1999年、日本初の「ポピュラーミュージックセラピー」(PMT)のCD「FAMILY」を発表しました。
PMTとは、私が開発した独自の音楽療法の手法です。

従来の音楽療法は、心理の研究者が行っている心理療法の一環で、音楽家が直接携わっているわけではありませんでした。
音楽を聴くリスナーの立場で音楽の持つ心地よさや思い出を使って、低下した身体的機能を蘇らせるためのものでした。
ですから、音楽療法に携わる専門家は、演奏や歌唱による音楽の楽しさというのはあまり重要視していませんでした。

実は、音楽と言うのは聴くよりも、やる方が楽しいのです。
音楽をするということは、「地道な練習を重ねたり・緊張したり・評価されたり」するので、とても難しいことと、多くの人は思っています。
それは、その通りなのですが、それらの努力によって得られる「達成感」が、たまらなく心地が良いのです。
同時に「達成感」を得られた時に人間は成長できるのです。

そもそも音楽療法とは子守歌から始まっています。
子供が泣いている時に母親が子守唄を歌うと、子供は落ち着き泣くことをやめるというのが、一般的な解釈です。
ですが本当は、子どもが泣くと母親は子供の泣き声に、大変苛立つのです。
母親は、自分の苛立ちを押えるために、子どもに向かって子守唄を歌っているように見えるのですが、実は、自分自身の苛立ちを沈めているのです。
つまり、子守歌とは自分に対して、自分のストレスを解消するために行っている「音楽療法」なのです。

近年、母親の子供に対する虐待が増えています。

その原因の一つは、母親が子守唄を歌わないことです。

実際私も幼少期に、家族から虐待行為を受けた後は大変悲しかったので、その気分を変えるために楽しいことを意識的に考えました。
普段から音楽が好きで、中でも歌を歌うことが大好きだったので、意識することなく歌を口ずさんでいました。
初めは泣きながら、弱々しい声で歌っているのですが、1曲歌い終わる頃には、身体中に力が湧いてきで、2曲目を歌う時には虐待されたことはすっかり忘れてしまうくらいに、楽しくなっていきました。
私にとって音楽とは、なくてはならないものでした。
そのおかげで、辛い境遇を乗り越えることが出来たのです。
これが初めての、私が私自身に施した「音楽療法」でした。

その後成人して、息子を出産しました。
息子も他の子供と変わらず、夜泣きや自己主張の手段として泣きました。
私の固定概念として、子守歌といえば童謡でしたが、正直歌っても私は楽しくないし、その私の思いを察してか、息子も泣き止んではくれませんでした。

当時の私は、プロのジャズシンガーを目指しており、ジャズのスタンダード曲をたくさん知っていました。
息子が生まれて、ジャズシンガーの仕事をするようになったので、息子をあやしながらジャズのスタンダードを心地良く歌ったところ、
驚いたことに、息子が一瞬にして泣き止んだのです。
私の歌を聴いて、楽しんでいるようにも見えました。
そこで気が付いたことは、子守歌が童謡でもジャズのスタンダードナンバーでも関係がなかったということでした。
私が歌を歌って心地が良いから、息子もそんな私の「気持ち」を感じて、心地良くなってくれたのです。

私の母親と息子の面白いエピソードがあります。
母が息子(生後半年)の子守をしていた時のことです。
いくら歌を歌っても、あやしても息子は、一向に泣き止まなかったそうです。
そこで母もいろいろ考えた結果、私の声真似をして低い声で「あーよしよし」といったそうです。
すると驚いたことに、何を言っても、何をやっても泣き止まなかった息子が、一瞬にして泣き止んだそうです。
その後、息子がまた急に泣き出したそうです。
今度は私の声を真似ても泣き止まないので、母は「なぜ息子を泣かせてしまったのか?」と、自分の行いや言葉を振り返ったそうです。
そこで気がついたのは、母は私に息子の子守をさせられて苛立っており息子に向かって、無意識に私の悪口を言ってたそうです。
それを聞かされた息子は、母に泣きながら訴えたかったのでしょう。
母も半信半疑でしたが「この子はもしかして、自分の母親を悪く言われたので、怒っているの?」と思ったので、今度は私のことを思い切り褒めたそうです。
すると息子は、一瞬にして泣き止んだそうです。
「三つ子の魂百までも」生後半年でも子供には、母親の存在はしっかりと見分けられるということです。

その後、シングルマザーになって子供の成績が下がった時にも、私独自の音楽療法をやりました。
復唱相手(私以外の家族はおらず)がいなかったために、一度覚えたかけ算を忘れてしまったのです。
かけ算ができなくなってしまい、算数の成績が急激に下落しました。
そのため息子に、「カケ算ラップ」(かけ算の歌)を作って助けました。
作った歌を120分のカセットテープに録音して、毎朝繰り返し息子に聴かせました。
それが潜在意識(レコーダーの機能をします)にインプットされて、成績が上昇しました。
息子からは大変感謝され、「お母さんて天才!」と、褒めてもらえました。
おかげで、シングルマザーとしての「親の威厳」は守れたようです。(笑)

息子に成功した音楽療法は、他の子供たちにも広がっていきました。
成績が急上昇したことで、息子の担任から「成績の悪い子供たちを助けてもらえませんか?」と言われ、その結果、かけ算の出来ない子たちは、むしろかけ算だけは得意になり、息子のクラスの算数の平均点は急上昇しました。
その「カケ算ラップ」は、東京書籍からも教科書掲載の話がありました。
東京書籍側からすると、「メロディー」がないと著作権の登録ができないので、メロディーを付けて欲しいと言われたのですが、音楽療法上、私はかけ算に関しては「リズム」が大事だと主張し、教科書会社は著作権登録してビジネスとして利益を得なければいけなかったので、話し合いは平行線に終わりました。

またある時には、新宿区から高齢者を対象に、カラオケ講師の依頼がありました。
仕事を受けるに当たり、新宿区から条件を出されたのです。

その条件とは、前任者の先生がクラシック畑の講師だったために、講師が指導した通りに高齢者たちができないと、みんなの前で厳しく叱責されるというものでした。
反対に、講師が気にいると生徒の代表として前に出て歌えて、「お褒めの言葉」までもらえるのだそうです。
生徒たちは音楽を楽しみたいのですが、差別が著しかったり、オペラ歌手のような指導をされることが苦痛とのことで、私にはできればそのような指導は避けてほしいということでした。
生徒たちは今更プロになりたい訳ではなく、リタイアした時間を楽しみたいだけなので、生徒全員(約60人)が楽しめる授業をしてほしいといわれたのです。

私にとっては楽しい授業をするのは得意なことでしたので、3時間の授業のなかで60人の生徒全員に一人づつ前に出て、マイクを持たせて、ソロで歌うことの楽しさを教えました。
初めは前任の講師とは全く違う授業内容に、緊張や戸惑う生徒もいましたが、次第に人前で歌うことが楽しくなってきたようで、生徒たちの表情や外見(服装・髪型・化粧・他)、立ち振る舞いに変化が出てきました。
人に見られるということを意識し、外見を良く見えるようにする人。
人に見られるという意識は緊張感を生み、緊張感から軽い認知症の人などは劇的な改善がみられました。
そして下向き加減の人は顔をあげるようになり、表情が暗かった人は明るくなり、体の痛みに苦しむ人は、痛みが改善されていきました。
3ヶ月もすれば生徒たちは笑顔で、笑い声が絶えない楽しいカラオケの時間になっていました。

そんな中でも特に、音楽療法の素晴らしさを実感でき、改めて音楽の力に驚嘆した出来事があります。
かつて若い時は、航空機の客室乗務員だったという生徒がいました。
若い時は頭も切れて、とてもきれいな方だったと思いますが、私のクラスに通っていた当時は重度の認知・痴呆が進んでおり、髪型や服装も気を遣えず大変だらしがなく、言葉もまともに喋ることができませんでした。
しかし私は、その生徒が目の奥から何かを強く訴えているように感じたために、他の生徒同様、彼女も前に立たせて歌わせていました。

他の生徒からは、「先生彼女はボケてるから、何を言ってもわからないし、時間の無駄だよ!無視した方がいいよ!」と言われながらも、私と彼女だけには回を重ねるたびに少しずつ、プラスの変化が起こっていることに気がついていたのです。
実は彼女はうまく言葉を話せなかったのですが、毎回教室に来ると私にだけ「目で挨拶」してくれるようになっていたのです。
それが、半年もすると驚くような回復ぶりで、外見もどんどんきれいになっていき、髪型、服装も気を遣うようになり、声も「うー、あー」しか出せなかったのが、徐々にはっきりとした声が出るようになり、今まで出来なかった他人との会話も出来るようになっていったのです。
私自身、「そのようになれば良いのにな?」と、思いながら彼女に関わってきましたが、その思いが通じたのです。
彼女の変化に一番驚いたのは、私自身でした。
他の生徒も奇跡のような彼女の変化に驚いていましたが、気がつけば彼女はすっかりクラスの生徒にも溶け込んでいて、生徒全員が、「心も体も」元気いっぱいになって、私の授業を楽しんでくれました。

新しい生徒が参加すると当然、マイクを持って人前で歌うことにはとても抵抗があるでしょう。
そんな人にはクラスの全員が「岡田先生の授業は、マイクを持って1人1回必ず歌わないとダメなのよ!自分が楽しまないとダメよ!」と言っては新しい生徒をきちんと仲間に入れて、面倒を見てくれるようになっていました。
新入生は、必ず同じことを私に言います。
「岡田先生、私は歌がへたです」、「人前で歌ったことがないので、恥ずかしいです」というのですが、2-3回私の授業を受けると、逆に人前で歌うことが心地よくなって、今まで行ったことのないカラオケボックスやカラオケのあるお店に生徒同士で行くようになったりして、楽しんでいました。

初めは抵抗感はありますが、その場の空気でマイクを持って歌わざるを得なくなり、緊張しながらも人前で歌って、皆に拍手されると、それが喜びに変わり、結果としてはとても楽しい時間になります。
普段からカラオケボックスで独りで練習している人も、本番の授業で、皆の前で歌うということは、また格別の楽しさがあったと思います。
皆に拍手してもらえるという楽しさ、リスナーからの反応、それにより多くの自信が湧いてきて、自然に笑顔になれる、だから、知らない間に元気一杯になっていて、病気や持病があったことすら忘れてしまっているのです。
まさに病は「気」からで、自分の内面が元気になると、すべてが良い方向に変わって行けるのです。
私はこの体験から、音楽の持つ秘められた力に改めて、気づかされました。
そんなこともあり、私独自のPMTが確立していきました。

ただ、誰でもが「岡田式PMTの音楽療法」が出来るかと言うと、実はそうではありません。
私は16歳から社会に出て、アパレル業界での接客で様々な人を数えきれないくらい見て来ました。
経営者の経験もあり、「岡田式AC判別法」の心理の理論も構築しました。
そして、親子の関係や、子育ても経験しています。
皆さんご存知の、分科会・ダルメシアンでのミュージカル指導・製作の経験もあります。
また、現役のプロの音楽家として日々の仕事で研鑽しており、それらの全てを複合的に授業に取り入れて、生徒たち一人ひとりにあった教え方で、楽しませて成長させたことが成功へと繋がっています。

その後も生徒たちはよりパワーアップし、東京都や新宿区で高齢者対象のカラオケコンテストで「入賞したい」と、目標を持って参加しました。
「せっかく岡田先生に教えてもらっているのだから、岡田先生の作詞・作曲したオリジナル曲「ぶぶ漬けいっぱい」を歌いたい」と言われ、その結果、見事コンテストで賞を受賞することが出来ました。

★重度の障害があり、体の機能上歌えないという人にとっては、聴くだけの音楽療法しか選択肢はないかもしれませんが、
そうでなければ歌って、体を動かす、岡田式PMTによる音楽療法の効果は高いということが、これまでの実践で証明されました。

 

毎夜、私が作った「未熟な母(実母)を叱る」テープを聞いていると、私の母は、私と何が違うのか?

どこで、大人になれなかったのか?どのような努力を怠ったのか?

当時の私は、シングルマザーで毎日の生活が必死だっただけに、母と自分の努力の違いが、鮮明に見えて、母と私の「思考行動パターン」が、全く違うタイプだということに気が付いたのです。

 

母と私の問題に1つの答えが出せた時、当時所属していた市民団体の代表に私の心境を語り、そして、ある提案をしたのです。

それは、テープの内容をミュージカルにして、会員として集まってくる人たちが活動できる場所を作りたいというものでした。

 

当時はボランティア団体も数えるほどで、特に「いじめ」に関係する団体はメディア等で注目されつつあり、時々この団体の代表もメディアで紹介されていたので、会員が少しづつ増えていました。

不定期に会員たちは、代表に呼び出されて事務所に集まるのですが、内容はいつもメディアの取材しかなく、数名の発起人は世間話をしているだけで、殆ど活動の実態はありませんでした。

彼らに反して私や他の会員は、貴重な時間を使い、「意義のある活動をしたい」と考えていたのです。

 

この代表も私同様、幼少期から親との問題を抱えており、心の問題解決は出来ていませんでした。

だからこそ、互いに理解出来ることも多く、私の作ったテープを聞いて、「このような斬新な方法もあるのね!」と驚きながらも私の提案は、条件付きで了承してくれました。

 

1、「子どもサポートフォーラム」と別組織で行う事

2、資金は全て、私が持ち出しで行う事

3、代表の弟(心を病んでいる)をメンバーに入れる事

4、会員とのトラブルや失敗の際の責任も、全て私が負う事などでした。

 

結果、その話合いによって、「分科会・ダルメシアン」が立ち上がり、私が代表になりました。

早速、会員たちに声をかけて、ミュージカルの参加を呼びかけました。

集まったメンバーは、学生や主婦の数人でしたが、中でも一人のお母さんが私のサブとして一緒に最後まで、責任をもって動いてくれました。

脚本も私の母親を叱る内容から、一般の子育てに悩むお母さんの思いを代弁するような内容に書き換え、練習のたびに参加者の思いや、言い回しなどによってもどんどん変わり、素晴らしい作品になって行きました。

 

ミュージカルの練習は、私達親子の絆を一層深めるものともなり、小学生の息子は同級生を誘って劇中ダンスをしたり、裏方や照明担当にと、私の助手となって動いてくれました。

参加者はお芝居に無縁の人達ばかりで、緊張感で震えながらも、台本片手に一生懸命自分たちの思いを舞台の上で表現することが出来て、分科会・ダルメシアンの初のミュージカル「未熟なママに捧げます」は、大成功を収めました。

 

ミュージカル成功によって一番嬉しかったことは、代表の弟を始め、心を病む参加者もいましたが、本番終了後には、心の病が治っていたことです。

この当時私は、新宿区の依頼を受けて高齢者のカラオケ講師をしており、「独自の音楽療法」(岡田式PMT音楽療法)を用いて認知症や病後のリハビリなどで苦しむ生徒に、回復の手伝いをしていました。

そんなこともあり、ミュージカルの練習時にも、私独自の音楽療法を用いていたのです。

 

当時、このような趣旨で素人が演じるミュージカルや、音楽療法のスタイルがどこにもなかっただけに、新聞で大きく取り上げられて、テレビやラジオ等でも私の体験も交えて、ダルメシアンの活動を紹介してもらえる機会が増えていきました。

それにより、翌年「脱オキバリ育児宣言!!」を公演することになりました。

前年のミュージカルから多くの事を学んだおかげで、ミュージカルの運営や段取りはある程度簡単でした。

メンバーに関しても、メディアのおかげで参加者も増え、ありがたいことに運営資金として、助成金まで頂けることになったおかげで、わたしの持ち出しは、ほぼ無くなりました。

しかし、ミュージカルに関しては楽になったものの、次に想像もしていなかった問題が浮上したのです。

 

その問題とは、

1、子どもサポートフォーラムの代表が、プロらしく演じないと、自分の団体に傷が付くといって、ミュージカル本番の1週間前に、代表の知人で、自称・プロの脚本家と言う人を連れてきて、引っ掻き回そうとしたのです。

 

2、代表が助成金の話を発起人の一人に歪めて伝えたらしく、その発起人が「助成金はミュージカルのためのものではないらしいじゃないか?岡田さんがなぜ、独り占めするのか?子どもサポートフォーラムのメンバーに分配するべきだ!」と、驚くようなことを言ってきたのです。

 

本番までには、ことごとく邪魔で無駄な行為をされましたが、そのおかげではっきりと、代表の思いが分かったので、2回目のミュージカルの後、事務局長にこれまでのいきさつを話し相談しました。

 

彼は代表とは違い、私の思いや活動を評価してくれており、貰ったアドバイスは、別団体を立ち上げて活動した方が良いというものでした。

私はすでに別団体として「分科会・ダルメシアン」を立ち上げて、母体よりも大きな活動実績を積んでいるのでむしろそれを生かさない方がもったいないと言われたのです。

それ以前からも事務局長には「他の団体に関わって欲しい」と言われて、関わってきた団体もあり、また、私個人でいくつかのボランティア団体から、「独自の音楽療法をしてほしい」と言われて、すでに関わっている団体がありました。

最終的には事務局長の言葉が背中を押し、新団体「サークル・ダルメシアン」を立ち上げました。

 

ここで学んだことは、NPOやNGOと呼ばれる市民活動団体が掲げている主旨と実態は、「違う」ということでした。

しかし、デメリットばかりではなく、20年たった現在「虐待心理研究所」を立ち上げて、サークル・ダルメシアンの歴史をたどる際、すでに忘れていたミュージカルの様子がこれほど詳細(真実と違う箇所もありますが)に、私の知らないところで作られていたことです。

このページは、大変ありがたいものでした。

 

これまでの活動で、さまざまな市民活動団体とご縁があり、実態を見て来ましたが、残念ながらその多くも、子どもサポートフォーラムと同じでした。

ではなぜそうなるのか?ですが、問題は、代表となる人の人格が大きく左右するからです。

特に、心が絡む団体の代表者の多くは、未だ自分自身の問題が解決出来ておらず、「心が病んでいる」からなのです。

そこに、本人の自覚が「ある・なし」は、分かりませんが、多くは自分探しの一環が、団体立ち上げにつながっているからです。

 

 

息子を助けたあと、私にはある心の変化と、「気付き」がありました。

 

その気付きとは、

、私は子どもではなく、親だという自覚が芽生えたことです。

今更ながらでしたが、私はすでに息子を出産(約7年前に)していて、女の子ではなく、母親になっているということでした。

しかし、母親として、どのように息子を導いてよいのか?が、全く分かりませんでした。

と言うのも、私の両親は内面が子供のままで(岡田式AC判別法の50%タイプで発達障害がある)親としての自覚が無く、「正しい親の見本」とは、かけ離れていたので、実母とは真逆の「良いお手本」を探さなければいけなかったのです。

 

2、私は、すでにシングルマザーになっているという事でした。

私には、サポートしてくれる、夫や親兄弟はなく、自分が一人で息子を教育し、養育していかなければいけない現実と、養育費・慰謝料等の経済的な援助も全くないと言う事でした。

そして、生まれ故郷を離れ東京に移住したため、頼れる友人・知人もいないことを自覚しました。

 

3、インナーチャイルドの存在に気が付いたのです。

息子の事が愛おしくなればなるほど、幼少期の自分自身が可哀想すぎて、いたたまれなくなり、心に大きな「ぽっかり」を感じるようになりました。

心に空いた穴は日増しに大きくなるように感じ、仕事を終えて一人になると、今までに体験したことのない、押しつぶされそうになる「孤独感」を感じるために、自分をより過酷な場所において、ボランティアを含め、オーバーワークを重ねました。

私が「うつ病」にならなかったのは、息子への母親としての強い責任感があったからです。

息子のおかげで、助けられたのです。

 

4、現実の苦しみから逃げるには、死ぬしかないと考えました。

押しつぶされそうな孤独と、オーバーワーク・不慣れな子育て・母からの電話による嫌がらせによって、身も心も、くたくたになっていました。

そんな時「ふと」頭によぎったことは、「今、楽になりたい!!」ただそれだけでした。

楽になるには、どうすればよいのかを真剣に考えだした時、二つの選択肢がありました。

①このまま全てを無視して、死ぬ事(自分中心的な考え)

②息子を置いては、死ねない(親としての責任を果たす)

忙しい1日の予定が終わり、息子の寝顔を見ながら、毎晩①と②の考えが交互に押し寄せてきて、私を苦しめました。

そんな中、大先輩のお母さんから「子どもは必ず成長し、いつの日かあなたを助ける時が来るから、苦しいのは今だけよ!」と言ってもらえた言葉が、私の生死を分けました。

 

5、私の母親は、最悪で悪い人間だということが自覚できました。

友人の親たちと比較して、幼少期から十分に分かっていたことですが、シングルマザーとなり、より過酷な現実を生きなければいけなくなって、初めて真実が見えたのです。

しかし、日本社会の風潮は「儒教」の精神があり、悪い親は存在しておらず、親を悪く言う子供は、許されませんでした。

そこで、誰にも知られずに、こっそり未熟な私の母親に向かって(カセットテープの中に)、言いたいことを吐き出したのです。

その内容は、私の愚痴ではなく、本来ならば、祖父や祖母、叔父や叔母が私の母に向って「娘に負担ばかりかけずに、しっかりとした母親(大人として)として、努力をしなさい」と叱って導くところを、私が彼らに取って替わり、「母親を叱ったのです」

それがミュージカルの原稿を作るきっかけとなり、CD「FAMILY」の原型となりました。

 

早いもので、サークル・ダルメシアンの活動も22年が経過しました。

自分探しは勿論の事、多くの方にご理解・ご協力を得ながら、大勢の苦しむ方々に関わり、数えきれない程、問題も解決してまいりました。

そんな中、私のカウンセリング・スキルを学びたいと、私の元で地道に学ぶ方も増え、嬉しい事に私が編み出した独自の「岡田式AC判別法」を正しく理解し、プロの心理カウンセラーとして、多くの方々を助けてくれる継承者も育ってきました。

 

長年の研究で分かったことは、虐待の問題は、戦争が無くならないのと同じで、ある一部の人間たちの利害の為に、この先も決してなくなることはないでしょう。

しかし、私のような体験者たちは幼少期から、地獄の体験を重ねており、その苦しみも、年を重ねれば重ねるほど、問題も深くなり、苦しみも倍増します。

そこには自分では気が付くことの出来ない、思考・行動パターンがあるからです。

そして、その思考・行動パターンは悪い親に植え付けられた、「悪癖」であるのですが、無知な心理関係者たちは「心の病」としてしまうために、彼らと関わったが最後、より苦しむことになるのです。

 

現代の日本には、成人(20才を過ぎても)でありながら、幼児化してしまった日本人や、多くの外国人が共存しており、考え方は全く違います。

なぜならば、彼らの育った文化や宗教、親の関わり方が違うからです。

だからこそ、私が提唱する「200%のアダルトチルドレン」にのみ、理解することのできる理論を、虐待心理研究所を通じて伝えたいと思いました。

そして、私の命が尽きたあとも十分使える理論として、継承者に残したいと考えたからです。

 

 

★実際に作り出すと、22年間の活動で作った資料や、活動の内容を分かりやすくまとめるには、かなりの分量があり、限られた時間の中で完成させるには、莫大な時間がかかりそうです。          

出来るところから少しづつ掲載して行きますので、そのプロセスも楽しんでいただければと思います。

 

岡田ユキの虐待心理研究所

活動22年目のサークル・ダルメシアンは、平成29年12月1日をもって

「一般社団法人ダルメシアン」として、新たな出発をさせて頂きました。

これまでの「いじめ・虐待の防止」の活動に加え

「ダルメシアン夏子基金」を設立させて頂くことになりました。

ダルメシアン夏子基金とは、福嶋浩彦理事の奥様の遺言に基づき、 

 「虐待の防止の活動と、それに関わっておられる方々に遣ってほしい」

との思いから設立された基金です。

 

 代表理事・・垣内裕志(サークル・ダルメシアン事務局長)

理事・・・・・・福嶋浩彦(中央学院大学教授、元消費者庁長官)

理事・・・・・・岡田ユキ(サークル・ダルメシアン代表)

顧問・・・・・・高橋義徳(医療法人社団新友会理事長、医学博士)

 

 第42回いじめ・虐待防止フォーラム

平成30年1月21日(日)

新宿区大久保地域センター・13:00開場