6月27日はドクター中松博士、94歳のお誕生日会に虐待心理研究所の岡田代表が参加いたしました。
日本ビジネスインテリジェンス協会理事長の中川十郎先生と

シニアモデルとして活躍する岡部こともさんからいただいたご縁に感謝いたしております。 

 

 

 

虐待心理研究所は長年虐待の心理について研究した結果、

武士道精神を持つ日本の女性の強さに共感し

今の日本の異常な状態を改善するには日本の女性教育の大切さを教育立国推進協にて伝えてまいりました。
中川十郎先生も岡部こともさんも、日本の武士道精神を持ち戦後の日本の成長に大きく貢献されてきた方々で、

教育を受ける世代にとってお手本となる素晴らしい方々です。

 

 

誕生日会ではドクター中松博士が「長経験者連盟」設立を発表され、博士が思い描かれる構想をお話しくださいました。

そして、ドクター中松博士も、今の日本における現状に対して危機感をお持ちであり、

虐待心理研究所の日本における改革の話を真剣に聞いてくださり、ご理解いただけたようです。


日本だけでなく世界の重鎮と言える方にご理解いただけたことは、大変、心強い限りであり、
世界で活躍する方からも認められる「岡田式AC判別法®」の理論を是非一度学んでみてはいかがでしょうか。
CAP専門カウンセラー講座

 

 



どうぞ皆様虐待心理研究所の活動に、ご支援ご協力の程宜しくお願い申し上げます。


 

虐待心理研究所 岡田ユキ代表が、森永康平さんの勉強会に参加しました。

経済アナリストで、金融教育ベンチャーCEO。

お父様は、獨協大学経済学部教授の森永卓郎さんです。

 

虐待心理研究研究所は、

下村博文衆議院議員設立の教育立国推進協議会を通じ、

財源の問題、財源の活かし方も各方面の専門家の方々と議論する機会もいただきました。

これからの時代は、しっかりと世界の流れを知る必要があると改めの思っていた矢先に、今回の森永康平さんの勉強会のご縁をいただきました。

歴史を知ることで現在の流れが理解できますが、それ以上に、世界情勢や金融関係の仕組みはしっかりと把握しておかないと個々の生活は守れないからです。

日本政府やメディアが情けないので「真実を読み取る力」を身につけないと明るい未来がないのではないでしょうか。


 

森永さんとお話しした岡田代表によると

森本さんも虐待心理研究所と同じ視点で将来を見据えておられるそうで、今回も素晴らしい仲間と出会えたことに感謝の気持ちでいっぱいです。
 

今後とも皆様、虐待心理研究所をご支援ご協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

岡田代表が「岡田式AC判別法®」を国家資格にする為に尽力くださっております。
 

 

岡田代表の参加する教育立国推進協議会も第11回にて第一期の全ての総会が終了致しました。

大まかな提言も出揃い、まだまだ丁寧に深掘りした内容にしなければならないようですが、それは参議院選終了後に続いていきます。

各分野の専門家の方々にも虐待問題の本質をご理解いただきながら、
一歩ずつ着実に虐待問題の解決のために多くの方々の協力をえて進んでおります。

 

 

本日は、岡田代表の良き理解者でもある岡部こともさんが出席して下さり、皆様にご挨拶くださいました。

岡部さんのご主人様は、北里大学病院を設立されたお1人で、

戦前生まれの、まさに武士道の日本男児を育て支えて来られた方です。

岡田代表の母親と近い年齢の方だそうですが、

日本の女性(良妻賢母)が、これほど柔らか頭で良い意味、ぶっ飛んだ考えをお持ちだったことに
岡田代表も驚かれたとのこと。

海外の男性達から日本女性の人気が高いのは良妻賢母のおかげです。

 

是非良妻賢母の秘訣を学べる
武士道心理学を皆様も体験してみてはいかがでしょうか。

 

 


武士道心理学は、CAP専門カウンセラー講座のなかで学べます。

是非お問い合わせにてご連絡ください。
https://circledalmatian.com/individuals-application/

 

36回「世界天才会議」に参加致しました。

世界天才会議(WGC)は、1986年にサー中松博士が会長を務め、

ニューヨークで第1回目が開催されました。

アメリカ・ロシア・ヨーロッパ・中東・アジアの天才たちが参加し、

新しい技術や製品、ビジネスモデルなどを展示・発表しています。

 

会長のサー中松博士をはじめとする国際的な審査員によって、

埋もれている世界中の天才を発掘、彼らの発明が時代を担うビジネスへと繋がっております。

 

 

オープニングセレモニーのテープカットに

「日本ビジネスインテリジェンス協会」(BIS)の中川十郎理事長が来賓として招待されました。

私もBISの理事の一人として参加させて頂きました。

日常、当然のように使っている物や、あって当然と思い込んでいるシステムやものの多くは、サー中松博士が発明・考案されたものです。あまりの数の多さに、驚きました。

すごい方ですが、日本人にはドクター中松と親しみ深くとても気さくな方で、写真撮影時には「ドクターな・か・ま・つ」と言わないと怒られます(笑い)

「日本人は日本人らしく、日本語で!」と、お手本となるべき尊敬できる大先輩のお一人です。

 

版画で有名な國安珣琥さんの浮世絵展に行って来ました。
 
今回、国展にて、新たな作品が展示されております。
詳細は下記です。
國安珣琥さんは、版画家、英国王室美術家協会名誉会員、建築技術士で墨田区災害復興支援組織の運営委員もされております。 また、日本で初めて防災シュミレーションを作られた方でもあり、先端を歩いてこられた憧れの大先輩です。