札幌のコーチング大家です。

 

 

 

今日観ていたテレビの中で、クレジットカードに関するテーマを取り上げていた番組を2つ観ました。

 

 

1つはクレジットカードのリボ払いについて。

 

 

自分が知らない内に、いつのまにか支払方法がリボ払いになっているかも?という話。

高額な手数料を支払っていないか、チェックすべきとの事でした。

 

 

 

もう1つがクレジットカードのポイントについて。

 

今まで現金支払をしていた人は、クレジットカード払いに変えることで、

様々なポイントがもらえるかも?という話。二重三重のポイント取りも可能だとか。

 

 

家計を節約する話は仕事柄興味があるので、チラチラ眺めておりました。

 

 

 

 

最初に観た番組では、なぜリボ払いが存在するのかという説明をしていました。

 

 

毎月の支払いを平準化するメリットがある・・・らしい。

 

 

これはひどい説明です。

 

支払いの平準化といって、利用者が知らない間に多額の利息をカード会社が搾取しているだけ。

リボ払いの平均金利は年15%です。

(投資用物件でも表面利回り年15%といったら、そこそこのモノです)

 

 

そしてカード会社はこのリボ払いを勧めるキャンペーンを、頻繁に開催しています。

 

抽選で数十名様に名産品をプレゼントするとか、クレジットカード会社のポイントを数千ポイント付与したりすることで、通常払いをリボに切り替えさせようとします。

 

利用者が説明をよく読まないまま応募させて、コソッとリボ払いに切り替えるのですから。

 

それだけカード会社にとって儲かるのがリボ払いなのです。

 

 

 

そしてもう一つの番組では、クレジットカードでいかに沢山ポイントを稼ぐか、

いわゆるポイ活の事例を取り上げていました。

 

 

新しくクレジットカードを作って、その作ったカードで○○ペイなどにチャージし、

そのペイで買い物をして、更に買い物する際に、別のカードを提示することで云々・・・

 

 

効果はありますが、手間かかる割にリターン少ないという感想でした。

 

 

 

それならば最初にカード作る段階で、それ以上のポイント稼ぐことも出来ます。

 

 

例えば楽天カード。

CMでもご存知のかた多いはずです。

新規でカードを作る際、7,000ポイントや8,000ポイントがもらえます。

 

 

大半は1ヶ月とか期間限定なポイントになりますが。

 

 

でもそれを「ポイントサイト」と呼ばれるインターネットサイトを経由して、新規にカードを作ると、タイミングによっては10,000円以上のポイント相当が別途付与されたりします。

 

大きく貯めたポイントをマイルに変えれば、家族旅行や仕事での出張の旅費も浮きます。

 

 

毎日の買い物でポイントをこまめに二重取り狙うより、こっちの方が手っ取り早いです。

 

 

 

ポイ活している方は多くて、ネットでも専門サイトで色々御紹介されている方がいますが、

そういったプロの方々は普通に数十万ポイントを貯めていたりします。

 

 

たぶん日常の買い物などで貯めたというより、特別な紹介案件などをこなすことで

数十万ポイントも貯められているのでしょう。

 

 

テレビの情報は間違ってはいませんが、肝になる部分は中々オープンにしてくれません。

民間の局にとってはスポンサー様なので、あまり詳しくやり過ぎるとマズいのかも(笑)

 

 

番組で色々紹介しておりましたが、

目先のポイント欲しさにカードで買い物し過ぎると本末転倒です。

家計費の節約に全くなりません。

 

 

ご利用は計画的にという所です。

 

使える家を貸して、家賃収入がほしい方。全力でサポートさせて頂きます。

 

札幌のコーチング大家です。

 

 

家賃収入を稼ぐ、つまり不動産投資の第一歩を踏み出す為に。

 

 

まずは家を購入するのに、必要な自己資金について書きます。

 

 

 

この自己資金を最初にいくら貯めるか問題。

そもそも家を買う為の資金が、現時点でいくら用意できるか把握できているでしょうか。

 

 

目標自己資金を300万円とします。

 

 

仮に毎月の給料の手取りが20万であるなら、

毎月かかる家計費が16万、残りは自由に使えるお金として4万。

 

これを12ヶ月極力手をつけずに貯めて、

夏冬ボーナス3ヶ月として、年70~80万はいけそうです。

5年待てば400万近い自己資金が用意できる計算に。そんなイメージかと。

 

 

 

自己資金の貯め方、特に秘訣はありません。

 

無駄な買い物をせずに、

極力自炊して、

何となくでも家計簿をつける。

 

 

全くつまらない話に聞こえますが、

それが一番です。

 

 

携帯電話を格安スマホに変えたり、

無駄な生命保険を見直してみるとか、経費を減らす方法は沢山ありますが、

毎日の自分自身の生活スタイルを変えることからが大事。

 

自分のお金をキチンと管理する訓練です。

 

 

そして自然に貯められる体質にすること。

 

 

自分のお金を管理できない人が銀行からお金を借りたら、問題が大きくなるだけなのでオススメしません。

 

 

 

私はある程度お金を貯めた上で、

自己資金と銀行借入れで物件を買うか、

自己資金のみで物件を買うか、

どちらでも行ける状態でスタートしました。

 

 

結局最初に現金で古アパートを購入出来ましたが、買った当初の銀行残高は10万位しか残っていませんでした。

 

 

いま考えると、かなり無茶しました(笑)

何かあったらどうするの?という程、手元にお金がありませんでした。

 

ですが自分なりにお金を管理した上で、これなら何とか大丈夫!と判断出来ました。

 

 

 

経験を積んだ上で自己資金の問題について言えること。

 

 

まずは家賃収入が稼げる家、と考えるなら、

自己資金は100万もあればスタート可能だと分かりました。

 

手元資金が少なければ、良い物件をそれなりの値段で買えばいいことです。

景気に関係なく、必ず嘘のような価格で変える物件はあります。

 

そんな物件から、家賃収入が入ってきた時の喜びはひとしおです。

 

 

まずは一日でも多く、大家さんとしての経験値を沢山積むことです。

 

あなたに合った家賃収入の稼ぎ方をレクチャーします!

札幌のコーチング大家です。
 
 
不動産で家賃収入を稼ぐにあたっては、同時に家を管理するための経費がかかります。
 
管理会社などに頼む管理費はまだしも、突発的に壊れたり、不具合が起きたときの
修理費用では多額のお金が発生する場合もあります。
 

部屋の内装、水回り、外壁、鉄骨階段等。
こんなにかかるの?と顔をしかめたくなる見積が来る時もあります。
 

でも店子さんが住む大事な家。
少しでも長く気持ちよく住んでもらえるよう、大家さんは努力しなければなりません。
 

お客様からお預かりするお家賃から、色々工面しながら上手に経費を抑えるのも、大家業の重要な仕事なのです。
 
 
 
 
先日、アパートの屋根を張替することになりました。
 
約10年以上前に購入した物件。
屋根は一度だけ塗装を実施しただけでした。
 
 
基本的に屋根工事は支出も高くつく工事です。
 

 
色々迷いましたが、思い切って決断。
お陰様で相当傷んでいた屋根は、綺麗に蘇りました。
 
 

 

 

今回新たな発見。
アップで撮られていますが、軒下に結構大きな穴が!

いままで全く気が付きませんでした。

 

 

家が山に近い場所で、おそらくキツツキが空けた穴ではないかと、工事業者のお兄さんからの報告です。張替のついでにトタンで塞いで頂きました。

 

 

 

大家になって私は何年も経ちますが、毎年知らなかったことや驚くトラブルがあります。

その度に授業料を払いつつ勉強です。

 

 

そうして次に同様のトラブルが発生した時には、もっと上手に対処できます。

今度は修理費用が最初より3割安く抑えられたり、保険適用でお釣りが出ることもあります。

 

 

経験を一杯重ねて知恵をつければ、

いつか修理コストをゼロにできる日がくるかもしれません。

 

初めての不動産投資を全力でサポートします!

 

札幌のコーチング大家です。

 

 

 

大家になって家賃収入を得たいという方は沢山いますが、実際に家を買うのにどの位資金が必要なのか、人それぞれ認識が違います。

 

 

実は家を買うには、必ずしも沢山のお金が必要な訳ではないのです!

 

 

知ったかぶって書きましたが、長年大家業をされている方からしたら、当たり前だと笑われるかもしれません。

 

 

 

私は生まれてこのかた、持ち家に住んだ事の無い人間です。

なので大家業を始める前は、家は高い買い物だと信じておりました。

 

 

まして部屋がいくつもあるアパートやマンションというのは、数千万は下らないものばかりで、銀行からお金を借りないと買えないという認識でした。

 

 

そのためにこんな事を繰り返していました。

 

家賃収入がほしい

→その為にアパートを買いたい

→銀行からお金を借りなければならない

→でも借りたお金が返せなくなったら大変だ

→周りで不動産投資に失敗した話を何度も聞いたことがある

→いま焦って買う必要は無いのでは

→また今度考えよう

→でもやっぱり家賃収入がほしい

 

 

自分ひとりの中でグルグル同じことばかり考えていました。

完全な無限ループですね(笑)

 

 

 

皆様の中でも家賃収入を稼ぎたい、アパート経営したい方の中で、もしこのようなループを繰り返していたなら、どこかでこの認識を変えてあげる必要があります。

 

 

 

私の場合は、

「銀行からお金を借りなければ家は買えない!」

「周りで不動産投資で失敗した話を何度も聞いた!」

 

 

この2つの問題を解消していくことで、以前より前向きに動き始められました。

 

 

解消できた理由は、

そんな自分だけの認識と、真逆の行動や考えをする人と運良く出会えたことです。

 

 

お金が潤沢でなくても、銀行から借りずにアパートや戸建の賃貸で実績を上げている方

 

不動産投資のお陰で自由な人生を謳歌できている方

 

 

 

そんな方々と繰り返し話す機会を持てたことで、自分の中のできない!という枠を取り払えました。

 

 

いまでは家を買うには、必ずしも沢山のお金が必要ではない事が分かりました。

 

 

変な話、買う気になれば0円でも仕入れることが出来ます。

 

 

そして家計を助ける為の家賃収入を得る為には、

まずは価値のある家を安く買うこと。

この「価値」というのがポイントです。

 

 

その次からの運営がとても楽になります。

札幌のコーチング大家です。

 

 

 

 

今日は家族でお出かけでした。

 

 

 

仕事を兼ねての外出だったので、私は途中仕事の用事で別行動となり、嫁さんと娘は近くの水族館に行ってきました。

 

娘はお気に入りのトドショーを観てきて大変ご満悦。

 

 

 

そこでこんな話を教えてくれました。

 

 

 

トドショーの中で飼育員さんが投げた魚をキャッチする芸があるのですが、娘がお気に入りだったトドがそのキャッチに失敗。

 

 

その姿を観ていた観客の方々から「あ~」という声が出たらしく、それを娘が怒っていたんです。

 

 

 

「トドは一生懸命やっていたのに可愛そうだ!」

 

 

 

失敗して観客に責められたと感じたようです。

 

 

他のお客さんもトドを責めているわけでないよと慰めましたが、私はそういう視点を持った娘に感心しました。

 

 

観客の視点ではなく、演じているトドの気持ちで観ていたことです。

 

 

 

観客に腹を立てたのも、間違いではないと思いました。

 

失敗した相手の気持ちを慮るのは、優しさ以外の何者でもありません。

 

 

「もっと応援してよ!」

 

 

という気持ちだったと思います。

 

 

 

 

 

実はこの私もスポーツの試合中の際に観客が発する、

「あ~」というため息が大嫌いです。

 

 

 

少し前になりますが、テニスのクルム伊達さんが現役時代に、試合中に出た「あ~」という観客のため息にブチ切れたニュースを覚えていませんか?

 

 

 

クルム伊達 ため息に切れた!

 

 

 

 

当時は感情的になった伊達さんが悪い!という意見も多かったようですが、私はもっと一生懸命応援する気持ちで観ていたら、ため息だけで終わらずに「ドンマイ!頑張れ~」みたいな励ましが続けてあって良いと感じていました。

 

 

 

自分も学生時代にスポーツをやっていたので、応援される側の気持ちになって、そんな感情を覚えました。

 

 

 

ウチの娘も応援することが、その応援した相手の力になる!ということを信じているはずです。

 

 

娘が小さい頃に親子で一緒に受けた、褒めるセミナーの学びは娘の心にキチンと宿っていると感じました。

 

 

少し嬉しい気持ちになった休日の出来事です。