【主宰通信】11月2日 今瀬剛一先生 訪問 | 航海日誌
新型コロナウイルスに関する情報について

航海日誌

創刊50周年「沖俳句会」公式ブログです。
主宰 能村研三 創刊主宰 能村登四郎

投稿が前後してしまいましたが、

 

11月2日(火)

俳人協会60周年の記念事業がほぼ目途がついたので

その報告に俳人協会 副会長の今瀬剛一先生に

お会いしに水戸まで出かけてきました。

 

新型コロナの影響により協会の仕事も

オンライン化や集まり自体も少なくなり

2年近くお会いすることができず、

心配しておりました。

 

水戸につくと今瀬先生が温かく迎えてくださり、

偕楽園、千波湖、弘道館などを案内してくださいました。

とてもお元気で、先生のエネルギッシュさに

私も元気をもらいました。

 

 

 偕楽園には先生の句碑があり拝見させていただいた。

 

   紅梅は水戸の血の色咲きにけり 剛一

 

 

今瀬先生とは沖の創刊時から

家族ぐるみでおつきあいいただき

いつも温かく見守ってくださっています。

 

はるか昔にご自宅をお伺いした時にもあった

柚子の木はとても高くなっていて、

長い月日を感じ変わらぬお付き合いにとてもうれしく感じました。