太のブログ

太のブログ

ブログの説明を入力します。

 

フライングゲットの案内がきた。

 

日清どん兵衛京風あんかけうどん

 

8月22日リリース予定。

 

 

?! ん !?

 

 

やっぱりそうや。

 

7年前に一度リリースされてるやん。

 

 

7年前のパッケージは、

今回とほぼほぼ同じであるが、

違いは

「生姜香るとろ〜り昆布だし」

らしい。

 

 

中身はかやくと

後入れ粉末スープ。

 

普通、

粉末スープは先入と思うが、

何か理由があるのであろう。

 

 

お湯待ち5分でオープン。

 

もちろん、ほとんど香ってこず。

 

 

粉末スープをダイブ。

 

 

お湯溶けの良いスープだこと。

 

お出汁のいい香りがしてくる。

 

 

具材のお揚げ。

 

 

後入れは餡掛けにするためなのかな?

 

スープフローが低く、うどんによく絡む。

 

しかし、お出汁、薄いかっ!?

 

でも、これが京風のお出汁。

 

上品な感じ。

 

 

揚げ玉か??

 

 

うっ、

溶けきっていない

粉末スープパウダーであった。

 

急に口腔内に

濃いお出汁の香りが広がる。

 

 

トロみをつける関係で

後入れ粉末スープと思っていたが、

入れた直後に

すぐにとろみがついたため

攪拌回数について油断していた。

 

 

 

今後この商品をいただく時は

しっかりと混ぜる

必要があるとわかった。

カレー好きの友人からいただいた。

 

 

吉祥寺piwang監修ど海老カレー。

 

濃厚な海老の旨味とスパイスの香り。

 

 

海老カレーの前に

海老の凄さを修飾する「ど」。

 

どケチやどアホなどのように

比較級というより、

最上級に近い関西弁!?

 

期待が高まる。

 

 

濃厚海老でラーメンといえば、

札幌の一幻地元のじすりが、

私的には「ど」海老である。

 

また、

カレーの「ど」海老では、

Ghar海老でオマ!!カレー

ど海老で一番美味しかった。

 

 

 

パッケージの中には

無印刷のレトルトが1つのみ。

 

 

中辛なので、

2辛トッピングでいただいた。

 

お皿に出した瞬間に、

海老の香りが部屋中に広がり

と言いたかったが、

鼻を近づけると香る程度。

 

湯煎ではなく、

フライパンで温めたほうが良かったか?

 

 

海老だんごと思われるが、

前歯で咀嚼した時に

想定していた海老の繊維が感じず、

半生のつくねの様な食感が

少し怖さを感じた。

 

海老だんごからよりも、

ルーからの方がまだ海老臭を感じるも、

「ど」海老というほどでもない。

 

 

もちろん、

一般の海老カレーと比較すると、

海老臭もしっかりとある。

 

海老臭は「ど」ではないが、

まろやかな旨味は

「ど」に近いかもしれない。

 

そっか、

パッケージには、

「濃厚な海老の旨味とスパイスの香り」

って書いてあるやん。

 

「ど」は海老臭ではなく、

ルーの中に溶け込んでいる

海老の旨味って意味だったのか、、。

 

 

 

なんかも、やっとした感じ。

 

スパイスカレーの有名店、

コロンビア8

 

 

5年前の6月に行ってフラれ

 

翌月のリベンジでもフラれ

 

秋にやっと食べることができた

コロ8スパイスカレー。

 

 

 

5年ぶりにレトルトでいただいた。

 

 

ルーの他には

乾燥スパイスと

焙煎カシューナッツのトッピング。

 

 

あっ、やっぱり。

 

お店では右手はスプーン、

左手は獅子唐って不文律がある。

 

しかし、

ここには獅子唐がないので

赤唐辛子で代用した。

 

 

あくまでも私見であるが、

スパイスカレーとは

コロ8って感じ。

 

素材の旨味やコクよりも、

ガッツリスパイスが

効いていればって感じ。

 

だからかなりスパイスが

尖っている感じがする。

 

トッピングのスパイスも

サクッと食べやすい様に

加工されている。

 

本来グリーンカルダモンや丁子などは

テンパリングだけでは咀嚼しにくい。

 

しかしここのホールスパイスは

スナック菓子のようにサックサク。

 

凍結乾燥処理か?

 

 

ともあれ、

一般的なカレーとは

一線を画すここのカレー。

 

スパイスカレーの楽しみ方を

再確認させてくれた。

 

 

ごちそーさん。