妊娠中に大腸がんになっちゃったよ。オストメイトな私の日々。
  • 24Jun
  • 05Jun
    • 肺転移後の抗がん剤治療3回目

      昨日から抗がん剤治療3回目(FOLFOX+アバスチン)のため入院してます。初日は眠気が激しく、夕方まで爆睡してました。尿意と胃のムカムカでめが覚めましたが、それでもだるだるでした。今日は吐き気がちょっと辛くて、いつも追加で入れてもらうプリンペランじゃなくて、ワイパックス錠という薬をもらいました。眠気が多少出るけど、吐き気には聞いてるかも??あとちょいちょい血圧もあがってます。上が140、したが87というときもありました。アバスチンのせいだと思います。ちょっと高血圧ぎみなので、血管マッサージをはじめました。私の母が高血圧で血圧下げる薬をずっと飲んでいたのですが、このマッサージをやるようになって薬が不要になったそうです。美容や健康にもよいみたいですよ。血管マッサージ抗がん剤が休みの間、食生活の改善に努めてました。・野菜をたくさんに食べる。(有機栽培のもの)・肉と乳製品は避ける。(動物性タンパク質) →でも鳥肉、魚、卵はたべてます。・加工食品を避ける。(化学調味料を避ける。)・出来るだけ減塩する。・甘いものを控える。(がん細胞は糖分大好き)・水分を多く取る。・ハーブティで解毒、体を温める。・黒にんにくを毎日食べる。・納豆、海藻、きのこを毎日食べる。・パンは全粒粉にする。なるべく自分で作る。その他、食生活ではありませんが、お風呂には毎日10分以上浸かり、ヒートショックプロテインを出すようにしてます。私は知人から聞いたけど、VoCEでも取り上げられてました。VoCE【美人は『42℃』がキーワード】HSP入浴と洗顔で体の中からキレイになる!それから最近はヨガにも参加してみました!おうちでも毎日やりたいけど、まだハードル高めです💦代わりにユーチューブかけてラジオ体操第一、第二を踊ってたら、娘の抱っこ抱っこ攻撃にあい、こっちもなかなか困難である笑そんなわけで色々取り組んでますよ早く終わって退院したいところだけど、入院時の血液検査で好中球が未だかつてないところまで落ちてしまい、治療中に上がればいいのですが、上がらなければ入院期間が伸びちゃいます。私の血たちよ、頑張れ

  • 28May
    • 病気になった理由2

      病気になった理由1の続きです。私はちゃんと親へ甘えられなかったせいで、寂しさを抱えたまま大人になってしまいました。やがて、その寂しさを恋愛に持ち込んで、恋人の気持ちを試すことに明け暮れるようになりました。どんなに嫉妬深くて疑り深くて面倒くさくても私を好きだと言える?私だけを見てくれる?私のことを一番にしてくれなくちゃ嫌。めんどくさっ今、客観的に過去の恋愛を思い返してみると、こじらせてるなぁ、、、と思います。かなりのソクバク子だった私、お付き合いした人の中にはモロ引いてた人もいました。。。しつこく食い下がり過ぎて、フラれるパターンが多かったですあぁ、思い出すと恥ずかちいそんな私が結婚できたのは、本当ラッキーでした。ありがとう、夫くん笑寂しさは、その他にもいろんな局面に影響を及ぼしていました。親に大事にされていない自分を、私は好きにはなれなかった。(今はわかります。大事にされていなかったわけではないのです。)10代〜20代は「私なんか、、、」という気持ちが強く、自分に自信がありませんでした。高校生の時、留学のチャンスがあり、推薦するから試験にトライしてみないかと担任の先生から打診がありましたが、私はすぐに断ってしまいました。「私なんかが受かるわけがない」と思ったからです。そんな風に、いろんなチャンスを潰してきてしまいました。続く。

  • 25May
    • ムヒ、、、

      昨日、ぐーちゃん(娘1才6ヶ月)が、寝かしつけの時に首あたりが痒いと訴えてきたので、ムヒ↓をつけてあげたのです。患部へは塗り終わったのに、近頃、なんでも自分でやりたがるぐーちゃん、ムヒを渡せと私に迫ってきました機嫌を損ねると余計寝なくなるし、まぁ、ちょっとだけならいいかと、渡してみました。そしたら、手先も器用になってきて、キャップも開けちゃえるぐーちゃん、でも握力の微調整はできんので、チューブを握りすぎて、必要ないのに多量に薬剤を出してしまいました。あああと、ここまでは想定の範囲内だったのですが。。。そのあと、ムヒを返してほしいと言っても、「ンンンンっ!(イヤ)」と返してくれず、、、仕方なく強制的に取り返そうとしたら、「ウンヤァーーー!!!」というぐーちゃんの叫び声と共に、ブチューーーーーー!!!!というイヤァな音が!するとなんということでしょう布団の上には大量に噴射されたムヒが、、、、、叫ぶと同時にチューブを握りしめよったムスメもったいないからちょっとずつすくってチューブに戻しましたけども。。。。もう二度とぐーちゃんにムヒは握らせないと誓った夜なのでした

  • 20May
    • おかあしゃん。

      先日、娘のぐーちゃん(1歳6ヶ月)と近くの美術館へ行きました。幼いながらも、綺麗なものには興味があるようで、時折「かあいー(可愛い)」って呟いてました笑そういえば、最近、嬉しかったこと。うちは子どもに「パパ、ママ」ではなく、「お父さん、お母さん」と呼ばせてようと決めていたのですが、長いし発音も難しいのか、なかなか呼んでもらえませんでした。(じいちゃん、ばあちゃんのほうが先でした)それが、ここ1、2週間で急に言葉が出始めて、ついに呼んでくれるようになりました。娘も言えるようになったのが嬉しいのか、おかあしゃん、おかあしゃん、と何度も囁いてきます(なぜかウィスパー)うわぁ、、、、可愛い(親バカ)

  • 19May
    • 肺転移後2回目の抗がん剤治療

      肺転移後2回目の抗がん剤治療をしに、入院してきましたー。もう二度とFOLFIRI はイヤ!と、しつこく主治医にも言ってあったので、今回からはFOLFOXに戻りましたそして新しいお薬、分子標的薬アバスチン💊もプラスされました。肺転移がわかった時点で、遺伝子検査により、どの分子標的薬を使うか調べてもらっていたのですが、検査に使った私の腫瘍(昨年の手術で取り出したもの)は、すでにがん細胞がだいぶ縮小していて、うまく結果が出なかったそう。なんじゃそりゃ!術前に放射線化学療法をやった効果だそうで。遺伝子検査って、がん細胞の、ある程度の塊がないとできないらしいっす。そんなわけで、分子標的薬は3割の人に使えると言われるパニツムマグではなく、みんなに使えるアバスチンになりました。FOLFOXは、ずっとやってきたから慣れっこだわーと思って臨んだけど、ちょっと吐き気が強かった気がしますアバスチンの副作用は朝ちょっと血圧高かったくらいかな(といっても上が130、下が80くらい。)。目立った新しい副作用はなかったから、ひと安心しかし、抗がん剤って、やる度に体調悪くなるし気持ちも落ちるし、がん細胞の勢いを止めるためのパワーはあると思うんだけど、何回もやるのはちょっとキツイなぁと最近考えています。いろんな本を読んで、がんは生活習慣病と言えることがわかってきました。今まで悪しき食生活やストレスフルな習慣を変えていくためには、それなりの気力がいると思うのですが、抗がん剤をやることで、それに取り組んだ結果得られる体調の良さが打ち消されて、気力が削られるような気がしてなりません。。。

  • 15May
    • マナ・カード

      ここ1週間かな、アクセス数がすごく増えて、びっくりしてます(かなた師匠の写真効果だろうか笑)同時にフォロアーも増えて、ありがたやアメンバー申請してくださった方、すみません。私が自分のために気持ちを吐き出したもので、人にお見せできない内容なので、アメンバー限定記事としました。今後もお見せするつもりがないので、アメンバー承認はしないことにします。設定をアメンバー申請できないように変えました。最初からそうしておけばよかった💦失礼しました話は変わりますが、先日お友だちにロミロミを施術してもらいました。マッサージすごい久々!!妊娠前は結構マッサージとかエステとか行ってたのですが、出産後は病気になっちゃって、治療続きと身体のトラブルが頻発して、2年近く行けてませんでした。マッサージに行けるまで体力が回復したのはほんとよかった!抗がん剤で体力を削がれないように、日々の食生活に気をつけていきたいです。ロミロミはとっても気持ちよくて、後半はオネンネしてました60分コースだったのですが、もっと長くすればよかったー。施術後、マナカードを引かせてもらいました。マナとは、目に見えない神聖なパワーのこと。ハワイの植物、ハワイの神々、楽器などが描かれた44枚のカードから1枚をひくことで、自分が最も必要としているメッセージを受け取ることができるそうです。私が引いたのは40番のKane(カネ)でした。最初は「必要なのはお金か!当たってるわ。」と思いましたが、違いました笑カネはハワイの神さまの名前で、太陽の光や新鮮な水など、生命の根源になる要素をつかさどるそうです。カードの意味は「創造」。何か新しいことがはじまる。もう一度やり直すとき。という意味があるそうです!今の私にぴったり。生きるステージを変える時だと思ってたので、そのメッセージを改めて与えてもらった感じです♡

  • 11May
    • ウィッグが届いたので

      ウィッグが届いたので、シャンプーを普通通りの力でやってみたら(今までは極力抜けないようにとてもジェントリーに洗ってました。)、ゴッソーリ抜けました。ヅラが一個作れるくらいに、ゴッソーリはるか師匠ぐらい残るかなと思ってたんですが、ロードオブリングにでてくるこの人↓的な頭になっちゃいました。抜ける度に心にダメージを受けるので、(掃除も大変だし)もう丸ガリータにすることにしましたよでも!抜けたら、あとは生えるだけだし!海藻いっぱい食べて早く生やすぞしかしウィッグって重いのですね。。。ボブヘアを買ってみたのですが↓肩こりそうー。ウィッグ ボブ ショート フルウィッグ 『天使のボブ(スキン付)』

  • 07May
    • 毛が抜ける

      毛が抜けるーーーー。一昨日から髪の毛触っただけで、ファッサーって抜けます髪の毛洗ったら、美容室で軽く切ったぐらい抜けてビビりました抗がん剤やってて初めてのことです。FOLFIRIの副作用で、脱毛はあんまりしないって聞いてたけど、やっぱり人によるんですねぇ。。。覚悟してなかったこともあり、ちょっとショック抜ける過程が哀しいのね。。。全部抜けちゃうのかなぁ。でもまだらにハゲるのも嫌だから、どうせだったらツルッといきたいです。目指せ、夏目雅子!昔やってた最遊記のドラマで夏目雅子さんが、とっても美形な三蔵法師役で出てて、これをイメージするとツルッとしたのも悪くないかも!?ってちょっと思える。(瀬戸内寂聴さんだとちょっと違う、、、笑)

  • 30Apr
    • 肺転移後1回目の治療(はじめてのFOLFIRI)

      肺転移後、はじめての治療のため先週火曜日から木曜日まで入院してました。今回ははじめてのFOLFIRIでした。前回までのFOLFOXで痺れ(末梢神経症状)がけっこう出たから、FOLFIRIにしよっかー。と、主治医からかるーく言われてたし、副作用のメインは下痢で吐き気はあんまり出ないって聞いていたので、余裕ぶっこいてました、私。カンプトという薬剤をまず2時間くらい点滴するのですが、あれれ、なんだか様子が、、、胃から腸が急にギュルルルルルリルルっ!!!という音と共にぎゅぅっと動いて、直後からひどい吐き気に襲われました胃痛と腹痛でうずくまる私。そして便はストマからドバッーと出ちゃって。気持ち悪さがすごくて、しばらく看護師さんに渡されたエチケット袋的なビニール袋を手放せずにおりました。気持ち悪さと胃痛は、3日間の治療(点滴)が終わってから、3日間はひどいまま引きずって、もう、うつ状態でした昨日からふつうの食事を食べられるようになったけど、食べた後の胃痛胸焼けがひどい。。。ちなみに下痢は起こらず、逆に便秘になりましたけど。そして、吐き気でグロッキーになった私に追い討ちをかけたのが、ストマ周りの皮膚炎症。抗がん剤治療でへばってるときの装具交換って、ほんと億劫なのですが、なんとか頑張って剥がしてみると、なんとストマ周りの皮膚が、べろーん、と剥けてしまいました。めっちゃ痛い便も付いちゃう部分なので、今も全然なおらなくて、痛いしということで、、、もう、絶対にFOLFIRI はやりません‼️今回思ったのは、抗がん剤って副作用酷すぎると何のためにやってるのかワケワカメになるなぁってこと。頑張る気がホント失せてしまうし、精神的に病む。家族にもダークな気持ちが伝染するしこれは、よろしくない‼️なので、私は西洋医学に妄信的に身を委ねるのはやめて、食事を中心に生活習慣を変えるほうに重きをおいてガンと向き合っていこうと思いました。ステージ4の肺がんから2年で寛解した先輩が、それの大切さを身をもって教えてくれました。↓

  • 24Apr
    • 病気になった理由1

      色々あるかなぁと思うけど、1番は「寂しかったから」じゃないかなぁ。私は4人兄弟の2番目で、女の子が1人でした。だから可愛がられたでしょう?とよく言われるんですが、全然そんな感覚はなく、どちらかというと愛情に飢えてました。自分健気だなぁとよく思い返して涙ぐんじゃうエピソードがあります。私が小学校4年生の時にいちばん下の弟が産まれたのですが、母は妊娠中つわりがひどく、しばらく寝たきりでした。私はそんな母に代わって、近くのスーパーにママチャリで毎日のように買い物に行き、お米を研ぎ、お味噌汁を作っていました。兄は中学生になり帰りが遅く、弟はまだ小学1年生で幼く、父は7時過ぎにならないと帰ってきませんから仕方ありません。遊びたいのもがまんして精一杯頑張ってたと思うんだけど、父や母から心をこめてありがとうって言ってもらった記憶がなくて、、、そんなとき小学校の担任の先生が「お母さんの代わりやってるんだね。偉いなぁ。頑張ってるなぁ。。。」ってしみじみ言ってくれて、私涙が出ちゃいました。その後しばらく、小さい弟たちに手がかかることもあり、母には「大変だから、私の授業参観は見なくていいよ」と言ってみたり、「学習発表会も私の学年のは見なくてもいいよ」と言ってみたり。親思いの健気な娘を演じて、褒めてほしかったんでしょうね。ほんとは「大変じゃないよ。お母さん見に行くよ。」って言ってほしかったんだけど、ほんとに見に来てもらえませんでした。あまのじゃくと言ってしまえば、それまでですが、不器用で恥ずかしがりな私は、本当の気持ちを親にぶつけることができずに、成長していってしまいました。なんだか、疲れてしまったので、この続きはまた後日。。。

  • 17Apr
    • 定期検診

      12月に術後の抗がん剤12回が終わった後、初めてのCTを先週とりました。今日はその結果を聞きました。体力も戻ってきたし、なんともないだろうと思って、診察室前のソファで待つこと2時間、ついに私の受付番号を呼ぶ声が。なんだか先生の声が暗いなぁ?と思って診察室に入ると、早速先生から「残念ながら、今回は良くない結果でした。」と言われました。CTの結果を見せてもらうと、肺に2、3箇所5ミリ弱の丸い影が映っていました。なんと、肺に転移してました。。。1年越しの治療が終わって、やっと元気になってきたと思ったら、これですよ。奈落の底に突き落とされた気分。手術する前にリンパに乗って既に飛んでたんでしょうね、がん細胞。抗がん剤で増殖が抑えられていたものが、抗がん剤が止まったことで増殖し始めたのではないかと考えてます。さっそく来週から抗がん剤再開です。はぁぁ、束の間の休息でした。。。抗がん剤は、今まで使っていたFOLFOX からFOLFIRIに変えるそうです。オキサリプラチンの副作用の痺れがまた結構残っているので、イリノテカンにするとのこと。遺伝子検査もやるらしく、それで分子標的薬パニツムマブが使えるかどうかが今後の治療の決め手になりそう。最近、病気になる前の仕事の仕方に戻ってきつつあったので、「おいおい、ちょっと待てよ」と言っているのかもしれません。今までと同じでは、がんは消えてくれないんだなぁとしみじみ思いました。さて、また治療頑張るかー!!!

  • 11Jan
    • 今年もよろしくお願いします。

      みんなの回答を見る私、一年ほど前にブログはじめたらしいっす。先が見えなくて、先なんか怖くて考えられなくて、とりあえず治療をこなしていた頃です。今、治療がひと段落し、先のことも考えられるようになりました嬉しい限りです。今日は定期検診でした。血液検査の結果、腫瘍マーカーの上昇はなく、問題ありませんでした。ホッとしました経過観察に入ったので、ブログの更新頻度は落ちそうですが、マイペースに綴っていこうと思います。今年もよろしくお願いします

  • 12Dec
    • CTの結果

      今日、CT検査を受けました。今、先生が結果を教えてくれたのですが、転移はありませんでしたうわぁーーーーい水腎症はまだ残ってるみたいですが、暫くすれば良くなるのではないかとのこと。ここからが再スタートだと思ってます。生活習慣を変えます!お菓子の食べ過ぎに、お酒の飲み過ぎに注意して、暴飲暴食は避け、バランスのよい食事を心がけます。あと、ストレス会社経営してる限り、ストレスが減ることはあんまりないと思うから、ストレス解消とリセットの方法を工夫して日々の生活に取り入れます。(習慣化)これからは頑張りすぎず(頑張るときとリラックスするときのメリハリをつける。)、日々を楽しみたいなぁ💛

  • 11Dec
    • 抗がん剤治療12回目(ラスト!)

      明日からの抗がん剤治療12回目のため、今日から入院しました。長いようで過ぎてしまえば、早かったような。抗がん剤治療中、副作用も辛かったけど、それよりも娘と離ればなれになるのが一番辛かった来月からは外来での定期検診だけになるので、娘と毎日一緒にいられます。嬉しいです健康もそうですが、家族と一緒に過ごすという、当たり前のように思えることが、実はとても幸せなことなんだと、しみじみ感じます。明日CTを撮って、何事もなければ(何事もないはず。)今後は2ヶ月に1月回の定期検診でいいみたいです。明日からの治療頑張りますー

  • 30Nov
    • クロストリジウム・ディフィシル感染症

      ゲリの原因が判明しました。クロストリジウム・ディフィシル感染症というやつでした変な名前ー。腎盂腎炎の薬として抗生剤を長期間点滴やら内服やらで摂取し続けた結果、腸内細菌のバランスがおかしくなり、抗がん剤で免疫も落ちていることから、クロストリジウム〜(以下省略)っていう細菌が悪さして下痢を引き起こしたらしいです。感染症ということで、隔離病室のようになっちゃって、看護師さんはエプロンして手袋してマスクして入って来てました。健康な人にはうつらないらしいのですが、新生児や抵抗力の落ちたお年寄りにはうつっちゃうらしく、院内感染しないように隔離されたようです。で、クロちゃんを鎮める薬が、バンコマイシンっていうものなのですが、これ、ガソリンみたいな味するんですー一日4回も飲むんですー10日間続けろと。で、今日退院したのですが、お家帰ったら下痢が治ってから3週間は、💩さんから感染するので、排便後は次亜塩素酸ナトリウム(ハイターとか)で便器を消毒すること。洗濯物は家族とべつに洗い、その際塩素系ハイターを入れるか(色落ちてしまうがな)、乾燥機で乾かすこと。だそうです。。。メンドクチャイまぁ、下痢は治ってきたので、あとはクロちゃんをばら撒かないように、言いつけを守ります。しかし、今回の抗がん剤は半分くらい絶食してたからか、吐き気が軽かったような気がします。昨日の夜から五分粥とか低残渣食が出たのですが、それがとっても美味しくて、、、(いつもなら絶対美味しいと思わない。)お腹に染み入りました空腹は最高のスパイスというやつですかね?

  • 28Nov
    • 抗がん剤治療11回目(とゲリ)

      昨日から入院して、今日から11回目の投与が始まりました。おかげさまで、これまで白血球低下により治療が受けられないということはなく、順調にここまでくることができました。(途中まで腎盂腎炎には悩まされてましたけど、それも良くなってきたみたい)残すところ抗がん剤治療はあと1回年内に無事に終わらせたいなぁ今回の入院、今までとちょっと違うのは、昨日から食事が止まっていること理由は、入院前日から続いていたゲリのせいなのですが、入院初日に先生から「食事止めましょう!」と明るく言い渡されましたときには、とっても落ちましたよね抗がん剤始まったら副作用であんまり食べられなくなるので、いつも入院1日目にはお菓子食べまくって就寝前にはアイス食べて(ちとやりすぎ笑)、翌日からの治療に備えるということをしていたのですが、その楽しみも今回はナッスィングまぁ、先生に食事止められなくても飲食は自粛しようとは思っとりましたけんど、お粥さえも無しというのはツライ、、、ああああハラヘッタョォォォ空腹がひどくて食べ物のことばかり考えちゃう←もはや病的しかもこのゲリ、ほぼ腹痛ないんです。プリュプリュプリュ〜と出てくるだけ。(リアル擬音語すみませぬ。)なので、余計に空腹が気になるのですね。ゲリの原因は、入院前に発熱したために飲んだ抗生剤のせいか、もしくは抗がん剤の副作用か、はたまた胃腸炎か、、、今、便を培養して調べてるみたいです。そういえば、お腹が空いているせいか、抗がん剤の副作用の気持ち悪さをまだあまり感じません。それはそれでいいかも?いや、空腹も同じくらい辛いかも、、、早くゲリ治るといいなぁ(遠い目)

  • 21Nov
    • ウンチョス、、、

      やっぱ腸大事だよねー。そういえば手術後はめっちゃ快便でござる。しかし、ウンチョス💩って素敵なネーミング笑【マンガ】無精ママ、腸もみ初体験!ぽっこりお腹の結末は…!?の巻き・前編 - 暮らしニスタhttps://kurashinista.jp/column/detail/4348

  • 13Nov
    • 突然すぎる、、、

      私の経営する会社のスタッフが、先週急に亡くなりました。眠っている途中で息を引き取ったようです。まだ三十代半ばで、元気で明るいステキな人。そして小さいお子さんもいて。私は病院で診察を待っていたのですが、会社からそのことについて電話があり、言葉を失いました。全く信じられませんでした。状況を理解できないというか。。。2、3日前には元気に働いていたのに。どうして???死因はハッキリしなかったのですが、他のスタッフに最近頭痛がひどいと言っていたようです。脳梗塞だろうか。。。死のイメージとはかけ離れた若くて元気な人が、急に亡くなった現実が、自分も含め、スタッフみんな受け止められないようでした。葬儀に参列し、御遺体に対面しましたが、生きていた時とは別人のようで。血が通っていないせいか、人というより、人形のようでした。一方、遺影の写真の中には、眩し過ぎる笑顔の彼女。そのギャップに彼女は本当に死んでしまったのだと否応無く認識させられました。若過ぎる!急過ぎる!どうして彼女が?怒りのような感情と悲しみと喪失感。彼女の遺影と残されたご主人とお子さんを見て、胸がぎゅうっと締め付けられるような感じがして痛かった。私は彼女のことが本当に好きでした。いつも一生懸命働いてくれてありがとうって、もっとちゃんと伝えればよかった。。。今は悲しみが溢れて止まらないけど、彼女の可愛らしい笑顔や優しくて明るい声や、気遣いのあふれた行動を思い起こし、見習うことで、彼女をずっと忘れずにいたいです。お年寄りになって、家族に看取られながら死ぬことが当たり前のことのように思っていたけど、自分が病気になったり、スタッフが亡くなったことで、それが当たり前なんかじゃないんだなと、まざまざと感じさせられました。月並みな言葉ですが、一日一日を大事に生きよう、娘や夫や家族、そして会社のスタッフ達への愛情や感謝をちゃんと言葉にして伝えよう、と改めて心に決めました。命って力強いけど、儚くもあり、私たちは絶妙なバランスで生かされているんだなぁと思います。

  • 30Oct
    • 頑張り屋さん

      最近、家事をしながら朝のテレビ「スッキリ」を流しっぱにしているのですが、今年3月に25歳の若さでがんで亡くなった山下弘子さんについて取り上げられていました。↓アフラックでも取り上げられていた。https://www.aflac.co.jp/gan/yokuwakaru/article/page31.html19歳のときに病気が見つかったそう。悔しくて仕方なかったろうに。がん患者だからと諦めるのではなく、前向きにいろんなことにチャレンジしていた姿に、みんな、病気と闘う人の理想像みたいなものを重ねていたのかもしれませんね。メディアで取り上げられた記事や映像から受けた山下さんの印象は「頑張り屋さん」。病気になるとどうしても、治療や体調不良など頑張らなければ耐えられない局面が色々ありますよね。それらに耐えるだけでもすごいのに、治療中であっても富士山登山やスキューバに挑戦していて、行動する気力が本当にすごいなぁと思います。でも、なんだか生き急いでしまった感があって。頑張り屋さん過ぎたんじゃないなぁ、、、私が病気になってみてわかったこと。頑張り過ぎは身体に毒です。「私はいつも頑張っていなければならない。」病気になる前の私は、そんな思いにずっと囚われていました。何のために?と考えると、他者から認められるためでした。「頑張っていなければ自分は価値がない」とも思っていました。そんなことはないのです。生きてるだけで価値があるって病気になってみて、わかりました。頑張らなければ価値がないなんて、自分の命を過小評価していたなぁって。私という命がこの世に存在していること、それだけで素晴らしい。嬉しい。ありがたい。今は、自分で自分を認めてあげること、なかなか難しいんだけど、それがちょっとずつできるようになってきました。✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎叩いても叩いてもがんが進行していった山下さん、どんな気持ちだったんだろう?本当に怖かっただろうなぁ。頑張り続けることで、その怖さから逃れようとしてたのかなぁ。。。ご冥福をお祈り致します。