全4回で完結でしたが、1回がとても長くなってしまいました。今回も、前・後半に分けました。後半へリンクを張りました。お読みくださると、うれしいです。

=========================

 

スーパー洋子「私立桜台高校」④「全ては解放に向かって」

最終回(前半)

 

最終回④ 前半

 

 

 洋子は、教室を出て、校長と理事長、副校長に、ことの一切を話した。

理事長は2代目で若く29歳だった。

温かな人格者であると同時に、

大変な経営手腕の持ち主だった。

いつも、大変フランクな話し方をする。

 

理事長は言った。

「ま、お辞めになった5人の先生には、

 他の一流校に推薦して、

 なんとか、実害は最小限に食い止めたけどね。

 

あの3人には、辞めてもらおうよ。

2クラスしかない3年生が、

 あの3人のために、1クラスがめちゃめちゃだ。

 Aクラスにいい生徒を集めてるんだからね。

 そっくりT大に行ってもらわないと困る。

 各教科の先生も大変な迷惑をしている。

 

3人には、罪の大きさも、わからせた方がいい。

 下手をすれば、来年の受験に、T大合格者ゼロ人になる。

 そうなったら、桜台のランクはガタ落ちだからね。

 早い所手を打とう。

 なあに、親が大学教授だろうがなんだろうが、

 娘がそんなワルでは、いさせるわけにはいかないよ。

 いいチャンスだ。倉田先生はよくやってくれた。」

校長は、

「理事長がそうおっしゃるなら、異存はありません。

 ただ、両親と娘共に、謝罪をされたらどうしますか。」

と言った。

理事長は、

「それは、そのときの親の態度、娘の態度によるね。

 本気で心の底から反省しているなら、

 許す場合もあるかもね。」と言った。

 

このような、話になった。

 

3人は、荷物をまとめて、校長室に来るように放送があった。

 

3人は、校長室に来た。

そこで、校長はまず3人に退学希望の用紙に記入させ、提出させた。

「君達の退学希望は、受理されました。明日からこの学校へ   来なくてもいいです。

 なお、今日の7時から保護者への説明をしますから、

 君達も来なさい。

 その場で、君達からはっきり退学の意向を述べなさい。」

校長はそう言った。

校長は、3人に、なんの弁明の余地も与えなかった。

 

3人は、どこかの段階で自分達は許されるのではないかと、願っていた。

しかし、退学が現実となり、真っ青な顔をしてうつむいた。

親にも弁明させないと、先生に言い切った。

退学は、決まった。

3人は、そのまま家に帰された。

 

帰宅への道で、夏子は考えていた。

もともと先生を辞めさせる目的でやったのだから、

弁解の余地もない。

これまで3人で、5人もの先生を辞めさせた。

クラスの授業でも、先生の上げ足をとり、

授業を中断させたことは、数知れない。

クラスのみんなに、取り返しのつかない罪なことをしてしまった。

みんなが、怒り、恨むのはあたりまえだ。

高校は義務教育ではない。退学はある。

私立校は、営利を考える。

自分のような行為をする生徒は、学校にとって、

はなはだ迷惑だ。

夏子は、自業自得だと思い、同時に絶望した。

なんであんなことをして来たのだろうかと、

それが、悔やまれてならなかった。

 

 

父啓介は在宅で、夏子は、家に帰って両親に事情をすべて話した。

父啓介は、

「じゃあ、しょうがないな。

父さんは、お前の卒業式の姿を見たかったが、

あきらめるか。」

そう言った。

母信子は言った。

「夏子は、罪を償わないといけないわね。

 退学したって、なんの償いにもならないのよ。

 学校をお辞めになった先生方は、仕事を失い、

 苦しい生活をされていると思うわ。

 それを、どう償いますか。

 クラスのみんなの大切な授業を妨害した罪も大きい。

 みんなが、志望の大学へ行けなくなり、

 みんなの夢をつぶすかも知れない。

 過ぎた6ヶ月の授業は、帰って来ないわ。

 自分のした罪を本気になって考えなさい。

 そして、償う方法をね。

 

 あなたの罪は一生消えませんからね。

 母さんは、あなたをもう大学に行かせません。

 大検など受けさせません。

 明日から、外に出て働いてもらいます。

 この家にだけは住まわせてあげます。

 働いたお金で、償いをしなさい。」

 

夏子はうなだれたまま、一言も返せなかった。

 

 

「ところで、倉田先生は、夏子の書き間違えた式を見て

 即座に、お答えになったのか。」

父啓介は、言った。

「うん、そう。」

「X5と夏子が間違えた問題をか。」

「そう。」

「その倉田先生の解を見せてくれ。」

夏子がそれを見せると、父啓介は、深く考え込んでしまった。

「なんという。全くの驚きだ。」

「そんなにすごいの。先生10秒くらいで解いたよ。」

「まさか…。」

「そんなに?」

 

「ああ、普通なら、解法の式が、80を越えるだろう。

 倉田先生は、4式で終わっている。しかも、正しそうだ。   これは数学者の勘だがね。」

「父さんなら解ける?」と夏子。

「馬鹿を言え。X4で20年かかったんだぞ。死ぬまでがん   ばっても解けないよ。」

「じゃあ、なんで先生が解けたの?」

「だから、驚嘆に値するんだ。父さんは是非その倉田先生に   お会いして、お話を伺いたい。」

「じゃあ、あたしが正しく写していたら、

 倉田先生解いたかなあ。」

「お前が渡した間違いの問題の方が、1000倍むずかし     い。それが、答えだ。」

「じゃあ、写し間違えなくても、私の負けだったんだ。」

「ラッセル博士の疑問もご存知だったんだろう。

 世の中には、我々の想像を絶するすごい天才が

 5万といるんだよ。

ただ残念なことに、それらの人は学者とは限らないん         だ。」

啓介はそう言った。

 

「ラッセル博士といえば、倉田先生は、お父さんのこと、     ラッセル博士と並んで、世界の5本の指に入る

 偉大な数学者だって言ってた。」

啓介は笑った。

「はは、それはうれしいが、若くて優秀な数学者が、

 どっさり、父さんを抜いて行った。

 昔の偉大な数学者は、多くの人が独学だ。

 夏子も、夢をあきらめることはない。」

「うん。」

夏子は、父の言葉を聞き、少しほっとした。

 

↓  ↓  ↓

後半に直行