土佐の日が終わり


後夜祭に向けて


トボトボと高知の町を歩いていると


繁華街の一角に


小学校の同級生がやっている


和菓子屋さんがあります。




その和菓子さんをのぞくと


かき氷がありました。


しらたまにあんこを別注文し


究極の和菓子屋さんバージョン


のきなこ黒砂糖入りかき氷を食べました。




そういえば


この夏、初のかき氷かなあ?


土佐の日の日本酒の酔いと


小学校時代のノスタルジックな


ひと時を


きなこ黒砂糖入り


かき氷にしたつづみ!

いつもお参りに行く神社の


帰り道で出会う黒ネコがいる


最初は、驚き


じっと見ていると


向こうからもじっと見られている。




魔女の宅急便の黒ネコのように


何かしら、人の心を見透かすように


じっと見られる。


神さまのお使いか


神さまの化身か


何かわからないが


悠々と


神社を支配してる様な感じである。


お参りの人の


品定めをしているかの如くに!

10月度の満月の祈り合わせは


10日のスポーツの日になっています。


20時から、21時まで交流会


21時から1分間の祈り合わせです。


北朝鮮から、毎日、毎日ミサイルが発射され


ロシアは、ウクライナの4州をかってに併合を


宣言し、食料やエネルギーの値上がりは


続いています。





『大縁会』で発表させていただいた


プラスチックゴミの処理を願い


『亀のお詫び文』も現在募集しています。


いつまでも、地球がへいわであり


自然が保たれ、生物が生き生きと生きる


世界を守り続けたいと思います。


ご参加よろしくお願いします。https://pro.form-mailer.jp/fms/4156e3a8142101



哲人28号じゃぁなく

農林22号と呼ばれるお米があります。

コシヒカリなどのご先祖さまてす。

この農林22号を自然栽培で作られている

西村さんの田んぼに取材してきました。

自然栽培は、無農薬、無化学肥料

雑草や緑肥を堆肥にして栽培されています。



西村さんは、自然栽培をされて


4年ぐらいです。


自然栽培の美味しいにんじんを食べて


自然栽培に目覚められて


美味しい農産物を作りたいと


高知へ帰られてお米や生姜、野菜を


栽培されています。


自然栽培では、慣行農法の3分の1ぐらいしか


収量はとれないが、丹精込めて


美味しいお米を作られています。


https://ssl.form-mailer.jp/fms/eef4f056737020






10月2日に土佐の日を開催しました。


全国から50人


総勢200人での大懇親会です。




第七回のGKHのアンケート調査の発表


第一回『土佐人サミット』を開催して


高知県内10市長村長さんに


ご登壇頂き、


それぞれのしあわせについて


発表して頂きました。



土佐の酒蔵17蔵とワイナリー一社と


オール高知のお酒が勢揃い


そのお酒にあう肴が一品づつ


用意をされています。


市町村コーナーでは、


8市町村の美味しいお料理が


用意されていました。


今回の土佐の日もしあわせな1日でした。


みなさん、ありがとうございました。

世界144000人の平和の祈り


『大縁会』開催しました。


全国の平和の祈りのみなさん


高知へ、おいでいただいたみなさん


本当にありがとうございました。


北海道から、鹿児島まで


全国から90人を超えるみなさんに


お集まり頂き、世界144000人の平和の祈り


の足かけ6年の区切りを


行うことができました。


感謝しかありません。


全国全県の講演会の開催


全国の一宮、二宮、三宮の参拝


祈願木 56585本


お詫び文 15448枚


亀のお詫び文  94,126枚『10万枚』


写経帳  1500冊


点描画  6800枚


鹿の角  6800本


赤い実、しあわせの手紙、千年期ビジョン等


活動と祈りは、数多です。




世界144000人の平和の祈りは、


新たな活動に昇華します。


亀のお詫び文『海へのお詫びと誓い文』を


開始します。


プラスチックゴミ


マイクプラスチックの処理


を活動の中心におきます。


これからも


世界144000人の平和の祈りを


よろしくお願いします。


無事、『大縁会』が開催できたことを


ご報告し、これからの活動への


ご支援をお願いします。



いよいよ、本日は、『大縁会』です。


新しい活動を提案させて頂きます。


私たちの文明は、この60年間で

 

大変進歩もしましたが

 

地球やそこに棲む動植物や海洋生物、

 

自然、環境を壊し続けてきました。

 

 

 

 

人類が作り出した

 

便利なプラスチック

 

そのプラスチックは、1000年間

 

自然に戻らす、海洋生物も蝕み続け

 

その海洋生物を捕食する人類も

 

環境ホルモンやマイクロプラスチックが

 

毎週5g、身体に入り続け

 

病名のつかない病に人類は、倒れています。

 

先だってのアカミミガメが伝えてくれた

 

人類への警告!

 

このまま、プラスチックを廃棄続けると

 

2050年には、海洋生物の全体量

 

以上の廃棄プラスチックが海洋にあふれ

 

海や川の水辺は、死の水辺になってしまいます。

 

『私は『アカミミガメ』です。

アメリカから日本に来ました。
日本にペット亀として来ましたが、成長が早く大型化して子どもをたくさん産むことから嫌がられ、小さな時は可愛がられましたが、大きくなると捨てられるようになりました。

 

 

 

そうです、私たちはビニール袋(ポリ袋)と同じで最初は大事と思われるのですが…、

 

すぐ飽きて捨てられます。ビニール袋は2、3回は大事に使われるのですが、その後は捨てられます。

今、人間が使って捨てているビニール袋のプラスチックは分解し始めるまでに1,000年の月日がかかります。


人間がプラスチックを発明してたった60年ですが、あなたが死んだ後、

 

孫やひ孫だけでなく1世代を30年と計算すると33世代後の子孫にまで、

 

あなた方の作ったゴミに悩まされます。

毎年850万トンのプラスチックゴミが海に捨てられています。


故意に海に捨てている人もいれば、自然現象で海に流れている事もありますが、

 

毎年850万トンから950万トンも海に流れ込み、分解されずにマイクロプラスチックとなります。


海の生き物は12〜15万匹、プラスチックが原因で死んでいます。


海で漂うプラスチックに日光が当たり、光分解する事でビニール袋は紙吹雪の大きさまで砕かれ海の表面を漂います。


また、米粒くらいに小さくなって海底深く落ちていき、それを小魚や貝やエビだと思って食べてしまいます。

そして、プラスチックを食べた魚やエビや貝を人間が食べてしまい、人間も病名のつかないような病気になり、死んで行くのです。

あなた方が新しい資源としてメタンハイドレートやマンガンノジュールを採掘して使いたいのなら、

 

先ず海を汚したお詫びをしなくてはなりません。


お詫びと共に、海の掃除をしなくてはなりません。


たった60年の月日で、1,000年後の未来を汚してしまいました。

今から30年後の2050年まで、今のまま皆さまが海や山や陸をプラスチックで汚したなら、

 

100年後に地球は存在しません。地球という星は存在しても地球は腐海して、

 

人も植物も動物も海洋生物も死んでいます。

 

 

 


小川さん、この話を聞いてくださる皆さまへ、


私は『アカミミガメ』の代表としてここに来たのではありません

 

。地球上の全ての生き物の代表として、『龍と亀の1,000年の集い』の後半が始まったと聞き、

 

証明役として亀の姿で出てきました。

2050年に人類が人類のまま生存されていますように祈って出て参りました。


祈りはお詫びであり、


祈りはお詫びへの行動であると信じています。』

 

 財団法人アースキーパークリスタル協会では、

 

『亀のお詫び文』を『海へのお詫びと誓い文』

 

として、水に溶ける紙に、亀を印刷します。

 

甲羅の中に

1.プラチナチックは、使用しない。

 

2.プラスチックゴミは、処分する。

 

3.人類が犯した自然破壊や公害をお詫びします。

 

 

を書いて、六角形に折ってください。

 

締め切りは、2022年12月15日

 

事務局まで郵送をお願いします。

 

〒480-0822 高知市はりまや町1-7-7 川村ビル6階

 

一セット100枚です。何セットでも注文してください。

 

お友達やご家族にも書いてもらってください。

 

お代は、お気持ちです。

 

四国銀行  木屋橋支店(112)

普通預金 口座番号 5175366 

口座名 一般財団法人アースキーパークリスタル協会

    代表理事 小川雅弘

 

平和は小さな佳きことを積み上(あ)げた上(うえ)に花が咲くのです。

 

よろしくお願いします。


発送は、10月下旬以降を予定しています。


https://ssl.form-mailer.jp/fms/d2bb614d758769



 

 

いよいよ大縁会まで


あと1日です。


六年間の集大成


そこで、記念に芳名録と好きな言葉を


書いてもらう様に準備しました。




下手な字やねー





一番最初に


『平和は小さな佳きことの上に花が咲く』


本当


振り返って見ると


2016年から、数多の活動をしてきました。


『大縁会』ではこれまでの活動の締めくくりと


新たな活動方針を皆様にご披露したいと思います。


『大縁会』ご出席の方々は、


自分の好きな言葉を考えといてください。


『大縁会』に出席出来なかったみなさんも


自分が、世界144000人の平和の祈りで


感じた素晴らしい一言を考えてみてください。


祈り合わせを含めたて活動にご参加頂き


本当にありがとうございました。



四万十町のお米


にこまるの稲刈りを取材してきました。


農業学校の先生の武市さんが


栽培されているお米がにこまるです。


武市さんは、寒暖差のある四万十町で


3町6反のお米と生姜と柚子を栽培されています。


慣行農法ですが、


食味の美味しいお米の栽培を心がけておられます。


昨年の食味の点数も平均91点と


魚沼産コシヒカリ以上の食味の点数を


獲得されたようです。




秋空にたなびく稲穂


日本の原風景です。


日本人にとって美味しいお米が一番


何物にもかえがたい


日本人のこころです。


武市さんのお米を食べて


みたい方は、お申し込みください。


10月下旬から、発送できると思います。


よろしくお願いします。


https://ssl.form-mailer.jp/fms/eef4f056737020



ヒカルランドさんの10月度の講演が


10月22日土曜日


15時から17時半まで


ヒカルランドパークで開催されます。




新刊本『天変地変』のお話しの


2回目の内容は、


①温暖化

②寒冷化

③水害

④地球爆発

⑤地震と噴火

⑥水不足

⑦宇宙ゴミ

⑧食料危機

⑨黄砂

⑩森林火災

11.ウイルス

12.AI問題

13.フォッサマグナ

14.隕石落下傘部隊


『人類は、天変地変を生き残れるか?』


をやります。


みなさん奮ってご参加ください!


待ってまーす。


https://hikarulandpark.jp/smartphone/detail.html?id=000000003943&category_code=&page=1