小屋が目の前ここにはまだチングルマがお花畑になっていましたハクサンイチゲも。。。太郎平小屋の向こうに薬師岳一昨年のシルバーウィークに歩いたコースです。8:052日目に雨の中、右の木道を黒部五郎岳めざしてスタートして最終日の今日、薬師沢小屋を出て左の木道で太郎平小屋に戻ってきました。雨 のち 晴れ 気持ちいい青空です8:05 太郎平小屋到着ランドネ女子に写してもらいましたキンコウカ池塘の向こうに立山、剱、大日の山並み自分が歩いた山が見えるのはうれしいものです9:20 雷鳥が1羽でお散歩。。。少し小さめにみえたので、親離れをした若かなと思いましたが真偽のほどはわかりません。葉っぱやら実やら、ずーっと食べています。ムシャムシャぱくぱく冬になる前にいっぱい食べておかないとね~そうこうしているうちに、私たちギャラリーの目の前で優雅に砂浴びを始めましたあっちむいてはカメラ目線こっちむいてはカメラ目線 なんともサービス満点な雷鳥くんでした長ーい 雷鳥くんワンマンショーを満喫して再び歩きます。10:24 歩いていてふと目にとまった珍しいランとっても小さなランですコイチヨウランと教えていただきました。アラレちゃんが10:48 11:30 折立に到着この写真↑の時には、安堵と満足の気持ちでいっぱいでしたが。。。。このあと、車に戻って一瞬で不安とドキドキに落とされましたその顛末は先に書いてますのでそちらをどうぞ。で、なんやかやとバタバタしましたが、無事に日付がかわるころ家に帰りつくことができましたよかったよかった黒部五郎岳や三俣蓮華岳からの展望がのぞめなかったのは残念ですが娘と私のあこがれの雲ノ平、高天原を晴天のなか歩くことができて本当にしあわせでした。終盤、娘の足が痛くなってしまいましたが、頑張って最後まで歩けて良かったです。娘が大学生のころに始めた夏山遠征登山。娘を引率するという使命のもと(?)私も30年近くぶりに北アルプスの山々を歩くことができ今ではひとりでも車を運転して山を歩いて帰ってこられます娘との遠征登山で計画をたてるとき、娘が楽しめ満足感をもてるコースをどう組むかに心をくだきます。もちろん、私自身も楽しみたいので、娘にとっては少しハードになることもありますが車の運転はもちろん、無事に家まで連れて帰ることが私の一番大事な使命だということは常に頭から離れません。家族はもちろん、娘のことを大切に思ってくれている人から預かっているという責任は重いものだと思っています。今年も無事に楽しい山旅ができました感謝感謝です

      9
      テーマ:
  • 06Sep
    • 4日目(薬師沢小屋編)

      13:40 薬師沢小屋に到着。受付をすませ、汚れたスパッツと登山靴を洗って日向に干してから、小屋のテラスでまったり。黒部川に乾杯足が痛くて苦労した娘もすっかり元気横浜からの単独女子。。。「ランドネ女子」と命名しました可愛い女の子でした。足が痛いのでアイシング大東新道をさわりだけ歩いてみました。ここをずっと行くと高天原に行けるんだよね今度はここを歩いてみたいタケシマランの実17:00 夕食入山した時には先が長いなと思っていましたが、行程を大満足でこなして安堵の最後の夜です。早く帰りたいような。。。ちょっと淋しいような。。。つづく。。。

      9
      テーマ:

最近のコメント

月別

一覧を見る

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。