「褒められた時」の「リアクション」どうしてる? | 「私はお見合い演出家!」大内茉住見 / お見合い専門サロンBLANC 札幌

「私はお見合い演出家!」大内茉住見 / お見合い専門サロンBLANC 札幌

『お見合い演出家』の視点から、男のホンネ・女のホンネ、ありきたりじゃない『婚活の真実』をこのブログでお話します!札幌(石狩・岩見沢・恵庭・江別・北広島・千歳・苫小牧・小樽・他札幌市近郊)での出会い~結婚はBLANC/ブランにお任せ下さい♡


テーマ:






「お見合い専門サロン・BLANC(ブラン)」を続けて12年目の

主宰:大内が、自分の経験で感じたことを「大内論」としてお話します。





人から、何かしら、褒められる事ってあると思います。

その時、あなたはどんな「リアクション」をしていますか?


{31839D24-FAFD-40A2-8E97-E2176EE40E53:01}

大きく分けて、↓こんな感じだと思います。

あなたの普段のリアクションを思い出してみて下さい。


では、褒めますよ~。


「(あなたが着ている)そのTシャツいいね~。とっても似合ってるし、センスいいんだね♪」



リアクションは・・・


①「いえいえ。」と軽く謙遜する。
②「全然そんなことないよ。」と強く否定する。
③「ありがとう。」とすんなりいただく。



思い出しましたか?



②番と答えた方。


「全然そんなことないよ。」では、足りないですよね?




「全然そんなことないよ。これすごい安物だよ。

ここに毛玉も出来ちゃってるし、穴も開いちゃってるし、

ただ着てるってだけ。センスなんて全然ないよ!




・・・どうですか?
スッキリしましたか?





でも。

もうそのリアクション、たった今からやめましょう。
そのリアクション、正しいと思って今までしていましたか?
それとも無意識にしていましたか?

いずれにせよ、やめることをお勧めします。




そのリアクションをやめるべき理由は、この2つ


1つ目。
せっかく、あなたを褒めてくれた相手の気分を害してるって、知ってましたか?



2つ目。
相手は、褒めるだけの良い印象をあなたに感じていたのに、

あなたのリアクションを見て「何となくイヤ~な感じ」が、あなたのイメージになってしまいました。



そんなこと、あなたは望んでリアクションしていた訳ではないはずです。




褒められた時に強く否定する人の多くは、

そのリアクションが「相手にどう映っているのか」がわからずに、
無意識にそのリアクションをしています。
「ある事」の為に。



強く否定する人の多くは、


「とても謙虚な人」
「かなりの照れ屋さん」
「やっかいな美学」を持った人なのです。




褒められると、もう本当はとっても嬉しいのに
「褒められたことを真に受けて、表に出すのは自惚れ、慎むべし!」という


「やっかいな美学」「強烈な照れ」
「小さなパニック」を起こし、


その自分のパニックを抑える為に、ついつい「強めな否定的セリフ」が口から出てしまっている。
無意識に、自分で自分を制しているんです。
自分に「ダメ、ダメ。慎むべし!」って、しているんです。




自分の嬉しい気持ちを素直に表に出すことが恥ずかしいから、
それを抑えるのに、大否定のセリフが出てしまう。
自分としては、無意識ながらも自分の小さなパニックを制しているんだけど、
相手の人はそこまでは汲んではくれません。



「せっかく褒めたのに。そこまで否定しなくてもいいのに。(損した気分)」と感じ、
何となくイヤ~な気分になり、何となくシラケます。
同時にあなたに対して、「何となくイヤ~な感じ」という印象が残ってしまいました。



この「何となく」が恐ろしいのです。



「何となく」は、突き詰めれば言葉で説明できますが、

心の奥底で、瞬時に感じたものがこの「何となく」。

一度「何となく」を残してしまうと、取り外すのはなかなか難しいのです。





話を戻します。


大否定した本人は、大否定したことで、

自分の「小さなパニック」も無事抑えられたので、スッキリ!
その場を乗り切った感すらあります。


だからその後は、ケロッとしてたりします。笑
本人は、相手を否定したつもりはないですからね。


でも相手は、シラケてしまいました。
傍から見たら、おかしな2人です。笑





②番の人、どうですか?



褒められた時に、いつもとっさに大否定のリアクションをしてしまう

「自分の本心」に心当たりありませんか。


もう、そのリアクションはやめましょう。





では、今後はどんなリアクションをすれば良いのか?


相手の気分を害さないで、褒めてくれた気持ちに応えることができるのか。
褒められて、嬉しい気持ちを素直にどう表に出せば良いのでしょうか。



思い出してみて下さい。
子供のリアクションを。


{319C287A-C16F-474B-B47F-924510F8F05F:01}

子供に「かわいいね~♪」とか「偉いね~♪」と言ったら、

子供はニコニコしながら照れて、お母さんの後ろや物影に隠れませんか?
それを見て、褒めたあなたはますます

「かわいい~♪」と感じて、「良い気分」になりますよね。




それ!それ!




褒められたら、嬉しい!を素直に感じて

ニコニコして、

照れてお母さんの後ろに隠れる替わりに、
「ありがとう。」と言ってみてはどうでしょう。


↑これって、不自然な演技ではないですよね?
私、「小手先のテクニック」なんて勧めてはいないんです。



嬉しい→笑顔でニコニコして、

照れる→褒められた内容に対して、そう?」

素直に表現→「(褒めてくれて)ありがとう。」




なんて自然な感情移行!
そしてシンプルです。



「そう?ありがとう。」



これだけでOK。




あなたを褒めた相手も、あなたのことを良いと思ったから素直に褒めて、
照れるあなたを見てますます「かわいい」と感じ、「良い気分」になれるのです。



せっかくの「お褒めの言葉」は、すんなり有難くいただいてしまいましょう。

そして、褒めてくれた相手には、お礼に「良い気分」をプレゼント。



まあ、なんて素敵な瞬間でしょう!

でしょう?







人間、「かわいい」が感じられない人は好かれません。
愛されません。



「かわいい」は、幼い生き物だけの要素ではないのです。
成人にだって、それに男性にだって、あっていい要素です。


いえ、むしろ大人になってからの「かわいい」という要素は、とっても重要です。





この「褒めるコミュニケーション」は、

特に、初対面同士やあまり親しくない時期に、
誰もが無意識のうちに始める、コミュニケーション方法です。


同性間でも、

異性間でも、
ビジネスシーンでも、

恋愛が始まりそうな2人も

「褒めるコミュニケーション」から始まります。


それこそ「お見合い」の席でも。

(この大否定リアクションのせいで、何度冷や汗をかいたことか!んも~)


その大事なシーンをシラケさせたり、

残念な結果に終わらせない為にも、
改めて、自分の「褒められた時のリアクション」の準備をしてみてはどうでしょうか。




「準備なんて大げさだよ~、大内さん。笑」




と思われるかもしれませんが、
リアクションは、とっさにしてしまうもの。


それって、もう「癖」なんです。


次回の「褒められる」がいつやって来るかわかりませんよ。

ぶつくさ言ってないで、さあ、準備しましょう!





「準備」とは、イメージトレーニング。





今夜ベッドに入って目を閉じたら、「妄想全開」でイメージしてみましょう。



・・・褒められて→嬉しくて→照れて⇒「ありがとう。」って言ってる自分。

ほら、褒めてくれた相手も良い気分で笑っていますね。



眠る前に是非どうぞ。

きっと、良い気分で眠れますよ。



・・・良い夢見られるかも♪

ああ、良いことばっかり。



ではまた。







BLANCとは? /

<ブラン>で叶える「大人婚」。

設立から12年。
BLANC(ブラン)は、
札幌市・札幌近郊に在住の方を対象とした
「お見合い専門のサロン」です。

1名×1名で行われる、2時間の「お食事会=お見合い」。
厳選された登録メンバー。


詳細はこちらをご覧下さいませ。
BLANC(ブラン) : http://blancblanc.cc

×「お見合いパーティ」の業者ではございません。

BLANC お見合い演出家:大内茉住見 / 札幌さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス