つくば市のセレクトショップ JAMのBLOG

つくば市のセレクトショップ JAMのBLOG

茨城県つくば市にあるセレクトショップJAMです。

茨城県つくば市にある洋服屋JAMのBLOGです。






JAM




〒 305-0033


住所 茨城県つくば市東新井13-3 中村ビル102


TEL 029-858-4800


OPEN 12:00~CLOSE 20:00


通信販売 ○






ホームページ http://jamsworkers.com


TWITTER http://twitter.com/jamsworkers


FACEBOOK http://www.facebook.com/jamtsukuba






取扱ブランド




Boncoura


PorterClassic


Outil


SUS-SOUS


NigelCabourn


TheInoueBrothers


ANATOMICA


Ten-c


NorwegianRain


NEAT


CIOTA


FUJITO


SUNNY ELEMENT


orSlow


SaintJames


Mates


Guepard


CharlieBorrow


DEADSTOCK


Vintage



こんばんは。

 

例年になく梅雨明けが早く、異常な暑さが続いておりますが。。

 

2022年も後半スタートです。

 

あっという間に今年も半分終わり、始まったばかりかと思っていた22春夏シーズンもそろそろ佳境。

 

少し早いのですが今月末よりスタートする秋冬シーズンのこともございますので、明日よりSUMMER SALEスタートとなります。

 

 

 

 

ONLINESTOREでは来週5日(火)からの掲載を予定しておりますが、ONLINESTOREでは対象外のアイテムも店頭では対象だったりするアイテムもありですので、ご来店のほうがお得かと思います。

 

お時間ございましたら、この週末は是非お立ち寄りください。

 

 

Vintage

70s Levis 501 66前期

SIZE/W33相当

 

 

ここ数年ユーロヴィンテージに目がいっておりましたが、アメカジの王道Levisの値段の高騰がものすごいことになっているようで。。。。

 

少し前に入荷の50s 501XXもあっという間にお客様もとへ旅立っていきましたが、今回紹介の66前期もオススメです。

 

夏のこの時期に個人的には履きたくなるデニムのカラーがこのくらいだったりします。

 

股下、膝、裾などにあったダメージは、しっかりとリペアも済んでおり、普段から履けるヴィンテージデニムとしておススメの1本です。

 

こちらはSALE対象外ですが、是非店頭にて。

 

こんばんは。

 

この週末もありがとうございました。

 

晴れるとやはり暑いのですが、、、、それとこの湿度。

 

この時期は苦手ですね。

 

店頭では夏物のサンダルなども動きが良くなってきております。

 

6月も下旬もお時間ございましたら是非お立ち寄りください。

 

本日はお知らせとなります。

 

 

今週は明後日21日(火)、22日(水)、23日(木)は都合により休みとさせて頂きます。

 

この時期恒例ですが、Boncouraの展示会。

 

2023春夏展示会に行ってまいります。

 

週末は店頭にて土産話がいろいろあると思いますので、Boncoura部員の皆さまはご来店ください。

 

 

 

Instagramのチェックお願いします。

 

※当店Instagramアカウントが新しくなりました。

 

※旧アカウント‘jam_tsukuba’→新アカウント‘jam.tsukuba’

 

 

※これまで多くの方にフォローして頂いておりました‘jam_tsukuba’が、なぜかアカウントが凍結。。。(原因不明)

 

※凍結解除にならないため、新アカウント‘jam.tsukuba’にて再スタートします!!

 

※皆様フォローお願い致します!!!!!

 

こんばんは。
 
本日もありがとうございました。
 
まだ梅雨は続きそうですが、いよいよ暑くなってきましたので、そろそろ夏物準備の時期かと思います。
 
この週末もお時間ございましたら是非お立ち寄りください。
 
 
 
nigel cabourn
9.5oz basic t-shirt
col/off white
size/48,50,52,54
¥9350
 
9.5oz basic t-shirt pigment dyeして
col/charcoal
size/48,50,52,54
¥11000
 
定番のBASIC T-SHIRTSが進化したといいますか、この夏なんと9.5ozで登場しております。
 
定番のbasic t-shirtは6.5ozですので、ざっと倍の質量。
 
持った感じでも十分倍の重さを感じます。
 
これまでに比べると、着たときに以前のような体のラインを拾わないといいますが、着たときもTシャツの形がしっかりとしております。
 
僕みたいな中年の下っ腹が出た人はわかるかと思いますが、生地が薄かったり柔らかいと、体のシルエットがわかってしまいますが、これだけしっかりしているとそれを感じないで着れますよ♪
 
オフホワイトとチャコールで染めが違うため価格も変わります。
 
チャコールの独特の風合いは顔料染め‘PIGMENT DYE’によるものです。
 
洗濯などしても水に溶けない性質があり、接着剤などで繊維表面に色を定着させております。
 
完全に染まらないので、着れば着るほどより風合いが変化してしていきます。
 
PIGMENT DYEは他のブランドでも見かけますが、個人的にはNigel Cabournのオープンエンド糸を使用した、このドライタッチな質感にものすごく合っていると思います。
 
是非店頭にて。
 

こんばんは。

 

6月もあっという間に半分終わってしまいました。

 

この時期となると入荷も落ち着いてきてますが、まだInstagramでも紹介出来てない夏物もございますので、是非店頭にて。

 

 ※当店Instagramアカウントが新しくなりました。

 

※旧アカウント‘jam_tsukuba’→新アカウント‘jam.tsukuba’

 

 

※これまで多くの方にフォローして頂いておりましたが、なぜかアカウントが凍結。。。(原因不明)

 

※非常に困ってます!!皆様フォローお願い致します!!!!!

 

 

本日はコチラ。

 

70s
Vintage Levis 505 0217
SIZE/36×30
 
70年代のLevis 505 0217 66後期となります。
 
79年製と僕が77年生まれですので、同世代。
 
高校生の頃は、66後期はVintage扱いしてないような空気が流れており、なんなら66前期も同様でしたが、いまとなっては70年代は立派なVintageでしょうか。
 
501派が多いかと思いますが、505というのも好きな方が多いモデルかと思います。
 
 
ジッパーフライでテーパードの入ったシルエット、501と比べると縦に長いバックポケットなどの特徴があるモデルとなります。
 
TALONジップ、ボタン裏は8となりサイズは36×30。
 
紙パッチ、赤タブは残っており、ポケット裏はチェーンステッチ、黒カンとなります。
 
色残りは2割くらいかと思いますが、生地は痩せてません。
 
まだしっかりとしており、透けのない状態の生地ですので、まだまだ穿いて頂けそうです。
 
ポケットスレーキや股下の破れもございません。
 
裾口裏側に破れがございますが、それ以外はリペア済です。
 
アウトシームは脇割り。
 
ほんと10年前でしたら1万しないアイテムでしたが、ここ数年でVintage Levisがものすごく高騰しており、まだ501と比べると505のほうが手が出しやすい価格ですが、この辺りも少しずつ上がってきておりますね。
 
タテ落ちの雰囲気も良く79年メイドですが、前期の生地なのかな。。
 
普段からVintageというのを気にせず穿ける、丁度良い1本かと思います。
 
 
この他にも後日紹介出来ればと思いますが、価格を抑えてみた50s Levis 501XXもONLINESTOREには掲載済です。
 
サイズとコンディションからの価格ですが、個人的にはアリな1本かと思いますので、是非チェックしてみてください。
 

こんばんは。

 

本日もありがとうございました。

 

明日は定休日となります。

 

 

Nigel Cabourn WOMAN

1970s SAILOR BIG T-SHIRT

COL/OFF WHITE×RED、OFF WHITE×NAVY

SIZE/8

¥14300

 

 

定番であったSAILOR T-SHIRTが今年はサイズが大きくなりBIG T-SHIRTとなっておりますが、そこまで大きすぎないサイズのBIG T-SHIRTですので、非常に着やすい1枚かと思います。

 

 

左肩に付いているブロードアローのマークの入った釦と、前身頃と後ろ身頃のボーダーのピッチが違う遊びあるデザインが特徴の1枚。

 

個人的に男目線で見てセレクトしてしまっておりますが、これは可愛いと思いますよ。

 

 

是非店頭にて。