山の上の宿坊 ~七面山奥之院ブログ
  • 05May
    • 宝厳石水神 御縁日

      ゴールデンウィーク後半初日の5月3日は奥之院の裏手中庭に勧請されている宝厳石水神(ほうごんせきすいじん)の御縁日でした。感謝のお経・ご祈祷をしてさせていただきました。                    宝厳石水神とは、七面大明神が霊験を顕した水神です。どうぞ皆さま、奥之院登詣修行の際には、お参りしてご利益をいただいてください。                                        参籠ありがとうございました。またのご参拝をお待ちしております。 合 掌          NNSネットワークサービス(11ch)にて七面山が紹介されます!                                       ★詳細タイトル「てくてく山梨百名山」山梨百名山#53 七面山チャンネル→11ch(NSSネットワークサービス)放送日 2018年5月21日~27日 6月4日~10日 七面山は山梨百名山の一つであります。是非先ずはお茶の間から山の魅力を!!!!七面山奥之院では『参籠』(お泊り修行)ができます。連泊も可能で、こちらも人気です!!翌朝、東の空が晴れていれば富士山から昇る御来光を拝することができます。また、ご参籠の方には「七面山登詣修行認定証」を無料で進呈しています。(A4サイズ)登詣修行の良い思い出のしるしになります。是非、皆様も取得してください❗お問い合わせ: 電話 0556-45-2125・先祖供養に塔婆供養は欠かせません。七面山で塔婆供養ができるのは、七面山奥之院のみです。   霊地での供養を希望される皆さんは、お電話にてお問い合わせください。 参籠代(開帳込)は4月から値上げしました。参籠代5500円 (開帳2000円を含む) ⇊こちらをクリックすると       ホームページに移動します⇊

      39
      テーマ:
  • 02May
    • 今年こそ七面大明神に祈ろう!

      5月に入ったばかりだというのに、夏日が続いていますね。今年は九星気学では「九紫火星」という年ですので、「火」の要素が強く出る=暑いということも考えられます。また、「九紫火星」の年には、火に関わる災害が起こりやすいです。火山の噴火や地震にまつわる大規模延焼や、不用意な火の取り扱いによる火災もあり、化学工場や化学薬品を扱う場所での爆発を伴う火災も心配されます。2018年に入ってから、ほぼ毎日火事のニュースが報道されているような気がします。それに加え、群馬県の本白根山や霧島連山の新燃岳では、火山噴火が起こっています。こんな年にこそ、七面大明神に手を合わせてください。七面大明神はかつて人に化して日蓮聖人に誓いを立て、身延山の伽藍を擁護し火災を防ぐ「水」をつかさどる龍神と言われています。             余談ですが、↑これは七面山奥之院にある「黒札」です。これは七面大明神の神力で「火の災い」を防いでくれるお札にもなります。火事や噴火など「火」に関する事故が多いときにこそ、龍神と向き合い、「水」を増やし、「火」の要素をおさえられるようにまた、皆が笑顔で平穏に暮らせるよう心から祈りましょう。                         またのご参拝をお待ちして居ります。      合 掌          NNSネットワークサービス(11ch)にて七面山が紹介されます!                                       ★詳細タイトル「てくてく山梨百名山」山梨百名山#53 七面山チャンネル→11ch(NSSネットワークサービス)放送日 2018年5月21日~27日 6月4日~10日 七面山は山梨百名山の一つであります。是非先ずはお茶の間から山の魅力を!!!!七面山奥之院では『参籠』(お泊り修行)が出来ます。翌朝、東の空が晴れていれば御来光を拝することができます。また、ご参籠の方には「七面山登詣修行認定証」を無料で進呈しています。(A4サイズ)登詣修行の良い思い出のしるしになります。是非、皆様も取得してください❗お問い合わせ: 電話 0556-45-2125・先祖供養に塔婆供養は欠かせません。七面山で塔婆供養ができるのは、七面山奥之院のみです。    霊地での供養を希望される皆さんは、 お電話にてお問い合わせください。 ★参籠代(開帳込)は4月から値上げしました。   参籠代5500円 (開帳2000円を含む)#七面山#奥之院#富士山#笑顔いっぱい#パワースポット#世界平和#御来光#感謝の心#

      39
      テーマ:
  • 13Mar
  • 06Mar
    • 目に見えない「お陰様」に感謝

      嵐のような風雨が 日本各地を襲っています。被害が最小限に止まりますように祈るばかりです。七面山奥之院も突風による倒木の影響で電線が切断し、停電になりました。七面山奥之院は、遠く離れた水源地より、電動ポンプで生活用水を汲み上げているので、「停電」= 「断水」を意味します。また、最近の暖房器具は【石油ファンヒーター】【こたつ】【電気カーペット】【あんか】電気を使わない暖房器具は ほとんどありません。外部へ緊急事態を連絡しようにも、もちろん固定電話は通話不可。スマホを手に取ると、【バッテリー残量15%】( ̄▽ ̄;)、あ、充電し忘れてた・・・直ぐに【省電力モード】に切り替えるものの、何ヵ所にも電話してるうちにどんどん電池残量がなくなり・・・時間が経てば やがて水道管も凍結し、そうなると通電しても、温かくなる日まで暫くは、断水が続いてしまう・・・ガスだけは繋がっているので、水さえあれば数日は凌げるはず。2キロ離れた本社・敬慎院さんも停電・断水状態でしたが、「こちらには備蓄があるから」と、飲料水を8ケースとポリタンクの水を2つ分けてくださり、「困った時はお互い様だから」「なくなったらまた取りに来てください」と仏さまのような言葉をかけてくださり、本社の方も同じように、困っているはずなのに、惜しげもなく 人助けをしてくださるお姿に流石、修行をして居られるお上人方は、優しさの器が大きすぎて・・改めて尊敬致しました❗電気・水道は暫くは復旧の見込みはなく、食材を麓から本社へ上げる架線も不通になり、開通までは、食材・生活物資を背負って登らなくてはならないのかな・・・お風呂は湧かないから、暫くは、タオルで身体を拭くだけになるのかな・・・と色々と考えているうちに夕方になりましたが、電力工事の方々の獅子奮迅の働きにより、17:30、無事に電気が復旧し、その日は温暖だった為、水道管も凍結することなく、無事にライフラインが現状復帰しました❗しみじみと感謝の念が込み上げ、急に部屋に明かりが灯った時には、ほっと安堵しました。私達の生活が、いかに電気に助けられけ、水の恩恵を受けて生きているかを知らされました。3・11、未曾有の大災害、東日本大震災から7年が経とうとしています。大切な家族を、父を、母を、息子を、娘を、孫を、マイホームを、車を、会社を、勤め先を一瞬で失った悲痛なる被災された方々を通して、普通の生活が いかに有り難く、当たり前の生活が 幸せであり、奇跡であったこと を学んだはずでしたが、7年が経ち、その大切な教訓が薄れつつありました。今回の停電は、風雨を司る諸天善神があえて私たちに試練をくださり、忘れかけていた大切な教訓を思い出させて下さったのではないかと感じます。今夜も 闇夜を 照らす 灯りがスイッチ一つで灯るのも発電所で生まれた電気が変電所を経て一ヶ所も途切れることなく繋がり私たちに 届けてくださっているお陰様必要な時に蛇口を捻ると有難いお水が出るのも一ヶ所も途切れることなく繋がり私たちに 届けてくださっているお陰様目に見えない支えてくださる大きなお陰様に感謝します。長くなりましたが、お読みくださり、ありがとうございました。南無妙法蓮華経

      74
      テーマ:
  • 28Feb
    • 先祖供養

      先祖供養とは、仏壇やお墓・お寺などで供物や花を供え、手を合わせ読経し、亡き人が少しでも喜んでくれるように、安らかになるように祈ることです。また、自分のルーツであるご先祖さまに感謝することでもあります。今日の私たちがあるのは、ほかならぬご先祖さまのおかげです。ご先祖さまがいたから現在の自分が存在するのであり、その命はご先祖さまから代々受け継がれてきた尊いものなのです。途切れることなく受け継がれてきた奇跡の命の繋がりや、いただいた命・生かされている命に素直に感謝する気持ちが芽生えることによって、初めてご先祖さまと向き合うことができ、心から手を合わせることができます。自分の命の源に手を合わせ感謝をすることは、人として当然であり、自然なことなのです。人は忙しい時こそ、大切なものを見失いがちになります。自分の命を見つめ直す時間をしっかりと持ちましょう。

      58
      テーマ:
  • 26Feb
    • 「不完璧主義」と「心のゆとり」

      人は誰でも生きてく上で間違いや失敗を犯します。それをしない完璧な人間はいないでしょう。人は失敗した者に、「誰にでも失敗はある」「完璧な人間はいない」などと声をかけます。しかし、ほとんどの人が、自分自身がミスを犯したときには、その考えを適用することができません。自分の中の「完璧主義」が邪魔をするのです。人には「完璧な人間はいない」と言えるのに、自分にはそれができない…不思議なものです。そこで、「不完璧主義」をオススメします。「不完璧主義」を実行することによって、今まで無意識に完璧を目指していた厳しい自分に別れを告げ、「誰にでも失敗はある」と自分自身に寛容になれれば、少し楽な気持ちで生活できるようになります。その結果、自分の心にゆとりが生まれます。心にゆとりを作り、心と身体のバランスをとらなければ、ストレスの多い現代の社会で心が病んでしまいます。「心のゆとり」を大切に、いつまでも心身共に健康でいられるように心がけましょう。

      42
      テーマ:
  • 25Feb
    • 出世稲荷大明神 奉納幕・幟旗 除幕式

      七面山奥之院 の入り口、山門(黒門)に七面山奥之院の守護神出世稲荷大明神様をお祀りしています。先日、奉納幕と幟旗の寄進をお願いいたしまして、無事に完成。除幕となりました。神幕を寄進してくださいました加賀谷 久 さま、友江 さま。幟旗を寄進してくださいました岩田 好司 さま ・ 磯貝 憲明 さま ・磯貝 祐司 さま丸山 文彦 さま ・ 渡邉 茂 さまありがとうございました。南無妙法蓮華経

      47
      テーマ:
  • 12Jan
    • 物事の視点

      この世に価値のない人、愛されていない人は1人もいません。誰でも平等に同じ分量の愛情を注がれているのですが、それに気付けるかどうかで運命が分かれてきます。例えばAさんとBさんが一緒にあるいていました。そこに何か物が落ちていて二人とも足を引っかけて転んでしまいました。Aさんは誰がこんなものを落としたんだと怒り、全ての責任を相手のせいにしました。Bさんは自分が足元をよく注意しなかったから転んだから、これからは気をつけようと思いました。確かに物を落とした人も悪いのですが、全ての責任を相手のせいにしてばかりだと自身の成長にはつながりません。全ては自身の映し鏡です。神の愛情というのは奥深く、一見不幸と思うことの中にこそ大事な教えを授けてくれていることがあります。どうして自分がこんな目にと思うこともありますが、そこには泥を栄養に変えなさいという愛情がふくまれているのです。蓮はそのようにして美しい蓮華の華を咲かせるのですから。私たちも蓮のように傷ついた思うのではなく、磨かれたと切り替えることで全ては自身の栄養となり、世界に一つだけの花を咲かすことができると思います。

      74
      テーマ:
  • 11Jan
    • 無償の愛

      神仏の愛とは必ずしも自身の欲や願望を叶えてくれることとは限りません。もしかしたら自分にとって不都合と思う事の中に愛情があることも。それは罰ではなく学びですから。神仏の一番の望みは私たちが目の前の試練に打ち克ち、乗り越え、成長する姿をみることです。少しでも私(神仏)のいる世界に近づいてきてほしいと常に願っているのですから。

      51
      テーマ:
  • 10Jan
    • 呼吸と言霊

      呼吸というのは普段特別に意識しないと思います。でも呼吸が浅いと元気がでなかったり、短気になったりしがちです。ネガティブになったときは、鼻から大きく息を吸い込んで口から肺活量の検査の時のようにはきだします。自分の中にある悪いエナジ-を全部出し切るというイメ-ジをもって。これを数回くりかえした後、大丈夫、大丈夫、と声にだして唱えると不思議とさっぱりしてまた頑張ろうと意欲もでてきます。呼吸と前向きな言霊(ことたま)を大事にすることで、幸運を引き寄せましょう。

      54
      テーマ:
  • 06Jan
    • 平和な世の中になりますように

      人は誰でも自分の気の合う人、好きな人とだけ付き合いたいと思うものです。それはたしかに楽しい日々が続くかもしれません。でも自分にとって不都合な人が現われてくれるからこそ、たましいが鍛えられ成長でき、相手の気持ちも理解できるようになるものです。相手の嫌な面は自分の心を映していることがあります。他人の振り見て我が振り直せという言葉もあるように、お互いに自分の短所を改善して、平和な世界を作っていきたいものです。世界平和は足元からです。

      63
      テーマ:
  • 02Jan
  • 01Jan
    • 平成30年正月元旦

      明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。合掌 七面山奥之院さん(@7okunoin)がシェアした投稿 - 12月 31, 2017 at 5:21午後 PST

      20
      テーマ:
  • 21Dec
    • すべては自分の中の出来事

      昼間の太陽はいつも上から照らしてくれているように、神仏もいつも導いてくれています。でも雲がかかると光がさえぎられるように、心の中を曇らせてしまうと神仏の光をさえぎってしまいます。心の雲とはネガティブな気持ちであったり、何事も人のせいにしたりなどの負の感情です。天国とはどこか遠いところにあるのではなく、自分の心の中に作るものです。自分の心を地獄にするか天国にするかは誰かがするのではなく、自分自身で決めていくものではないでしょうか。辛い事があっても学びと受け止めるか、相手のせいにするかの対応一つで心の世界は変わってきます。この世は修行の場ですから自分の弱点となる部分を必ず突いてきます。痛い事を言われた、カチンときたという感情が起こるという事は、そこには図星、わかっているけど言われたくないという思いもふくまれています。自分がなにも思ってなかったらそこには反応しないからです。弱点を克服するには感情に振り回されるのではなく、理性で打ち克ち、そういう部分も自分にはあるのかと冷静に分析できる謙虚さが必要です。怒りと傲慢は心の中の家を焼きつくしてしまいます。理性と謙虚で自分の中に潜む悪(煩悩)と闘いましょう。

      64
      テーマ:
  • 20Dec
    • 思い

      自分の心を汚さない為にも自分自身にありがとうといいましょう。嫌なことがあると相手のせいにして相手を憎みたくなることもあるかもしれませんが、そのようなことをしていると自分の心までもがくすんでしまいます。それは勿体ないこと。何事も自分にとっては貴重な経験ですから、自分の歩んできた軌跡を汚さない為にも自分自身に感謝してありがとうといい、その試練を乗り越えた自分におめでとうといいましょう。そのような前向きな思いが人生の扉を開き、新たな運命の道筋が開けてくることでしょう。

      61
      テーマ:
  • 18Dec
    • 持ち物は最低限が一番!?

      人生に失敗はありません。すべては学びです。山に登る登山道がいくつかあるように、人生の道も一つだけとは限りません。短距離コ-スを行く人もいればロングコ-ス、難関コ-スと人それぞれコ-スは異なりますが、目指す頂上は同じです。自分と他者を比べるとどうして自分ばかり苦労してとか、あの人ばかり羨ましとかの感情が湧き起ったりするものですが、誰もがみんな同じような経験はしてるものですし、これからするのかもしれません。男に生まれたり女に生まれたり、健康で裕福な家庭に生まれたと思えば、その逆もあったりと。気が遠くなるような、人間の頭では計算できないほどの長い時間の中で、何度も再生を繰り返し、様々な人生を経験し、自身の欲や執着を手放し、身軽になって頂上を目指しているのかもしれませんね。

      63
      テーマ:
  • 08Dec
    • 自由意志

      悪い事をするとよく天罰が下るといいます。でも神様は決して罰を与えることはありません。生きとし生きるもの全員平等に見守ってくれています。罰とは自分が蒔いた種が返ってきていることをさします。天に唾をはいたら落ちてきて自分の顔にかかるようなものです。自分が発する思い、言葉、行為は寸分違わずに自分に返ってきますので、自由意志を頂いている人間としては常に責任が伴います。自由意志は難しい課題です。言われたことをやることのほうがはるかに楽かもしれません。苦難に直面した時には罰ではなく、自身の蒔いた種が返ってきたことを先ずは認めて、これは自分にとってどのような学びがあるのかを分析する癖をつけましょう。どのような課題も自分とは無関係ということはなく、自分の心の中の映し鏡を見ているのですから。

      66
      テーマ:
  • 05Dec
    • たましいのバトンリレ-

      人はよく自分の前世を知りたがりますが、おそらく多くの方は自分の前世を美化してイメ-ジされているかと思います。自分の前世を知るのはある意味簡単なこと。どこの誰でどういう職業をしていたかが重要なのではなく、前世と今の自分は同じ個性ですから、どの部分が未熟でまた今世に生まれてきているのかを分析していくことが大事です。短気な部分なのか、すぐに諦めてしまいやすいとか、自己中心的なところがあるのかなどを自分の感情を入れずに、客観的に分析していき直すべきところは直す努力をして、次の自分にバトンを渡す時にあまり負担をかけないような生き方をしなければいけません。自分の人生は自分一人だけのものではなく、過去の自分のすべての代表として生き、現世での経験と感動を共に共有して学んでいるのです。

      53
      テーマ:
  • 26Nov
    • 偶然はなく必然

      この世に奇跡はありません。奇跡的のように見えるときもありますが、それはそのように演出したほうが感動が大きくなるからです。すべては過去の「思い、言葉、行動」が引き寄せた結果です。全ての出来事は偶然ではなく必然ですから、そこから何かを得なさいというメッセ-ジでもあるのです。

      68
      テーマ:
  • 25Nov
    • マナ-とル-ル

      人生は車の運転と一緒でル-ルとマナ-を守らないと事故につながりかねません。日々の思い、言葉、行動に気をつけているでしょうか。今ある現状は過去に蒔いた原因が返ってきていますので、良き種を蒔くことをしなければいけませんし、自分の心の波長が同じような相手を引き寄せますから、自分の人格を高める努力もしなければいけません。自分のことは中々見えないものです。出会う相手とは必ず自分にとっての学びがふくまれています。相手を変えるのではなく、自分が変わる努力も大事なことです。日々の葛藤こそがたましいを磨き、そこから良き知恵も浮かんでくるものかもしれませんね。

      69
      テーマ:

プロフィール

七面山奥之院

お住まいの地域:
山梨県
自己紹介:
山梨県早川町にございます 霊峰七面山。 当山は、毎年 日本全国から たくさんの参拝者が、 そのお力...

続きを見る >

読者になる

このブログの読者

読者数: 319

読者になる

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス