皆様のおかげでサークル・ダルメシアンの活動も大きく広がって参りました。

ありがとうございます。

今年もより一層、皆で力を合わせて、いじめ・虐待の防止に取り組んでまいりますので、

どうぞ引き続きご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

 

Happy New Year!

Thanks to all of you, the activities of Circle Dalmatian have expanded greatly.

Thank you very much.

We will continue to work together to prevent bullying and abuse this year.

Thank you very much for your continued support and cooperation.

昨年はサークル・ダルメシアンの活動にご支援、ご協力いただきましてありがとうございました。
令和2年は新型ウイルス感染症が世界中で猛威をふるい、日本でも大変な1年となりました。

そのような中、皆様の健康と心の問題が起きる前に少しでもお役に立てないかと考え、昨年「虐待心理研究所」と「株式会社人間と科学の研究所」との共同研究を開始させていただきました。
皆様の心身の健康維持と問題の予防に私どもの共同研究「ココロ健康チェックシート」を是非ご活用いただければと考えております。

 


また引き続き虐待やいじめ等の問題にも精力的に取り組んで参りたく存じます。

新型ウイルス感染症防止の観点からいじめ・虐待防止フォーラムの開催を見合わせております。
代わりにYoutubeで動画を配信しておりますので、ぜひご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UC3UjcNx9-jWvvM7mjok4DCA/videos

サークル・ダルメシアンは下記のように新たな事業部もできました。
学生部、音楽事業部、共同事業部、大阪支部
詳細はサークル・ダルメシアンの新ホームページをご覧ください
https://circledalmatian.com/


令和3年には、これまで以上に「岡田式AC判別法®︎」と「武士道心理学」を世界に広めていきたいと思います。

まだまだ、新型ウイルス感染症の収束には程遠い状況ですが、皆様どうぞお身体ご自愛ください。
今後ともサークル・ダルメシアンの活動を引き続きご支援、ご協力の程宜しくお願い申し上げます。

令和3年元旦

皆様
お変わりございませんか?
私はおかげさまで日々、元気に過ごしています。
facebookや他SNSでの記事更新などされている様子を拝見し安堵している反面、中には全く連絡が取れない友人がおり心配です。

この1ヶ月余り、通常では連絡を取り合わない人との安否確認がありました。
そんな中、私のもとには共通の相談が寄せられています。

自分の子供が我が子を育てない(育児放棄)ために、祖父母が実子の子供(孫)を育てているというのです。
そして育児放棄している親はというと、祖父母を憎み、罵声を浴びせるそうで、ひどい時は暴力行為が止まらないそうです。
育児放棄する親の言い分は「祖父母の育て方が悪かったので、自分が不幸になった!!」と、「だから、今仕返ししている!!」
我が子に殺されそうになり「逃げている」と、悲痛の訴えもありました。

私の長年の活動における目的は、虐待防止です。
その根底には「人間力の向上」が必要で、なぜ必要なのかということを理論立てして訴えてきました。
これまでの日本の教育は「IQ」(知能指数)を高めることばかりに偏り、「EQ」(人間力)が低下したことにより「いじめ・虐待」の問題が深刻化しているからです。

今では「いじめ・虐待」の問題も一般化されて誰もが知ることとなっていますが、なぜ問題が一向に解決されないのでしょうか?
「児童虐待防止」と掲げる団体は山のようにあります。
日本国内でトップの研究者とされる人たちがそれらの団体に関わり、また、多くの人が「虐待防止を願い」基金という名目でお金を寄付しています。
それらのお金が、果たして何に使われて、どこに消えているのでしょうか?

児童相談所や児童虐待防止関連の相談員募集関係を見ても、私の知る問題解決できるスキルを持つ人は不採用となっています。
それが現在の虐待防止関係の現実です。
そして一番怖いのが、虐待行為を繰り返してきた側の人たちが、虐待防止の看板を掲げて騒いでいるということです。
虐待の体験者には明るい未来がないように、様々な表現方法を使って打ち出しており、能力の高い虐待体験者の将来を潰しています。

 

児童虐待の体験者の中には、その体験をバネにして頑張り成功している人が多数います。
代表的な人には、ココ・シャネルやマリリン・モンロー、矢沢永吉さんなど、多くの人に夢や希望を与えてきました。
この虐待体験者の共通点は「人間力の高さ」です。
そして何よりも、カッコよさです。

人間力の低い人には、人助けはできません。
子供を育てること、先生として他人を育てること、その資格があるのは責任が取れる高い人間力がないと無理だと私は思います。
現在の日本の問題は政治や経済、他様々ありますが、全ては人が関わる職域であり「人間力の低下」が問題を引き起こしています。<暴君ネロの実母、アグリッピナコンプレックス>

 

コロナの問題もあり、今、ここで食い止めなければ、この先の日本という国は本当に滅びるところまで来ています。
「親子や夫婦で殺し合う」決して、他人事ではないのです。
親子や孫との関係で苦しんでいる人はもう一度、自分の生き方、考え方を見直していただきたいと思います。

救いは、私のもとに「孫世代」の子供たちが学びに来ていることです。彼らは社会の流れや親を反面教師にして、同じ繰り返しはしたくないと考えており、希望ある未来を描いています。
 

虐待心理研究所

児童虐待防止の市民活動団体 サークル・ダルメシアン

CAP専門カウンセラー養成講座

 

「2月14日、参議院議員会館にて「幸せに生きる権利」」〜児童虐待から考える〜

 

 

映画上映試写会に、平山秀善さんと参加させていただきました。

 

映画終了後、憲政記念館にて「児童虐待と生きる権利」についてパネルディスカッションが開催。

参加者の皆様はそれぞれに、児童虐待防止に対する強い思いを持っておられ、長年、児童虐待防止を訴えている私にとっては心強く、大きな力となり指針でもあると確信しました。

 

この日は、国民民主党の姫井由美子さんのお誕生日パーティーもあり、御招待頂き、政界・財界・芸能界からたくさんの方が参加され、素晴らしい御縁に感謝でした。

 

孤高の俳優堀田眞三さん、

 

特に、ジャーナリストの深月ユリアさんとは意気投合し、とても楽しい時間は有意義な糧(かて)となった一日。

 

 

参加者の皆様が真剣に、児童虐待防止を考えてくださっていることに、私自身もより頑張らなければ行けないと、新たな決意が刻まれ 憲政記念館を後にしました。

 

虐待心理研究所

https://dalmatian.jp

児童虐待防止の市民活動団体 サークル・ダルメシアン

https://cdal.org

CAP専門カウンセラー養成講座

https://cdal.org/cap/

 

 

出張で大阪、京都に行ってきました。
今回は新幹線ではなく、飛行機だったので大阪着でした。
前乗りでしたので、四天王寺に行って聖徳太子にお参りしてきました。
聖徳太子は、私にとっては大先輩なのです。
彼は皇子として人々のために、1人NPO活動をしていたからです。



四天王寺で四箇院を自腹で行っていたのです。

「四箇院」

(敬田院)宗教や学問を学ぶところ

(施薬院)無料の薬草園・薬局など

(療病院)無料の病院・診療所など

(悲田院)身寄りのない人々の無料福祉施設

 

それを面白く思わない蘇我氏が一族皆殺しの虐殺を行なって、聖徳太子の業績や痕跡を消したのですが、聖徳太子にお世話になったゆかりの方達によって現在も痕跡は残っています。
今はお寺になっていますが、本当は神社だった場所だったようで、聖徳太子と言えば古代ユダヤ人説もあり、京都にはその痕跡が沢山あります。
私の実家も西陣織で有名な地域ですので、秦河勝が持ち込んだ織物を継承している場所です。秦河勝は聖徳太子の先生だったようで、聖徳太子とは深いご縁があります。



私の「いじめ・虐待防止の活動」もお陰様で23年が経ちました。
それに反するように、悪質な事件が後を経たないのが現実で、日々頭を痛めています。
そこで、1つは、神頼み、お太子さんにお願いに上がりました(笑)



するとなんと、すごいご利益を早速頂きました。
四天王寺は通天閣にも近く、行きたいけれど「どう行けば良いか?」と迷っていたら、案内人が現れて下さったのです。
おかげで道すがら色んな場所を案内(観光付き)していただけました。
そして、念願の大阪名物串揚げ「2度漬け禁止!」のジャンジャン横丁の有名店(新世界の八重勝さん)まで案内していただけました。

あまりのボリュームと美味しさに、ついついお店のおじさんとツーショットしてもらいました。



聖徳太子さま、ありがとうございました。
とても良い一日を過ごす事ができました。

勿論、551蓬莱も忘れず夜食に買いましたよ!