子供と向き合えないなんて、意味ありますか? | おぎ村ふみ規オフィシャルブログ “廿日市で『懐かしい未来』づくりを!

おぎ村ふみ規オフィシャルブログ “廿日市で『懐かしい未来』づくりを!

“廿日市で新しい未来ではなく、『懐かしい未来』をつくるべく、奮闘する広島県廿日市市議会議員のブログです!


テーマ:

こんにちは!

宮島の目の前に住む、

クリック荻村文規(おぎむらふみき)です。

 

 

 

先日のPTA会議。

校長先生から、

 

『働き方改革の一環として、

学校行事を削減したい』

 

旨のお話がありました。

 

要は、先生方の長すぎる

勤務時間を少しでも減らしたい!

減らす必要がある、ってコト。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あっ、皆さんPTAって

保護者会だと思っていませんか?

 

PTAって、保護者と先生方との会ですよ~!

 

P Parent

T Teacher

A Association

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

先生方で話し合い

既に、削減しても良い!

 

と思われる

行事をピックアップされとりました。

 

 

 

確かに学校の行事が

先生方の勤務時間や

 

本来の活動、

子供と向き合う、という事を

圧迫している面もあると思います。

 

 

 

じゃけ、不必要と思われる

行事を削減することには賛成なんですが、

 

 

学校行事だけが先生方の勤務時間を

圧迫しとるわけじゃないと思うんですよね。

 

 

 

 

圧迫しとると思われる事は・・

 

○部活の指導

○学校行事

○非効率すぎる学校運営

○教育委員会等への各種報告

 

 

ざっと、思いつくだけでも

このように。

 

 

 

数年前、中学校の恩師に

ばったり会った時に聞いてみました。

 

 

 

 

パパわし

先生、わしらーの頃(約35年前!!!まぢっ)

と今の学校の状況で一番変わったことは

何ですか?

 

 

ドン・フライ先生

まっ、体罰に対する事はお前も知っての

通りじゃが、一番変わったのは、

 

 

教育委員会への

報告が多すぎて、

 

子供達と

向き合えんのじゃ!

 

 

 

 

ちょっと、軽い衝撃を覚えたことを

かすかに覚えとります!

 

 

 

 

教育委員会も県やら国(文部科学省)から

色んな通達が来たり、

 

報告の義務があるんでしょうから、

それらを忠実に学校(先生)へ伝え、

 

実行しとるだけ

なんでしょうね。

 

 

 

 

ただ先生方の本分は

子供達に向き合うこと!

 

のハズですよね。

 

 

 

 

 

 

何の為の教育で

何の為の学校で

何の為の先生方なのか。

 

 

 

 

公立学校の運営(経営)にも

民間のマーケティングのノウハウを

取り入れ、

 

部活動等の指導には

民間のコーチを積極的に採用。

 

そして私たちの街では

かなり進んでいますが、

 

学校、地域、保護者、三位一体で

子供達を育てていく環境を

 

もっと作っていけば、

先生方の過重な負担も減って、

 

 

 

 

先生方がもっと

皆さんのお子さんに向き合って

下さると思いますよ!

 

 

 

 

 

あっ、是非この動画、ご覧になってみて下さい!

最近お気に入りの、『せやろがいオジサン』です(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご寄付のお願い

 

 

徳を重視したl教育の実践

子供も高齢者も貧困のないまち

県にも国にも頼らないエリアの構築

 

 

これらをメインテーマに

活動しております。

 

やじるしホームページにも考えを記しておりますので

気に入って頂き、ご協力下さいますと

大変ありがたいです。

 

 

一緒に世界に誇れるエリアを作っていきましょう!

 

 

寄付の詳細はこちらをご覧くださいませ。

 

 

荻村文規拝

 

 

 

 

 

 

地域の良さを引き出す、汗かき人!おぎ村ふみ規さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ