【神楽坂おもてなしツアー 醸楽】は迎賓館へ華麗なる散策 | ♦神楽坂おもてなしツアー♦ with    イベント・だんどり・OKKO

♦神楽坂おもてなしツアー♦ with    イベント・だんどり・OKKO

神楽坂在住。住人ならではご案内できる,裏路地の散歩とちょい飲みをする【神楽坂おもてなしツアー】を主宰しています。つながりを楽しみながら、安心して寛げる場を広げています。

こんにちは。

 

【神楽坂おもてなしツアー 醸楽

  ~ぶらり赤坂 華麗なる散策~ 開催しました音譜         

 

 

”醸楽”というのは、神楽坂でゆったりしっかりと

 お食事を楽しむプランです。

 

ところが現在は、

行きたいお店は、20時で営業終了。

 

それでは慌ただしくて、おちつかないあせる

 

ならば!

東京に住んでいても、なかなか行ったことがない場所へ

ご案内したいビックリマークと、浮かんだところが、

 

”迎賓館赤坂離宮”キラキラ

 

 

今回は神楽坂からお出かけ散歩です。

 

 

クローバー

 

 

四ツ谷駅から迎賓館へ向かう時から、空気が違う。

 

敷地に足を踏み入れる時は、ちょっと緊張ですが、

受付けの方たちは、みなさんフレンドリーで、ひと安心。

 

さて、手続きを済ませて最初に向かうは

 

和風別館

 

 

国賓を迎え、日本の伝統文化や芸術で、もてなす場所。

どんな”おもてなし”なのか、興味津々です照れ

 

 

集合は庭園の噴水 横。

ガイドによる案内がついていて、予約が必要です。

ほっこり優しく丁寧な ガイドさんニコニコ

 

 

 

建物は表側からは見えない場所にあって、

細い小道を向かう時から、ワクワクドキドキラブラブ

ガイドさんについて進んでいくと・・・・・

 

 

おーラブ

 

 

どーんと  ”和風別館が”現れました!

 

ゆったりとした威厳と品格のある佇まいラブ

 

この中を見せてくれるなんて、気前がいいわ~。

 

館内は撮影禁止。

その前に、庭園内のヒマラヤ杉の松ぼっくりを

見せて和ませてくれる、おもてなし。

 

バラのようで美しい(真ん中)

 

それはそれは見事な錦鯉が悠々と泳ぐ、池。

 

なんでも、田中角栄元首相の提案で、錦鯉の飼育が始まったそう。そんなエピソードが聞けるのも嬉しいです。

 

 

 

ズラリと並ぶ、盆栽。

 

国賓を迎える際、館内にはここから選んでる飾るそう。

 

お客様がどうしたら喜ぶか?

 

季節や行事によってしつらえを整えて迎えている様子を

写真やお話から垣間見ることができて、満喫満足ラブ

 

 

ここから先の館内は、

ぜひ、実際に参観されることをお勧めします!

 

 

すみからすみまで

にじみ出る品格と、徹底したおもてなしに溜息でした~。

 

 

庭園には、紅梅白梅、もみじの木々が。

四季折々に行ってみるのもありですねもみじ

 

 

 

このあとは、和から洋の世界へ移動します。

 

 

続きはこちらを→★★★

 

 

 

 

 

迎賓館和風別館

東京都港区元赤坂2-1-1
 
和風別館・庭園・本館 参観 : 2000円(大人1名)
*和風別館は要予約
詳しくは↓を。

 

 

迎賓館赤坂離宮