on your mark



 
  • 18Oct
    • ノビタキの画像

      ノビタキ

      他の被写体目当てだったのですが、思いがけずノビタキ祭りに遭遇してキリがないほど楽しませてもらいました(*^^*)

  • 01Oct
    • 甲ヶ山(大山山系)の画像

      甲ヶ山(大山山系)

      20210923 秋分の日同級生登山で、船上山→勝田ヶ山→甲ヶ山の往復をしてきました。この日は、朝から風が強く、途中から雨も降り、「ピクニック気分」とは程遠い感じになりましたがコース自体はほとんど樹林帯の中なので、適度に守られながら、行けるところまで行こうということで。。。ゴジラの背に着いた時点で、風は強いままでしたが、ゴジラの背はすっかり乾いていました。ということで、荷物をデポして、空荷で甲ヶ山まで。無事、甲ヶ山山頂に立つことができました。このコースはとにかく長いので、メンバーはちょっと大変だったかも。。。途中の雨もあり、山での天候の変化に対応するいい体験にはなったようです。でも、ほんとは甲ヶ山山頂で、ピクニック気分でドリップコーヒーをいれてあげたかったな。風が強くてとてもそんな感じではなく。。。結局、帰路の船上山小屋までもどって、ほとんどコンプリート気分になった時点でコーヒーをいれてまったりしました。よろこんでくれて良かった(修行だったと言っていましたが汗)

  • 16Sep
    • 八ヶ岳(阿弥陀岳、赤岳、横岳、硫黄岳)の画像

      八ヶ岳(阿弥陀岳、赤岳、横岳、硫黄岳)

      2021年9月10日-11日山梨に行く予定があったので、それにくっつけて八ヶ岳登山をしてきました。遠いことと、首都圏から近いため登山者が多いイメージで、今までずっと敬遠しており、今回が初めての八ヶ岳です。硫黄岳山荘か赤岳天望荘かどちらに泊まろうかと迷いましたが、今回は赤岳天望荘に個室を予約しました(2食付きで15,000円)窓の外に富士山が見える完全個室でのんびり過ごすことができました。宿泊していたもみの木荘を早朝4時前に出て、美濃戸口へ。4:12 美濃戸口で見上げた星空美濃戸口から美濃戸へはすれ違いの困難な道幅の未舗装道路。どれくらいの荒れ具合かわからないため、そこを車で行くか、それとも美濃戸口に車をおいて歩くか(コースタイムは1時間)そこが今回の一番の悩みどころでした。ネットで見つけた美濃戸駐車場の画像では、普通車も多く停まっており、行けそうな気も。。。でも、最新の情報ではないし。。。美濃戸口で星空撮影しながら過ごしていると、普通車が1台、また1台、その未舗装道路へと入っていったのでそこで、私も美濃戸まで行ってみることに気持ちが決まりました。今なら下山してくる車はないので、すれ違いの心配をすることもないし、登山者が歩いていることもないのでそこも安心材料。あとは自分が荒れた道をうまく進むことだけです。真っ暗なデコボコ道を進むこと20分くらい??無事に美濃戸に到着。駐車スペースも余裕で確保。ここまでで、今回の計画の半分くらいはコンプリートした気分です。5:28 美濃戸から登山スタート北沢コースをとり7:21 赤岳鉱泉7:578:10 行者小屋8:25 最初の予定では文三郎尾根を登る予定だったが、美濃戸まで車で入れたことで時間に余裕ができたのでここで中岳道に変更して、阿弥陀岳も登ることに。9:13 中岳コルに出ると富士山、権現岳がバーン!!!9:54 阿弥陀岳山頂。 中岳コルから阿弥陀岳への登りがけっこうきつかったです。山頂で出会ったのは5人。私を含めて全員がソロ。阿弥陀岳から、これから向かう赤岳。そびえたってる!!!11:45 中岳コルまで下り、中岳を越えて、赤岳にとりつき、ここはキレット分岐。11:50 こちら側から登る赤岳は岩稜帯でおもしろいトウヤクリンドウ12:15 赤岳山頂翌日向かう稜線13時過ぎに赤岳天望荘とうちゃく二日目の 3:33オリオン座、富士山が見えている。山影は赤岳。6時半に赤岳天望荘をスタートバックは赤岳。奥に仙丈ヶ岳。7:247:307:43 硫黄岳山荘が見える7:56 硫黄岳山荘 ここで雨具のズボンもはく。8:37雲がかかっているのは赤岳。10:21 赤岳鉱泉まで下りてきた。 美濃戸到着が12時半ころだったかな。もみの木荘の温泉で汗を流して、八ヶ岳牛乳で登山終了。原村のAコープに寄って、お土産を買って、諏訪南ICから高速に乗って、そのまま帰宅。日付が変わった2時ころに無事帰宅。初八ヶ岳の山旅でした。

  • 02Aug
    • 大山ユートピアの画像

      大山ユートピア

      7月31日(土)友人と大山ユートピアへ。朝5時集合で、涼しいうち&人が少ない間に登ります。ガスがちで涼しく、ちょうどよかったです。ナンゴククガイソウも見頃でした(*^^*)

  • 20Jul
    • オオヨシキリの画像

      オオヨシキリ

      葦原が好きで、ここに留まって大きな声でずっとさえずってくれます。顔は童顔でかわいいです。葦原の中に入り込んでいるとまったく姿はみえません。。。

  • 19Jul
    • ギンバイソウ、ナツエビネ、イワタバコの画像

      ギンバイソウ、ナツエビネ、イワタバコ

      ナツエビネの様子を見に行ってきました。暑いですが、ここは沢なのでジャブジャブ涼しく歩けます。ギンバイソウは今が見ごろでした。楽しみなナツエビネ。少しだけ色づきかけのナツエビネ。この子は一番咲きかな。イワタバコ、ちいさな蕾が出てきたばかり。

  • 17Jul
    • 大山ユートピアの画像

      大山ユートピア

      静かな山が好きなので、平日にユートピアへ。空模様はあやしいので、サクサク花の写真を撮って、9時半ころには下山開始。すると、ポツポツ雨粒が落ちはじめ。。。結局、ずぶ濡れで宝珠尾根を下りました。雷雨になったら砂すべりは危険と判断しての宝珠尾根、これが正解でした。ゴロゴロ空が鳴りだしましたが、宝珠尾根の木々に守られて安心でした◎稜線ではだれにも会わず。下山の宝珠尾根で、登ってきた人とすれ違い10人くらい。雷雨の中を登って行った人たち、怖かっただろうなぁ。

  • 13Jul
    • ミコアイサの画像

      ミコアイサ

      局地的で少ない冬鳥、そう野鳥図鑑に書いてあります。そんなこの子たち、徒歩でスーパーにお買い物に行く途中、ふっと川に目をやると居たりします!!写真はすべて♂♀は茶系のかわいい子です。また紹介しますね。また冬になって会えるのが楽しみな水鳥のひとつです。波乗りミコちゃん

  • 12Jul
    • オオジュリンの画像

      オオジュリン

      2月末の葦原で。あまり長い間はいてくれなかったです。こういう色合いの小鳥さん、好きです。かわいい(*^^*)

  • 11Jul
    • ムシクイの画像

      ムシクイ

      6月初め子育てが忙しいのでしょうね。アオムシくわえたムシクイ。

  • 10Jul
    • メジロの画像

      メジロ

      カワセミを待っていたら、ちょうどいい場所にメジロが。。。寒い冬のある日。

    • モズ♀の画像

      モズ♀

      モズ子ちゃん。かわいい。

  • 09Jul
    • 巣立ちつばめの画像

      巣立ちつばめ

      お目当てはカイツブリだった場所で巣立ちつばめに出会いました。飛べても自分でエサはとれないようで、親鳥が運んでくるのを待っていました。親鳥が飛んで来ると、きょうだいヒナは必至でちょうだいアピール!!こちらにあげかけてはあちらに。。。。もらいそびれたヒナのガッカリした姿がかわいかったです。

    • 猿壺の滝(兵庫県新温泉町)の画像

      猿壺の滝(兵庫県新温泉町)

      昨年から撮りためた野鳥が膨大すぎて追いつきませんがちょっと違うジャンルで休憩。梅雨時の滝写真(6/27)大雨続きの今頃、いったいどうなっていることでしょう。。。

  • 08Jul
    • ヒヨドリの画像

      ヒヨドリ

      冬の日。背景は雪景色。うるさいし、小鳥を追い払うし。。。そんなヒヨドリも冬景色だとなんだかいい感じ。

  • 07Jul
    • ヤマガラの画像

      ヤマガラ

      ヤマガラの正面顔はなんか変顔になります(^-^;なので、かわいく撮れる角度はこんな感じ。

    • エナガの画像

      エナガ

      冬のエナガ小さくて、動きも早くて、じっとしていないので撮影難度は高いです(^^;)

  • 06Jul
    • スズメの画像

      スズメ

      ぴったりくっついてじっと黙りこくっていました。かわいい(*^^*)