お片づけマイスター

遠藤和美です。

 

遠藤和美については下矢印をご覧ください!

 

朝ドラはいつも録画してみていましたが、

今期は観られるときは

テレビ前にスタンバイ。

毎回泣けます…

 

AIさんのアルデバランも

頭の中でずっと流れています。

他の録画はいつも飛ばすのに

メロディや歌でも泣けてしまう…

 

戦争は2度とあってはならないけど、

同じ地球の別の土地では

いまでも起きているのですよね…

 

……

 

先日、

お片づけセミナーのリクエストがありましたので、

我が家で開催しました。

 

そこでご質問が出たので電球

 

我が家のダイニングテーブルは

こじんまりしていて、

モノを置くスペースもほとんどありません。



2010年に家を建てたときに

趣味で家具を作る伯父にリクエストして

小さめのダイニングテーブルを

作ってもらいました。


サイズは、86✕93cmです。

 

 

比較のために

ティシュボックスを置いてますが

普段はありません。

 

以前のは横並びに2脚のイスを

余裕で置ける長いテーブルでしたが、

 

面積が広いといろいろ

置きっぱなしになってしまうんですよね。

 

かと言って

物理的にじゃあ小さくしようとしても

お金がかかったり、

 

いまあるのを出さなきゃいけないので

環境的にもオススメする訳では

ないのですが、

 

机の上をごったにしないコツは、

 

ダイニングテーブルを壁につけない

壁につけてあると

モノが寄りかかれて

高く積まれてしまいます。

 

5cmくらい離せても

橋渡しができてさらに面積が増えるので、

思い切って10cmくらい離すと

積む余地がなくなります。

 

調味料は片づける

使う分だけを持ってくるか

トレイに入れてキッチンに置くなど

テーブルに置く習慣を無くします。

 

郵便物・チラシを置かない

帰宅してパッと置いてしまうと

毎日積んでしまいます。

すぐに仕分けるか

余裕がないときは

カウンターなどに一時置き場を

作ります。

 

 

ダイニングテーブルだけでも

解決しないので、

どうしてもいまあるモノたちの

行きつく場所の確保も

必要にはなってきます。

 

が、テーブル上にイラッとを感じている方は

一度上記のことを試してみてくださいねOK

 


追記

↓のリンク先

我が家の汚部屋脱出までの歴史

を見てみたら、

引越し前に小さいタイプも使ってたようです。

記憶になかった…


思い返せば、部屋がおもちゃで狭くなって、

実家で使っていた伯父作と

我が家の長いテーブルをチェンジして、

いまあるのは伯父作2代目です。


 

お片づけサービスはこちら

 

 

 

 

 

 


お電話でのお問い合わせ
080-3128-4659
スマートフォンはタップで繋がります

   

お片づけマイスター

遠藤和美です。

 

遠藤和美については下矢印をご覧ください!

 

リピーター様の

キッチンのお片づけをお手伝いしました。

1年半前にリフォームのため

モノの整理をしたお客様。

 

キッチンからLIVE配信をしたい!という

夢のお手伝いでもあります。

 

画面越しに見ると

出ているモノは特に雑多に見えてしまうので、

 

小さなストレスにもなっていた

棚上の白いボックスも

お片づけ作業前にご提案しましたパー

 

※写真はお客様よりご提供

 

整理のコツを掴んでいらっしゃるので

ボックスの入れ替えは

先にお願いしました。

 

……

 

昇降式の吊戸棚は、

ショールームで見ると

とってもおしゃれで

新しいキッチンに立つ

妄想も膨らみますよね照れ

 

私も自宅の建替え時に

あったらいいなあと

検討したこともあります。

(予算オーバーであっけなく却下)

 

こちらは

こまごまとしたモノたちが入っていて、

お片づけの基本全部出しの際には

取り出すのも大変。

 

昇降式はかっこいいけど、

間違えると死蔵品溜まりに

なってしまいます。

とても動作が増えるからです。

 

・扉を開けて

・昇降機を降ろす

・モノを取り出して

・昇降機を上げ

・扉を閉める

 

5工程あります。

私くらいの身長(154cm)だと

踏み台が必要になったり。

 

収納ボックスに入れると

更に工程が増えるので、

 

滅多に使わない

軽めで小さくないモノ

を収納することに適します。

 

 

先に入れ替えて頂いた

収納ボックスも捨てることなく

随所で活用しましたウインク

 

あちこちに散っていた

キッチン道具を集結させることで

すぐにお片づけの効果を実感でき、

 

また1週間使った結果、

取り出しづらくて入ったままだった食器が

お料理に合わせて

活用できるようになった!

とご報告頂きましたキラキラ

 

この度は

お片づけサービスのご利用と

ビフォーアフター掲載を快諾くださり

ありがとうございました。

 

 

当方のお片づけセミナーを受講くださった方は、

初回お片づけサービスを

14,800円右矢印12,800円で行っております。

 

 

お片づけサービスはこちら

 

 

 

 

 

 


お電話でのお問い合わせ
080-3128-4659
スマートフォンはタップで繋がります

   

お片づけマイスター

遠藤和美です。

 

遠藤和美については下矢印をご覧ください!

 

娘が自室のクローゼットを片づけてから、

部屋のカーテンを開けたいという

気持ちになります。

 

私のベッドや洗濯場も続いた一部屋ですが、

モノを隠すために

無造作に入れられたモノたちの気が

ザワザワして、

 

クローゼット前を通過してまで

北側窓の

カーテンを開ける気になれませんでした。

 

 

卵が先か鶏が先か、みたいですけど、

カーテンを開ければ

ザワザワが減るのに

出来なかったんですよね…

 

 

汚部屋時代には気づきませんでしたが、

お片づけ作業に伺うと

忘れていたザワザワを思い出します。

 

使われなくなった、忘れられたモノたちが

動くことはできないけど

アピールしています。

…解放してほしいと。

集合しているので、

ザワザワがさらに強く感じます。

 

 

こんなこと、ありませんか?

クローゼットを片づければ

いま着ている洋服が入るのに、

何だか開けたくなくて

クローゼット前に積んでしまうこと。

 

無意識のうちに、

その場所から遠ざかろうと

してしまうのですよね。

 

 

こういう場合は

見えるところより

見えないところから

お片づけに着手すると、

気が解放されて

ザワザワがなくなって

空気感が変わってくる気がしますキラキラ

 

 

 

お片づけサービスはこちら

 

 

 

 

 

 


お電話でのお問い合わせ
080-3128-4659
スマートフォンはタップで繋がります

   

お片づけマイスター

遠藤和美です。

 

遠藤和美については下矢印をご覧ください!

 

娘が週末に

自室のクローゼットを

片づけていました!!

 

裁縫などの趣味にスイッチが入ると

途端に部屋が荒れる娘。

 

この間は何を言っても

聞こえていないので

私も言わなくなりました。

 

それでもちょいちょいクローゼットへ

入れる(隠す)のに耐えられなくなったのか、

すごい勢いで片づけスタート。

 

写真撮って載せてもいいよ~って

趣味全開ですが

ご紹介致します。

 

上矢印Before

我が家の

自宅収納見学の初期に

お越しくださった方は

見慣れないと思いますが、

 

ここは以前大人のスーツ類が

入っていました。

 

娘の部屋を作ったときに入れ替えています。

 

前作のプリキュアが好きすぎて、

(いた)バッグもあります爆  笑

 

 

ピアノ発表会で着たドレスも

もう着る機会もなく…

ドレスに喜んでいた頃が懐かしい。

 

制服とコート1枚以外は処分。

ぬいぐるみは全員残っています。

 

上矢印After

 

全部娘が一人でやりました!!

やる気のないテキストも

処分に出されてしまいましたが、

本人が決めたことだから仕方ない…

(あーん、受験生なのに)

 

お片づけのコツさえ解れば、

親がガミガミ言わなくても

一人でやることができます。

 

親のタイミングや感情で

つい言ってしまいたくなりますが、

片づけないと困るデメリット

しっかり伝えていくことが大事ですね。

 

 

この場所からは

1袋分の不用品が出ました拍手

 

本や段ボールを縛ったり

ゴミをまとめたりは私がやったので、

夕飯は娘が作ってくれました爆  笑

今までで1番美味しいカレーでしたラブ

 

 

 

お片づけサービスはこちら

 

 

 

 

 

 


お電話でのお問い合わせ
080-3128-4659
スマートフォンはタップで繋がります

   

お片づけマイスター

遠藤和美です。

 

遠藤和美については下矢印をご覧ください!

 

不要だと判断したモノを

順調にサヨナラしています。

 

 

 

我が家は家族全員目が悪く

私は小3から、

子ども達も小学校低学年から

メガネ生活。

 

成長期って

視力もどんどん悪化して

毎年メガネの度を更新えーん

 

目の悪い人なら

わかってくれますよね、ねっ!

 

 

災害時、もしものときのために

古いメガネも取ってありましたが、

 

子ども達のは1つ前のを残し

3つ処分しました。

 

大人のは最後に作って

10年以上経っているので

もう既になかった…

 

 

思えば

息子のメガネは

学校でボールが当たって

フレームが壊れたり、

 

サッカーサッカーするのに

スポーツメガネを作ったり。

 

いまは落ち着いたなあキラキラ

目が悪いとお金がかかりますね涙

 

 

視力2.0だった同級生が

40歳越えたら老眼鏡って言ってて、

私はまだ…セーフ?

(小さい字は見えにくいけど認めていない)

 

メガネが発明されるまで

視力の弱い人は

障がい者になっていたそうで、

メガネで矯正すれば

見える時代になったことに感謝。

 

 

反れてしまったけど、

どうぞメガネの見直しもお忘れなく!!

 

 

お片づけサービスはこちら

 

 

 

 

 

 


お電話でのお問い合わせ
080-3128-4659
スマートフォンはタップで繋がります