妊娠中のお母さんへ

テーマ:
今回、神戸市長田区の痛ましい事件では、犯人が早く逮捕されて本当に良かったと思います。
幼い子どもが誘拐され、生田美玲ちゃんのように殺されてしまうたびに、今から母親、父親になる人達はとても不安でたまらないのではないでしょうか?
私の友人も今妊娠八ヶ月で、子どもの誕生を楽しみにしています。
先日も友人から『私が可愛い子を産めば、誘拐の心配があり、ブサイクな子を産めば、その子から責められそうで、親としては大変複雑です。我が子を悪人から守るためには、どうすれば良いのでしょうか?』と、こんな相談がありました。
私は今回の事件を例にお答えしたのですが、殺された美玲ちゃんのご両親も、犯罪を犯した犯人のご両親も、妊娠中はあなたと変わらない思いがあったと思います。
ただ、産んだ後しっかりと親としての自覚を持ち子どもを育てたのかということです。
今の日本は、幼児化してしまった大人がさも自分たちが正しいような生き方を推し進めていますが、それにより今回の犯人のようなモンスターを作り出してしまうのです。
幾つかの記事を見ていると、今回の2人には面識があり、長年の知り合いのようでもあるみたいですが、識者達からすると自分たちが理解できない問題は、何処かに障害を持っている人だから起こる、と、いう風に片付けられてしまう傾向があります。
私が長年訴えている、いじめ虐待
の問題は、そういった間違って子育てをしてしまう親にこそ、学んでいただきたい内容なのです。
自分はそんなことは関係ないと思っている人こそ、形は違えどどこで今回のような被害者や加害者になってしまうか分からないからです。
色んな人のFacebookの記事を読んでいると、この人『アブナイな!』と思えるような加害者候補が多くいます。
自分では全く気が付いていないでしょうが、だからこそ危険なのです。
いじめ虐待のスキルが身に付けば、人のFacebookからその人の内面が面白いほど読み取れるのも一つです。
自分や大切な家族が、被害者にならないよう、また、自分や大切な家族が加害者にならないように、正しい子育ての知識を得て欲しいと思います。
それには、いじめ虐待の問題を正しく理解することが、これからの日本で安全に生きられる、また、安心な子育てができる智慧なのです。
海外ではこのことに気付き、今、日本のいじめ、虐待問題を真剣に取り組み考えて下さる人が増えてきましたが、やはり、日本人がしっかりと自覚して欲しいと私は切に願っております。