J1リーグ 第26節

横浜F・マリノス 1-1 柏レイソル


こうやって記事を書く力も衰えるドローだった。

幸運もあったが前半にが今季リーグで初ゴールで先制した。

が前半は慎重にきたこともあり

も組み立てからチャンスを作れた。


後半、柏がツートップで攻勢にきたこともありFマリは劣勢になる。

といっても得意の守備固めともいえる。

ただ連続負けなしが続いていた時期の中堅以下の順位のチームと違うのが

守備に余裕がないこととカウンターが思うようにできないこと。


守備では前節の戦同様、ボールの取りどころをどうしても下げられてしまい

攻撃はロングカウンターのみ。

それも学とマルゃんのドリブルが強引すぎて潰される場面ばかりだった。

1本2本パスをつなげればビッグチャンスになりそうな場面が多かったから至極残念だった。

ケイのところでボールが収まらないことも原因ではあるんだが。



選手交代も??だった。

の交代は金井が前半にイエローをもらっていたからしょうがない。

ケイマン→はどうだったのかな?

喜田をトップ下?に入れて相手のDFとボランチにプレッシャーを掛けさせた(つもり)。

はっきりと守り切るという意図はわかるが

これで完全に攻撃はほぼ見込めなくなった。

ボールが収まらないケイマンに代えるなら

やはりの方が良かったんじゃないか?

そもそもケイマンはもっともっとボールキープが上手くならないとな。


それに終盤はマルちゃんが完全に疲れていた。

エリクはなぜを投入しないのかなぁ?

押されていても攻撃を考えないと

結局はやられてしまううんだよ。


また前節の川崎戦とこの柏戦を見て思うのが

相手のボールキープ力だ。

こちらがプレスを掛けても余裕でキープする。

パスも正確でポンポンとボールがつながる。

まったく羨ましい限りだ。

Fマリは序盤はいいのだが終盤になると疲れもあるのか雑なプレイが増えてしまう。






それでも収穫といえばやはり学の今季リーグ初得点だな。

得点後はますます動きが良くなりチャンスを作っていた。

これからはまた中堅以下のチームとの対戦が続く。

ゴール量産を期待していますよ。

AD

ロシア・ワールドカップ アジア最終予選

日本 2-0 オーストラリ


ここ何回かはぬるいとかゆるいとかいわれるアジア予選。

それでもやはり本大会出場が決まるのはうれしい。

それもかなり苦しく決まった。

それもこれも最終予選の初戦でUAEにホームで負けたためだ。


その後は勝利するも主力のコンディションが整わず

また若手が伸びてこずチーム力は上がらなかった。


4年前の「自分たちのサッカー」からの脱却にも苦しんだ。

ハリルがいうところの「デュエル」「「タテに速いサッカー」への変更もなかなか進まなかった。


ただここへ来て特にこの試合ではショートカウンターがうまくハマった。


がしつこく「つなぐサッカー」をやってきたこともあって

高い位置からのプレスが有効だった。

豪がリードされてても放り込んでこなかったのは助かった。

日本にすれば放り込まれるほうがやはり嫌だったしな。

また豪がボールを持っているときに

日本のチェックに倒れてFKをもらおうということもなく

「正々堂々」と戦ってくれたこともあるな。


インサイドMFに井手口が入ったのも驚いた。

香川HONDAのコンディションがよくなかったこともあったが

蛍と井手口は二人とも守備的な選手。

ヘタをすると長谷部とトリプルボランチになりかねないと思った。

しかし相手ボランチに圧力をかけ続け

ボールを保持だれてもしつこくしつこく追い回し

最後まで集中も運動量も切れなかったのはすごかったな。


二次予選のような格下の相手にはむずかしくとも

豪のような対等に渡り合える相手には有効だった。


もハンパねえ大迫も体を張り、走り回り持ち味を出していた。

この試合では途中出場だった原口も2点目の起点になり結果を出した。

原口はこのチームの救世主になった。

戦に起用されてからこの最終予選で4得点。

戦う姿勢、タテへの突破。

これまでの代表には見られなかった。

ドイツへ行って本当に変わった。




さて本大会は日本より弱い相手はいない。

守備を固めてカウンターを狙うのも有効だろうが

それだけでは勝てないのも世界だ。

この試合でもテクニシャンとよべるのは乾ぐらい。

HONDA、香川がどう復活するのかも興味があるし

強烈なフリーキッカーも必要だ。

リードされて相手が引いたときにポゼッションからの崩しも必要になってくる。

そういったチームの底上げをハリルはどう作っていけるか注目していきたい。

AD

高校野球は花咲徳栄高校が初優勝した。


夏の大会では埼玉県勢初優勝だそうだ。


えっ?と思った。小生が幼いころ大宮工業高校が優勝したはず。


wikiで調べてみたら1968年の選抜だったんだね。


ちょうど小生が野球を見始めたころだ。



記憶しているのは逆転勝ちを重ねて優勝したこと。


また一大会2本のホームランを打った選手がいたこと。


当時ラッキーゾーンがあったにせよ木のバットだったし


一大会2本のホームランは王さん以来だったかな?


それが今年は一大会6本ですからね~~~あせる



今は高校野球に興味をもたない小生ではありますが


埼玉県勢初優勝ということで思い出したことを書いてみました。

AD


京王 鉄道フェス

今日は天気が悪かったが新宿まで出

京王百貨店の鉄道フェスティバルをのぞいてきた。

天気が悪いから出足が悪いかと期待したが

やっぱりお盆の時期の夏休み。

ガキんちょたちが親子連れでたくさんいたw。


日によってはタレントのトークショーもあったようだが

今日はよくわからないアイドルグループのステージの予定があったようだ。

が当然小生は関係なし。


内容は鉄道模型の売り物が飾ってあったり実際に走っていたり。

鉄道高校がレイアウトを作り、子供たちが実際に走らせていた。


京王百貨店 Nゲージ


これって模型の前方に小型カメラが仕込んであり

その映像を見ながら子供が操作していたんだよ。

これは臨場感があり面白かった。

運転席からの眺めだよ、まさに。


小生も幼いころ神田にあった交通博物館や

青梅鉄道公園の模型が走っているのを

夢中で見ていたのを思い出しました。

場所は京王百貨店だが

京王電鉄一色ということでなく

JRはじめ各私鉄の車両がそろい楽しかったよ。



京王百貨店 プラレール



あとはシミュレータでマスコンを操作して運転したり。

小生の幼いころはシミュレータなんてありませんから

いい時代になったもんだw。
京王百貨店 シミュレータ


その他にも鉄道車両が描かれた文具やタオル、Tシャツなど小物も豊富にそろい

大いに楽しんできましたよ。

小生も思わず小物を衝動買い。。。。。。冷や汗


久しぶりにいい鉄分補給ができました。

J1リーグ 第22節

横浜F・マリノス 1-0 サガン鳥栖


堅い試合展開でガッチリ勝利をもぎとった印象。


カウンターからのシュートをがはじいたところをが押し込み先制。

その後は安定した守備をベースにに攻められても危なげなくタイムアップ。


これで12戦連続で負けなし。

真夏の連戦もうまく乗り切った。

でも内容は結果ほどは良くない。


連戦の疲れもあるだろうが、パスミスも多いしシュートは入らない。

パスすべきところでドリブルをしてつぶされたり。。。。。

それでも結果が出ていることで自信になっているしチームワークもいい。

正の連鎖にはなっているな。


まあ鳥栖の拙攻にも助けられたところはある。

がなぜか先発から外れて

途中出場するもあまりボールが渡らなかった。

鳥栖はシュートまでの過程が見えず

ボールをキープしててもただなんとなくボールを回していた感じだった。

外国人もチーム戦術にフィットしているようには見えなかったし。

もちろんそうなったのもの守備時のポジショニングが良いからだろうけど。


逆にFマリはマルちゃの存在感が大きいから

多少アバウトなロングボールでも相手DFが慌ててくれて

それだけでもアドバンテージができる。

あとは決めるときにいかに決めるかなんだけど。


あとこのゲームではGKのが不安定だった。

キックは不正確、キャッチングもまずかった。

おまけにホームにもかかわらず足を滑らせたり。。。。。

まったくいつもの飯倉じゃなかったな。

いったいどうしちゃったんだろう?


逆に山中が存在感を増している。

運動量も多いしキープ力もある。

攻撃ではドリブルが冴えて左足でのクロスやシュートも強力だ。

このゲームの先制点も彼のシュートがきっかけだった。

もちろん守備もしつこくマークしてカバーリングもしっかりやっていた。

早く青いユニホームを着せてやりたいよ。

長友高徳に引けを取らないんじゃないか?w


とにかくよい結果が出ていてゲーム運びは安定している。

順位も3位で首位の鹿までは勝ち点差が3。

野球の言い方なら1ゲーム差だよ。

さあいよいよ上がはっきりと見えてきた。

コンディションを整えてしっかりと頼むよ!!