本気で現場の声を聴き、本気で入手に全力投球を! | おぎ村ふみ規オフィシャルブログ  100年後も選ばれる、廿日市に!
新型コロナウイルスに関する情報について

おぎ村ふみ規オフィシャルブログ  100年後も選ばれる、廿日市に!

廿日市が100年後も選ばれるまちであって欲しいと願う、広島県廿日市(はつかいち)市議会議員おぎ村ふみ規(3期目)のブログです!

 

 

第1736号

皆さん、こんにちは!
おぎ村ふみ規です。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は議会最終日。

本会議終了後に、

議員全員協議会にて、

 

コロナ対策について

説明と質疑が行われました。

 

 

 

県や国がマスクを

供給するとの報道は

よく耳にします。

 

しかし、実際僕が

廿日市市の医療施設や

高齢者施設に

聞き取りをしたところ、

 

 

マスクと消毒液が不足して

(入手困難で)大変困っている!

 

 

との悲鳴にも似た声が

多数聞こえてきています。

 

 

 

担当課は、

国や県の動向を注視して

対応していきたい、と

これまで通りの答弁。

 

 

緊急事態(有事)だとの

認識が足らないかのようでした。

 

 

 

どうやら市が備蓄している

マスクは医療用には適さないものだと

いうこともわかりました。

 

 

マスクメーカーに問い合わせしたが

入らない、との答弁もありました。

 

 

 

高齢者に重篤な症状が多数報告される

新型コロナウイルス。

 

 

 

あらゆる手段を講じて

マスクや消毒液を市が入手して

 

現在困っている医療施設や

高齢者施設に一刻も早く

提供することを

重ね重ねのぞみます。

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナウイルスを

一刻も早く克服して、

 

 

 

100年後も

選ばれる

廿日市に!

 

 

 

 

 

感謝!荻村文規