「時間管理」という言葉をご存じですか?

もちろん、バリバリの現役キャリア・ウーマンならご存知でしょうが。

 

「バーティカル」という手帳を使っている人を見ると、「この人、できるな」と思います。

もちろん、スマホで管理している人もいますよね。

 

ところが、「予定はリビングのカレンダーに書いています」という人がいます。それでは1日につき1つのイベントしか記入できません。

それではあまりに惜しい!

1日は24時間あるわけですから。

 

時間がない、と言う人に限ってカレンダー記入型の習慣の人が多いようです。

まず、1日が縦型で、1時間ごとに目盛がはいっている手帳を買いましょう。そして、そこにスマホのように内容を入れますが、

他の欄には細かいメモを書きます。スマホに入っているのを書き写しましょう。

 

この方法で見ると、意外に時間があることに気づきます。

家事でも、1週間で6日に分けてみましょう。ちゃんとできてきます。

1つの作業を6回に分ける、という習慣がないだけです。

 

子どももそうです。

テスト前になると、中学生や高校生によくあることですが、スイミングもお習字も英語も休む。その時間を勉強につかえばいいと思っていますが、1日は24時間あるのですよ。そうしなければ使えませんか? 大人になっても同じ行動パターンになってしまいます。

 

結婚して、子どもを持ち、料理を作って、仕事をする。今の世の中、けっこうやれます。やってる人はやってます。

子ども4人育てている女医さんもいますよ。夫も医者なので、大変だそうですが、やってます。

家事も外注することもできるし、おかずを作ってくれるサービスもある。

計画をたてる人のテクニックというか、「時間を管理する能力」次第なのです。

 

(写真はカナダのトロント駅にて撮影)

 

 

 

最近、ネットの害ばかりが追及されますが、インターネットの価値をどの程度知ってるかは今年痛いほど知らせれました。


それは次女が国立大学医学部医学科に合格したことでした。


「医学部受験は情報戦である」とはよく言われることですが、「教育も、入試もまた情報戦」なのです。


 そもそも大学受験においては、今ふたつの点を自覚しなければいけません。


1.大学、学部によっては就職できないところがゴマンとある。


2.最近有望な仕事があっても、国立大、有名私立大の独占市場と化して  いる場合が多い。


有名大学だから大丈夫、というわけではなくなってきています。



そして、大学受験は格差社会をまともに反映するようになって来ています。格差は資金の格差でもありますが、同時に情報の格差でもあります。


情報にお金を使い、時間をそそぐ人は成功しています。



どこの大学が入りやすいかさえ、噂程度のレベルの情報で判断して受験にのぞむ人もいれば、


ネットを駆使して、各大学の施設や設備、奨学金や入試の時期まで、全国規模で調べ上げ、ネットのクリックひとつで全国の大学から候補を絞り出す、そういうテクが受験には必要です。


とりわけ、5教科7科目の試験の配点割合などは、もうネットなしには検討できません。


そのため、センター試験の結果次第で、「英語は失敗したけど、これだけ数学がとれていれば××大学ならOK、という図式ができてくるのです。


医学部受験では、この知識がフルにつかえなければいけません。 センターでの各教科の採点割合は、各大学がウェブサイトで発表していますし、リアルタイムの願書出願状況(倍率)も見ることができます。


その状況次第で、私学をもう1校足しておいたほうがいいとか、薬学部をもう1校足しておこう、と判断したりするわけですが、各大学の募集締切もきちんと親がリストにしておかないと、受けようと思ったらもう遅かった、ということもありえます。


また、高額な納付金をはらわなければいけないかどうか、という私立大学と国立、公立大学の受験と合格発表日、納付締切との組合せも、ネットなら数時間あればリストにできます。


就職を考えれば、○○大学よりは1年浪人して来年××大学に合格したほうがいいだろう、という選択も出てきます。


ただし、本人が意欲がなければもちろんいけませんが。


「いまだに、インターネットに触れたこともないわ」という人を見ると、「この親御さんで子供さんの進学は大丈夫だろうか?」と心配せざるを得ないのです。

 海外旅行はこの不況の中、けっこう贅沢品になってしまいましたが、子どもには是非海外体験をさせたいものです。とりわけ小学生のうちに。近いところでいいのです。グアムとか、ハワイ、シンガポールでもいい。

とにかく、


「日本語が通じない国の方が多い」

「日本で当たり前だと思っていることが当たり前でない国がある」

「英語ができないと、ものすごく不便だし、損をする」


ということがわかればいいのです。


もちろん、目の色や髪の色が違う人に対して、アレルギーを感じたり、逆に劣等感や過度の憧れを感じたりしないという体質作りも大切。


日本の女子大生は海外では「ちょっと甘いことをいうと、すぐ、くどきに乗る」という評判があるぐらいで、外国人、とりわけ白人男性に弱いのです。


それってまるで「世界一の田舎者」ですよね。

まったく情けない限りです。


逆に言えば、日本の男性が白人男性よりワンランク落ちてる、ともいえるわけで、それも情けない。


日本人男性は「男は黙って……」とか、「顔で笑って心で泣いて」みたいに言葉を使ったコミュニケーションが下手な人が多い。


これは海外へ行った場合、自分の意見を堂々と述べて、相手を説得することもできない、ということですよね。


そんなことで世界で通用するのでしょうか?


世界基準の日本人にならなければいけませんね。


そのためには「留学」などとおおげさに考えなくてもいいので、国境を越えることです。




単純に言って、今の受験は情報戦です。


どれだけの受験について知っているかが、結果を左右します。


その中で、全ての親御さんにお知らせしたいことは


「理数系科目をあきらめるな」ということです。


単に「算数、数学をあきらめるな」と言い切ってもいいでしょう。


なぜか。


理系教科は数学と数学的な考え方を使うものがほとんどだからです。


よく、「うちの子は文系なので、算数、数学はからきしだめで……」とおっしゃるお母様がいらっしゃいますが、


はっきり言って不経済のきわみです。


「お子さんは私立大学に行くことになりますよ」ということです。


その学費の差をみてみましょう。


たとえば、「学校教師になりたい」と希望していらっしゃる場合、


公立教育系大学の初年度納入金は81万円


私立大学の教育系の場合は120万から162万です。これも倍近いところもあるわけですね。


しかも、現場の声を聞くと採用試験に合格しても出身大学のランキングはほとんど国公立大学の出身者か早稲田、慶応が大半といいます。私立の中高もしかり、だそうです。


そういう差が出てくるとしたら、国公立に入れるにこしたことはないわけです。



文系で教師になりたいお子さんの場合は、センター試験で5教科7科目を受験することになりますが、そういうところは数学ⅠA(高校1年で学習)と数学2Bは受けなければいけませんが、2次試験は教師として専攻したい専門科目だけでよいところもあり、それだけを必死でやればよいわけです。


しかし、小学校、中学校で算数、数学が不十分だとかなり苦労することになりますが、私の知っている生徒でこれを見事にやり遂げた子もおります。


ですから、必死で数学だけがんがんやれば、不得意でもそれなりにやれるものです。


これからの不況時代、就職に困らないだけの環境作りはやっておきたいものですよね。






英語教育に携わっているため、子どもの英語教育についてよく聞かれます。


そこで最近気になるのが「ネイティブスピーカーじゃなきゃ発音が悪くなる」という意見。


そもそも、「きれいな発音」って誰の発音でしょうか?


たとえばアメリカ人でも、東部、南部、西部、中西部の発音の違いってしっかりあるんです。


先日もアメリカ人の知人二人がぼそぼそ言っていました。


「あの××くんはオーストラリア人だから、何を言っておるのかさっぱりわからん」と。


シンガポールの人なんか、独自の英語でコミュニケーションしています。


インドの人、バングラデシュの人は ”t”の音が全て巻き舌になります。聞いていると頭が痛くなります。


シリアの人もそうでした。


それよりも、「だれにでもわかりやすい英語を話す」ことがもっと大切です。


自分の言いたいことを整理して、しかもしっかりしたデータをベースに話す。


そこにいる人たちの心情や国籍や生活環境を意識して、相手を傷つけないように話すことの方が大切です。


 それにはゆっくりシンプルに話すことの方がずっと大切なんです。


「ぺらぺら」って言っても中身がないことを話す人はつまらないです。


ただの英語屋さんです。



むしろ日本人の特徴をよくつかんでいる日本人か、日本語と英語をほぼ同等に話す人のほうがずっといいです。


中国では自国の先生が教えているようですが、徹底的に練習をさせることはしっかりやります。


むしろ練習量です。スポーツといっしょです。



ネイティブスピーカーは質のいい人の確保がかなりむずかしいです。


アルバイトで、その日かぎりのような人がけっこう多いのです。



わが家の場合は、外国からお客様が食事やお茶に来ると、全員がさっと会話を英語に切り替えます。家族同士の会話も全て英語に切り替えます。


お客様の前で日本語で話していると、


「自分に秘密にしたいことを話しているのだな」と変に勘ぐられて相手に気まずい思いをさせてしまうからです。



海外へ行っているときはなおさらで、日本人同士の食事に一人でも外国人が混ざっていたら、全員が英語を話します。エチケットですね。



こういうことはヨーロッパの人たちは慣れていて、フランス人やベルギー人もさっと英語に切り替えてくれます。



 英語を話せてほんとに幸せだ、と思うのはこんなときです。


国籍の違う複数の人々が、それぞれ家族や自分の国の特徴や経済状況などについて互いに話すのをリアルタイムで聞き、しかも意見を言うことができる。


自分が地球に生きているのだ、と感じるときです。


そういう幸せを子どもたちに与えるためにはどうしたらいいのでしょうか。


それは次の記事に回しましょう。





小学校ではまずきちんと書くことができるかがひとつの関門になります。

入学までには鉛筆を自由に使うことができる「手の器用さ」を身につけておきましょう。

書くことに少なくとも慣れていなければいけません

「えんぴつのおけいこ」や「めいろ」などのワークでいいので、鉛筆に慣れさせましょう。


講師をしていて驚くのは、教育熱心なお母さんでも、鉛筆の持ち方が基本的にまちがっている子がけっこういることです。


げんこつで石ころでも掴むようにぐっと鉛筆を手のひら全体で握ってしまって書きなぐるように字を書く子です。

こういう書き方をしていると、きちんと文字が継続してかけません。疲れてしまうんです。


疲れるからたくさん書くことがいやになり、学習もいやになりやすいのです。


これが意外と重要なのですよ。

こんなことで勉強嫌いになります。



 それともうひとつ、シャープペンシルを早くから買い与えること。

授業中に分解して遊びます。 そして芯をどこかに落としてしまって回りの生徒もいっしょに探し回る。これで授業は中断です。

 50分しかない学習時間がどんどん減っていきます。

 

シャープはまだ早い。まず鉛筆を手できちんと支えてとめ、はねや漢字を正確にしかも早く書くことができないと、基礎力はつきません。


小学校で鉛筆のおけいこをやっているのは遅いのです。それだけで一歩も二歩も遅れてしまいます。


 授業中シャープを分解したりする時間があるんだったらその分のお金を途上国で鉛筆を買えない子たちに寄付したらどうでしょうか。

 なんのメリットもないことです。


 いつも待ち合わせに遅刻して来る人って同じですよね。

それと急にドタキャンする人。

気分で「やめた」っていう人。


そういう人はみんなに信用されません。

職場に入っても信頼されるはずもありません。


 小学生、中学生のうちから、いつも行事や授業に遅刻する子がいます。

毎日のように遅れて来ます。

自分で自分をコントロールできないのです。


また、「遅れてもいいからご飯を食べていきなさい」というお母さんがいます。


はっきり言って過保護です。子どもをだめにします。

「走れメロス」ではありませんが、約束は約束です。

人と人との道義というものをもっと大切にさせなければなりません。


暴力はそれ自体はよくないけど、おしりぐらい軽くひっぱたくぐらいはいいと思います。


「他の人や先生を待たせてはだめ。ご飯はいいからもう行きなさい」ぐらい言ってもいい。


そういうことは親にしかできないことです。


先生がやったらたちまち「体罰」問題になってしまいます。


子どもに厳しくできるのは親だけだからです。


甘やかされた子どもはほんとうにかわいそうです。


上役や仲間や社会から拒否され続ける一生です。


「ああ、あの人は甘ちゃんだからね。自分勝手だから」といわれ続けます。

素直な子にすることはとても大切です。


まず、素直に感動できる子。


次に人のアドバイスを素直に受け入れ、変わることができる子は成長します。


逆にプライドにこだわる子はそれがひっかかってしまって伸びにくいのです。


素直な子にするには、感動させることです。


多くの本、映画、絵本。


そういった経験から感動する心を育てましょう。


そうして、親も「素直にほめる」事が大事です。


「すごいね」とほめる。


きれいな景色を見たら、「わあ、すごくきれい」でもいいんです。


共感する心が大切です。


かわいそうな人を見て、涙を流す子にしたい。


このごろはそういう素直な子が少なくなりました。


なぜ勉強するのか、なせ本を読むのか。


そう問われなく手も、本に手が伸びる子にするには、


「感動したい」という心を持った子にすることが大切です。


いっしょに感動しましょう。涙を流しましょう。


人間は感情が大切なのです。

ペタしてね

講師という仕事がら、「テレビはどのくらい見せたらいいでしょうか?」とよくお母さんたちに聞かれます。


わたしは「ニュースは無条件でいいけれど、娯楽番組は週に3つまでぐらいにしたほうがいいですね。

それと夕方ご飯を食べたらお母さんがテレビを消しましょう」ということにしています。


テレビは時間泥棒です。子どもがだらだらした生活をすることを助長します。

メディアも商売ですから、番組を見てもらうためにいろいろな工夫をします。いくらでも見たくなるに決まっています。


しかし、夕食後7時から9時30分ごろまでは一番学習に適した時間です。10時をすぎたら眠くなります。10時前にテレビを見せると子どもの生活時間はどんどん夜型になり、朝が眠くなってしまいます。


朝ちゃんと起きれないと、肝心な学校生活がふつうに送れません。眠くてだるくて、授業に集中できないのです。朝礼で倒れたりします。

また、便秘がちになり、お腹が不定期に痛くなり、生活に消極的になりがちです。


テレビは「週に3こ」と決めたら、何を見るか自分で決めさせましょう。

そのうちに自分の好みで番組を選ぶようになります。


「月曜のAをみていたけど、あんまりこのごろおもしろくないから火曜日のBをみることにしよう」というわけです。

 中学生になると、歌手やタレントに好みが向かいますが、やり方は同じです。


親が単純に「テレビ見ちゃだめ」というのでなくて、

「どの番組が自分のためになるのか、自分が一番好きなのかよく考えて3つえらびなさい」というと、主体的な考えが身につきます。


 そうして、7時にはテレビを消すようにするとあまった時間を本や雑誌を読むことにまわすようになります。


「文字を読む」ことは習慣にしないと、大量の情報を扱う現代に取り残されます。

速く的確に読書する、あるいは資料を読むことは全ての学習の基本技能なのです。



お父さんともよく話し合って、テレビの視聴は限定してもらいましょう。わが子の一番の教育です。

なによりもだらだらとテレビを見続けないことは夫婦関係にもたいせつなのです。


また、余談ですが、秋篠宮妃紀子さまのお父様(学習院大教授)が家にテレビを置かず、子どもたちにテレビを見せなかった話は有名です。


テレビを消して時間を自由に使う権利を取り戻しましょう。

ペタしてね

子どもの生活でもうひとつ欠かせないのが便通です。

きちんとウンチが毎日出るか、ということです。



これがものすごく大切なんです。



極端な話ですが、仕事を途中で何回もわけもなくやめる人に

「便通が毎日ありますか?」と質問すると、





「それが…だめなんです。すごく不規則で…」というケースが多いんです。



それで体調がいつもよくなく、睡眠も不規則になり、仕事のために毎日体調をコントロールしにくくなってきて…

という話もよく聞きます。





受験にあっても、便秘がちだったり、便通が不規則の子ほど成績は安定しない傾向があります。

勉強のペースがつかみにくいんです。



それほど便通は体調管理に大切なんです。





実は私自身も子どものころ常習便秘に悩み、学校をよく休みました。半分ぐらいしか行ってないんじゃないかと思います。





今思うと運動と繊維質の食べ物が不足していた気がします。

あの当時の親(昭和30年代)は「下痢」を異常に恐れていました。疫痢がよく発生していたからです。そういう時代でした。

 それで便通がありそうになり、「おなかがいたい」というとすぐ正露丸を飲まされ、むりやりに便通をとめていました。それでおなかがはるというと浣腸をさせられて、下痢と便秘の繰り返しだったのでした。



今の子どもたちは安全のためということでマイカーでの送り迎えがふつうになってしまい、なげかわしい時代といわざるをえないのですが、それだけに土日には力いっぱい遊ばせたいものです。



 学校では子どもだけであそばせるなと言っているようですが、校庭である程度遊べるわけなので、問題は幼児の時代です。



小学校入学までは仕事だと思ってお母さんの目がとどく範囲で遊ばせるべきです。

それが子どもの体力を作ります。

スポーツ教室にあまり早期から入れることはある特定の運動技能の発達だけに偏るのが問題だといわれています。

身体のすみずみを使って、しかも手を使って遊ぶことは子どもの知能の発達にもよい影響を与えます。

手を使うことの大切さは、認知症の老人に手遊びやお手玉などの遊びの効果が認められているぐらいです。



公園の砂場やぶらんこや滑り台で遊ぶことは発達の基本であり、それが毎日の規則正しい便通につながり、1日の体調のリズムが形成されるのです。


お砂場はとても大切だという、子どものお世話になった園長先生のおすすめの本です。



新・人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ/R・フルガム
¥1,680
Amazon.co.jp






ペタしてね