六角時代-Only Sir素空慈の新時代を開く波動文明ブログ

六角時代-Only Sir素空慈の新時代を開く波動文明ブログ

願う現実を創造する宇宙の力「サイパワーPsy-Power」、誰もが簡単にできる自然治癒健康法「裸地(メンタン)療法」、自身の限界を超え願う生を享受する「悟り・解脱」など、素空慈(ソコンジャ)先生独自の視点から六角時代をよりよく生きるための智慧を伝授します。

サイポロジー(PsyPology)とは、

素粒子たちに学ぶ

次世代型『意識空間論』です。

 

こんにちは。

GOLDEN KIDです。

 

前回は、自己(ψ5)と他者(ψ6)の間で力が均衡すると、いわゆる定常波が生まれたような状態になると書きました。そしてこの状態は、素粒子空間に置き換えると、電荷ゼロのZボソンが働いているだろうと言うことでもありました。

 

この内容に関して、2013:シリウス革命に該当する部分がありますので紹介します。

 では、電子とニュートリノの間の弱い相互作用を媒介すると言われている、W⁻、W⁺、W⁰というボソンは、意識においてはどのような状態のことを意味しているのでしょうか。

 

 弱い相互作用とは、次元観察子ψ5とψ6の間に生まれる人間の意識相互の変換性を意味しています。W⁺とは、自己が他者を意識している状態、W⁻とは他者から自己へ意識が戻ろうとしている状態、W⁰とは、その中間の状態、すなわち、意識が人間の内面と外面の間で振動を行っている状態のことです。

 

引用:半田広宣著 2013:シリウス革命

*コは著者の半田広宣氏、オはオコツト。

 

 

まず「W⁺とは、自己が他者を意識している状態」というのは、他者化した自己(ニュートリノ化した電子)がW⁺ボソンを他者に投げることで自己(電子)に戻る状態をいいます。電荷ゼロのニュートリノ(他者化した自己)が、正電荷のW⁺ボソンを放出することで、負電荷の電子(自己)に戻るわけです。

 

一方、「W⁻とは他者から自己へ意識が戻ろうとしている状態」は、自己化した他者(電子化したニュートリノ)がW⁻ボソンを自己(ニュートリノ化した電子)に投げることで他者(ニュートリノ)に戻る状態をいいます。負電荷の電子(自己化した他者)が、負電荷のW⁻ボソンを放出することで、電荷ゼロのニュートリノ(他者)に戻るのですね。

 

ちょっとややこしいですが、下図を見ると分かりやすいかも知れません。

 

 

 

そして、「W⁰とは、その中間の状態、すなわち、意識が人間の内面と外面の間で振動を行っている状態のことです。」

 

ここでいうW⁰は、電荷ゼロのZボソンのことかと思いますが、つまり、自己が他者を意識している状態と、他者から自己へ意識が戻ろうとしている状態の均衡が保たれ、定常波が生まれたような状態と言えるかと思います。

 

 

で、Zボソンは、科学においてもまだ分からない点が多い仮想粒子とのことなのですが、ひとまず電子と陽電子の衝突によって生まれるなど、粒子と反粒子に関係するようです。

 

ですから、多少強引かも知れませんが、「W⁰とは、その中間の状態、すなわち、意識が人間の内面と外面の間で振動を行っている状態」では、電子とニュートリノの関係というより、電子とその反粒子である陽電子との関係になっていると言えるかも知れません。

 

ヌーソロジーの次元観察子の概念を使うと、ψ5とψ6の関係ではなく、ψ5とψ*5の関係です。

 

ψ*5(プサイスター5)は、他者側から見たψ5という意味で、ヌーソロジーでは自己側からだけでなく、他者側からの視点もとても大事にするのですが、素粒子空間に当てはめると、ψ5が電子だとすればψ*5は陽電子、ψ6がニュートリノだとすればψ*6は反ニュートリノに該当するかと思います。

 

 

実際、詳しくはまだよく分かりませんが、下図のとおり、ベータ崩壊では、陽電子や反ニュートリノという反粒子も関係しています。

 

 

 

ですから、意識空間においても、弱い力が働くWボソンとZボソンの場では、他者側から見たψ*(プサイスター)、すなわち反粒子としての他者も関係してくるでしょうから、Zボソンの本質やψ7の顕在化の過程を知るためにも、反粒子との関係について詳しく精査する必要があるかも知れません。

 

ためになったと思われる方は、

ポチッとしていただけると励みになります^^

 
記事に関するご質問やご感想、また記事
にして欲しい内容などありましたらお気軽
にご連絡下さい。お待ちしております♪
 
 
GOLDEN KID
 

◆メインメニュー

やじるし はじめての方へ
やじるし 素空慈先生プロフィール
やじるし サイパワーとは
やじるし お問い合わせ

 

◆サイパワーとは

自意識の影響から離れ
魂を主として生きることで
願うことをすべて創造し
享受することのできる
宇宙の力である

 

◆素空慈先生の最新動画講義(日本語字幕付き)

YouTube(白背景) 成功する人々の二つの道 new

YouTube(白背景) 頭の痛い釈迦の息子 ラーフラ new

YouTube(白背景) 世の中を動かす人生の完成

YouTube(白背景) 人間と聖賢

YouTube(白背景) サイパワー製品とヨーロッパ貴族生活の秘密

 

YouTube(白背景) OnlySir素空慈講義【日本語字幕】チャンネル

 

◆素空慈先生の教えをより詳しく学びたい方は

クリック六角時代公式ホームページ

 

サイポロジー(PsyPology)とは、

素粒子たちに学ぶ

次世代型『意識空間論』です。

 

こんにちは。

GOLDEN KIDです。

 

素粒子空間におけるベータ崩壊は、場の振動方向の変化として捉えることができました。

 

そして、このような考え方は、科学においてはしていないかも知れませんが、意識空間と照らし合わせて考えると、W⁺ボソンとW⁻ボソンという電荷(+と-)の違いも、場の振動方向の違いとして捉えられるのではないかと思われます。

 

つまり、電子とニュートリノは一見全く異なる粒子ですが、内部空間においては、W⁺ボソンとW⁻ボソンのどちらが優位に働いているかによって、振動方向が変化し、その作用が外部空間に現れると考えることができるのです。

 

それで今回はZボソンという電荷ゼロのウィークボソンが意識空間上でどのような働いているのか見ていきたいと思います。

 

 

 

上図は以前紹介したψ5とψ6の対化からψ7が顕在化した状態を示したものですが、下記のようにイメージになります。

 

自己と他者が向かい合った時に、自己が他者を見ている世界がψ5、他者が自己を見ている世界、言い換えると、自己が他者に見られている世界がψ6を表しています。

 

ここで「世界」と表現しましたが、理由としては、自己が他者を見ている世界と、他者に見られている世界は、全く別物であることを示すためです。

 

これは「次元」の違いとも言えますが、物理空間上では一つの世界に自己と他者という2つの肉体が存在していますが、意識空間上ではこのように、自己が見ている世界と見られている世界は、全く異なる世界(次元)なのです。

 

そして、この違いは「意識場の振動方向の違い(差異)」とも考えることができるかと思います。

 

 

ちみみに上図は、ψ5とψ6が「対化」の関係であることを示していますが、対化とは対称性を意味し、力が均衡した状態のことを言います。自己が他者を見ている世界の力と、他者に見られている世界の力が均衡した状態と言うことですね。

 

そして、ここでいう力は、波動とも言うことができ、ψ5とψ6の力が均衡すると、『定常波』のような状態になるだろうと思います。

 

定常波とは、

波長・周期(振動数または周波数)・振幅・速さ(速度の絶対値)が同じで進行方向が互いに逆向きの2つの波が重なり合うことによってできる、波形が進行せずその場に止まって振動しているようにみえる波動のことである。定在波(ていざいは)ともいう。

 

引用:定常波 - Wikipedia

 

のことで、自己(ψ5)と他者(ψ6)の間でこのような定常波のような状態になったときに、その定常波を観察しているまた別の存在がψ7と言えます。

 

この時点ではまだψ7が顕在化したわけではないかと思いますが、ψ5とψ6を同時に見る目がψ7だからです。

 

 

そして、このように自己と他者の間で定常波が生まれたような状態は、素粒子空間におけるZボソンが働く場と捉えられるのではないかと思います。

 

Zボソンというのは、プラスとマイナスが相殺された電荷ゼロのウィークボソン(ゲージ粒子)のことで、先に、自己が他者を見ている世界と、他者に見られている世界は、場の振動方向の違いとも考えられると書きましたが、この方向の異なる二つの振動が相殺されて、その場で止まって振動しているように見えるのが、Zボソンの作用と考えられるわけです。

 

ψ5の電子は負電荷、ψ6のニュートリノは電荷ゼロなので、この二つの電荷が相殺されるわけではなく、電子とニュートリノの間で働くW⁺ボソンとW⁻ボソンが相殺されて定常波が生まれたような状態になるのではないかと言うことです。

 

そしてこの定常波の状態から、その意識場に何らかの力が加わって、振動方向が変化すると、ψ7の自己の背中側の空間が顕在化するのだと思います。

 

正直、ψ5とψ6の対化からψ7が顕在化する過程を、素粒子の働きから明確に説明することはまだまだできないのですが、とにかく一つ言えることは、ψ7の顕在化は電荷ゼロのZボソンが関わっているだろうということです。

 

ためになったと思われる方は、

ポチッとしていただけると励みになります^^

 
記事に関するご質問やご感想、また記事
にして欲しい内容などありましたらお気軽
にご連絡下さい。お待ちしております♪
 
 
GOLDEN KID
 

◆メインメニュー

やじるし はじめての方へ
やじるし 素空慈先生プロフィール
やじるし サイパワーとは
やじるし お問い合わせ

 

◆サイパワーとは

自意識の影響から離れ
魂を主として生きることで
願うことをすべて創造し
享受することのできる
宇宙の力である

 

◆素空慈先生の最新動画講義(日本語字幕付き)

YouTube(白背景) 世の中を動かす人生の完成 new

YouTube(白背景) 人間と聖賢 new

YouTube(白背景) サイパワー製品とヨーロッパ貴族生活の秘密

YouTube(白背景) 世の中、このように変わる

YouTube(白背景) ピタゴラスが教えてくれる私の人生道

 

YouTube(白背景) OnlySir素空慈講義【日本語字幕】チャンネル

 

◆素空慈先生の教えをより詳しく学びたい方は

クリック六角時代公式ホームページ

 

サイポロジー(PsyPology)とは、

素粒子たちに学ぶ

次世代型『意識空間論』です。

 

こんにちは。

GOLDEN KIDです。

 

前回、場の理論において、ベータ崩壊は「場の振動方向の変化」という内容を紹介しました。

 

ベータ崩壊とは、電子がニュートリノに、あるいはdクォークがuクォークに変化する、というように、一見、全く別の粒子に変化する現象のようですが、それはあくまで人間が観測できる外部空間(3次元空間)でそう見えているに過ぎず、外部空間を支えている内部空間では、振動方向の変化として捉えることができるのでしたね。

 

 

さて、この「場の振動方向の変化」を、意識の側面から考察してみようと思いますが、私たちの思考には、大きく分けて能動的思考と受動的思考という二つのタイプがあり、それぞれ振動方向の違いとして説明することができるかと思います。

 

能動的思考が「内から外」、受動的思考が「外から内」という振動方向を持っていると考えることができるのです。

 

 

円の中心から円周方向への振動が能動的思考、反対に円周から中心方向への振動が受動的思考ですね。

 

なかなかこのような構造を普段から意識化することは難しいでしょうが、とりあえず受動的思考は、自身が意図することなく無意識に沸き上がる思考のことで、これは「外から内」の振動方向を持ち、能動的思考は、自身が意図して行う思考のことで、これは「内から外」の振動方向を持つと理解していれば、少しずつその幾何学的な構造が意識化されてくるかと思います。

 

 

そして、この振動方向を素粒子空間に当てはめると、電子/dクォークは「外から内」、ニュートリノ/uクォークは「内から外」の振動方向を持っていると考えることができます。

 

電子がニュートリノに、あるいはdクォークがuクォークに変化するのは、「外から内」から「内から外」への振動方向の変化と捉えることができるのですね。

 

もちろん、この時の振動は、外部空間ではなく内部空間でのもので、科学はこのようなベータ崩壊が起こる内部空間を「SU(2)のゲージ場」と言います。

 

なお、前回紹介した吉田伸夫著「素粒子論はなぜわかりにくいのか」によりますと、SU(2)の「2」は、振動方向の数と考えることができるようです。

 

 

ちなみにここでは「内から外」と「外から内」という2つの振動方向しかないように思われるかも知れませんが、実際にはもっと複雑です。

 

上図の能動的思考の円を見ていただくと、中心から四方に矢印が伸びていますが、例えば(あくまで上図での方向ですが)中心から右に向かうものと左に向かうものとでは、その振動方向は異なります。身体的前方向と身体的後方向とでは、意識空間上では全く異なる次元であるようにです。

 

また、中心から左に向かうものと、その矢印を逆に向けた円周の左から中心に向かうものとでは、能動的思考と受動的思考という違いもあります。

 

ですから、SU(2)だけでなくSU(3)やSU(4)、あるいはSU(5)などという内部空間(ゲージ場)もあり、例えばSU(3)は「強い力」が働く場なのですが、そうした場合はもう少し複雑になってくるかと思います。

 

なお、SU(3)の内部空間が強い力が働く場だとすれば、SU(2)は弱い力が働く場になります。

 

ためになったと思われる方は、

ポチッとしていただけると励みになります^^

 
記事に関するご質問やご感想、また記事
にして欲しい内容などありましたらお気軽
にご連絡下さい。お待ちしております♪
 
 
GOLDEN KID
 

◆メインメニュー

やじるし はじめての方へ
やじるし 素空慈先生プロフィール
やじるし サイパワーとは
やじるし お問い合わせ

 

◆サイパワーとは

自意識の影響から離れ
魂を主として生きることで
願うことをすべて創造し
享受することのできる
宇宙の力である

 

◆素空慈先生の最新動画講義(日本語字幕付き)

YouTube(白背景) 人間と聖賢 new

YouTube(白背景) サイパワー製品とヨーロッパ貴族生活の秘密 new

YouTube(白背景) 世の中、このように変わる

YouTube(白背景) ピタゴラスが教えてくれる私の人生道

YouTube(白背景) 愛を守る秘訣「距離置き」

 

YouTube(白背景) OnlySir素空慈講義【日本語字幕】チャンネル

 

◆素空慈先生の教えをより詳しく学びたい方は

クリック六角時代公式ホームページ