音響芸術専門学校公式ブログ
  • 20Jun
    • ネタバレ厳禁ですが少しだけ公開!*音響芸術専門学校

      皆さんご無沙汰しております雨に靴が濡れてちょっぴり悲しんでいるMです。本日は2作目に向かって頑張っている映像ゼミの撮影現場をの覗いてみました。至るどころに青い画面が?!不思議な光景です演出担当が次に撮る場面の動きを役者に支持しています。各スタッフはロケ地の特性に合わせ色んな道具を使いながら撮影を行います。そして、撮影現場だけではなく裏のほうでも何人かのスタッフが今作のもっとも大事な役割のため集まっていました。いったい何をしているでしょう?それはゼミ発表会でご確認ください!今回の作品は音響を学ぶ学校の特徴を生かした作品にしたいという熱い思いから始まった企画です!作品の完成がとても待ち遠しいです皆さんも是非!ゼミ発表会で映像ゼミの作品をご覧ください

      1
      テーマ:
  • 15Jun
    • レコーディング実習、前編*音響芸術専門学校

      おはようございます!とうとう開催のワールドカップに心を躍らせている音芸・広報の(小)ですさて、音芸の授業も思わず心が躍ってしまう実習が盛りだくさんでして、今日は2年生のレコーディングの実習を紹介しますね(授業にお邪魔したのは実は5月下旬だったのですが…アップが遅れてしまいスミマセン)科目名はMTR。M=マルチ、T=トラック、R=レコーディング、です。楽器や音声を、別々に複数のトラックへ録音する技法です。今回の実習では、ドラム、ベース、ギター、ピアノ、ギター、ボーカル、コーラスといった構成のバンド録音ですもちろん、本館9階のレコーディングスタジオで行います(※レコーディング用語の詳細が気になる人は、オープンキャンパスに参加して体験授業を受けてみましょう)さぁ、学生達も役割分担をして、バリバリと作業を進めていきますよまずはドラムのセッティングから。立てるマイクが一番多いパートでもあるので、そのノウハウとセンスが問われますねそして、こちらはベースです。レコーディングはドラムと一緒に行いますリズムパートを録った後は、その音源を聴きながら各楽器を重ねて録音していきます。この手法をオーバーダビング(重ねる録音)といいます楽器のセッションごとにセッティングを増やしていくので、ミキサー担当の学生も気を引き締めて頑張っていました。技術はもちろんですが、ミュージシャンとコミュニケーションをとりながら、現場を円滑に回していくことが課題ですねこの後もレコーディングは続いていきます。その様子は、後編でご紹介しますね。乞うご期待

      2
      テーマ:
  • 13Jun
    • 【2019年度 AO入試】エントリー受付中です。*音響芸術専門学校

      おはようございます!東京も梅雨入りしたとのことですが、本当?といった良いお天気ですあら?先週も同じことを言っていましたねどうも、音芸・広報(小)です入学相談室より、AO入試 エントリーのお知らせです。2019年4月入学生対象のAO入試のエントリーが6月よりスタートしています!学費の割引制度(A日程及び地方入試対象)や、納入金の分割、入学前学習など多くの特典が用意されています!エンターテインメント業界を目指す皆さん、音芸で一緒に夢の実現を目指しませんか学外説明会/オープンキャンパス/個別学校見学のいずれかへの参加が、本校AO入試のエントリー条件になっています。エントリーシートは各イベント・見学でお渡ししています!学外説明会http://www.onkyo.ac.jp/event/briefing.phpオープンキャンパスhttps://www.onkyo.ac.jp/open/個別学校見学https://www.onkyo.ac.jp/open_kojin/エントリーシートをお持ちでない方も、まだまだ入手のチャンスはあります!また、この夏は第1次~第4次まで、4回の面接実施日が設定されていますので、学校の行事や夏休みの日程に合わせての受験が可能です。AO入試の詳細は、入学要項のページよりご確認くださいhttp://www.onkyo.ac.jp/admission/ao.phpみなさんのエントリーをお待ちしております

      テーマ:
  • 08Jun
    • 昨日のオープンタイムでは♪*音響芸術専門学校

      おはようございます!関東も梅雨入り!?え???っというくらいの良い天気の東京からお届けします音芸・広報の(小)ですさてさて、昨日のことですが、1年生の学生さんが「オープンタイムにこんなことやってました」と一枚の画像を送ってくれました学生ラウンジで皆でテーブルを囲み、何やらやっている様子です・・・実は、音芸には時間割の中で授業の無い空き時間に、自主学習や実習練習を行えるオープンタイムというものがあります。もちろん、活動に必要な教室やスタジオ、必要な機材等も借りられます。そして、昨日のオープンタイムでは、学生達が自主学習をしていたそうなんです「電気電子の基礎」という科目で小テストがあったこともあり“分かる人が分からない人に教える”という目的でみんなで声をかけあって集合したんですって担任の先生も、教え合うのは互いに理解が深まるからとても良いねとお墨付きをくれました同じ道を目指す学生同士の友情と志の高さに、ただただ感激してしまいました(それをブログ用に画像をくれたこともねありがとう)入学して約2か月が経った1年生。たくましい成長ぶりを見せてくれていますみんな、がんばってね

      4
      テーマ:
  • 01Jun
    • メイクアップで華麗に変身!*音響芸術専門学校

      おはようございます今日から6月!ということで、ロシアの大地に思いを馳せずにいられない音芸・広報の(小)です今日の授業紹介は、まずは1枚の写真からメイクアップの授業で変身しちゃったパフォーマーズ・ディヴィジョンの1年生です授業終わりに、広報室に見せに来てくれましたよ左の彼は、特殊メイクで頬に傷をメイクしてもらいました。痛そうっ・・・(傷メイクをアップでも撮らせてもらったのですが、あまりのリアルさにブログへの掲載を自粛いたしました)そして、右の彼女は、彼です………そうなんです、実は男子学生さんなんですよ~かわいいですよね~先生のメイクテクにただただ感動するばかりですそして、こちらは2年生の女子たちです宣材写真やオーディションで映えるメイクを教えてもらったそうです普段から皆可愛いですが、より自分のチャームポイントを魅せられると効果的ですよねパフォーマーズ・ディビジョンの各学科では、オーディション対策科目として、今回のようなメイクアップ講座や(特殊メイクはオプションです:笑)、衣装についてのセルフプロデュースをレクチャーする授業も行っています。在校生の皆さん、出演者としての素養もどんどんブラッシュアップさせていきましょうねお ま け そして、彼女と彼氏はエレベーターで教室へと戻っていきましたとさ。ちゃんちゃんあぁっ!彼女、お洋服が・・・(次回は可愛い衣装も準備しましょう。)

      テーマ:
  • 28May
    • 学外説明会~後半スケジュール~のご案内*音響芸術専門学校

      おはようございます!オープンキャンパス体験授業の音響オペレートを学生スタッフと競った結果、完敗を記した広報の(小)ですorzそんな学生スタッフが大活躍をしてくれている音芸のオープンキャンパスに、皆様にお越しいただきたいところなのですが・・・、「週末の予定と開催日が合わない・・・」「遠いからなかなか行けないよー」などということも、ありますよねそこで!ぜひぜひ活用さたいただきたいのが、進学ガイダンスです進学ガイダンスでは、一会場に沢山の専門学校や大学が相談ブースを設置一度のご参加で、気になる分野の学科の説明が聞けちゃいますもちろんパンフレットも、一度に大量ゲットだぜですよそして、音芸は毎年4〜6月開催のガイダンスに参加をしているのですが、今日の福井会場から後半スケジュールがスタートしました今回は中国・四国地方や九州地方を中心に、音芸の教職員が会場に行きますよスケジュールの詳細は、公式サイトの学外説明会のページよりご確認ください!http://www.onkyo.ac.jp/event/briefing.phpもちろん音芸ブースでは、特典いっぱいのAO入試エントリシートを配布します※学外説明会/オープンキャンパス/個別学校見学のいずれかへの参加が、本校AO入試のエントリー条件になっています。お近くの会場をチェックして、ぜひ出かけてみてください皆さんとお会いできることを楽しみにしています

      1
      テーマ:
  • 24May
    • ワイヤレスケアという舞台のお仕事*音響芸術専門学校

      おはようございます!運動会シーズンということで、お隣中学校の練習の声にテンションが上がっている音芸・広報の(小)ですさて、今日ご紹介する授業は、ミュージカル&ステージスタッフ科の2年生の授業です。テーマは、ワイヤレスマイクの取扱いについてです皆さんもミュージカルなどのステージ作品を鑑賞しに行った際に、出演者の方が小さなマイクを付けているのをご覧になったことがありますか?舞台の仕事で、このワイヤレスマイクの管理や運用の全てを担当するのが、ワイヤレスケアというお仕事で、舞台音響の中でも重要な役割を担っているのですでは、さっそくその授業の様子をみてみましょう!ご講義くださるのは、舞台音響家の石丸先生と、白石先生です午前中は石丸先生より舞台の仕事や音響の技術についてお話をいただき、午後は白石先生がワイヤレスマイクの取扱いを実際に作業を見せて教えてくださいましたこちらはワイヤレスマイクを衣装や出演者さんの身体につけるための資材です。そして、右の写真の黒い機械がワイヤレスマイクです。色々な種類のテープ、衣装用の安全ピン、専用の髪留めなどなど、様々な道具と資材を駆使して、マイクを付ける工夫をされているそうですマイクのヘッド(先端部分)は出演者の方のお顔周りに付けますが、音声信号を無線で飛ばす送信機はどんなに小さくても手のひらサイズになってしまいます。これをどの様に体に付けるかも課題となってきます。衣装に隠れるようにとか、体の動きが激しい演目内容かどうかとか、ケースバイケースでベルトなどを用意して対応します。皆が手に取って見ているのは、送信機を入れられるベルトです。公演にあわせてオリジナルで作ることも多くあるそうです実は、お裁縫もできないと、ワイヤレスケアのお仕事ってできないんですって学生達が出演者の役になり、白石先生が実践してくれました!直に付ける方法や、ワイヤーを使って耳掛けを作る方法など、実際にワイヤレスマイクをつけてもらいましたよこの後は、付ける方法や位置による音の違いについてや、実際の作業を(もちろん、学生もチャレンジ)レクチャーしていただきましたミュージカル&ステージスタッフ科ならではの、実に興味深い授業でした石丸先生、白石先生、ありがとうございました

      1
      テーマ:
  • 16May
    • こんな授業もやってます!*音響芸術専門学校

      おはようございます!今週は毎日暑くてアイス食べたい欲求と戦っている、音芸・広報の(小)ですお久しぶりとなってしまいましたが・・・授業の紹介です今日ご紹介するのは、音響工作実技ですえ工作何をというのは、後々に明かしていくとしてまだまだ序盤の今回は、こんなことをしてましたラックマウントされた機材をドライバーを使って、設置/取り外してみるです。(スタジオ等では色々な機器が棚にネジで取り付けられてまして、それをラックマウントと呼んでいます。)音響工作実技の授業は、今後は、ケーブル作りや機材メンテナンスと続いていくのですが、まずは色々な工具の取り扱いに慣れていくところからスタートですそして、次の時間には、HR教室で、半田(ハンダ)付けに挑戦です。技術・家庭(最近では生活科とか言うんですか?)の授業でやりませんでしたか?ワイヤー状になっている金属をコテで溶かして、電子部品や銅線を接続するヤツです。あ、文章で説明するより、写真を見てもらえれば一目瞭然ですね技術スタッフを目指すには、工具を使って行う作業も幅広く身につけていかなくてはならないんですね。また別の機会に、もっと具体的に紹介していきたいと思ってます

      4
      テーマ:
  • 09May
    • オープンキャンパス、学生スタッフ活躍中!*音響芸術専門学校

      おはようございます!なかなか連休ボケが解消されない音芸・広報の(小)です高校生の皆さん、高校生でない皆さんも、もうOngeiのオープンキャンパスにはご参加いただけましたでしょうか?実は、5月のオープンキャンパスから、新一年生の学生スタッフ参加が始まりました先週の記念すべきデビュー回には、2名の学生スタッフが活躍してくれましたよ4月の下旬には、キックオフとして、学生スタッフの説明会も行われました学スタの心得を説明する見上学校長も嬉しそうなお顔ですねぇ説明会終了後には、さっそく担当日程の調整もしてくれていましたボランティアで参加をしてくれる、頼もしい学生達ですオープンキャンパスにお越しの際は、ぜひ学生達に学校の様子など聞いてみてくださいお気軽にお声掛けくださいねオープンキャンパスお申し込みはコチラhttp://www.onkyo.ac.jp/event/

      1
      テーマ:
  • 08May
    • Ongei Presents「エンタメ Back Stage Pass!」がスタート

      学校長の見上です。2018年度の授業が始まり、1年生も2年生も連日元気に登校してきています非常に明るいエネルギーが音芸に満ち溢れています!さてそんな中、実は5/3(木)から、私、見上が、子供の頃からのニックネームである「ブーランミカミ」という名前でナビゲーターを務めるインターネットラジオ番組が始まりましたので、今日はそのお知らせをしたいと思います。タイトルは、Ongei Presents「エンタメ Back Stage Pass!」普段一般の方が触れることの少ない、エンタテインメント制作の裏側を、実際に現場で活躍する出演者やスタッフからお聞きするマニアックなインタビューが中心になっている番組ですゲストは基本的にすべて、音芸の卒業生/在校生/教職員/講師/提携先企業の方々など、音芸ゆかりの方々です最初の数ヶ月は、私見上のセルフプロデュースでお届けしますが、後期(10月)になると、教務部長のクッスーこと、楠元先生が指導するウェブコンテンツ研究のゼミがスタートすることですし、そもそもラジオ番組制作は音芸生の得意技!よって、このラジオ番組の制作実務は、追い追い在校生達に委譲していくつもりです放送は毎週木曜22:30からの30分間。以下のリンク先からお聞きいただけます。RadiCro(レディクロ)インターネットラジオ局また、放送後、1週間はこちらでアーカイブ音源を聴くことができます。Ongei Presents「エンタメ Back Stage Pass!」ぜひ、お時間のある時にお聞きくださいエンタテインメント業界の今を知ることから、音芸を入口に広がる、皆さんの未来を感じていただければ幸いです

      1
      テーマ:
  • 16Apr
    • 2018年度、新入生研修会!

      皆さんおはようございます!1年生の中では初めましての方もいるかな?最近は午後時間帯にだけ出没するMです。今日は先週土曜日に行われた新入生研修会の様子をお届けします。まずはLiveQにて先生たちのありがたい講話を頂きました。目をキラキラしながら話に集中している皆さんの姿は、レポートのためだけではないことを信じてますその後はみんながお待ちしていたウォークラリー!班に分かれて学校の周辺をめぐりながらミッションを解決していく楽しい企画です。各ポイントで待っている先生と写真を撮ったり、駆け付けてくれた先輩とも楽しい会話ができたりそしてあやしい不審者をつかまえたり(不審者の正体は学校の先生です(笑))ミッションをコンプリートした班には豪華な賞品も!点数で以下の3班が1,2,3位に順位には入りませんでしたが素晴らしい写真を撮って送っていくれた班にもちょっとした商品が!まだまだ終わりません!ここからは学生も、先生も、みんなでジャンケン大会!見上学校長と春風ぶく学校長との勝負で買った二人が商品をゲットしました。私も学生の頃ウォークラリーをやっていたことを思い出しながら楽しい時間を過ごせました。そして音芸の周辺には海外からの観光客も多く尋ねる名所や神社、お寺などがあるため地方から来た学生たちにはとても楽しい時間だったのではないかと思いますお互い協力し合ってミッションを解決する姿はとても素敵でした。これからグループで行う授業がいっぱいあると思いますが、この日のようにみんなで協力し合うようしましょう!

      4
      テーマ:
  • 13Apr
    • デモボイス収録*音響芸術専門学校

      おはようございます皆さん、新年度の目標はもう決まりましたか?個人的にはお菓子の摂取量を減らしたいと思う音芸・広報の(小)ですさて今日は、授業紹介の今年度第一弾をお届けしますお邪魔してきたのは、パフォーマーズ・ディビジョン2年生の授業『デモボイス制作』です。別棟のメディアセンター地下にあるスタジオでの収録(本番!)が行われていましたよ担当の杉浦先生と、春休みをはさんでの久々の再会です実はこの授業、1年生からの続きで2月から原稿作りや練習に取り組んでいたのですそして、とうとう、収録本番を迎えたのでしたっブースに入ったばかりの時は少し緊張も見られましたが、声を出しているうちに良いテンションになってきましたよどのようなニュアンスにすれば自分の魅力や伝えたいことが表現できるか、収録中も試行錯誤しながら取り組んでいました。仕上がりが楽しみです今後は宣材写真を撮影し、今回収録したデモボイスとともに音芸の公式サイトに掲載されます。アップの際は改めてお知らせしますので、皆さんも公開を楽しみにしていてくださいね

      1
      テーマ:
  • 10Apr
    • 入学式~新年度スタート!*音響芸術専門学校

      おはようございます今シーズンは、うっかりお花見の時期を逃してしまった音芸広報の(小)ですさて音芸でも、いよいよ2018年度がスタートです新入生の皆さんについては、先週の木曜日に入学式が、翌日金曜日は教科書販売が行われましたそして、昨日からは2年生もともに、新年度の授業がスタートです音芸生の皆さん、座学も実習も就活準備も、何事にも張り切って臨んでいきましょうね今年度も、Ongeiをどうぞよろしくお願いします

      2
      テーマ:
  • 27Mar
    • 2019年度学校案内パンフレットを配布中です!*音響芸術専門学校

      おはようございます!そろそろお花見に行きたくてうずうずしております音芸・広報の(小)ですさてさて、春の訪れとともに、音芸では新しいパンフレットが完成しましたよ2019年4月入学対象の学校案内パンフレット&入学要項です先週より、以前に資料請求をしていただいたことのある、新3年生・新2年生の高校生の皆様へ、順次発送をさせていただいています音芸の各学科で学ぶ内容や学校生活の様子が分かりやすいように作っています!ぜひぜひご覧になってみてくださいねまだ資料請求をされたことの無い方は、こちらからどうぞ音芸公式サイト~資料請求フォーム~https://www.onkyo.ac.jp/siryo/新年度も、音芸をどうぞよろしくお願いいたします

      1
      テーマ:
  • 14Mar
    • 4月から音芸に入学するためのラストチャンス!★2018年度欠員入試案内★

      ★2018年度欠員入試:出願受付情報★【欠員入試】日程:2018年3月26日(月)願書受付期間:3/12~3/23会場:音響芸術専門学校・東京本館校舎募集学科:各科・若干名~一般入試の詳細はこちら~2018年4月入学にまだ間に合います!音芸で、エンターテインメント業界を目指しましょう!ご質問・ご相談などございましたら、お気軽にお問い合わせください音響芸術専門学校・入学相談室  03-3434-3866  info@onkyo.ac.jp

      4
      テーマ:
  • 06Mar
    • 就活応援!愛宕神社に行ってきました~

      皆さんおはようございます!休みに入ったのに毎日学校で勉強に励む学生をみて感心しているMです。今日は、就活で頑張っているすべての学生に応援を送るため!学校近くにある「愛宕神社」をご紹介します!国内だけではなく外国でも多く知られている愛宕神社には有名な「出世の石段」があります。この階段を上ると出世するということで、就活の時期になるとOngeiの学生が訪ねたりします。たまに下る人(主に外国人)がいて、この日も遭遇しましたが、英語が出来ないMは悲しい目で彼らを見つめるしかありませんでした。I`m so sorry...長い階段を上ると神社が現れます。そして、出世の石段の由来となった曲垣平九郎様と、江戸城無血開城のエピソード(愛宕山)でも知られる西郷隆盛と勝海舟の顔はめパネルがあります。いわゆるフォトスポット!私も2年生の頃はクラスの友達とここで就職成就の祈願に来ました。まだ就職で悩んでいる人、そしてこれから就活に入る人は是非愛宕神社に行ってみましょう!

      2
      テーマ:
  • 01Mar
    • 春休みです!*音響芸術専門学校

      おはようございます学校近くの梅が咲いているのを見つけましたongei広報の(小)ですongeiでは昨日で2017年度の全ての授業が終了し、今日から春休みです3月15日には2年生の卒業式があり、1年生は2年生になり・・・、なんだか1年があっという間です今年度も音芸生たちの1年間の成長は目を見張るものがありました卒業制作研究発表会での2年生の頼もしい姿、昨日・一昨日の学外ホール実習でテキパキと動く1年生たち、入学当初は何も分からなかった皆が実力をつけてキラキラしていますさぁ、春の訪れとともに、社会人として、2年生としてのスタートが切られます新年度も元気にがんばっていきましょうね~おまけの写真~お天気が良かったので学校のベランダから東京タワーを撮ったら、太陽からレーザービームがみなさんも、楽しい春休みを過ごしてくださいね

      1
      テーマ:
  • 28Feb
    • 1年生、アニメーション音響制作*音響芸術専門学校

      おはようございますお久しぶりのブログを書きますongei広報の(小)ですさて先日、音響監督・ビジュアルアート制作科1年生のアニメーション音響制作Ⅰの授業で、スタジオにお邪魔してきましたこの授業はパフォーマーズ・ディビジョン各科の学生達との協学(コラボ)実習になっていて、出演者と制作スタッフが互いの得意分野を活かして作品制作に取り組んでいきます。内容はズバリ!アニメーション作品へのアテレコ作業ですスタジオでは、音響監督・ビジュアルアート制作科の学生が、エンジニア・スタッフ、音響監督役を担当。入学当初から勉強を続けているProTools(プロツールス=音声録音・編集ソフト)のD-Controlシステムを使って録音しますこちらは声優さん役を務めるパフォーマーズ・ディビジョンのメンバーです前回の授業では、配役オーディションも行われ、あとは収録本番を待つのみですリハーサルでは実際にアニメーションに声を当ててみて、台詞の言い方や声色など、本番での演出プランを練っていきます。授業担当の滝本先生も熱心にアドバイスをしてくださっていました。この日の授業では、アテレコの作業をいかに実務レベルで進められるかにポイントがあったと思います演技や機器操作といった各担当の役割に加え、一緒に現場の作業を進めていく人達とコミュニケーションをとることも大変重要なことですねそういったことの積み重ねでよりよい現場にしていくことが、作品のクオリティを高めていくことになります2年生になると、学生だけで作品制作に取り組む実習も増えてきます。この日に学んだ経験を活かせるよう、各自で復習・振り返りをしておきましょうねみなさん、お疲れ様でした

      1
      テーマ:
  • 27Feb
    • 舞台制作を1から*音響芸術専門学校

      おはようございます。休み明けで少しボケているMです。今年に入ってから実習が増えている1年ですが、その中でも本日は「演劇課題制作」授業をご紹介します。この授業ではコメディパフォーマンスユニット「小心ズ」のヤノミ先生を講師としてお招きし、渡された台本をもとに音響、照明などのプランからオペレートまで学生が直接行います。皆で考えた照明を相談しながら作ります。自分たちの演出に対して先生からのアドバイスを受けます。照明と、音響を合わせて舞台でどのように見えて聞こえるかを確認します。どんどん舞台が完成に向かいますすべての班がゲネを行い、その中で最も優秀な班は15分の舞台を創ります。本番で直接演じてくれたヤノミ先生!授業の時とはまた違うとても素敵なパフォーマンスありがとうございます!同じ内容でも班ごとに解釈はそれぞれで、面白い舞台に仕上がりました。緊張して慌てる班もいましたが、舞台を1から作ることで演劇を作る様々な知識を身につけました。この知識を生かして2年も頑張りましょ!

      1
      テーマ:
  • 23Feb
    • 第45期卒業制作研究発表会、その3*音響芸術専門学校

      おはようございますカーリングがしたくて、何故かルンバが欲しいMです。発表会のレポート3日目!本日はステージ上で行われた研究発表や演劇、パフォーマンスをお送りします。その前に華麗なる舞台、その裏を守っている彼らの姿をどうぞ本日紹介する最初の作品、そのタイトルも「オンゲイ+カレシ」舞台の演劇と映像が融合しているこの作品は、音芸の個性豊かな構成の中誰が主人公にぴったりな彼氏なのかを判定してもらう作品です。果たして彼女にぴったりな彼氏はだれなのかそして2つの研究発表を紹介します。一つは音響機器で実験した内容を発表した研究発表「音響機器の違いによる音質の変化について」です。このチームは自分たちで実験した内容をしっかり、本とCDにまとめ当日の来客にお配りしました。内容もとても忠実していて1年生が特に喜んでいました。もう一つの発表は「音に関する現像や錯覚について」です。この研究発表は当日その場で来客に音を聞かせながら耳の錯覚に関わる実験を行いました。クイズのようなアンケートのような内容で、来客の皆さんは興味津々で発表を楽しんでいました。今年の演劇作品はパフォーマーズ・ディビジョンと本校の講師である篠原先生が所属する劇団SINKの共同の舞台「はるまいぶき」です。母の死を目前にしている兄弟たちの話で、家族との絆を感動的に描いた作品でした。悲しいストーリーにも関わらず、所々笑いもあって、とても良い作品でした。最後に紹介する作品は、美しいダンスとCG映像が素敵な「witching hour」です。魔女に誘惑された少女が段々魔女に魂を奪われる姿を二人のパフォーマンスとそれとシンクロする映像で表現した作品です。映像のCGはもちろん、パフォーマーとのシンクロも素晴らしい作品でした。2年間の全てを出し切った2年生たちは少し心残りはあるようでしたが、彼らの顔はとても明るく光っていました。本当にお疲れ様でした

      2
      テーマ:

プロフィール

音響芸術専門学校

自己紹介:
更新staff #スーパー・M #古株・小 #グローバル・P #コーチョー・見上

続きを見る >

読者になる

このブログの読者

読者数: 0

読者になる