皆様
お変わりございませんか?
私はおかげさまで日々、元気に過ごしています。
facebookや他SNSでの記事更新などされている様子を拝見し安堵している反面、中には全く連絡が取れない友人がおり心配です。

この1ヶ月余り、通常では連絡を取り合わない人との安否確認がありました。
そんな中、私のもとには共通の相談が寄せられています。

自分の子供が我が子を育てない(育児放棄)ために、祖父母が実子の子供(孫)を育てているというのです。
そして育児放棄している親はというと、祖父母を憎み、罵声を浴びせるそうで、ひどい時は暴力行為が止まらないそうです。
育児放棄する親の言い分は「祖父母の育て方が悪かったので、自分が不幸になった!!」と、「だから、今仕返ししている!!」
我が子に殺されそうになり「逃げている」と、悲痛の訴えもありました。

私の長年の活動における目的は、虐待防止です。
その根底には「人間力の向上」が必要で、なぜ必要なのかということを理論立てして訴えてきました。
これまでの日本の教育は「IQ」(知能指数)を高めることばかりに偏り、「EQ」(人間力)が低下したことにより「いじめ・虐待」の問題が深刻化しているからです。

今では「いじめ・虐待」の問題も一般化されて誰もが知ることとなっていますが、なぜ問題が一向に解決されないのでしょうか?
「児童虐待防止」と掲げる団体は山のようにあります。
日本国内でトップの研究者とされる人たちがそれらの団体に関わり、また、多くの人が「虐待防止を願い」基金という名目でお金を寄付しています。
それらのお金が、果たして何に使われて、どこに消えているのでしょうか?

児童相談所や児童虐待防止関連の相談員募集関係を見ても、私の知る問題解決できるスキルを持つ人は不採用となっています。
それが現在の虐待防止関係の現実です。
そして一番怖いのが、虐待行為を繰り返してきた側の人たちが、虐待防止の看板を掲げて騒いでいるということです。
虐待の体験者には明るい未来がないように、様々な表現方法を使って打ち出しており、能力の高い虐待体験者の将来を潰しています。

 

児童虐待の体験者の中には、その体験をバネにして頑張り成功している人が多数います。
代表的な人には、ココ・シャネルやマリリン・モンロー、矢沢永吉さんなど、多くの人に夢や希望を与えてきました。
この虐待体験者の共通点は「人間力の高さ」です。
そして何よりも、カッコよさです。

人間力の低い人には、人助けはできません。
子供を育てること、先生として他人を育てること、その資格があるのは責任が取れる高い人間力がないと無理だと私は思います。
現在の日本の問題は政治や経済、他様々ありますが、全ては人が関わる職域であり「人間力の低下」が問題を引き起こしています。<暴君ネロの実母、アグリッピナコンプレックス>

 

コロナの問題もあり、今、ここで食い止めなければ、この先の日本という国は本当に滅びるところまで来ています。
「親子や夫婦で殺し合う」決して、他人事ではないのです。
親子や孫との関係で苦しんでいる人はもう一度、自分の生き方、考え方を見直していただきたいと思います。

救いは、私のもとに「孫世代」の子供たちが学びに来ていることです。彼らは社会の流れや親を反面教師にして、同じ繰り返しはしたくないと考えており、希望ある未来を描いています。
 

虐待心理研究所

児童虐待防止の市民活動団体 サークル・ダルメシアン

CAP専門カウンセラー養成講座

 

「2月14日、参議院議員会館にて「幸せに生きる権利」」〜児童虐待から考える〜

 

 

映画上映試写会に、平山秀善さんと参加させていただきました。

 

映画終了後、憲政記念館にて「児童虐待と生きる権利」についてパネルディスカッションが開催。

参加者の皆様はそれぞれに、児童虐待防止に対する強い思いを持っておられ、長年、児童虐待防止を訴えている私にとっては心強く、大きな力となり指針でもあると確信しました。

 

この日は、国民民主党の姫井由美子さんのお誕生日パーティーもあり、御招待頂き、政界・財界・芸能界からたくさんの方が参加され、素晴らしい御縁に感謝でした。

 

孤高の俳優堀田眞三さん、

 

特に、ジャーナリストの深月ユリアさんとは意気投合し、とても楽しい時間は有意義な糧(かて)となった一日。

 

 

参加者の皆様が真剣に、児童虐待防止を考えてくださっていることに、私自身もより頑張らなければ行けないと、新たな決意が刻まれ 憲政記念館を後にしました。

 

虐待心理研究所

https://dalmatian.jp

児童虐待防止の市民活動団体 サークル・ダルメシアン

https://cdal.org

CAP専門カウンセラー養成講座

https://cdal.org/cap/

 

 

出張で大阪、京都に行ってきました。
今回は新幹線ではなく、飛行機だったので大阪着でした。
前乗りでしたので、四天王寺に行って聖徳太子にお参りしてきました。
聖徳太子は、私にとっては大先輩なのです。
彼は皇子として人々のために、1人NPO活動をしていたからです。



四天王寺で四箇院を自腹で行っていたのです。

「四箇院」

(敬田院)宗教や学問を学ぶところ

(施薬院)無料の薬草園・薬局など

(療病院)無料の病院・診療所など

(悲田院)身寄りのない人々の無料福祉施設

 

それを面白く思わない蘇我氏が一族皆殺しの虐殺を行なって、聖徳太子の業績や痕跡を消したのですが、聖徳太子にお世話になったゆかりの方達によって現在も痕跡は残っています。
今はお寺になっていますが、本当は神社だった場所だったようで、聖徳太子と言えば古代ユダヤ人説もあり、京都にはその痕跡が沢山あります。
私の実家も西陣織で有名な地域ですので、秦河勝が持ち込んだ織物を継承している場所です。秦河勝は聖徳太子の先生だったようで、聖徳太子とは深いご縁があります。



私の「いじめ・虐待防止の活動」もお陰様で23年が経ちました。
それに反するように、悪質な事件が後を経たないのが現実で、日々頭を痛めています。
そこで、1つは、神頼み、お太子さんにお願いに上がりました(笑)



するとなんと、すごいご利益を早速頂きました。
四天王寺は通天閣にも近く、行きたいけれど「どう行けば良いか?」と迷っていたら、案内人が現れて下さったのです。
おかげで道すがら色んな場所を案内(観光付き)していただけました。
そして、念願の大阪名物串揚げ「2度漬け禁止!」のジャンジャン横丁の有名店(新世界の八重勝さん)まで案内していただけました。

あまりのボリュームと美味しさに、ついついお店のおじさんとツーショットしてもらいました。



聖徳太子さま、ありがとうございました。
とても良い一日を過ごす事ができました。

勿論、551蓬莱も忘れず夜食に買いましたよ!

 

 

先日、Ancestorのプロモーションビデオが完成しました。
昨年12月から始まりましたHIDEYOSHIライブもおかげさまで、ライブ、オリジナル曲の完成、CD販売、プロモーションビデオと、この1年で着実に全国展開できるまでになりました。
ありがとうございました。

The other day, the promotion video of Ancestor was completed.
Thanks to the HIDEYOSHI live that started in December last year, live, completion of the original song, CD sales, promotional video, and so on, has been able to steadily expand nationwide in the past year.
Thank you very much.

 


遠いところわざわざライブに足を運んで下さった皆さま。
HIDEYOSHIが望むような楽曲を提供してくださった皆様。
レコーディング、コーラスにご参加くださった、さっちゃんとマキちゃん、ありがとうございました。
プロモーションビデオを制作してくださった方々、その他、多くの方々がHIDEYOSHIのために影で支え、応援して下さいました。

To everyone who went to live far away.
Everyone who provided music that HIDEYOSHI wanted.
Sachi &Maki and Everyone who participated in recording and chorus.
Many people who produced the promotional video and many others supported and supported HIDEYOSHI in the shadow.


 

 


HIDEYOSHIにかわり、お礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

Thank you on behalf of HIDEYOSHI.
I'm really thankful to you.



日本のエスタブリッシュメント、大叔父川島正次郎の志を継ぎ、歪んでしまっている日本を立て直すためにこれからも精一杯、皆様と共に活動を続けて参りますので、今後ともどうぞHIDEYOSHIのご支援、ご協力の程、よろしくお願い致します。

We will continue to work with you in order to succeed Japan's establishment, the great uncle Shojiro Kawashima, and rebuild Japan that has been distorted, so please support HIDEYOSHI in the future. Thank you for your cooperation.

ありがとうございました。

Thank you very much.


 

 

平山秀善のホームページ

2月20日に、バングラディッシュのアグラサラ孤児院を訪問しました。
仏教孤児院ですが、小学校から短大まで併設されており、ヒンズー、モスリム、キリスト教の子供たちも一緒に生活しています。
教育に於いては「女性教育」に力を入れている事から、遠くからわざわざアグラサラの教育を受けたいと、学びに来ている生徒も多くいました。

I visited the Agrasara orphanage in Bangladesh on 20 February.
There is a Buddhist orphanage from elementary school to junior college,
Hindu, Muslim and Christian children also live together.
Many of the students who came to study wanted to receive Agrasara's education from far away, because this school is focusing on "women's education" in education.


.
アグラサラの先生達は大人のお手本として、子供達に愛情を持って接し、子供達(多くがアダルトチルドレン)も、アグラサラ孤児院で育った先生の大人のお手本に学び、純粋且つ大きな希望に満ち溢れていました。
私に関わってくれた子供達に「将来、どういう人になりたいの?」と聞くと「お医者さん、警察官、学校の先生」という返事が返ってきました。
ここはスマナ・バルア医師(バブさん)の故郷でもあり、バブさんの一族が長年支えている孤児院でもあります。

The teachers at Agrasara treat children with affection as a good adult model.
The children (mostly adult children) also learned the model of the teacher who grew up at the Agrasara orphanage, and were full of pure and great hope.
I asked the children who were involved in me, "What kind of person do you want to be in the future?"
The children replied, “Doctors, police officers, school teachers”.
It is also home to Dr. Sumana Barua (Bab San).
It is also an orphanage that Bab San's family has supported for many years.

伝承によれば、バブさんの一族の祖先は、もとはマガダ国(釈尊時代、16大国の一つであり、インドを最初に統一した大国)の住民だといわれています。
マガダ国王は「マガ」という名の種族に属する王であり、この王朝は、一時的にアラカン地方をも支配していたとされています。
その繁栄の様子は、中国からの留学僧である法顕や玄奘(西遊記の三蔵法師)の著述の中に描かれているそうです。
その時代の日本は、飛鳥時代で大化の改新や聖徳太子の時代でした。

According to tradition, the ancestors of Bab San's family are originally residents of the Magada kingdom (the age of Buddha, one of the 16 major powers, and the first power to unite India).
The king of Magada belongs to a tribe named "Maga", and it is said that this dynasty temporarily ruled also the Alakan region.
The state of its prosperity seems to be drawn in the writings of Hougen and Genjo (Sanzo Hoshi of the Journey to the West), a study abroad monk from China.
Japan of that time was the age of Taika Renovation and Prince Shotoku in Asuka era.



アグラサラ孤児院での信仰はその当時から変わらず、現在もその教えが守られており、子供達は朝夕のお祈りを欠かさず、自分たちが生きて平和に暮らせている事に感謝していました。

Faith at the Agrasara Orphanage hasn't changed since that time, and its teachings are still protected. The children were always grateful that they lived and lived in peace, without missing morning and evening prayers.

京都の西陣で生まれ育った私にとっては、幼いころから身近なところに寺社仏閣があり、近所にあったお寺の住職ご夫婦にも大変可愛がっていただきました。
子供の時から、お寺の仏様や神社の神様にいろいろなお願い事をしたり、手を合わせたりしてきました。

I was born and raised in Nishijin, Kyoto.
There were many temples and shrines in the neighborhood.
I had a great love for the priests of the temple in the neighborhood.
Since I was a child, I have made various requests and joined hands with the Buddha of the temple and the gods of the shrine.

最近私の元に相談に来られる方々を見ていると、与えられ過ぎて感謝するのではなく、それでは足りないと「不満から心を病んでいる」人達が多く、その人達に、このアグラサラの子供達の姿を見せてあげたいと強く思いました。

Looking at people who can come to consult with me lately, they are given too many things, they are not grateful to that, and they are still "sick of heart because of dissatisfaction", There are many such people.
I strongly wanted them to show them the children of Agrasara.



今の日本には、アグラサラの先生の様にお手本になる大人は少なくなっています。
だからこそ、私のところに相談に来る人達が増えるのも当然の結果だと思います。

In Japan today, there are fewer adults who are modeled like Agrasara teachers.
That's why I think it is a natural consequence that more people come to consult with me.

「子供時代に良い大人をたくさん見る事が、子供の教育には欠かせない」ということを、今回のアグラサラ孤児院訪問に於いて、つくづく感じさせられました。

When I visited Agrasara's orphanage, I felt that "seeing a lot of good adults as a child is essential for children's education".



バブさん、レニンさん、バップンさん、そして今回お世話になりました皆様、ありがとうございました。
日本とアグラサラ孤児院を繋ぐ活動を、今年は頑張りたいと思います。
皆様、どうぞよろしくお願い致します。


Thank you Bab San Renin san Bapun san and everybody take care of us..
I will do my best to connect Japan and Agrasara Orphanage this year.
If everyone agrees, I would be very grateful if you could cooperate.

 

岡田ユキの虐待心理研究所